02
1
4
6
7
10
12
16
18
20
22
25
28
   

74・「スーパーマリオランド」

スーパーマリオランドスーパーマリオランド
(1989/04/21)
GAME BOY

商品詳細を見る


発売年・1989
機種・GB
ジャンル・ACT
メーカー・任天堂

お勧め度    14/20

キノコ王国とは思えない、モアイや中華風のステージ。
水中と空のシューティングステージ。
クリボーではなく、チビボー。
亀は、踏むと爆発。
花をとれば、ファイアーマリオではなく、スーパーボールマリオ。
何よりさらわれたのは、デイジー姫。
ピーチ姫以外にも姫がいたのか、と頭の中にはブロックのはてなマークが主張する。

と、なんだか今となっては異色作なマリオも、ゲームボーイソフトの中では売り上げはテトリスに次ぐメガヒット。
なにより、FCと同じようなゲームでは飽きられるか、という判断なのでしょうか。
新しい感覚で、マリオをやる、という

キャラは全体的に小さく、操作性にもかなりの癖があるのは難だが、やってみると、これはこれであり、と思えるゲームではありました。

スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA7、前橋にて

魔法石  219831個

なんとなくですが、マトリクス前橋に行くと。

( ・A・)<嘘つけ

団体さんがプレイしていました。
というのは、遠方から来た方々。
新潟、埼玉、関西・・・。
僕にとっては、初の人たちがほとんどでしたが、どうやら、僕の知り合いの知り合いとのことでした。

遅れて、迎撃の群馬の方が到着。
そんな人たちと、焼き肉に行くことに。
いっぱい食べたかなと思いました。
そして、

パフェ


パフェはいいですね。( ^w^)

マトリクスに戻った後、3回ほど店内対戦した後、23:00頃に帰ることに。
お疲れ様でした。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、さてさて

魔法石   219718個

・QMA8稼働日?

3月24日という情報が流れていますが、はてさて。

トナメは3クレでエスポワールさんとマッチ。

・明日の予定

特に決めてないです。

夕方からQMAの予定かも。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、魔界

魔法石   219476個

本日は、魔界に行ってきました。
魔界になってからは初めてです。
潜っていると、あまり魔界という感じがしないのですが。

今回のメンバーは、

魔界1

そんなわけで、時間合わせをしてみました。
渋川に行くという選択肢もありましたが、値段を見てこちらへ。
なぜか県がばらばらということに。

わりと順調に進む。

が・・

2魔界

28階で失敗。
さすがに自分、低すぎました。

トナメのマッチは、ベレッツァさん。
昨日はオンオフ参加できず。(寝ていたため)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、幸手遠征

日曜日は幸手に行ってきました。
直前までどこに行くか決めかねていましたが、幸手に人が集まりそうとのことで、幸手に行くことに。
幸手市内に行くのは、初めてとなります。

八潮のホテルから出発。
まず、つくばエキスプレスにて秋葉原で寄り道、例によってスーパーポテトで買い物。

そのあと、北千住、春日部を経て幸手へ。
モアイ幸手の後、北上してアナザースクリーンへ。

アナザースクリーン


到着して少しすると、たくさんのQMAラーが登場。
しかも、アナザースクリーン、この日は事実上の貸切となりました。

そんななかで店内対戦開始。(あとモンスターハンター3も)

・フリー
・地理縛り
・野球縛り
・ゲーム縛り
・アニゲフリー
・ライスタ四択
・スポその他縛り
・社会その他縛り
・文エフェ縛り

そして

・アニタイ縛り

アニタイ縛り


やっぱりアニゲ縛りは無理げでした。

21:00頃までプレイして、自分は電車にて退散。
あにべあさん、送迎ありがとうございました。(なんという車で)
そして、参加者の皆さん、お疲れ様でした。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

AOU(アミューズメントエキスポ)

