08
2
5
10
11
12
14
16
21
22
25
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

157・「FEDA(フェーダ) : The Emblem of Justice」

フェーダ エンブレム オブ ジャスティスフェーダ エンブレム オブ ジャスティス
(1994/10/28)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



タイトル・FEDA: The Emblem of Justice(フェーダ:ジ エンブレム オブ ジャスティス)
発売年・1994
機種・SFC
ジャンル・S・RPG
メーカー・やのまん(マックス エンターテインメント)


1994年にSFCで登場したS・RPG、FEDA(フェーダ)。
ファイアーエムブレム、スーパーロボット大戦といった、少年少女が派手な技を繰り出す華やかな世界観が居並んだ当時のコンシューマーS・RPG界にあって、まず、FEDAの大きな特徴となったのは、渋い世界観。
パッケージに描かれている主人公のブライアンは大柄で屈強なヒューマンの戦士、もう一人のアインはさらに大柄な狼戦士。
導入部分の罪のない村人を襲うという作戦に、上官にブライアンが正面切って逆らうという男らしい行動に出る。
その後、投獄されるがその際にアインが脱走の手助けをし、さらに狐人のハンター・ドーラの手助けもあって、脱出。
3人?はこの後、大陸を巡る改革を行うというもの。
なんせ、初期パーティは人間、狼人、狐人。
その際にかわされる、ぶっきらぼうな会話もかえってここちいい。
その後に加わるパーティも、エルフ、アルシデア(エルフに近い人間)、レオ(ライオン型人間)、セントール(ケンタウロス)、アームドウィング(昆虫型)、マシンヘッド(機械人)、カーカル(豹型)と、一癖も二癖もある種族たちと共にアルカディア解放軍として、スクーデリア大陸を所狭しと戦うことになる。
また、玉木美孝さんがキャラクターデザインをしたこともあり、メガドライブで発売のシャイニングフォースに近い部分も多いかもしれない。

さて、S・RPG部分に目を映すと、味方、敵が交互に動くターン制。
まず、味方同士の会話の中にミッションが出され、それができればクリアとなる。
ミッションの内容は敵を全滅させろ、だけでなく、敵を倒さずに、○○まで行け、○○だけ倒せといったものもある。
尚、ミッション関係なしに、敵を全滅させても、マップクリアとなる。
と、ここで、今作の特徴、ミッション通りの行動ができたときと、そうでないときは、称号が変わり、この後、仲間になるキャラクターも変わってくる。
ミッション通りに進むと、ロウとなり、敵をすべて倒し続けると、カオスになってしまう。
ロウ、カオスルート片方でしか仲間にならないキャラがいるだけでなく、エンディングも変わってくる。
そんなカオスのエンディングには苦笑いしてしまったものだ。

そして、ユニットに攻撃を加える際に切り替わる戦闘画面では、SFCながら迫力のアニメーションで繰り広げられる。
迫力だけでなく、例えば、エルフのアリアに至っては乳揺れの描写まであるという気合の入れよう!
ちなみに、戦闘画面のスキップができない。

戦闘マップでは、各キャラを移動させた後、攻撃、アイテム使用の他にMP(このゲームではMPはマインドパワーと略す!)を消費しての必殺技も可能。(逆にMPのないキャラもいる)。
強力な一撃を加えるもの、広範囲への攻撃と、うまく使いこなせば、戦局を一気に優位にたてることもできる。
一方で、回復役のキャラは原則的には、通常攻撃はできない。

マップを移動し、敵のアイコンがあると戦闘画面に突入、街ではコマンド型RPGのように人との会話、買い物も可能。
マップでは、キャンプもはることができ、戦闘準備、セーブ等もできる。
全13章(13マップ)あり、13章の最終ボスを倒せば、それまでの行動によって異なるエンディングが始まる。

壮大なストーリーや、アダルトな世界観に魅了された反面、ブライアンと、とある人物との関係の話等、一部ストーリーがうやむやのままおえてしまうことも。

また、原則的にマップ画面でセーブできるものの、章またぎの際に、一部セーブができずに連戦のケースもあり、しかもミッションの違うこともあるので
読み込みも遅く、町や家の中に入るとSFCながら読み込みに3秒ほどかかる。
防具は、戦闘マップで装備しなければならないというもの。

戦闘マップでブライアン、アイン、あとコノリー以外の味方が、敵の収容所送りとなる。
その場合は、ブライアン、アインが収容所に助けるというイベント戦闘を行うが、そのマップが毎回同じなうえに、敵がレベル1と非常に弱いという、面倒なイベントをしなければならない。
コノリーは、HP0になっても収容所送りにならない(危険を回避できるという能力があるため)一方、主人公格のブライアンとアインのどちらかがHP0になった場合は、即ゲームオーバーとなる。
しかも、敵はこの二人を優先的に狙ってくるため、2人の行動にはいつでも注意が必要になる。

