03
2
3
5
6
9
10
13
16
18
20
23
25
29
31
   

QMA賢者の扉、いよいよ・・・

魔法石  26932個


サークルの予定でしたが、時計を忘れた為、サークルは入れず。


・トナメ


結局ドラゴン組レベル5とはなんなのか。


次のプレイは日曜日。
琥珀教室サークルで、シノブリュード@マヤの見納めを行いたいと思います。


・今後の方針


今後はサフィア@マヤを宝石賢者を目指す方向で。
そして、この宝石賢者・・・といいますか、シーズン2の稼働中で一旦、QMAの活動をライト化する方向でを考えてます。
それまでは…
いまは、マイペースにやりましょうか。


・シーズン2稼働日


なんと4月1日は、そして2日も休み。
まあ、3月は、土日だいたい仕事で、あんな大会やこんな大会もみんな見送りという状況でした。
というのも、わが社は今月まで人員ギリギリで運営してましたので。
スポンサーサイト

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

184・「デュープリズム」

デュープリズムデュープリズム
(1999/10/14)
PlayStation

商品詳細を見る



タイトル・デュープリズム
発売年・1999
機種・PS
ジャンル・A・RPG
メーカー・スクウェア


謎の少年・ルウは、クレアという女性と雪の降りしきる山の一軒家で暮らしていた。
そんなルウは、自分が何者なのかがわからない。
ある日、2人はある人物に襲われてしまう。
すると、そのクレアが殺害されてしまった。
失意にくれたルウだったが、「遺産」を使うことでクレアを蘇生できることを知る。
もう一度クレアを…ルウは亡きクレアに思いをはせながら遺産を探す旅に出る。


一方のミントは、東天王国の(ひどいお転婆な)王女。
豪勢な食事が目の前にずらり。(ただしかぼちゃは大嫌い。かぼちゃ料理を作った料理人はクビらしい)
食べようとすると、衝撃の事実、ミントはたった今、王女をクビになったことが発覚。(そりゃそうだ。)
新しい王女は、お転婆なミントとは違ってしっかり者の妹のマヤ。
その事実を妹のマヤに直接告げられたミントだったが、マヤの「遺産」の魔法の前に手も足も出ず。
プリンセスの座をはく奪となったミントは家出を決行、すると、「遺産」があれば、マヤの魔法も目じゃない、東天王国を乗っ取り、その上、世界征服だってできる。(まるで悪役だよ…)
ミントはそんな妄想を膨らませながら、(遺産を邪魔する奴らをすべてフルボッコにするために)旅に出る。


2人は、冒険の拠点となるカローナの街へ。
「遺産」を巡り、ルウとミント、そして、その他の勢力。
果たして、遺産を手にし幸せ、富を得られるのは誰なのか。


デュープリズムは3Dで描かれるA・RPG。
主人公はルウとミントの2人。
同じ世界をルウ編では、シリアス調、ミント編では、コメディ調に進む。
どこか頼りない感じのルウに対し、地団太を踏むなど、全身で喜怒哀楽を表現するミントはどこかかわいらしい。
数々のキャラクターも登場するが、ルウ編とミント編では微妙に違った表情も見せてくれる。
プレイヤーは、まずルウ編かミント編のどちらかのモードでプレイするかを選択する。
片方のエンディングを見た後、もう片方のエンディングを見て、両方のモードをクリアすれば真・エンドとなる。


カローナの街を拠点都市、そこから指定のダンジョンに向かうというもの。
ルウとミントでは、ストーリーだけでなく、戦略面でも大きな差異が出てくる。
ジャンプ、直接攻撃などの基本的なアクションゲームとしての操作の他に、ルウは、モンスターに変身できる。
敵を倒すと、モンスターがコインを落とすが、そのコインを拾うとモンスターに変身できる。
コインの所持は上限で4つまでとなる。
一方のミントは魔法が得意。
ステージの各所においてある魔法を拾うと、より奥の魔法が打てるようになる。


