11
1
3
6
8
11
14
17
19
24
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QMA8、レジャーランド太田大会

さて、レジャーランド太田大会にいってきました。
太田の大会は2か月に1回行われてますが、僕が前回太田に行ったのが…

2010年7月

キミのUしゃが白金だったとき以来となります。

昼前に到着。

今回のルールは、

1・出題事前申告制
2・再使用禁止

今回申請したのは…

1回戦 ゲーム・おもちゃ
2回戦 地理
準決勝 ライフスタイル四択
決勝  社会四択

ルールを知った時点で1回戦と準決勝は決めてました。
1回戦は、後々でアニゲ使いと当たったときを考えると、最初に使った方がいいということ。
特にマックガスZさんあたりとは2回戦以降で当たるだろうという予感がしたので、ここで切らないと。
そして、決勝には行きたいので、準決勝で勝負しかけることに。
決勝は、使い手の少なそうで、ライ四の次に信頼度のある社会四択。
2回戦は縛りサークルでたくさん出ている地理を選ぶことに。
野球を封印したのは、群馬東部は野球使いが多いためでした。

そして、1回戦の抽選でしたが…

・1回戦  ライ四択・ノンラン・芸能タイピング・ゲームおもちゃ

なんと、マックガスZと当たることに!
ただ、ライ四択出題(コルトVRさん)もあり、なんとかなるか…。
あとは芸能タイピングさえ何とか…なりませんでしたが。(3ミス)
芸能タイピング以外は無難に答え1位通過。

・2回戦  文エフェ・スポ自由(パネル総合)・地理・アニ連想

2回戦は結構社会得意な人が多かったので、社会出題はまずかったかも、こちらもなんとか、2位通過。

・準決勝  社会自由(パネル総合)・芸エフェ・ライキューブ・ライ四択

芸エフェ、ライキューブは、ほぼ予習してないだけに、ポイントは社会自由をしのげるか、でした。
結果的にライキューブ終わった時点で2位につけ、最後の自選、温めでしたが、全部答えれば最低2位通過だったので、落ち着いて答え全問正解で通過。
15点差の3位の方も全問正解だっただけに、薄氷の通過でした。

・決勝   社会四択・理系四択・アニエフェ・アニ並べ

太田1


決勝戦は、宮城のかぼす100さん、東京のカリンさん、埼玉のららるーさんとの決勝戦。
因みに僕以外はバリバリの天賢者です。
そして、ららるーさんは、2回戦からの3連戦でした。
軽く挨拶したあと、いよいよ決勝戦、晒し台に座ることに。

さて、決勝戦。
まず、社会四択、理系四択、ここまではほぼ横一線。
いや、みなさん、刺さりそうな問題も結構凌いでますが。
そして、アニエフェ…



僕だけ4ミス\(^W^)/ ダ・ツ・ラ・ク

そしてアニ並べ。
僕以外はシーソーゲームでしたが、最終問題、10%の漫画問題をある人物が単独正解…結果…





太田2


最終結果

優勝 ららるーさん
2位 カリンさん
3位 かぼす100さん
4位 サフィア


最終問題でららるーさんが単独正解、これで結果がかわりました。
しかし、ららるーさんの出題は、1回戦から、文系自由、スポーツ自由、社会自由、アニ並べとどこまで器用な出題しているのですか。

終了後は焼き肉を。
中3日での焼肉でしたが、僕はそこそこ肉食系?なので問題ないです。

そのあとは少しだけ店内対戦したあと、退散、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

QMA8、アテナ日本橋・賢聖杯

さて、大阪遠征の報告を。
1年ぶりでこれで何度目か、もう9回目か大阪行きは。

22日夜、高速バスで出発。

23日、朝、大阪到着。
そして、ニューヒカリ…がまだあいてない。

そんなわけで、タイトー難波へ。

12:00早速受付を。
14:00にスタート。

賢聖杯の独自のルールを。
ルールは、1回使用したジャンルと自由形式は使用不可、加えて、対戦毎にQMA7でいう総合形式のどれかが書かれたくじを1人が引きます。
対戦毎にくじででた総合形式系統のものが封鎖のブルールール、逆にくじででた総合形式系統のどれかしか使えないレッドルール、くじの無いフリーのホワイトルールが設定されております。