カオス狙いであれば、ミッション気にしなくていい仕様なため比較的簡単に進めるものの、ロウねらいであれば、ステータスの低いキャラを前線に動かす→倒さなくていいキャラが攻めてくる→そういう敵を攻撃ができない、敵からの攻撃を防げないということが多く、若干難易度が上がる。
反撃がない、収容所イベントの簡単さは、そのための措置かもしれない。

細部でアラはたしかにあった。
それでも、重厚な世界観に引き込まれていく感覚は覚えた。
FEDAはその後、リメイクされ、続編も登場したが、スクーデリア大陸の改革はいまだに完結していない。
2作目が出た後に、開発元がゲーム事業から撤退したためである。
ポテンシャルを生かす細かいシステム周りの重要性を思い知らされる。

お勧め度 14/20
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、ちまちまと

魔法石 56656個

そんなわけで、だらだらプレイ。
思えば、去年の今頃、いや、ここ数年はほぼこの時期に宝石賢者になっていたのですね。
今回はいろいろあって、6月下旬でのスタートとなりましたが、この分なら11月までには宝石になれるかも。

・社会スロットサークル&社会文字パネルサークル

どちらも久々の参加。
パネルは波が激しいです。
あと、社会並べ替えがようやく★5に。
1回やりたいところですが…なんで社会並べ替えサークルって複数あるのだろうか。
どれにはいればいいのかな。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

蕎麦事情

日に続いて、月曜もQMAは無し。
火曜こそ…
最低限社会スロットサークルには出席するはず…。

で、かわりに最近行ったそば屋を紹介。

・めんぼう山本

山本


高崎北高校にやや近くの店。
わりと繁盛しておりました。


・叶屋

最近、上小鳥(下小鳥?)のフレッセイ近くに移転したとのこと。
ざるそば&かき揚げ丼セット(Aセット)650円は結構お得。
自家製のそばが売り。

叶



( ・A・)<で、お味は?

だからグル(ry


・ゲームレビュー158回目のキーワード

1・12年間ある記録を所持
2・アルルの女
3・天国と地獄
4・これのテーマ曲

公約通りメジャータイトル、というのか、レトロゲーマーならメジャーゲームという感じ。
でも、若い世代の方も知っておいて損はないかもしれません。
経済学的な意味も込めて(???)

theme : 日記
genre : 日記

QMA賢者の扉、紅玉魔龍

魔法石  54662個

金、土、日に紅玉魔龍イベントがあります。
スポーツ縛りのトナメで決勝は魔龍討伐ということで。

結果的には1回だけ討伐成功し、青、紅共に討伐成功。
やはりといいますか、ロンドン五輪関係の問題が多く出ました。

やってみると、スポーツも面白いですね。
返す返すも、金、日にプレイできないことが悔やまれる。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、少し

魔法石  54025個

フェドラ高崎でトナメを5クレプレイしました。
とはいえ、特にこれといったことはできず。

明日は紅玉魔龍戦。
僕は少ししかできませんが、やるだけのことはやってみようということで。


・甲子園

大阪桐蔭が春夏連覇しました。
強すぎるとしかいいようがないです。

これで、いよいよ秋になっていくのですね。
ただ、暑いです、残暑です、水分補給はこまめに。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、中3日

魔法石  53642個

中3日でプレイ。


・社グルサークル

こえええ

・ライ四択サークル

相変わらずのニュース責め。
ただ、ライスタのニュースは(飽くまで自分の中での話ですが)比較的覚えやすい方だと思ってます。
理系のニュースは、学者が新たに発見したとかという高等なものがでますからね。
その割に、ライタイ、ライ並べがひどいというツッコミは無の方向で。


そして、魔法石アップキャンペーンが実施中とのこと。
今週、来週の平日の獲得魔法石が少し多くなっております。
ただ、トナメは確認しましたが、他のモードは不明なので、詳細を求むっ!