さて、19日はAOUに行ってきました。
AOUに行くのは2年ぶりです。
とりあえず、行ってみたいということで、会社にわがままを言い、この日を休みにしてほしいことを1か月前に伝えました。(その結果、賢竜杯は不参加というかたちに。)

午前11:00あたりに到着。
コナミブースのQMAのAOU杯を見に行くことに。
参加者ですが、知っている、面識のある人はほとんどなし。
6JOサバキさんに軽く挨拶したくらい。

結果

1位 かきねTとくさん
2位 とまとばくさん
3位 ほーてんげきさん
4位 やるおさん

QMA8ですが、一旦消えた生徒キャラクターが復活。
ただし、ロマノフ先生の姿はありませんでした。(代役はウィーズ?)
新要素は自由形式、予選では早い者勝ちクイズが登場。

QMA以外の見所ですが、正直、あまりなかったかなと思います。
通路も広く、同日に有力メーカーが別場所でイベントしたり、出展とりやめたり。
アーケードにも3Dの波ですか?
色々思うことがありますが、結局、ユーザーの前にマスコミにアピールできなければいけません。
ユーザーはマスコミ情報を見てゲームを選ぶから。
内容を充実させたいところですが、それには、ユーザー自身が内容で選ばなければいけません。

終了後は南流山経由で八潮のホテルで1泊。

20日の記事はまた次に。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

73・「レガイア伝説」

レガイア伝説レガイア伝説
(1998/10/29)
PlayStation

商品詳細を見る


発売年・1998
機種・PS
ジャンル・RPG
メーカー・ソニー

お勧め度    13/20


電池、綿棒、お菓子、カップ麺…。
と、100円ショップで買いそうなもの、人気がありそうなものを書いてみたが、ことゲームショップで、1997、8年前後のサッカーゲームやプロレスゲームや、真っ暗闇の中で12人の女子高生達が太極拳をするギャルゲーと並んで等100円ほどで売られている傾向にある大作RPGがこのレガイア伝説。(秋葉原の某所では50円で売られていたり。)
そりゃあ、カップ麺よりもずっと制作は大変でしょうし、価値はあるとは思いますが。
そんな、霧を晴らすRPGなレガイア伝説です。
朝霧の中、カップ麺でも食べながらのんびりやってみましょうか。

プレイすると、ソニーの知恵と勇気を振り絞って描かれた3Dポリゴングラフィックに目を奪われます。
キャラクターも、グランディアのジャスティンとは、とても同年代とは思えないほど大人びた主人公ヴァン、さらに、デビュー当時の島袋寛子以上に12歳というのが信じられない獣に育てられた少女のノア、18歳のガラは中年並みに柄が悪そうな風貌。
リアル志向なRPGがはやった世相を反映していたPS1ならではの風情を感じますが、選択肢と戦闘シーンしかしゃべらないヴァンの一人称はぼくなのか俺なのかはっきりさせてほしいところです。

ひたすら3Dポリゴン街道まっしぐらなゲームの戦闘シーンにも、一工夫。
タクティカル・アーツ・システム(以下TAS)といい、十字キーで攻撃、行動を入力して、それらを組み合わせて攻撃を行う。
結果、必殺技が発動したりで、格闘ゲームをのんびりやる感覚でゲームを優位に進める。

そんな大作ゲーム、イライラするポイントは少なかったし、ストーリーもまずまずのものであり。
難易度もちょうどよかったはずで、大きく悪いところは見られず、良作ともいえるゲームではあった。
しかし、どうしてだろうか。
印象に残るシーンが思った以上に少なく思え、まずまずだったストーリーも細部まではなかなか思い出せない。
なにか物足りなさが残ってしまったのです。
たとえば、できる限り最深部にふれずにいうと、今作のラスボスは明らかにヴァンよりもノア側の関係者であった。
そして、終盤のストーリー展開もヴァンよりもノア中心に描かれている状態だった。
結局、レガイア伝説のストーリーをヴァンというフィルターをわざわざ通してみているという状態で、直接的な心の痛み、悲しみは体験しづらかった。