1回戦  ブルールール

大阪1

何を封鎖されたかは覚えてないのですが、セレクトではないはず。
とりあえず、特定の方と当たらない限りはライ四択投下ははなから決めてました。

芸能四択→ライスタ四択→政治経済→アニメ・特撮

アニ特撮で5ミスも結果的に2位通過。(汗)

2回戦  レッドルール(セレクト限定)

大阪2

大阪の2回戦はいつもこんなかんじなのでしょうか。

アニ四択→ライ四択→社会四択(自選)→芸能連想

割とラッキーな出題に。
が、最後の芸能連想が決めてとなり、敗退に。

最終結果

優勝 Sカルマさん
2位 アカボシさん
3位 のざきすみれさん
4位 セレネさん

終了後は、スタッフの方とともに焼き肉店に。
せっかくの機会ということで、同行することにしました。

大阪3

焼き肉の後あとは、地下鉄経由で、スーパーホテル天王寺に宿泊。
お疲れ様でした。

・2日目

まずはアルカディア2へ。
数クレ後、とくに決まってなかったので、高いところ好きの僕は大阪港近くのコスモタワーに行くことに。

大阪4

そのあとは日本橋に行ったりで新大阪から高崎へ。

23:10頃に無事に高崎に到着しました。
来年も行くぞ――――。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA8、帰ってきました。

さて、先ほど、大阪遠征から帰ってきました。
詳細、賢聖杯等は後で書くとして、とりあえず、1枚。

アテナ

後程、マイミク申請やフォローもしたいと思います。

さて、次は27日レジャラン太田大会です。
策は…当たって砕ける!



・ゲームレビュー 108回目のキーワード

・ウイルス
・モンスター
・三角形

次回レビューは、もう少し、先になるかもしれません。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

106・「ロックマンX2」

ロックマンX2ロックマンX2
(1994/12/16)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る


発売年・1994
機種・SFC
ジャンル・アクション
メーカー・カプコン


1986年に1作目が発売されたロックマンシリーズは、ファミリーコンピュータの末期(1993年・ロックマン6)まで、シリーズが発売されていた。
その一方で、全盛期を迎えたスーパーファミコン向けのアクションゲームと、このロックマン6の1か月後にロックマンXシリーズが登場した。

明るくポップなロックマンシリーズに比べると、このXシリーズは、かっこいい、そして退廃的、シリアスな世界観が印象的だった。
レプリロイド(人間の思考を持つロボット)、イレギュラーハンター(イレギュラーと呼ばれるロボットを破壊する者)等独特の言語も多用される。
そこから短いスパンでXシリーズは展開された。

1作目でも、すでにストーリーや、壁蹴り、ステージ各所のパワーアップパーツ、ライフアップ等、シリーズの骨格部分は大方完成していた。
ファミコンのロックマンシリーズの後期から登場した隠しアイテム要素をふんだんに盛り込み、ゲーム的要素も大きくアップ。
そして、2作目、前作でパワーアップパーツだったダッシュが最初から使用可能となるなど、より成熟した姿を見せた。

ラスボス・シグマを撃破してから、そして、前作の途中でX(エックス)の相棒・ゼロが自爆してから半年。
しかし、またしても、新たなイレギュラーが活動を開始しはじめた。
さらには、カウンターハンターと名乗る者から、ゼロのパーツを持ち去ったという情報も入る。
Xは、再び戦いに向かう。