・甲子園

いよいよ10:30より、決勝戦。
大阪桐蔭と光星学院の試合となります。
なんと、春と同じ対戦カードというもの。
熱戦を制するのはどちらか。

そして、来週の火曜日には、甲子園のニュースクイズが襲ってくる…

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、たわごと

日、月、火曜日とQMAの予定は無し。

水曜日に、ライ四択か社グルサークルのどちらかに行く予定です。


・ある話題について色々

結果、点数が出る以上、(特に縛り対戦サークルにおいて)ある人が強いとか、390台安定な人がでるのはそれはそうという話。
特にそういう人3人に囲まれたりすることもあります。
で、自分だけ低得点とか(僕なんて得意ジャンルすらしょっちゅうです)

とはいっても、サークルというもの、別に勝っても負けても何が起こるわけでないですし、だから、入りにくい環境ということはないとは思うのですけど…。

別にマッチングがどうのこうのなんて関係ないですし、ただ、○○縛りサークルであれば、それができれば、未見の問題さえ回収できれば、それでいいわけなんですけどね。
終わったら、みなさん、お疲れ様でしたと言う感じで。

まあ、これは永遠の課題ということで。
ただ、こういった、入りやすい、入りにくいという問題は、実際の社会でも応用のきく分野でもあるので、考えさせられるものです。


・ゲームレビュー157回目のキーワード

1・マルチエンディング
2・リメイク版もある
3・千年戦争
4・上官に逆らう

158回目こそ、メジャータイトルやるんだ…

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

156・「クイズ きらめきスターロード」

クイズきらめきスターロードクイズきらめきスターロード
(2006/08/10)
Nintendo DS

商品詳細を見る



タイトル・クイズきらめきスターロード
発売年・2006
機種・DS (前身はAC)
ジャンル・その他
メーカー・タイトー


2006年某日(DS版発売年)
僕はとある小さな、芸能事務所のマネージャー。
なんだか知らないけど、いきなり社長から町でアイドルにふさわしい女の子を連れてこいということになった。

「うちのアイドル事務所は弱小事務所なんだから、仕事が少なくてな、町にいい女でもスカウトしてこいやコルァアアアアアー!(誇張表現あり)」

ということで、町に繰り出すことに。
そこで3人の女の子を発見した。

その候補は、

活発そうなきつめの『一条寺愛弓』
普通そうなピンク髪の『橘香織』
地味目な眼鏡の『田辺みさこ』

とりあえず、意を決して声をかけてみた。

「うちでアイドルすれば、女優、歌手、声優、なんでもやって金がっぽりだぜ、ケーッケッケッケッケ(誇張表現かなりあり。)」

「ワタシ タチバナカオリ コンゴトモヨロシク(誇張表現とてつもなくあり)」

えーっと、まあ、そんなわけで、スカウトに成功。
そして、どういうメカニズムかは知らないけど、出題されるクイズに答えて、進めていくらしい。
いくつかのジャンルから選んで○×や四択クイズを行うことで、アイドルが育っていく。
ちなみに、クイズはいくら間違っても途中でゲームオーバーにはならず、そのまま進むみたい。
ジャンルは色々あるけど、アニメ&ゲームがやや難しめかな。
学問系が、最初のうちは基本問題が出るけど、アニゲの場合は、いきなり内容のこと突っ込まれるから読んでないと、ゲームプレイしてないとステージ1、2から苦戦しやすい。
あと、スポーツも2006年当時のことを加味して答えないといけないかも。

ステージを進めるごとに、主に3つのルートを進むことで、ゲームが進むけど、それによって、エンディングがどういうアイドルになっていくかが決まってくる。

あとクイズの他にミニゲームが3つあるんだ。
タイミングよくボタンを押していい写真を撮るとか、→ボタンを覚えて、ダンスを躍らせたり。
ただ、最初のミニゲームがエンディングの影響がかなり強くなってしまうかも。

あ、そういえば、9年前(1997年のAC版)にも同じようなことがあったって聞いたな。
その時はイントロを答えてアイドルを育てるシステムだったらしいけど、どうやら著作権の問題でおじゃんになったのかな。


と、いろいろあったけど、とにかく無事にデビューに成功。
クリアしたら、おまけ写真が公開されたりするから、色んな遊び方、あるいはわざと間違えまくって進むという楽しみ方もできると思う。

なに、うまくいけば、もう一人ぶっとんだ感じの女の子もスカウトできるって?