他にも、キャラクターの描写がステレオタイプのせいなのか、あるいはテンポの問題か。
大作RPGの広大なフィールド、しかし、味わえたのはその半分だけ、といったところか。
思えば、3Dポリゴンも、TASも、すでにそういうゲームがある、特段適当にやれば勝てる戦闘バランスのおかげで根本的なゲームのアピールポイントにはならなかった。
既存のRPGの色を変え続けただけでは、なかなか新しいアイデアもサービスも素晴らしい新商品も生まれないだろう。

ここ10数年、PS系統のRPGはどこまで新しい遊びを提供できたか、そして、今後、新しい商品が普遍性がないというだけで排除されてしまうのか。
新作カップ麺を食べながら、Wiiの新サービスとともに、見守っていきたいものです。

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA7、明日は・・・

魔法石  216821個

マッチングはごはんつぶさん。
明日は、AOUに行きます。
朝、8:00には出発できれば。

宿泊場所は八潮の予定です。
日曜日は・・・、実はいまだ未定です。

どうしましょうか。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、上里へ・・・・

魔法石  216725個

予習2周を求めて、そんなわけで、上里へ。
とはいっても、することはかわらず、トナメ。
マッチはベレッツァさん、テスタロッサさんに、こーがさん。

・QMA8情報

どうやら、無事にアロエの声優はゆりしー、長谷優里奈さんがするとのことです。
これで次回作は声優も勢揃いとなります。
あとはロマノフ先生はどうなるか。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、今週の予定

魔法石  215432個

・先に今週の予定

19日&20日は連休となります。
そして、都内近辺のホテルに泊まる予定です。
19日はAOUへ。
20日ですが、もし、店舗大会があれば、行ってみたいと思います。
とりあえず、AOU後の南流山のガスト?の準備はできております。(2年前に行けなかったので)

・この日のマッチ  イエローマンさん

最近、ゲーム・おもちゃの予習できてないです。
明日は予習2クレの店に行くかな?

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

72・「Londonian Gothics ~迷宮のロリィタ~」

ロンドニアンゴシックス ~迷宮のロリィタ~ロンドニアンゴシックス ~迷宮のロリィタ~
(2005/10/13)
Nintendo DS

商品詳細を見る


発売年・2005
機種・DS
ジャンル・A・RPG
メーカー・メガサイバー

お勧め度    13/20


ロンドニアンゴシックス・迷宮のロリィタを知るには、ゴスロリの概念とはなんだろうと、ウィキペディアで見たところ、めまいがするくらい膨大な情報が書かれていました。
それだけ、奥が深い世界なのでしょう、いやあ、なめてかかるとやけどを負います。
端的に言えば、幻想的でかつ幼い少女を連想させるファッション、ということでしょうか。
ちなみに、ロリータ・コンプレックスのロリータとは、ロシアの作家・ナボコフの小説「ロリータ」から由来する、らしいです。
主人公の大学教授(ハンバート)が、亡き妻に似た12歳の少女(ドレロス・ヘイズ)に惚れてしまうというストーリー。
ロシア生まれのナボコフは、ロンドンのケンブリッジ大学を卒業、英語の不思議の国のアリスをロシア語に翻訳し、その後、ベルリン、パリ、そしてアメリカに住んだという。
以上のことを踏まえ、レビューをスタート。