ゲームをスタートさせると、まずオープニングステージという最初のステージを攻略することに。
簡単なステージなので、基本操作を覚えるのに適している。
最後に巨大ボスが出現するが、Xシリーズの巨大ボスが弱いという定説を作ってくれたボスでありました。
そのあとは、恒例の8体ボスのステージのスタート。
そして、2体倒したら、デモシーンが始まる。
するち、3体カウンターハンターがいずれかのステージの特定地点に出現する。
カウンターハンターはこの時点では倒せないが、倒すと、ある物が手に入る、それを全部集めたかで、あとの展開も変化する。
8体ボスを撃破した後は、恒例のロックマンでいうワイリーステージならぬ、カウンターステージの攻略に入る。
それぞれにカウンターハンターが待ち構え、そして、最後に待ち受けるあいつを倒してクリアだ。

難易度は高そうでも、パターンを見極めればなんとかできるというロックマン節な難易度はこちらでも健在だ。
ファミコン時代よりも、敵の大きさもさることながら、スピードを生かした攻撃、より画面全体を使った移動を行うことになる。
初期のステータスが低めで、パワーアップパーツもボスを倒して、武器を手に入れてからというものも多く、それまでは、根気のいるプレイが必要になるかもしれない。
開き直って、獲れるアイテムだけ回収してから、わざとゲームオーバーになってからボス攻略という手もありかもしれない。
それでも、初期状態でも、ため打ちやダッシュも出来、隠しアイテムも、あのボスさえ倒せれば(武器を手に入れれば)…という場所にあるものも多いので、最初はしぶとく、そして徐々に強くなっていく感覚を楽しみながらプレイして行きたいところだ。
慣れた人なら、ノーアイテムクリアを目指すのも面白い。
ファミコン時代から数々のアクションゲームのノウハウの蓄積はさすがというところ。
SFC時代を代表する横スクロールアクションと言ってもいいだろうか。

おすすめ度 15/20

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA8、いよいよ大阪遠征です。

さて、大阪遠征のおおまかな日程を。
23:10頃に家を出発予定です。

・23日  

8:00  難波周辺到着  ニューヒカリ?

12:00 アテナ日本橋でエントリーの後昼食

14:00 アテナ日本橋で賢聖杯

23:00 スーパーホテル天王寺

・24日

9:30  アルカディア2

昼ごろ   コスモタワー

18:00 新大阪駅

23:30頃? 高崎駅


あとはどこかのタイミングで日本橋めぐりを。
とりあえず、ラストバイブル3のサントラを買いたいなと。

それでは、よろしくお願いします。



PS・ゲームレビュー106回目は、23日夜に予約投稿の形で投稿しました。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA8、明後日には…

魔法石  146376個

久々にがっつりとプレイしてきました。
全国大会、ノブユキ37さんいわく、僕は真っ青らしいです(汗)
結果的に…

十段

黄玉賢者十段にあがりました。
あと50枚、稼働終了までには、是非ともあげたいところです。

これで、次のQMAプレイは、大阪遠征時となります、よってレトロゲーム検定も当分先になると思います。
とりあえず、12:00アテナ日本橋に受付1番、おそくても5番目あたりで賢聖杯のエントリーをしたいところです。

一方、いまだに、24日の予定が不明です。(汗)
なにもなければ、WTCコスモタワーあたりに行くかもしれません。
一応、9:30頃にアルカディア2には行く予定です。

・プロ野球日本シリーズ

ソフトバンクホークスの優勝が決まりました。
おめでとうございます。

( ・A・)<それだけかよっ


・ゲームレビュー107回目のキーワード

・7年前の作品を移植&リメイク
・父は英雄、母は大魔導師
・これの3作品目は開発中止


さてわかりますか?
たぶん、QMAでは今現在出題されてないと思います。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA8、くじ引き

魔法石  143267個

いよいよ、第6回全国大会です。
なのですが、そう、コナミからキャンペーンがありましたね。

5クレプレイするごとに1枚くじが引け、あたりが出たら、A賞のキャラクターのピンバッジ21種類のどれか、外れならB賞で、Eパスすてっかー獲得。

で、本日、最初のくじを引いたら…




はずれ


いわばB賞のステッカー獲得、ですが、コナミの不備により回収。
はずれくじを改めて持っていけば、またもらえるそうです。

因みに、僕は、キャラクターのピンバッジ1個入った時点で、クジは終了にしたいと思います。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