その条件は…







…勘弁してくださいよ~

まあ、クイズに自信があるならやってみてということで。

お勧め度  14/20

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、モアイ杯

魔法石  52703個


さて、本日は、モアイ杯に行ってきました。
場所はモアイ大宮。
モアイ杯とは、モアイ系列4店舗で予選し、その代表4名が、決勝大会でチーム戦を行うというもの。

すでに3チーム12名が決まり。
本日は、残り1チーム、4名の選抜を行い、その後、本選がスタートです。


当日予選の参加は16名。
16名を4グループに分け、そこで1位になった人が本選に進出。


で、自分はというと


ライフスタイルスロット→社会グループ分け(自選)→アニゲパネル→理系多答

で4位でした。


本戦は

優勝 いちじょうみくもさん
2位 フェリシアさん
3位 KATSU2さん
4位 MLT97-90さん

が当日選抜として出場。

で、本選
4人が1回ずつプレイしてその合計点を競うというもの。



モアイ杯


結果

優勝 モアイ上尾選抜
2位 モアイ大宮選抜
3位 オリンピア大宮選抜
4位 当日選抜


ということになりました。

その後は適当に過ごし、やや早めに高崎に戻ることに。

店対やりたいところでしたが、とりあえず、疲れましたということで。


( ・A・)<まあ朝5:30起きじゃあな。

QMA賢者の扉、折り返し地点

魔法石  52115個


黄金賢者八段。
宝石まであと、半分となりました。
プラチナメダルは少な目ですが。


・18日の予定

お出かけします。
今現在予定しているのはモアイ杯。(モアイ大宮)
本戦の出場は無理かもしれませんが、せっかくの機会ということで。
寝落ちしてたら、気が変わって別の場所にいたらごめんなさい。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、あと某ロープレクリア

魔法石  48356個


・QMA

全国大会をそこそこに。
更新はちょっとだけ。
しかし、280位前後、今回はそこまで素晴らしいスコアは出してないのですが。

・オリンピックのメダル

先日金メダリストを書き連ねましたが、今日からは銀・・・
と言いたいところでしたが、やっぱり、ググって調べてという方向になりました。(爆)


・ドラクエ3

少し前ですが、無事にクリアしました。

DQ3

はにぷす(男)を魔法使いから戦士へ。
せずぞみ(女)はさとりのしょで、盗賊から賢者に。
ひでーさ(女)は僧侶のままで。
勇者は非公表です。(自分の名前ではありません。)
なんでそんな名前かというのは、秘密の方向で。(←

人生初のドラクエということで、楽しみにしてましたが、ひとまずは、面白かったですということで。

SFC版の為、クリア後もまだ+αのダンジョンがありますが、一旦これで一区切り。
また別のRPGをスタートさせてます(そこそこ有名かな。)

詳細は第200回目のレビューで書きたいと思います。

( ・A・)<だからそこまで続くのかって。

QMA賢者の扉、オリンピック対策?

魔法石 46613個

只管全国大会で石積み。

そして、半年ぶりにこんなサークルにも。

・三沢塾(芸能四択サークル)

色々な意味で相変わらずでした。


さて、オリンピックが閉幕しました。
案の定ですが、オリンピックのニュースクイズが、どんどん出てくると思います。
というより、もう出てます。

その対策の一環ということで、日本のメダルを書き連ねようと思います。



祝・金メダルヽ(^o^)丿


米満達弘(男子レスリング・66キロ級)
村田諒太(男子ボクシング・ミドル級)
吉田沙保里(女子レスリング・55キロ級)
伊調馨(女子レスリング・63キロ級)
小原日登美(女子レスリング・級)
松本薫(女子柔道・57キロ級)
内村航平(男子体操・個人総合)

スポーツエフェクト、文字パネル、スロット、なんでも出てきそうな予感…。


疲れたので、銀メダル、銅メダルは明日以降へ(


・ゲームレビュー156回目のキーワード

元々は音楽関係のゲームだった
クイズ
マネージャー
アイドル

theme : ゲーム
genre : ゲーム

155・「アラビアンナイト・砂漠の精霊王」


アラビアンナイトアラビアンナイト
(1996/06/14)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



タイトル・アラビアンナイト ~砂漠の精霊王~
発売年・1996
機種・SFC
ジャンル・RPG
メーカー・発売・タカラ 開発・パンドラボックス



そこは、太陽が照りつける、辺り一面、砂砂漠(すなさばく)のアラビアライクな世界。
15歳の少女・シュクランは、ある日、おばさんにこき使われていました。
そんなある日、シュクランは、指輪を見つけてしまいます。
指輪からは、精霊・イフリートが現れます。
イフリートは願いを叶えよとシュクランにつけます。
というのは、イフリートは指輪の主(拾った人)の言うことを聞かなければなりません。
そして、その主の願いを叶え続けなければなりません、そして、叶え続けて、いよいよあと一人…。
そんな中、日頃からおばさんにこき使われているシュクランは、イフリートにこう告げます。

「世界を平和にしてください。」

…そんなわけで、シュクランとイフリート達は共にアラビア世界を旅することになったのです。

と、RPGとしては珍しい中近東・アラビアの世界を舞台にしたゲームが、アラビアンナイト・砂漠の精霊王。
砂漠を中心とした世界、ダンジョンも山や宮殿、石でできた神殿といったものが多くを占め、砂岩でできた住居地帯、エジプトの町といったものが、精霊王の世界を彩っている。
天然ボケ気味の主人公のシュクランにアニメ調の絵柄。
しかし、軽い気持ちでこの世界に踏み入れると、砂漠の灼熱地獄に火傷を負うことになる。