たとえば、ステージの通路を岩が塞いでいると、ルウは、近くのハンマー持ちのモンスターを倒して変身してハンマーで破壊。
ミントは、前のダンジョンで手に入れた魔法で岩を破壊するという感じで、同ステージでも、異なる戦略が求められる。(一部、別ダンジョンに行くこともあるが)
カメラワークは良好だが、アクション操作自体は、結構ボタン入力と行動にレスポンスがあったりする。(特に横スクロールアクション時にはそれが顕著。)
また、動いている足場同士をジャンプしてわたるというアクションをしばしば求められる。
アクション好きなら醍醐味的なアクションではあるが、苦手な人には、やや難しいかもしれない。(最もそんなA・RPGが苦手な人のためのA・RPGが同社の聖剣伝説なのかもしれない。)


アクションステージでは、他に途中の特定ポイントと最深部でボス戦が行われる。
ボス戦は、アクションRPGらしく、倒し方も一工夫の必要があるのだが、特に今作は特定の場合でしかダメージを与えられない、後はひたすら逃げながらというケースが多く、とくにクジラ型のボスキャラあたりは、攻撃が体にあたっているのに、反応はなく、どうすれば攻撃がヒットするかが、わかり辛かった。
もし、途中でHPになった場合は、コインがあると復活できる。
コインは、主に教会でお金を寄付すると、金額に応じてもらうことができる。
コインは、銅、銀、金等の種類はあるが、どのコインも、基本的にHPは全快する。
MPはコインに応じて回復量が変わるが、回復方法は単純(敵を攻撃する)なので、銅のコインで十分かもしれない。

レベルアップ、経験値の概念はなく、HPはダメージを受けると最大HPが上がる、MPはモンスターの特殊攻撃(ルウ)や魔法(ミント)を使い込むことで上がるというもの。
お金は、モンスターを倒した数に応じて、武器防具屋で換金してくれる。(他にある人物との戦いに勝つこと。)

また、ルウは攻撃力が、ミントは防御力がやや高めである。
そんなステータスは、武具屋の武器防具の他、裏通りのステータスアップの店。(値段が高い。)
あるいは、ゲーム後半で、条件を満たした後、特定のモンスターを一定数倒した後に、酒場に行くとそのモンスターの料理を食べることでステータスアップできる。
先のように3Dアクションの難しさもあったが、HP等のステータスはかなり上げることができるため、それでも、これは無理、という段階まではいかないはず。

スクウェアの開発だが、当時は美麗なグラフィックを前面に押し出した作品が多かった中でこういった、ムービーに頼りすぎない作品にも可能性を見出した作品でもあった。
特に3Dアクション操作部分については骨を折るような作業が続いたはず。
そうして作られた今現在の快適なアクションの数々、そしてその礎。
特に笑い、時に涙する、そんな姿をルウやミントに重ね合わせ。
そして、百年後の今、デュープリズムら各ゲーム作品は、未来人にとって魅力的な「遺産」になりえているだろうか。


お勧め度  14/20

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、水曜日

魔法石  26361個


賢者の扉シーズン1最後の水曜日です。


・ライ択サークル


土曜がノーQMA予定なので、今日がシーズン1ラストの参加でした。
後は、トナメを少々。


今週の予定は、金曜日に社グル(+α)、日曜日にゲーちゃ好きサークルに出席しようかと。
無論できたらの話ですが。


・味生庵

旧群馬町エリアのいかにも田舎な蕎麦屋。
行ってきました。
ざるそばソースかつ丼定食を食べてきました。
それだけ(えー

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、足利へ

魔法石  25823個


久々の2連休です。
そんなわけで、思い立ったが吉日、以外にも行ってない足利へ行ってきました。


・ラウンドワン足利

足利1

ショッピングモール併設。
ただ、国道50号、実質的に西方面からの入場になります。

・レジャーランド足利

足利2


ここはわかり辛かったです。
近くに東武線の駅もあります。


この後はレジャラン太田へ。
人が多く集まってました。
トナメやったり社スロ、芸能四択やったり。
22:20頃に退散しました。


・速報

サッカーワールドカップ・アジア最終予選ですが、残念ながら日本はヨルダンに負けてしまいました(日1-2ヨ)
果たして6月に、日本はオーストラリアに勝てるでしょうか。
いいや、必ずやってくれるはず。