105・「ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者」

ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者
(2007/10/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る



発売年・2007
機種・DS
ジャンル・RPG
メーカー・グローバル・A


僕はなんだかわからないけど、ダンジョンを作ることになった。
というのも周りから

「学校卒業したんだからなんか仕事せいや、クァラアアアア!」(誇張表現あり)

といわれて12歳にして働かされることに。
でも、他に仕事がなくて仕方なく、結果的にダンジョンメーカーになることになった。

きっかけ?シャベルをたまたま拾ったら、シャベルがベラベラしゃべってね。
オリーブオイル塗れとか(シャベルの性能が上がるから)
それで、いろんな人が言うに、

「しゃべるシャベルを持った人は、そのシャベルでダンジョンを作らなければならなくてね。そうだ、周辺の森のヘビリンゴの退治に困っててね。ヘビイチゴをそのダンジョンにおびき寄せて、やっつけてくれたまえ。ケーッケッケッケッケッケ。」(誇張表現かなりあり)

だそうで。
まずは、町はずれの洞窟の地下1階をシャベルで掘ってみる。
シャベルが掘れなくなるまで掘ると、外は夕方に。
で、町には色んな店があってね。
武器・防具屋、魔法屋、家具屋、食材屋、村長の家等。
で、どうやらあらゆる家具をダンジョンに置くとモンスターが住み着いて、たくさんモンスターがいたり、条件を満たすとボスが登場して、さらに下の階にいけるとのこと。
だから家具をたくさん買わなきゃいけないんだ。
クリアの条件はその階も似通っているから繰り返しのルーチンワークになりがちになるかも。

あと、自宅では食事もできるんだけど。
まあ、1日1回の食事でステータスを上げるんだけど、あ、このゲーム、レベルの概念がないんだ。
食事の際は、モンスターの落とすものが食材になるんだけど、モンスターは最大3体同時に出て、最後に倒したモンスターのだけが出てくる。
そのモンスターが落とすのは食材だったり毛皮だったり、指輪だったりで目当てのものがなかなか手に入らないときある。
せめて、このモンスターは毛皮だけ、食材だけとわけてもらえるとうれしかったな。

あ、そうそう、僕の他に、メイミ(13歳・女)、モノマネスライムも一緒にダンジョンに行くんだけど、スライムは、戦闘に勝った相手の体(頭・腕・体・脚)をモノマネするんだ。
これも、変化する体の部位はランダムだから、目当ての体を手に入れるには、根気がいるかも。
メイミは、魔法が得意、以上。

ちなみに、ダンジョンは地下10階、やりこみたい人は地下20階までダンジョンをつくれるらしい。
各階にはボスがいるけど、気のせいかな、なんだか、雑魚敵とボスキャラでステータス設定の仕方が違うというか。
とにかくボスは防御力が高い。
だから、結構ボス戦はしぶとく戦うことになると思う。
1階1階が結構広いからじれったいかもしれないけど、ステータスアップを地道にやればまあ、勝てると思う。
あと、通信で他の友達のダンジョンも入れるらしいので、このゲーム持っているレアキャラがいたら通信してみるのもいいよ。
みんなの健闘を祈るよ、じゃあ、僕は仕事なのでこの辺で。

…なに主人公なのに、テンション低いって。
だって、僕はこういう人だからさ…。
まあ、僕がいやなら、わがままなアンジェラ(世界はあたしでまわってるの主人公)と遊んでください。


おすすめ度 13/20

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

QMA8、一応の遠征予定

魔法石  142147個

・ライフスタイル四択サークル

本日はニュースクイズはなぜか見られず。
たまたまなのか、本当にないのか。
全問正解で1位になれないのも恒例の行事と化してます。
遅い!
次回の平日開催は、23日20:00開始予定です。(祭日ですが)