まず、フィールドに出ると、およそ5歩ほどでエンカウント。
そして、また5歩でエンカウント…今度は4歩あたりで…(略)と、エンカウント率が非常に高い。
ダンジョンの内部は比較的エンカウント率は抑えられていると思いきや、それでも、他のRPGよりも高めだ。
一方、中盤で手に入る魔法のじゅうたんでフィールドのエンカウントを回避できるようになる等なかなか極端なこともしてくれる。


さて、戦闘システム。
シュクラン、イフリート、そして、序盤にもう一人、泥棒の少年・ハーティの3人で戦うことになるのだが、3人の攻撃、特技だけでなく、トレーディングカードを駆使したシステムを採用している。
カードは敵との戦闘を終わらせるごとに、1枚手に入る。
カードは3人の行動とは別に、カードを出すか出さないかの選択も迫られる。
一方で、雑魚敵やボス敵も敵にはカードを使ってくる。
カードを出した場合、敵への攻撃、ステータスアップ、HP・MP回復、さらには、魔法攻撃無効といった、強力な効果が3ターン続く。
カードには、水・火・月等それぞれの属性があり、ランクもレベル1からレベル5まで存在。
同時にカードを出した場合、レベルの高い方が発動する。(同じレベルの場合は両方無効)。
しかし、カードのレベルが低い方が、強力な効果が発揮される。
油断していると、弱い敵でも、レベル1のカードを出されて、大ダメージ受けることも少なくない。

その他、シュクランは、物語途中で仲間になる精霊(ジン)を召喚。
イフリートは必殺技等の特殊攻撃、ハーティは、状態異常攻撃やとんずら(逃げる成功)といった補助攻撃も得意だが、他のRPGでいう回復魔法や全体攻撃が極端に少ない。

そして、今作の目的は、ずばり、世界平和!(byシュクラン)もそうですが、具体的には、魔水晶を集めて、イフリートの本来の力を開放させ、悪の大ボスを叩き斬ることが目的だが。
それ以外にも、いくつかのフリーシナリオがある。
そして、今作にはエンディングが複数用意されている。
その中には真のエンディングなるものも用意されているが、これを見るのも結構難しい。
例えば、ゲーム中盤で、ある鳥が武器・防具をたべさせてと要求するシーンがあるが、これは、無視してもゲーム自体は進む。
しかし、一定数食べさせると…、ある重要な効果を得られ、シュクランが召喚できるジンと出会う等のイベントが起こる場所に行けるようになる。
そのイベントが真エンディングへの道だったりするのだ。
ただ、ゲームを進めるうちに、忘れてしまったり、どうでもよくなっったりで放置したままゲームを終えてしまうケーヅも出てくるだろう。
他にも、度々ゲーム中に選択肢が入り、攻略に関係ないものもあれば、実は重要な選択を迫られていたということもある。
ストーリー自体も、感動するシーンも少な目、やや盛り上がりにも欠けたまま、最後まで来てしまった。
物を集めることがストーリーの主軸になりすぎた為、(ゲーム的にはともかく)シナリオ的な急展開らしい急展開も少な目、話の流れも弱かった。
もっとも、話を見せるタイプのゲームではないので、気にしすぎることもないかもしれないが、もう少し印象に残るような工夫も欲しかったかも。

RPGとしては、クリア時間も短めだが、その分、1周目、2周目とやるごとに、色々な発見、が出来、楽しみ方も変わってくる。
軟派な表面に、硬派な内面を併せ持った職人芸のひかるRPGなのだ。

結果的に、上級者向けなRPGとなっているし、少なくても万人向けとは言い難い。
ただ、エンカウントの高さについても、世界観もコンパクトにまとまっており、戦闘のテンポも良好なので、触れ込み以上には気にならなかった。
ユーザーを必要以上に迎合しないゲームが活躍する機会だってあってもいいはず。

その一方で、アラビア世界のゲームがこの前にも、この後にもほとんど登場しない現実にも一抹の寂しさを覚えるのも事実。
単純にアラビアの世界が受けが悪かったのか、このゲームが難しかったからか。
難易度を絶妙なバランスに仕立てて間口を広げる手法はあっても、多くの大ヒット作がゲームの世界観までユーザーを迎合するのは、ゲーム業界全体にとって、果たして賢明な判断だったのだろうか。