・ゲームレビュー185回目のキーワード


1・王女
2・妖精
3・8年間
4・パッケージにタイトル名が書いて無い

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、ラストウィーク

この2日間は、ノーQMA。
いよいよシーズン1もラスト1週間です。


予習の★の引継ぎ、正解率の引継ぎ、徐々に全貌が明らかになりつつあるもまだまだその実態は雲のよう。

あと気になるのはサークル活動。
とある画面によると、サークル活動のボタンが表示になかったという話もありましたが、おそらく、サークルは稼働して少ししてからのスタートになりそうな予感。(QMA8、賢者1もそうでしたし。)

それと、サークルの活動時間、場所によっては新体制に移行、ということもあるのですかね。
活動時間の変更に関してはいいタイミングなので、この際にでも、活動日時等を変更したいというサークルは、買えた方がいいかな。
特に、金、土、日曜日開催のサークルは、今後、魔龍類のイベントが入ることが予想されるので、例えば、水、木あたりの移動も視野に入れてみたりとか。
やはり、全国大会中は大会で結果を残したい、魔法石を積みたいという人が多いかなとも思いますので。


明日は、おそらく、東の方にドライブしようかなと。
日曜日に太田の大会に行けなかったことですし。

飽くまで予定ということで。(えー

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、シーズン1全国大会

魔法石   25044個


シーズン1最後の全国大会です。
結構やってきました。


サフィア白銀

結果、一気に白銀賢者に上がりました。
肝心のスコアですが…これは結果が出た時に発表します。
自分の中ではまずまずのスコアです。
ただ、センモニ入りする人たちは、4500P出してもミスショットの域ですからね。
まだまだ先は長いです。

シーズン2では、どんな全国大会になるのか。


・花見の時期


花見なんてもう何十年やってないですな。
花より団子よりゲームな人間です。(汗)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、SEASON2発表。

魔法石  20924個


全国大会をプレイ。
総合得点は、41000に。
あと、久々に89ウマシカ1Dさんに会いました。


・賢者の扉SEASON2


4月1日に賢者の扉のシーズン2の稼働が発表されました。
色々ありますが、めぼしいものをここで取り上げてみます。


・キャラクターの演出強化


これは見てからのお楽しみ。


・ライバル機能


よく当たる人が自動で登録されるというもの、で、勝てれば多くの魔法関が貰える。
自分から指定できないという不満もあるけど、その場合、僕が登録されまくって魔法石ばら撒くことになるので、これは賢明な判断。


・転生システム


最も気になるところ。
宝石賢者以上の人は、転生すると、転生章獲得。
転生とは、CN、キャラ変更できるというもの。



以上、を踏まえて

シノブリュード@マヤは4月に転生したいと考えてます。
何にするかはその時になってからのお楽しみ。
男キャラも面白いかも。

ただ、今後のメインはサフィア@マヤということで。



・テレビ改変期


毎年のことですが、あらゆる番組で番組の終了、あるいは、レギュラー番組の降板の発表が行われます。
番組の最後の「~は今日で番組卒業です。」という発表を見ると、寂しい気分になりますな。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、いよいよ新展開

魔法石  19932個


水曜日の時点でQMAスタッフの方が、明日にでも新展開が発表できるみたいなツイートを。
果たして…


・全国大会


総合で40000P突破。
もう少しいけるか。


・ライ択部


3回参加。
やはりどのサークルも、全国大会中はそっちをやりたいプレイヤーが多いか。



・第3回WBC


ドミニカ共和国がプエルトリコを下して優勝しました。
盤石の投手リレーみたいでした。
ただ、某地上波のテレビ局の放送中止は残念だった。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

183・「爆ボンバーマン」

爆ボンバーマン爆ボンバーマン
(1997/09/26)
NINTENDO 64

商品詳細を見る



タイトル・爆ボンバーマン
発売年・1997
機種・ニンテンドー64
ジャンル・アクション
メーカー・ハドソン


舞台はニンテンドー64とうつり、これまで、平面クロスロードで十字の爆破を繰り返してきたボンバーマンもついに、3Dフリーエリアでの活躍がみられる。
爆破も球体になり、ボンバーマン自身も、爆弾の投げ、蹴りがデフォルトで使用可能。
ボムを持てば、ためボムで強力な爆弾も使用できる。

コズミックキューブ(宇宙石)を持ち、数々の星をアルタイル、
マスカー3人衆を引き連れ、次はボンバー星を
一方ボンバーマンは、シリウスという人物に共闘することを持ちかけられる。
彼もまた、コズミックキューブを取り返したいという。