・現在の大阪遠征の予定

・23日8時頃

高速バスでニューヒカリ周辺に到着予定。
近くで朝マックするかも。

12:00からアテナ日本橋で賢聖杯受付、14:00開始。
記念受験乙で。

ホテルは天王寺のスーパーホテル。

・24日

ほぼ決まってませんが、まず9:30辺りにアルカディア2にいるようにしたいです。
そこからが未定。
大阪城かなんとかタワーかはたまた。
なにかいい案あれば募集中。

18:00 新大阪駅から高崎へ

さて、どんな旅になるだろうか。


・ゲームレビュー106回目のキーワード

・糸瓜 蛾 鹿 百足
・駝鳥 蟹 鰐 蝸牛

ここ数回はマイナー作が続く(さらに107、108あたりもマイナー作の予定)ので、比較的知られているであろうものを。
順当にいけば、大阪遠征の直前にアップする予定です。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA8、気づけばあと1週間

魔法石  141480個

気づいたら、あと1週間後の今頃は、大阪行きのバスの中です。
23日はともかく、24日はまだ決まってません。
18:00に新大阪につければ問題はないので、なにかいい釣り糸があればいいかなと。

さて、火曜日はサークルの日。
ニュースクイズ配信ですので。

社会四択 6クレ

全問正解が遠い…。

芸能四択2+フリーの部1クレ

フリーでは余裕の4位。

社会タイピング

社タイ2

おかしいな、社タイのはずが、マヤ部に入ったみたい。
ではなくて、偶然こんなことがありました。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

104・「ブルーブレイカーバースト 微笑みを貴方と」

ブルーブレイカーバースト微笑を貴方とブルーブレイカーバースト微笑を貴方と
(1998/07/23)
PlayStation

商品詳細を見る



発売年・1998
機種・PS SS
ジャンル・格闘
メーカー・ヒューネックス

PC-FX、後に、SS、PSで発売されたRPGに恋愛SLGの要素を取り入れたブルーブレイカー。
ケインが花嫁探しのために、そして、この世の危機を救うために旅立つRPG。
フラグ立ての難しさやアラが多いはある一方で、キャラの作りこみの細かさに定評がある両極端なRPGだった。
そんな後日談的なゲームが登場したが、それがなんと3D対戦格闘ゲームとして登場したのだ。
前作でヒロインのつまみ食いしたいたブルーブレイカーフリークには、あまりに想定外の出来事だった。

『ブルーブレイカーバースト 笑顔の明日に』という3D格闘ゲーム、しかも、主人公となるのは、前作には(厳密には隠しキャラとしては登場してた)原則かかわらなかったキメナという少女だ。

ストーリーは、虚空の道を探索して道中前作に登場したヒロインキャラとバトルする。
道中はザコモンスターとも戦うが、体力は持越し制となる。
最後はドラゴンロードにむかったキメナはある魔法らしきものをかけられた後…

後編に続く…

え、

そう、このブルーブレイカーバーストは前編後編に分かれていて、最後までプレイするには、後編の「微笑みを貴方と」をプレイしないといけない。
最も前編と後編に分けるほどのボリューム感は感じられない、挿入されるアニメーションの関係からだろうか。

さて、肝心の格闘パート。
キメナとアーシャら前作のヒロインキャラが主に登場するものの、サージュとターナは前編では使えず。(ケインも使えない。)
そして、豊富な技が使える一方で、リーチの長いキャラがあからさまに強い。(ナルター・マヤあたり)
一応リングアウトもあり。

メインのキメナ編以外にもアーシャ等の前作キャラ視点でのストーリーモードもあるが、どうにも神官のアーシャや、魔法使いのハミュン等のヒロインキャラが格闘ゲーム仕様のキャラとはいえない。
第一、前作、プレイしている時点で、後日アーシャがハミュンを格闘技でボコボコにするゲームが発売されるなんて想像できるわけないでしょう。