お勧め度 12/20

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、オリンピック閉幕

魔法石  44499個

4年に1度の祭典。
度々見ていましたが、あの大舞台で活躍するスポーツ選手は本当にかっこいい。

とにもかくにも、お疲れ様でした。


QMA日記は土曜、日曜の2日分まとめて。

・全国大会

結構やりました。
ポイントはあまり伸びてないのですが、順位が、今まで以上に高い感じ。

コミックマーケットの影響でしょうか。
QMAラーの皆さんも結構いっているみたいですね。

・サークル

・社会○×

実質的には初参加。
やはりこういった機会でないと、なかなかキラー問に遭遇しないものですね。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

154・「ロックマン5 ~ブルースの罠!?~」

ロックマン5ロックマン5
(1992/12/04)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



タイトル・ロックマン5 ブルースの罠!?
発売年・1992
機種・FC PS等
ジャンル・アクション
メーカー・カプコン


かれこれ、これで5回目のボスキャラ駆除に、ワイリ…おっと、ブルースの罠でしたね。
まあ、このシリーズのOPやストーリーは、Aボタンでサクッと飛ばしちゃうでしょうから、あまり関係ないでしょう。
ストーリーは飾りです。
一応、騒動を起こしたのは、ブルースか、というところから話は始まります。

横スクロールアクションゲーム、ロックマンシリーズの5作目。
ロックバスター(溜めうちであるニューロックバスター)で撃ちまくって、8つのステージを攻略していく。
8ステージ最深部に待ち受ける8体ボスぼ撃破、ボスを倒すと武器入手、そして、最後のワイリ…ブルースステージへの流れは、今まで通り。
重力反転するステージや常時大ジャンプする宇宙のステージと、ステージの仕掛けもより充実。
他に、ステージに点在している8つのパネルを集めると、遠距離から敵を攻撃してくれるサポートメカのビートも登場。
結果的に、難易度は以前よりも下がっている。

らしさを失わないことで長い人気を誇ってきたわけですが、しかし、本当に世界を支配したければ、もっと徹底的に破壊活動できるはずなのですが。
きっと、本当は、ワイリーはロックマンのことが好きなんですよ。

お勧め度  14/20

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、

魔法石  38814個

とりあえず、そこそこにプレイ。

・トナメ

相変わらず、ドラゴン組レベル4になったら、レベル3に下がるの繰り返し。
ドラゴン組レベル5なんてなかった(←

・サークル

・社会グループ分け

全問正解が遠い…。

・ライフスタイル四択


無事に2回とも4人対戦成立。
ニュース問こんなに多い形式でしたっけ。

・KAC

全国大会上位と、魔龍討伐上位が招待されることが判明。
さて、誰が出るのかな?

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

オリンピック中ですが・・・、ここで家ゲー状況

・家ゲー状況

世間はドラゴンクエスト10が色々な意味で話題になる中…。

ドラクエ3


逆にドラゴンクエスト3をスタートさせてみました。
これからドラクエ3の戦闘曲が甲子園でがんがん演奏される時期なのでちょっと一念発起してみました。
ちなみに、これが、人生初のドラクエとなります。

( ・A・)<しかし、名前がひでえな。

名前ですが、最近はある独自のルールで名前を決めております(汗)
あと、主人公の名前は、非公表ということで。
クリアしたら、第200回あたりで取り上げたいと思います。

( ・A・)<そこまで続くか?

・ゲームレビュー155回目のキーワード

・女主人公
・トレーディングカード
・マルチエンディング
・アラビア

一時期女主人公ゲームを立て続けにやってた気がしましたが(パート60台あたり~70台あたり)、実は、131回目のノーラと刻の工房以来やってなかったという。
久々にやってみたいと思いましたが、いかんせん、ドラクエと違ってどマイナーゲーな上、鬼畜ゲーです。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、天青魔龍終了

魔法石  38147個

なんとかやってみました。
結果、討伐は3回に留まりました。

久々にアニゲの問題をやり込んだわけですが、ここ1、2年でゲームの問題も増え、継続は力なりということを思い知らされます。


・ロンドン五輪


あまりmixi、ツイッターでは言いませんが、度々見ています。
小さい頃(バルセロナあたり?)に、速い、強い選手たちが最高のパフォーマンスをしているその姿はとにかくかっこいい。

今回も、史上初の快挙もあれば、不本意な結果で終わる競技も。
多くはわかりませんが、練習の仕方、調整の仕方、競技への取り組み方、メンタル。
すべての要素が合わさって、そう思っても尚、勝負させてもらえない現実、あるいは、最高の笑顔で締めくくれる結果。

一般庶民からすれば、結果はどうであれ、本当に頭が下がる思いです。



でも案外、一番の課題は、上層部の協会だったりするかも。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、天青魔龍

