11
1
2
7
9
13
15
18
20
24
26
28
   

201・「パックマン」

パックマンパックマン
(1984/11/02)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る




タイトル・パックマン
発売年・1984(ACは1980年)
機種・FC  AC
ジャンル・アクション
メーカー・ナムコ(ナムコット)



ゲームセンターは不良のたまり場と、当時言われだしたゲーム、ゲーセン黎明期。
その存在で、周囲の治安は悪化、警察沙汰の地域にならなければ…。(大げさか)
そんなわけで、女性をターゲットにしたゲーム当時としてはカラフルでおしゃれなゲームが登場した。

そいつは「パックマン」。
顔に口だけ、シンプル。(ファミコンのパッケージには、手足目鼻とあったりするが。)
●印に中心から少し切れ込みを入れ、その切れ込みの部分が口のようになっている。
そしてその口で画面中のドットを食べて、すべて食べ終わったらクリアというもの。

迷路上の画面が表示され、通路にはドットが多数点在。
お化けのような敵キャラも通路を徘徊。
その敵キャラ計4種類(4種類の敵の違いは主に動き方)、それがまた4色あってカラフル。
原則的にそのモンスターは倒すことはできない。
そのモンスターは画面中央部分にスタンバイしてる。

一方、操作するパックマンは動き出したら、基本的には、止まらない。
操作する際も、ステージ攻略中は基本的に、レバー、及び十字キーしか使わない。
それでも、通路のループやコーナリングを有効活用して敵をよけたい。
また、画面上にあるドット以外のエサをとると、一定時間、モンスターの力が弱まり、パックマンがモンスターを討伐できる。
討伐されたモンスターは、画面中央に戻り、しばらくすると、また戻ってくる。
他、ステージのモンスターのスタンバイ場所の近くには時々果物(あるいはその他アイテム)が出現することもあり、それをとると点数を獲得。

画面内のドットをすべて食べるとステージクリア。
また、ステージ間では時にブレイクタイムなるものが存在する。
真面目に攻略すると割と難しい部分もあるが、そこはゲーム黎明期の作品。
ステージが進むごとにどんどん難しくなっていくが、実は絶対的な攻略法もあるといい、最終的には、パーフェクトでラストの256ステージに進むこともできる、なんてケースも。

果たして、ゲーセンに女性客は増えたか、あるいは実際のゲーセン周りの治安は向上したかは不明(学校からゲーセン禁止令が出た、というケースも珍しくないだろう)だが、パックマンはその後、発展作品がいくつも登場し、時には、偽物の作品も登場。
そしてなにより、最も成功した業務用ゲームとしてギネスブックにも認定された。
色々あったが、パックマン、及びその関係者、組織がゲーム業界で食っていける礎の一つにはなった作品だった。
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、今週のこと

魔法石   129541個


QMA大会参戦記を書いてた都合で、今週のウィークデーをここでまとめて。


・火曜日


アニエフェ→社会スロット→天青魔人


天青サークルで初めて4人対戦で1位。
これでも進歩はしてるのかなあ。


・木曜日


アニ特→ゲーちゃ好き


ツイッターしてると、ゲーちゃ好き管理人の巫女のこのみさんの写真に、黒リボン巫女マヤ(要するに僕)が写ってて草不可避。


・金曜日


目当てのサークルが相変わらず過疎状態なので、予習をまわすことに。
その流れでトナメも接続してみましたが…さすがにこれはと。
こんなんで賢竜とか言われてもなあ。

数合わせの為に賢竜杯の予選に行くという考えはありません。


ネバーランドカンパニー


事業停止とのことです。
カオスシード、アスカ見参!ルーンファクトリー…。
このブログでも、エストポリス伝記、エナジーブレイカーと言ったところを取り上げてきましたが、本当に高得点あげていいゲームでありました。
この会社のゲームって、手堅いように見えて、結構挑戦的なことをしているのですよね。
なかなか評価されないのが辛いところです。