とはいえ、このゲーム、つまり、ブルーブレイカーの続編は格闘ゲームという計画自体はPS版発売の時点であったようだ。
というのも、PS版にはキメナが登場するシーンがあるのだ。
とはいえ、複雑なコマンドを入力して、なおかつスタート地点よりもかなり遠方に行かなければならないのだが。

なにより、2Dドット絵で今まで描いてきたゲームがいきなり3D格闘ゲーム。
既存の3D格闘ゲームと比べても迫力、質感、何より3D格闘ならではの面白さに勝ることさえきわめて難しい。
せめて、普通のADVかA・RPGでよかったのじゃないですかね。(そういう問題じゃないか)

おすすめ度  6/20

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA8、天青魔神2日目

魔法石  140791個

そうか、11月11日はシャロンの誕生日だったのですね。

そんななかで今日も天青魔神を中心に。
しかし、本日は討伐できず。
個人では魔神戦最高の71点は出せたのですが、ボーダーは75点、本当にできる人は80オーバーを何度もやっているわけですし。

後は、社会四択と地理会サークル。
そして、塔登りにトナメ。
以前よりプレイ時間が短くなりましたが、中身の濃いプレイはできたかと思います。





・TPP (環太平洋戦略的経済連携協定)参加表明

\(^w^)/

これは大変なことになりました。
日本の首相は海外で勝手に色々公約してます。
民主党政権はどこに向けて政治をしているのでしょうか。

そうだ、正式名称が並べ替えか順番当てで出題されるかも。(←

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA8、天青魔神アゲイン

魔法石 139501個

さて、天青魔神の2周目がスタートです。
先に言うと、討伐できました。
66点で4位。
紫宝よりも少しだけ進歩したかもしれません。
ゲーム・おもちゃサークルの方いて、ゲーム問題がよく出題されたのが勝因だったかもしれません。

・古代のマンション

およそ10回目にしてこちらも踏破達成。
しかし、長かったです。
7、8階で1000点足りずに失敗なんてパターンが続きましたので。
これで、天賢者まであと63枚…

・サークル

社タイ

社会タイピングサークルに初参加。
4クレやって、点数は下が219点から上が319点あたり。
350点を出せるようになれればいいかな。


・おまけがメイン?

週刊現代にて、プロ野球2軍で終わる人という記事がありました。
その記事では、高卒ドラフト1位で西武に指名された玉野宏昌氏が取り上げられてましたが、そのなかで…

11月31日

玉野宏昌氏・「今日は11月31日だと思ってた。」(誇張表現あり)

きっと西武との契約の席なんて最初からなかったのですよ。(絶対違う)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA8、今月2回目

魔法石  138564個

11月9日にしてにしてやっと今月2回目のプレーです。
最近はQMAは抑え目です。
それでもサークルの為、ダンジョン踏破の為、トナメの為に出撃だ。

・ライフスタイル四択サークル

もしかしたら久々のプレーかもしれません。
参加はおよそ10名程確認できました。
6クレプレイして、不思議と調子よく、全問正解を2回できました。

…ともに2位でしたけど!

1位が399点とかとって来るものですから。
次回の平日開催は、17日木曜日、20:00からの予定です。

一方、古代のマンションですが、4回やって9階に到着したのは1回だけでした。
いずれも8階にも到達できずでした。


・ゲームレビュー105回目のキーワード

シャベル
自分だけのダンジョン
やる気のなさそうな主人公

続きを読む

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

103・「マジカルホッパーズ」

マジカルホッパーズマジカルホッパーズ
(1997/02/28)
PlayStation

商品詳細を見る


発売年・1997
機種・PS SS
ジャンル・アクション
メーカー・バンダイ(クリスタル・ダイナミックス&トイズ・フォー・ ボブ)


横スクロールアクションゲームはまぎれもなく80年代、90年代前半の花形ゲームだったが、PS・SS・N64らの次世代ゲーム機が登場した90年代後半あたりからポリゴンを駆使した3Dゲームの台頭もあって、数は激減。
そんな背景の中でSS・及びPS初期に登場したの横スクロールアクションゲームがマジカルホッパーズだ。