魔法石  36924個

・天青魔龍

魔龍

到来してきました。
ナビが先生ではなく、魔龍の使い魔の挑発に。

16人接続で、予選1回戦、2回戦は8問勝負。
決勝では、12問答えて、一定の点数取れれば討伐。

上画面では神々しい魔龍の姿が。

アカデミー生徒が魔龍討伐をしているせいで。

・社グルの会

誰もいませんでした…



・階級

黄金 シノブ

黄金賢者に昇格。
とはいえ、宝石賢者を考えると、まだまだ先が長い。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、コラボアイテム

魔法石  34388個

・コラボアイテム

今作でも配信されました。
QMAを接続するとアバターアイテムが貰えるというものですが。

コラボしたゲーセンは

・メトロポリス系列
・レジャーランド系列
・アドアーズ系列
・ユーズランド系列
・ラウンドワン系列
・アミパラ系列
・サードプラネット系列
・パロ系列
・キャッツアイ系列
・アピナ系列
・ラッキー系列


多いな。

また、前作の配信アイテムも引き続きもらえるみたいです。

・サークル

社会エフェクトに初参加。
やばい、ここまで難しいとは。

・協力

偶然にも22:04に入った結果、討伐に成功。
なかなか貢献できなかったのですが、結果オーライということで。
尚、今回はある募集に乗っかったのですが、僕から募集をかけることはしないと思います。

録画したとのことですが、ニコニコへのアップはOKです。
むしろジャンジャン映してもらいたいくらい(←


・金曜日は…


金曜日から、いよいよ天青魔竜登場。
果たして、どんな演出が、仕掛けが待っているのだろうか。

そして、社会グループ分けサークル、社グルの会の新定例会が、20:00~21:00まで10分間隔で営業。
こちらも出席予定です。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

153・「グランディア2」

グランディアIIグランディアII
(2002/02/21)
PlayStation2

商品詳細を見る




タイトル・グランディア2
発売年・2000
機種・DC PS2
ジャンル・RPG
メーカー・ 発売・エニックス 開発・ゲームアーツ


グランディア2は確かに、グランディアシリーズの2作目だ。

戦闘画面はそう見えるし、アイテムやシステムも、そんな感じ。
あのテーマ曲も流れているし、セーブポイントもそっくりだ。
ただ、グラフィックは3Dポリゴンでの表現、ストーリーも暗い。
そして…

前作、グランディアはセガサターン、プレイステーションで登場したものの、売り上げは期待値に比べれば低調に終わった。(SS版38万本、PS版10万本とのこと)
だが、実際に体験したものの多くは、それを絶賛している。
RPGにおける冒険という基本的ながら、当時等閑にされかけたテーマを、徹底的に追求し、当時としては、至難の業にして過去のものになりつつあった2Dドット絵と3D背景の融合を以て、忘れかけていたものを忘れられない冒険に仕上げたのだ。
ただ、当時、高セールスを記録した他の大作RPGと比較してしまうと、悪い言い方すると、ガキっぽくてダサかった。
作品としては問題ないものの、スタイリッシュでかっこいいゲームのファンが、リアルな表現が可能になったゲーム機も相まって多数派になっていた時代だった。

そうして、数年後にグランディア2が製作、ドリームキャスト、プレイステーション2で発売された。
それは、前作とは見た目以上に見違える作品となっていた。

主人公、リュードは17歳のジオハウンドの青年。
相棒の鳥であるスカイと共にあらゆる依頼を受領して生計を立てていた。
ある日、グラナス教の教会の少女、エレナをある塔に護衛することになった。
リュード護衛は成功した。
だが、儀式は失敗、エレナと共にいた教会の少女たちは死亡、エレナはヴァルマーの翼に取り込まれてしまう。
エレナを村の教会に寝かせ、外に出ると、今度はミレーニアと名乗る派手な少女がリュードに攻撃、すぐさま去ってしまう。
そして、リュードは、目の覚めたエレナをセントハイム法国に護衛することになる。
リュードはその後もロアン、獣人マレッグ、人形の少女・ティオと出会い、時には、ミレーニアとも協力しながら、ヴァルマーの討伐を行っていく。

主人公は決して、冒険者になる、というあのあどけない少年の姿ではない。
前作より、プレイヤーの年齢が上がったから、キャラも世界もそれに合わせたという理由もあったらしいが。
もしかしたら、2025年あたりに出るであろう『グランディア7』の主人公は40歳になっているのだろうか。♯それはない
冒険の舞台も他のRPGと比較しても狭く、目的もはっきりと定められすぎて窮屈。
遭遇する敵も、ガーライル軍の比ではないくらい冷酷だ。
街の人達も、容赦なく死んでいく場面も多い。
前作も、全くの無血革命ということではないだろうが、少なくとも、ことが収まれば元の鞘におさまるのであったのだが。