グリーンガーデン、ブルーリゾート、レッドマウンテン、ホワイトアイスの4つの惑星。
そして、アルタイルの待ち受けるブラックシティ。
ブラックシティはバリアが張られており、そこに行くには、4つの惑星からのバリアエネルギーを停止する必要がある、つまり、4ステージをクリアした後、ブラックシティを攻略することになる。
グリーンガーデンといったステージは、全部で4部構成。
1と3ステージは、ゴールを目指す、通常フィールドステージ。
ステージ2は、マスカー3人衆らとの戦い、最後のステージ4は、巨大ボスとの戦いとなる。

さて、プレーしてみると、とにかく難しいものだということを実感する。
まず操作自体が難しい。
そして、フィールドの距離感、爆風の範囲の空間認知。
アクション性、パズル性も大幅にあがり、くぼみに爆弾を放り込んで、爆弾を足場にして進む、さらには、爆弾を向こうに行くにつれ、だんだん大きくしていき、それで階段の方にして壁を越えるといったトリッキーなアクションも必要とされることも。
ボス戦では、リモコン爆弾で戦うことが多くなるが、爆弾を投げてタイミングよく、ボタンを押して爆破させるという戦い方を求められたりする。
もともとボンバーマンシリーズは易しい方ではなかったが、3Dフィールドのボンバーマンは、さらに神経を使うべき個所が増えた感じだった。

そんなパズル性豊かな広大なるステージには、5ステージ合計で100枚のゴールドカードと、カスタマイズアイテムが存在する。
ゴールドカードは、通常ステージの場合、一定時間内にクリアしたり、ステージに隠されているものを拾う、ボスステージの場合は、制限時間内に倒す、ボスの本体以外のある部分を破壊といった条件をクリアすれば(ただし、あらかじめ条件は提示はされない)、1ステージ5枚まで手に入る。
それらを集めた状態でアルタイル戦をクリアすると…。
一方、カスタマイズアイテムも、通常のステージのどこかに潜んでいる。(こちらはボス戦ステージには隠れていない)

もちろん、対戦モードも搭載。
前後左右だけでなく、上下での戦いも繰り広げられるバトルステージだが、ステージ中で手に入れたカスタマイズアイテムを装着して戦うこともできる。
球状になったことで、爆風をよけるのには以前にもまして一苦労しそうだ。

開始時に、難易度の低いわくわくモードと、難易度の高いどきどきモードが選べるが、わくわくモードでも、上記の操作の難しさ、ゴールドカードの入手の難しさ、パズル性の高いアクションなどで、かなり厳しい難易度設定となっている。
生産者、消費者、両面で3Dアクションの難しさを感じるゲームでありました。

お勧め度  12/20

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、ユーズランド→マトリクス(訂正あり。)

魔法石  18487個


・全国大会


プレイしてきました。
ただ、本日は、ユーズランドとマトリクスで。
まず、ユーズランド高崎、イオン高崎内部のゲーセン。
2台が200円3クレ、2台が100円1クレというもの。※

その後マトリクスへ。
こちらは、説明不要ですね(200円3クレ)

サフィアカードも、大賢者十段から青銅四段に。
全国の順位も現在316位ほど。



・WBC


侍ジャパンは残念ながら準決勝で負けてしまいました。
プエルトリコ相手に1-3。
お疲れ様でした。
なにより、改めて、野球の面白さを実感した大会でした。
しかし、各国が以前にもまして本気で野球世界一を獲りに来ているなということは実感しました。
これは4年後、さらに面白くなりそうな予感。


・追記

※訂正しました。
2台は100円2クレではなく、正しくは、2台は100円1クレでした。
間違った情報掲載してしまい、申し訳ありませんでした。

QMA賢者の扉、じゃあいつやるか、今でしょ!