日本ではバンダイ発売のマジカルホッパーズだが、元々はPandemonium!(パンデモニウム!)というアメリカのアクションゲーム。
パンデモニウムの主人公キャラは、男性がピエロ風のファーガスと、女性が魔術師のニッキー。
ファーガスが、クルクルアタックという回転攻撃ができ、ニッキーは、二段ジャンプが可能でどちらかを操作して、ステージクリアを目指す。
当初はこのままで日本でも発売予定だったが、いったん中止に。
その後、バンダイが、キャラクターを、性能はそのままで、SUEZEN氏(代表作・ヤダモン)デザインで、男性が大きなことをしでかすという野望を持つゴーグル野郎なクラム、女性が女優を目指す新体操選手風なグッピーに差し替えられた。
そんなアメリカ在住の二人が、シッドという杖によってアメージングランドを救う勇者に選ばた。
そして、夢をかなえる国・アメージングランドに二人が旅立つというのが大方のストーリーだ。

さて、そのアメージングランドは、ゲーム上では3Dで描かれた世界、しかし、操作方法、実際の内容は2Dアクションゲームそのものだ。
だが、カーブや螺旋階段等は、進むと画面もその通りのカーブや螺旋を描くように進行して進んだり、画面の奥に目的地が見えたりするのが特徴的、コントローラーでは横ボタンを押しながらも、画面奥に進むこともあり、手前に向かってくる仕掛けをジャンプで避けるシチュエーションもある。
ジャンプ台(結構多い)で飛ぶと、豪快に飛んだり、風に乗っての移動する等で、アクションゲームならではの爽快感が素晴らしい。
ステージにはコインが散らばっており、合計300枚分集めれば、1UPでき、ステージ中ある程度集めることができれば、ボーナスステージに突入できる。

反面、せっかくのジャンプアクションなので、特定ゲートでの変身(亀・蛙・ドラゴン)はいらなかったかも。
ライフ制をとっているが、初期のライフは2つだけ。
あとは、ステージに隠されているものを探すのだが、無論、初期ライフの状態では、終盤はかなり厳しい戦いが待ち受ける。
ライフに関しては、ある程度は、特定ステージクリアでアップさせてもいいのかなと思った。
何より気になったのは、操作感。
特にジャンプボタンを押してから、若干レスポンスタイムがあった気がした。
足場を飛び移ったり、グッピーが2段ジャンプするシーンではなぜか、普通に押したはずなのに、失敗することが多くあった。
カメラワークは大方良好も、一部画面が狭くなり、出会いがしらの衝突することも。

全18ステージとボス戦の3ステージをクリアすれば、オールクリアとなる。
1ステージはやや長めで、ミスすれば、思わぬ場所まで戻される。
また、この時代にしては珍しくパスワード制をとっている。(引き継ぐのは最大ライフと魔法とステージクリア状況のみ、残機数とコインは引き継がれず。)
あのボスが強い、仕掛けが難しくて進めない、でも何度でも挑戦して、ステージやボスのパターンを見極めれば、ゲームそのものはシンプル、何とか対処できる範囲だ。
古き良きあの頃ののゲームを、ある意味正統派に進化させたゲームだったのかもしれません。
これぞ、日本人が忘れかけたレトロゲーマー達の熱き血潮。
ゲーム業界のアメージングランドは、日本だけでなく、アメリカにもあったのだ。


おすすめ度 14/20 (セガサターン版基準)

theme : ゲーム
genre : ゲーム

近況報告?