ロシアからロンドンの屋敷に移住してきたアリス、とその父親の科学者・ナボコフ。
そんな、なぜか文系から理系に転身した父親が、何者かに地下に監禁されてしまい、ナボコフの娘にさせられたアリスは助けに行く決意をします。(こんな表現ですが、実はある意味で的を射ていると思います。)
不思議の国との掛け持ちは大変でしょうが、このゲームも、毒メイドに、ドレスで雷がうてる、何より、こんな個性的で尖ったゲームをメガサイバーのデビュー作にしてしまう、とかでなかなか不思議ちゃんです。
A・RPGと謳っているものの、実質的にはバードビューのアクション、いや、往年のドットイートゲームに近い。
敵に当たったら、1発アウトでやり直し。(5回までOKで、屋敷、礼拝堂で回復可能、といっても、全部アウトになってもあまり影響はないのですが。)
敵を倒すことは条件を満たさないと倒せない。
その条件とは、階層のどこかにあるボアダムンを破壊すること。
そうすることで、一定時間、敵はすべて弱体化し、アリスが触るだけで倒れ、踏みつけることで倒せる。
そうして、敵からひたすら逃げ回るドMの快感と、敵を踏んづけるまくるドSの快感が味わえるのです。

アイテムを落とすことがあるが、アイテムはドレスの材料となる。
ダンジョンのどこかにあるミシンの部屋で新作ドレスをつくれ、ワープ、大砲で吹っ飛ばすといった効果があるドレスを着られるようになる。(どこから大砲出すんだという突っ込みはメガサイバーにお願いします。)
ドレスごとに、アリスのバストアップの絵が変わってくるのもうれしい限り。
着替えのシーンが見られないのは仕方ないのですが、さすがに、髪の長さまで変わるのは、不思議ちゃんだと思いますが。

1マスが大きく、不当に前に進んでしまい、近くの敵に当たってしまう、のは慣れだとしても、ワープしたら、敵に当たってしまうなんてことならば、ワープ自体なくてもいいとも思った。
ドレスに着替えるのは、6秒程かかるのも気になる所。(頻繁に着替えるケースもあり。)
それでも、主人公が不当に強くて、ボコボコ進むゲームが多いなかで、逃げまくって進むというゲームも触ってみるのも、また違った意味で戦略性に富んでいて面白いところもあった。
1発アウトの緊張感はDSゲームでは、貴重な体験です。

そうそう忘れてはいけないのが、ルシールというメイド、通称毒メイド。
おかえりなさいませご主人様、とか、もえもえじゃんけん、とか秋葉原のカフェでは男に媚びた萌え系メイドがお出迎えしてくれて、都会の喧騒の中で一服の清涼剤となってますが、このルシールは、「助けに行っても無駄よ。」とアリスを常に見下した態度をとっており、しまいには、「フフフ、ケーッケッケッケッケ。」と笑い出す始末。
メイドさんどころか、とても女性とは思えない高笑いで、我々をゴシックな世界に迎えてくれます、そして妙な癖にもなります。
いっそのこと、秋葉原はもう一杯なので、江戸川区あたりに焼きそばあたりのB級グルメを引っ提げて、毒メイドカフェでもオープンしてみてはどうでしょうか?

そんな世のロリコン達をある意味希望にも絶望にもなりうる迷宮のロリィタ。
だいたい、迷宮のロリィタの割にそもそもアリスはそんなに幼女じゃな(以下自主規制

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA7、さんとら

魔法石  215012個

・QMA

数クレのプレイ。
ただ、こちらのプレイは思ったよりいいことがなく。

・買い物

ラスバイ2サントラ

ラストバイブル2のサントラをAMAZON経由で購入しました。
まあ、思い切ってサフィアの元ネタのゲームなのですが。
最近、昔のアトラスゲームのサントラが発売されているとのことで、今回こちらを購入しました。
自分としては、現在、リメイクしてほしいゲームぶっちぎり1位なのですが、もしかしたら実現する日も総督内科。
ラスバイ2の再レビューは近日予定です。

( ・A・)<ベタボメする気か?