魔法石 15402個


・全国大会


わずかに更新したか・・・
現実的な目標は500位以内というささやかなもの。
でも、QMA4当たりのころは、これでも公式HPに掲載されました。
あのHPに載るのがかつての目標でした。
ただ、結局500位以内に入ったのは…QMA7になってからでしたが。


・じゃあ、いつやるか、今でしょ。


なぜか、最近話題の林修先生のギャグ…じゃなくて、決め台詞。
とくに、トヨタのCM(あれで車の魅力が伝わるとは思えませんが)以来反響が急増中というもの。
専門家の分析によれば、表情の作り方がいい、印象に強く残りやすい、だからこそ「あのCMどう?」という感じで口コミに乗って流行りやすいとか。
さらに、言葉のこの応用のしやすさ、使いやすさは特筆もの。

まあ、ふざけた使い方は程ほどに。

( ・A・)<じゃあ、いつTPP参加表明するの?

今で…じゃない!

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、砂

魔法石  14089個


・第10回全国大会


今回もチーム戦。
やはり、ホウキレースよりもプラチナメダルの獲得が難しい。


・コラボ


麻雀格闘倶楽部とのコラボがあるらしいですが、僕は麻雀わからないので…。


・砂の民サークル


実は史上初の参加(たぶん)ライフスタイル縛りのサークルです。
四択の部がありまして、何回か参加。
先日の名匠戦があったばかりというところですが、まだまだ熱は冷めやらぬようで。


・TPP参加交渉


どうやら表明したそうで。
正直よく見えてこない部分も多い中、どうやら、意外な部分で我々に影響を与えそうな予感。(著作権がらみなど)
TPP…国道140号沿線の参加反対の垂れ幕、看板が今でも印象的です。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、あれから1年

魔法石  12162個


賢者の扉から明日で1年。
いつもなら、新作稼働に心躍らせている時期なのですが、今現在も先の展望の見えぬまま。
QMAスタッフのアカウントでは、今月中に何かしらの発表があるとのこと。
しかし、今は、明日からの全国大会に備えましょうか。


・ゲーちゃ好き


だから久び・・・

ニュース問題やら初見やらは、どのサークルでも一緒。
ただ、ゲーちゃに限らず、1形式を極めようという意欲が今現在わいてこない。
ちょっと目標を見失い気味。
まあ、今は、スタッフ発表を待ちましょうということで。


・ゲームレビュー184回目のキーワード


1・男女の主人公
2・男性主人公はシリアス
3・女性主人公はコメディ
4・遺産を探す

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、中5日

魔法石  12162個


先週の水曜日以来のプレー。
トナメ数クレとサークル。


・社会スロットサークル


毎度のことですが、久々の出席。
だいたいのサークルがそうなのですが、5人対戦になった場合、1人が出来なくなるということで、今日はこの現象が2回。
なにかいい対策はあればいいのですが。


・続・震災から2年


今でも避難生活を続ける人の多い現実。
出来るだけ高台に住居を移したいものの、移せない現実。
漁業等の仕事関係では、震災前よりも従事者が大きく減っている現実。
大震災はまだ続いている、復興庁等の役割、支援はまだまだこれから。

昨日の14:46に電車が突然止まった、訓練の為だった。
車内には、あの時の思いを忘れないと心を新たにした人もいれば、まるで他人事のような事を言う人もいたという。
災害から逃げる意識の薄れ、災害の風化は防ぎたいところ。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

あれから2年

東日本大震災から2年が経ちました。
その日は、自分は夜勤明け、仕事終わった後の自宅での仮眠の最中でした。

14:46。

震度6の地震の経験したことのない縦揺れ。
急いで玄関に立ち、おさまるのを待ちました。

テレビをつけると、「大津波警報」が発令。
初めて聞くフレーズ…そして、あとは、あの時の通り。


・えらい事

昼ごろ、ツイッターで「2年前の3月の記事を見たらえらい事がわかった」と書きましたが、その詳細を。

これは、2011年3月5日の記事、普段の何気ないQMA7の日記なのですが。

内容は、3月12日にアピナ太田でQMAの店舗大会があるという話。
この日は自分も休み(シフト制で働いてます)で、QMA7の終盤の大会ということで、行こうと思ってました。

その時の発言がこちら


3月11


…一寸先は闇、いや、一点の光の無い魔そのものなんだなと思いました…。
まさか…現実になってしまうとはと。
因みに、結局この大会は不参加、しかし、どうやら大会そのものは行われたそうです。(詳細は不明ですが)
ただ、余震の心配、道路状況(信号の停電の恐れ等)を加味して、太田には行きませんでした。
そして、3月11日以降、しばらくブログの更新自体も減少気味だったことに当時の狼狽ぶりが現れてます。