・ゲームレビュー202回目のキーワード


1・男女の主人公
2・孤島の神殿
3・フィギュア
4・BGMのタイトルが原則的に長い。


これも(´;ω;`)な気分にさせられますなあ。
なんで、こうも素晴らしい作品が…。(そして作曲者・・・)
まあ、作品ではなく、商品を、というのが経済界の定石なのでしょうが。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、11月度ブーボスボス所沢大会

さて、前回の続き。

24日は、所沢のQMA大会へ行ってきました。

川越のカプセルホテルをチェックアウト。
で、所沢…の前に小江戸川越マラソンを見学。

そして、公務員ランナー、あの川内優輝選手が走ってました。
他にも東洋大のランナーも(2軍格でしたが)
ニューイヤー駅伝に登場しないので、いい機会でした。

そして、所沢へ移動。

その後ブーボスボス所沢に到着。
3か月ぶりです。
前回はプリム(シャロン)で出ましたが、今回はサフィア(マヤ)で出ることにしました。
まあ、

1993年8月   聖剣伝説2発売
1993年11月  ラストバイブル2発売

の20周年の合わせて出場したということで。


15:00、スタート。
参加は15名。


ブーボスボス所沢は、毎回ユニークなルールにて行われてます。
今回は1回戦は2位と最も点差大きい1位通過プレイヤーは、いきなり決勝戦へ。
他は、2回戦は、天国ルールと地獄ルールに分かれ。
天国は、出題フリーで1位のみ決勝へ。
地獄ルールは、くじをひいて、3ジャンル&7形式+1回戦の形式ジャンル封鎖、で上位2抜け。
決勝は、くじをひいて、2ジャンル、2形式の中から選んで出題。


で、1回戦。


社会スロット出題で…なんとか2位。


そして2回戦。

考えた結果…地獄ルールへ!
で、くじを引いた結果…

所沢1

これ+社会、スロットが封鎖というきつい縛りが…
そんなわけで、もはややぶれかぶれでスポーツグループ分けを出題!

そして試合開始!

芸能使いの方が芸能封鎖されず、敗退OTL


最終結果はこちら!

賢魂杯3

アーラッカーさんの優勝は個人的に3回立ち会っている気がします。

大会後は何度か店内対戦後、スシローへ。
これが楽しみで所沢に来るようなものですよ。
回転寿司人気ですねえ。

そして0:00過ぎに地元に到着。

2日間共に2回戦落ちということでした。
先週あたりでゲームパニック佐野の大会が中止となって不完全燃焼だったのですが、なんとか参加できてよかったかな。
負けるのも悔しい部分もあるのですけどね。
まあ、でも、大会というのは楽しむことが第一ですからね。

ただ、賢竜杯となると…まあ、それはあとあとで。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、賢魂杯

さて、23日、24日は南関東へ1泊2日の旅に行ってきました。

まずは、23日の賢魂杯を。
同日、ゲームパニック東京でのQMA大会が行われないことが判明。
ということは…


ラウンドワン府中本町には電車で。
車でも考えたのですが、駐車場が54台というのは少ないかなということで、電車で行くことに。
府中本町到着後、まずは、相向かいの砂場というそば屋できのこ天ざるを舌鼓。

所沢2


そして14:00スタート。
近くに魂に纏わる神社があるということで、賢魂杯という大会名とこの巫女シャロンのポスターが張られてました。

賢魂杯1


大会はあらかじめエントリーしたメンバー(15→14名)と当日の欠員、エントリー時の欠員の計16名で行われました。

そして、大会仕様の名札がこちら。

賢魂杯2


巫女ユリは仕様です。



で、結果はこちら


http://kentama.2-d.jp/result.html


すいません、簡単に済ませて。
とりあえず、自分のことはもう少し、1回戦はまさかの社会3セット(社会タイピング、政治経済、社会スロット)とサッカーも、政治経済が炎上という状況のなかも2位。


2回戦は…ゲームパニック東京でやれ、みたいな状況の中、僅差で4位でした。
芸能四択とスポエフェは東京に来たら必須科目らしい?