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、明日は大舞台

魔法石  214606個

明日は、いよいよ賢竜杯です。
とにかく、悔いのないように、そして、大舞台を楽しんごしてほしいなと思っております。

( ・A・)<ラブ注入

・AOU杯

先ほどコナミからメールがありました。
1週間前に補欠メールがありましたが、正式に落選の通知が来ました。
よって、選手としてのAOU杯出場はなりませんでしたが、称号圏内上位の方でも、補欠メールが来ていたことを考えますと、今回のボーダーはかなり高かったと思います。
当日、会場には行ってみたいと思います。
どんなゲームが展示されているか、楽しみにしています。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

71・「バトルZEQUE伝」

バトルZEQUE伝バトルZEQUE伝
(1994/07/15)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る


発売年・1994
機種・SFC
ジャンル・アクション
メーカー・アスミック

お勧め度    14/20


経済成長があまりに著しい(2011年現在)中国をモチーフにした横スクロールアクションゲームです。
そんな中国では、にせドラえもん、にせミッキーマウスが闊歩する遊園地があったり、HUNDAのバイクが走っている偽物王国とも言われますが、その一方、アニメ「一騎当千」(孫策伯符のパンチラ)を見れば、俺らの三国志を返せえ!とTBSに苦情を飛ばすのですから、外国人との接し方とは、そして国際交流とは本当に難しいものです。
じゃあこんなゲームはどうだろうか、と、思ってもこのゲームをやったことのある中国の人は限りなく12億分の0に近いと思うのですが、それでもこの中国+ギャルゲ風少女の組み合わせはいかがでしょうかと。

ギャルゲー・同級生やアニメーターで活躍する竹井正樹氏キャラデザを務めるバトルZEQUE伝、だから主人公キャラ3人はいずれもギャルゲ風な女の子。
でも恋愛は一切禁止です、だって、格闘アクションですもの。
バランスタイプの流風(ルフウ)、力自慢のロリっ娘波無寿(ハムス)、スピードタイプな河意留(カイル)から一人選んでプレイ。

ステージは全部で5つ、横スクロール・1ラインの舞台をひたすら右へ右へ、出てくる敵をなぎ倒して進む。
簡単操作で技や地形を利用して敵を優位にやっつけたりして、須弥山(シュミセン)に向かう。
格闘アクションなのに、全部1ラインで戦うがゆえに、やや難しい部分もあるけど、相手の動き、パターンを読んで、技を叩きこんで進む、というならではの楽しみは味わえる作品ではあります。
コンテニュー制限はそれなりにあり、(設定である程度増減可能)、進むと事実上自動的にレベルアップもするので、初回プレイでもクリアできるバランスはなんとか保っているという状況ではあります。

ただ、ラスボスは、もう少し趣のあるボスにしてほしかったかな。
多くは言えないのですが、なんか、1分で考えて2分でプログラミングしたようなボスでしたから。(汗)

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA7、太田対戦会

魔法石   214368個

太田に行ってきました。
毎週太田では、21:00より、QMAの対戦会を行っているとのこと。
で、今回、それに初めて参加してきました。

休みということもあり、早めに到着。
そして夜になると、仕事終わりで続々と参加者が。
今回は、おゆまさんが賢竜杯の匠対策ということで芸能縛りを何回か。

・結論

芸能パネルが厨武器過ぎて泣けました。フッジ\(^w^)/サーン

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、急降下

魔法石 213325個

今月になってかなりペースが落ちてます。
2000年代検定もAで打ち止め。
たぶん、魔界にもはいらないかもしれません。

・賢竜杯

いまさらですがニコニコ動画で生中継を見ていました。
抽選会、どこも激戦になるのは仕方ないですね。
とりあえず、QMAプレイヤーの一部は相撲賭博と灰皿テキーラが好きだということがわかりましたw
ただ、春場所中止で本家ダワーニャムの活躍が見られなくて残念です。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA7、疲労