・ゲームレビュー183回目のキーワード


1・敵は星座の名前
2・舞台は色の名前
3・舞台は3Dマップ
4・100枚のカードは金色


この記事を無事に書けるように。

theme : 日記
genre : 日記

182・「鬼神降臨伝ONI」

鬼神降臨伝 ONI鬼神降臨伝 ONI
(1994/08/05)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る




タイトル・鬼神降臨伝ONI
発売年・1994
機種・SFC
ジャンル・RPG
メーカー・発売・バンプレスト 開発・パンドラボックス



「桃太郎」を例に出すまでもなく、鬼とは、日本昔話の強者の象徴であった。
本来は物語の世界の登場人物は、日本語の世界でも、「○○の鬼」「鬼軍曹」のように実在の人物に向けて語られ、あるいは「鬼に金棒」「鬼の霍乱」「知らぬ仏より、馴染みの鬼」等ことわざの世界でも強き者の代表格として発せられる。
さすがに、「鬼のように難しい」という言い方ははき違えている気もしないでもないが…。

そんな日本文化に饒舌な『鬼』の名を冠した和風RPGとは、ゲームボーイで実に5作品にわたって展開されたONIシリーズ。
そんなシリーズの続編が、1994年にSFCに舞台を移して登場した。
バンプレスト発売、パンドラボックス開発のRPG・鬼神降臨伝ONI。
舞台となるのは日本の鎌倉時代。
鎌倉時代に実在した人物をモチーフにしたキャラクターも登場してくる。
冒険の舞台も北は蝦夷から南は薩摩まで、日本史情緒溢れる日本列島津々浦々を旅することになる。
町や村では、子供たちが走り回る姿がなにかと印象的である。

さて、その物語。
まず、源義経らにまつわるOPデモが流れる。
そのあと、主人公の少年・北斗丸(13歳)は、立派な侍になるために、修行中。
北斗丸は、かつて源頼遠(26歳)に拾われたという。
頼遠が26歳にしては、貫禄があるように見えるのは気になるが、2人は鎌倉の屋敷に呼ばれ、妖怪退治の依頼を受けるところから鎌倉日本の物語は始まる。
その後、北斗丸達は木刀(意味深な初期装備)を片手に妖怪退治の旅に文字通りの東奔西馳をする。

この2人の他、天下五剣を探す旅をしている剣士・火鷹、酒好きの僧侶・法輪、身寄りの内子供達の為に掏摸(スリ)をする少女・亜古邪と、最終的には5人の仲間で戦うことになる。
その5人の他に、NPCとして、最大4人が加入できる。
たびたび敵に攻撃してくれたり、ステータスを上げる補助的な役割を果たしたり。
彼らは、日本全国のどこかにいて、無条件で仲間になれば、お金やらの条件をみたして仲間になるということもある。

そんな今作の戦闘は、まるで舞台の上のような円形のフィールドで行われる。
背景も巻物のような絵巻で表示されている。
手前に自キャラが、向こう側に敵キャラが配され、それぞれが豊富なアニメーションを持って表現されている。
行動は原則的に素早さの高いキャラから起こすことができる。
なお、キャラ固有のレベルは存在しない。
代わりに、攻撃を重ねれば腕力が、神降ろし(魔法)を使えば信仰心(魔力)がアップするなど、そのステータスごとに経験値が設定され、一定数達すると戦闘後にランクアップする。
戦闘のスタイル、行動しだいで、北斗丸らのステータスが変化するのだが、やはりどのキャラも、バランス型のスタイルを取るのがベターだろう。

そして、神降ろしという、他のRPGで言う魔法システムだが、日本全国のどこかに潜んでいる神を探し出し、条件がそろえば、北斗丸たちが神降ろしできるようになる。
戦闘で神降ろしすれば、背景に巨大な神が表示され、なかなか派手な攻撃魔法(あえてこの表現で)をしてくれる。
ただ、『あるキャラと仲間になったら、だいぶ前に過ぎた町の宿屋で泊まる』といった、ノーヒントでわかり辛い入手方法の神も多い。