そして、大会後は何度か店内対戦を。

ラウンドワン府中本町としては、初めてのQMA店舗大会だったのですが、いい大会になったと思います。
第2回が来年の3、4月あたりに第2回をやりたいとのことだそうです。
僕は、どうなるかわかりませんが、視野には入れてみたいなということで。

そう考えれば、エントリーに関しては、もう少し多くてもいいですかね。
階級も撤廃とか。
大会自体も結構早めに終わったので。

終了後は、戸田に寄り道いた後、川越のカプセルホテルで宿泊。
当初は色々な宿探してたのですが、橙が満室でしたので、結局カプセルホテルということで。

2日目に続く。(更新は木曜の予定。)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、帰ってきました。

先ほど、南関東2連戦から帰ってきました。
結果、云々は後で書くとして、とりあえず、賢魂杯、ブーボスボス所沢大会の参加者の皆さん、お疲れ様でした。

ちなみに、今回泊まったホテルは、川越のカプセルホテルでした。(
23日のホテルチェックしたら軒並み満室で、空いているホテルの中で、手ごろな値段、所沢への交通の便を考えた結果、こういう結果に。

しかし、去年の名古屋以降、すっかりカプセルホテルの虜になってしまいましたなあ。

年々、遠征で泊まる宿がリーズナブルになっているのは気のせいか。(社会人1年目の冬には12000円の池袋のサンシャインホテルに泊まってたことがあるらしい。)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

1・「キミの勇者」※

キミの勇者 特典 「プレミアムハンドブック<星刻の書>」&「キミの勇者プレミアサウンドトラック」付きキミの勇者 特典 「プレミアムハンドブック<星刻の書>」&「キミの勇者プレミアサウンドトラック」付き
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る



タイトル・キミの勇者
発売年・2008
機種・ニンテンドーDS
ジャンル・RPG
メーカー・SNKプレイモア

※2010年5月13日初回レビュー、2013年11月23日再レビュー




2008年の秋ごろは不思議とニンテンドーDSで完全新作の大作が立て続けに登場した。

一方で、SNKプレイモアといえば、多くの方々がまっさきに思いつくジャンルが、対戦格闘ゲーム。
…の焼き直しシリーズ。

1994年に第1作が登場したのはいいものの、以降、なかなか代わり映えしないグラフィック、システム、焼き直しのような内容が、毎年夏にゲームセンターの年間指定席を抑え、他の野心的な作品をはじいきだしていった。
改良したかどうかわからない続編物が陣取り、新機軸のゲームが追い出される実態。
あげく、SNK&SNKプレイモアがゲーセンをダメにしたという意見が一部ゲーマーの間で出回った。
実際そうでしたけど。

が、そんなSNKプレイモアが社運をかけて?2008年のDS界隈に群雄割拠の時代に放ったのが「キミの勇者」であった。
2007年に登場のどきどき魔女神判のスタッフが製作。
失われかけた野心的なプレイモアを決定的なものにするために発売された。
当時は、スタッフに「ファイナルファンタジー」を作るつもりで作れと大号令が出された。
そして作曲の堀義和さんは、ファイナルフンアタジー5に感化されてゲーム業界をめざしたという。(サウンドトラックより)

そうして、2008年の東京ゲームショーでは、幕張メッセの入り口にキミの勇者の登場人物が旗が並べられた。
特設ステージでは、プロモーションビデオが流された。

「キミだけの物語」
「キミだけのキャラクター」
「1日30分の冒険」

もっとも、その試遊台も15分足らずで、(人気作品が2時間、3時間待ちはあたりまえ。)プレイできたのだが。

さて、2008年10月に実際にキミだけのファンタジーRPG・「キミの勇者」がニンドーDSで発売された。
パッと見では、かわいらしい、こどもっぽい外見。
全25話構成、1話あたりおよそ30分ほどでクリアできる(サブクエスト次第では1時間要する場合も)ライトノベル感覚で楽しめるRPGである。
DSのRPGであるが、タッチペンの使用の必要性はほとんどなく(無論、タッチペンでの操作も可能)、十字キー、ボタンでの操作が主となっている。
で、電源を入れると、なんと企業ロゴが登場せずにすぐに、ゲームがスタートできのだ。
今作は、こういった遊びやすさという点では、作品通じて相当徹底されている。