本日はQMAは無し。
紫宝魔神の討伐も結局金曜日の2回でおわりました。
それでも、自分の実力からして2回も討伐できればいいほうでしょう。
なんせ45点に44点でしたから(汗)
まわりが強かったです、それだけ。

・ゲームレビュー104回目のキーワード

前作はRPG
前編(と後編)
2D時々3D

こぼれ話・因みに僕は、前作のRPGより、先にこちら(前編)をプレイしております(汗)
説明書に前作でいうネタバレがばっちり書かれておりました。

( ・A・)<ジャケ買い乙。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA8、紫宝魔神

魔法石  137360個

紫宝魔神襲来、ということで、マトリクス前橋に行ってきました。
因みに、中4日でのプレイ、プロ野球の先発投手状態です。
現在クライマックスシリーズ真っ只中。
はたして日本シリーズ行くのは…


さて、魔神戦、2回討伐できました!


44点と45点で。(滝汗)


上位が99点とってくれたりして、
ただ、今回は討伐したという人が多いみたいですね。
討伐ランキングもいつもより多めです。
マッチはアオミルZさん(紫宝魔神)。

あとは、トナメに、ゲーム・おもちゃサークルも。

・ゲームおもちゃサークル

結構久々に参加。
すっかりアニゲ使いのサフィアも過去の話になりつつあるけど、そうそう、賢聖杯、色々と縛りが発生しそうということで、ライフスタイル四択以外の武器候補も仕込んでおかないといけません。
関西地区は縛りの厳しい大会が多い印象で、参加者も色々なものを投げている印象があります。
せっかくなので、紫宝魔神を機に、なにか理系やってみましょうか。

( ・A・)<さて、できるかなー?

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

102・「アイスクライマー」

ファミコンミニ アイスクライマーファミコンミニ アイスクライマー
(2004/02/14)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る



発売年・1985
機種・FC GBA
ジャンル・アクション
メーカー・任天堂


マリオブラザーズに並ぶ80年代を代表する対戦格闘ゲームと言えば、このアイスクライマーです。
相手が上に向かって上部のブロックを崩しているところをさらに下のブロックをほって、足場を崩して落としたり、先に上に登って、1階、2階という感じで上にスクロールさせることで(横スクロールはない)、下にいる相手を画面下部に落として倒すのです。

プレイヤーキャラは、雪男風(若しくはエスキモー)のポポ(1Pキャラ)とナナ(2Pキャラ)以上。
一応、1人でもプレイできるけど、COM対戦はないので、あくまで練習モード的な意味合いですので、面白さも半減でしょう。
ダンスダンスレボリューションを、プレステのコントローラーでプレイするようなものです。

バトルステージは実に32ステージあって、ステージナンバーが多いほど障害がきつくなったりします。
相手を下におとしたくても、横に移動する小さな雲に乗りながら上の足場を崩す、滑る足場がある、強制的にスクロールさせる白熊が登場するなど、あらゆることに気を使うことになります。
激しい戦いに勝ったあとは、ナスやにんじんといった野菜をとってさらなる得点を獲得、さらに、最上部を飛んでいる鳥に捕まれば大量得点獲得だ。

え、このゲーム、対戦ゲームではなく、本当は協力して上に進むアクションゲームだって?
どうせ32ステージやっても最初に戻ることですし、エンディングもないのだから、そっちの方が面白いのではないでしょうか?(ただし、ある意味でほどほどにお願いします。)


おすすめ度  13/20

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

11月の予定

QMAはしておりません。
かわりにコンシューマーゲーム(ニンテンドーDS)のRPGを先ほどクリアしました。
まあ、またしてもマイナータイトルですが。
明日もノーQMA予定、おそらく、次のプレイは3日か4日になりそうです。
協力プレーは9階までの模様です。


・ここで今月の予定を

11月23日&24日  大阪遠征

23日は賢聖杯に行く予定です。
12:00受付に間に合うように行動。
24日は、未定です。
釣り糸があれば・・・

11月27日 レジャーランド太田大会?

同日、休みであることが判明。
なんと、1年4か月ぶりに大会に太田の大会に出られると思います。
商品提供は、大阪土産で!



・ゲームレビュー103回目のキーワード

・見た目は3D、操作は2D
・元々はアメリカのゲーム
・主人公は日本向けに差し替えられた


さて、わかりますか?
個人的には意外と好きなゲームではあります。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
363位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。