その代わり、今作の主要人物は、心に闇や悩みを抱えている。
妙に明るく振る舞うリュードは、兄・メルフィスと敵対することで悩む。
悪魔でありながら、悪魔になりきれないミレーニア。
闇の末裔であるロアンは、過去のことで悩む。
自動人形のティオには、人の心がわからない。
そして、エレナの主体性のあるのかないのかわからない(度々グラナスが…と繰り返す)言動には呆れさせられた。

さて、ゲームの部分。
矢印でのワールドマップの移動、シンボルエンカウント、コンパスでの行先表示と、このあたりは、前作を踏まえている。

敵、味方が各所に入り乱れた戦闘、コンボ、クリティカル(キャンセル可能)、行動ゲージ(IPゲージ・イニシアティブゲージ)でのコマンド入力、これも前作を踏襲している。
敵のコンボを、リュード達のキャンセルで阻止することも可能だ。

一方、マナエッグ、技のレベルについては変更された。
戦闘終了後には経験値、お金の他、特技ポイント、魔術ポイントも得られる。
旅の途中で得られるスキルブックでは、記載されているステータスアップや特殊効果のスキルを2つのポイントを使って効果を発揮させる。
記載されている効果をリュード達が特定数装備して、効果を発揮させる。
マナエッグは、魔術ポイントを使って、記載されている魔法のレベルアップを図る。
そして、マナエッグを装備することで、その魔法が使用できる。(1個だけ誰が装備してもいい)

また、2つのポイントは、キャラ特有の技の取得、レベルアップにも使われる。
強力な必殺技ももちろんだが、各キャラは、キャンセル付加の技を早い段階で習得できる故に、それらをどう使うかが、戦闘でのポイントになる。

結果、難易度はやや低めだが、(具体的にはヴァルマーの目あたり)一部の敵では、キャンセルを連発されるなんてこともあるので、どう敵の攻撃を潰すかがポイントになってくるだろう。(キャンセルがきかない敵はいない。)

と、物語部分に比べると、手堅い進化となったゲーム部分だが、完成度は高く、純粋に遊べるシステムだ。
技や魔法のレベルアップは、詠唱時間の短縮につながるが、改めて、素早さ、スピードの重要性を思い知らされるゲームである。

ただ、その数年前、1作目のグランディア経験者達が数多のRPGからグランディアを手にとったのはどんな動機があったからだろうか。
RPGの魅力の一つは、家に居ながら冒険の気分が味わえること。
そして、グランディアは冒険ごっこから、本当の冒険へ。
それは、勇者である青年の冒険者が、最初から大ボスを討伐するというための冒険ではなく、冒険者になることが目的のRPGだった。
だから、お軽いキャラがいても自然に受け入れられたし、冒険自体にハプニングがあっても、出会いや別れがあっても、冒険に危険はつきものと受け入れることができた。(最終的には大ボス討伐の旅になるのだが)

だが、今作のコンセプトは、冒険ではなく、やや大人向けなクールな内容だ。
故にキャラクターも下手に陽気なキャラや技が、かえってシリアスな話の妨げになってしまい、所々で訪れるハプニングもだいたい予測ができてしまう。
リュードは設定上では最初から強い仕事人。
エレナの言動、行動はとても共感しがたいもの。
それでも、前作の陽気な冒険活劇の為に用意された土壌(村、町、ダンジョンの雰囲気、脇キャラのノリ、戦闘システム、フィールドのコンパス等)に、陽気な冒険活劇の舞台ではなく、ほぼ対極なクールな内容を乗っけてしまった。
それがいまいち一つになりきれない、微妙な空間を生み出してしまったのではないか。

まがりにも、1作目はもっと売れてほしいと思われている程の名『作品』。
もし、1作目が90年代後半を代表する『商品』となっていたら。
グランディア2の路線の方向転換は、実はユーザーの選択ではなかっただろうか。

お勧め度 10/20

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、アップデート

魔法石  33913個

・アップデート


色々あったみたいです。

まず、店舗のコラボアイテムのアップデート。
新アイテムもでたのでしょうか。
そして、魔龍の準備でしょうか、なにか、キャラ紹介画面で空白の○が7個ならんでいるのが確認できました。
宝石賢者の枠も緑色になってました。

またプレイしていない筐体の上画面で

お知らせ

こんなことも。
店舗大会のお知らせ、あるいは、注意書きなどに使われるかもしれません。

・サークル

社会スロットに。
とはいえ、2回プレイして、ともに2人対戦。

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
348位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。