さらに、火鷹は、天下五剣という秘法を探しているのだが、その剣を手に入れると、キャラが戦闘中にONIに変身できる。(設定で戦闘の1ターン目をONI状態か人間状態で臨むかどうかも選択可能。)
5人は普段は人間の姿をしているが、自分に合った剣を手に入れたキャラは、妖怪のような人間よりも頑丈な肉体をもった姿に転身し、これにより、人間の姿でダメージを与えられない敵にダメージが通るようになり、敵の攻撃も防げるものが多くなる。
その代償で、神降ろしが使用できなくなり、そのあたりはシチュエーションに合った姿で戦闘に臨むことになる。


鎌倉日本全国をまたにかける作品だが、物語の終盤(ラスボス前)はある場所から出られなくなり(それも北斗丸が自発的に今は外に出てはいけないと言い出す)、自由もきかなくなってしまう。
特に神降ろしはいつでも手に入れることができるようにしてほしかったところ。
また、各数値(主に味方HPとダメージ数)が3ケタでカンストしてしまうのだが、終盤、クリティカルヒットやら最終奥義的な神降ろし攻撃でダメージ数「999」という数字を散見してしまう。
パラメータ等の数値的な調整も、もう一歩だった。

鎌倉日本を基調としているストーリー自体はオーソドックスば仕上がり。
西洋風ファンタジーが主流の既存のRPGとはまた一味違う世界観と遊び方のできるRPGシリーズ。
ただ、PSで発売されたONI零以降は会社の都合もあり、RPGとしてのONIは今でも休眠状態。
それでも、当時の製作者(飯島健夫)はいつかは…と機が熟すのを今かと待っている状態だ(2013年3月現在)。
日本昔話の鬼は、なにかと退治されてハッピーエンドを迎えてしまうのだが、ONIシリーズの不屈の完全復活はあるのだろうか。


お勧め度  13/20

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、ライフスタイル・四択部

魔法石  11847個


・ライフスタイル・四択部


今週土曜日の名匠戦(黄)に向けて臨時会。
なんと20時から閉店までサークルを行うというもの。
自分も22時まで参加。
初見ザクザク。
これが浦島太郎状態なのか。



・あれから2年


またしても、といいますか。
東日本大震災関連のTV番組、企画が増えてきました。
まだまだ復興への道が遠い状況が映し出されます。
復興庁の役割は果たしているのでしょうか。
財源は震災の復興のために正しく使われているのか。
勇気を与える、ではなく、実生活レベルの支援が求められるところですが…。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、安定のお久

魔法石  11751個

安定のお久しぶりのプレー。
プレー場所はマトリクス前橋。


・トナメ

割とやってましたが…うーむ。
未だ試行錯誤の日々。

・協力プレー


サフィアカードとしては、実に初期のやつ以来の協力プレー。
15階層まである上にノルマも高い高い。
結局、野良でやって13階層で失敗。

それでも、2年前は30階層までやってましたからね。(しかも未クリア)


・携帯電話


携帯電話の電池を新調しました。
この際だからスマートフォン(スマホ)にしようかとは思わず、もうしばらくは、現行の携帯電話で。
スマホにする理由はないと言いますか。
瞬間的には欲しいとは思うのですが、よくよく考えると、携帯電話の機能でよくつかうのは、カメラ、メール、電話(それもまれ)という状況では、わざわざ変えるのも面倒ということで。
決定的なメリットが見えない限りは、壊れない限り現状維持で。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉、水金

魔法石  10665個


水曜と金曜の分をまとめて。


・ライフスタイル四択部

名匠戦(黄)前ということですが、人数はいつもの感じ。
また、いつもより1時間延長していましたが、4人で回してたということで、入れず。
その名匠戦はこれが最後、そして、過去最大数の参加者が来るとか。


・アニゲグループ分け


最近のマイブーム。
できるかどうかは別ですよ。


・アニゲ四択


これはもう1年ぶりに入りました。
が、1回目の後、どうにも入る気が起きず、1回で終わりにしてしまいました・・・。
すいません。


・トナメ


最近はやや多めに入ってます(といっても、あくまで前よりはという意味で)
あわよくば、サフィアカードも宝石…なんて考えたり。


・WBC


いよいよ本番。
しかし、CM・広告類に載っている選手ほど調子が悪いのは気のせいだろうか。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
274位
アクセスランキングを見る>>