魔法石  213149個

昨日、夕食後に爆睡したため、この時間の更新です。
ついでに今日は県外にお出かけをしようかとも考えましたが、迷った末、取りやめに。

魔界に行こうかと思ったのですが、レジャラン高崎のパセリ値段がいまだコンテ90だったため、中止。
それでも潜っている人はいましたが。
マッチはベレッツァさん、こーがさんが同時に。

2000年代検定はAでストップで。
やはりトナメをしたいなと。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

70・「パネルでポン」

パネルでポンパネルでポン
(1995/10/27)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る


発売年・1995
機種・SFC
ジャンル・パズル
メーカー・任天堂

お勧め度    19/20

決して派手さはない、見た目にも内容にも、ただ、とにかく面白い、楽しい。
1995年にSFCで発売されたパネルでポンは、まさにそんなゲームであった。

いわゆるパズルゲームの中でも、落ちものの部類に入る今作。
ただ、上から落ちてくるわけでなく、下からパネルがせりあがってくる。
何色かのパネルから同じ色のパネルを、左右の位置を入れ替えて3つ並べれば、消え、その際に落ちてきたパネルが合わされば、連鎖が可能だ。

だが、商品として考えるならば、失敗だったとは任天堂。
広報活動が少なかったからか、ゲームハードの過渡期だったからか、大作に埋もれた形となったからか。
確かにジャンルを抜きにしても、任天堂の作品にしては、話題になっていない。
これほど、プレイして楽しいゲームのはずなのだが。

対戦を基調としたゲームの多くが勝たないと楽しくないになってしまう一つの理由は、勝たないとまともな操作すらできないから。
攻撃される→防御に精一杯→さらにおいうちをかけられる→負け、となり、ゲームの醍醐味が味わえない。
そして、勝つには、そのゲーム特有の攻略法を見出すのだが、やはり、その敷居は高く、時に練習する気にもなれないほどの高度なテクニックが要求される。
パネポンは、そんな状況も逆にチャンスになったり、ひたすら攻防が楽しめる。
今作の特徴がアクティブ連鎖。
連鎖している最中でもパネルは動かし、連鎖を組める、ブロックをせり上げることもできる。
また、連鎖をすることで、相手陣地にオジャマブロックを降らせることができる。
オジャマブロックを送って陣地が埋まったら負けだが、オジャマブロックは触れているパネルを消すことでパネルに変えられる。
そのパネルが下と同じ色だったらむしろ連鎖のチャンスとなるのだ。
結果的に最後まで勝負のわからない展開になりやすく、連鎖も他のゲームの落ちもの系よりもやりやすい。
といっても、それでどこまで面白さが伝わるか。

花の妖精・リップが、操られた妖精仲間を救うために旅に出て、最後は魔王をやっつける、というストーリーは、昔からよくパターンで、パズルで感動できるストーリーを書くのは難しい。
ゲーム画面も、他の落ちもの系と比べても大差がなく、しかも地味になりがち。
雑誌などでセールスポイントを打ち出せない、結果、不当に地味なゲームに思われてしまう。
また、妖精を起用したのさえも失敗と思ったのか、その後のパネポンは、ヨッシー等既存の任天堂キャラによるゲームとなり、DS版に至ってはキャラクターの登場しない無機質なゲームとなってしまった。
いい作品といい商品との狭間で、はたして妖精・リップは何を思うのだろうか。

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA7、結果

魔法石   212878個

・全国大会

結果は、43位、勲章数は以前に書いた通りです。
いろいろありますが、これが今回の精一杯といったところでしょう。
ブログリンクでは6JOサバキさんが賢王になりました。
さて、AOU杯、今回はその予選もかねていたわけですが、どうなるか。

実は、一応、僕も応募はしています。
ただ、上位陣を見ると、ちょっと僕のところまで出番が回らないかもです。
なにはともあれメールが来るときは来る、来ないときは来ない、それに従うまでです。

本日は3クレのプレイでマッチはイエローマンさん。
ですが、2回戦で回線落ちの憂き目に。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
295位
アクセスランキングを見る>>