浮遊大陸・ミディアリアスにて、かつて、世界が災厄に襲われたとき、一人のユウシャが現れた。
ユウシャはその剣で魔王を封印し、姿を消し、共に高かった者もまた、星の住人としてたたえられた。

そして、時は流れ、勇者の従者(ソルシィエ)をめざし、リッヂモンド家の少女・ティオは魔法学校の最終試験に挑む…ところからゲームは始まる。

試験終了後、ティオは、ワンダという者と偶然に合流。
あの人こそ勇者…にしては、みすぼらしい姿。
と、ここでである、ゲーム中には、度々選択肢が登場する。
ティオがどのような行動をとるかで、そのあとにもらえる、アイテム、あるいは経験値が変わってくる。
また、ティオが持っている勇者日記(その他ヘルプの機能も搭載)の内容も変わってくる。
経験値についてだが、今作はあることをするたびに、感謝されたり「ありがとう」と言われると、経験値が入ることもある。

公式サイトでは、ワンダが主人公、ティオはもう一人の主人公と書かれていたが、実質的には、ティオの単独主人公とみていいかもしれない。
ダンジョンで操作するキャラアイコンはティオで固定。
なにより、勇者日記は彼女視点で書かれていくのだ。

で、2人はそのあと、勇者のタンゴ、獣人族のトレジャーハンター・アロマとセラ、ドワーフのドランコ(とその奥さん)、人魚族のシルク、風使いのフィジェ、エルフ族のリュネートと出会い。
そして、謎の剣士、グレイ。
また、度々ハイムという魔族の少女も邪魔しにくる。

戦闘に参加できるのは最大で4人まで。
サイドビューで行われる戦闘は非常に小気味よく、テンポよく展開される。
攻撃時のエフェクトもかなり短く、戦闘終了後も、スキップで飛ばせる。(早ければ、1戦闘10秒もかからないのではないか。)
時には、最大で4人の連携コンボが行われることもあり、4人が次々と攻撃して大ダメージを与え、さらに同じ属性の攻撃が続けば、追加で、強力な魔法が発動することもある。
さらには、同じように連携からキャラ固有の大技が発動することもある。
(ただ、その必殺技の発見は非常に難しい。実質ほぼ運任せである。)
攻略難易度自体はそうそう高い方ではないが、たとえば、属性ごとの弱点、あるいはステータスアップ等の補助魔法については、効果が見えにくい。

また、エンカウント率はやや高めに感じるかもしれないが、ダンジョン自体も他のゲームに比べると比較的狭いため、(正直、このゲームのエンカウント率が高いという人は、本当にエンカウント率の高いRPGを知らない人だと思ってる。)
ダンジョンの探索自体も、たとえば、スイッチを押す系統のものが多いが、直前の街の人の会話がヒントになってくることも多い。
街の人は、一通り、話をしておくといいだろう。

浮遊大陸・ミディアリアスの探索は、フィールド画面で表示される街やダンジョンのアイコンから入りたい場所を選択する。
それだけでなく、街の移動も、アドベンチャーゲームのように選択肢。
街の人との会話もまた、誰と話すかを選択肢から選んで会話。
街には、武具屋、アイテム屋、魔法屋、そして、ギルドがある。

ギルドでは宿屋の機能も兼ね備えているが、他にサブクエストの受領も行う。
サブクエストは主にボスの討伐、アイテムの回収といったものが主流だが、意外とストーリー面でも充実している感があった。
ただ、ギルドのサブクエストは、期限が決まっているものも多い上、その街のギルドでしか受領できないことも多く、新しい話の度に、今まで行ったギルドを探す、あるいは、すでに期限切れになってるというケースも出てきてしまうことも。

他に特筆すべきは、魔法屋。
今作の魔法、特技(セイギ)は一人当たり3つまで装備できる魔導書をもとにして行う。
全キャラ共通の魔導書もあれば、各キャラ専用の魔導書も存在。
回復技が記載されいる魔導書、炎の魔法が記載されいる魔導書。
さらに、マジックドライバーであるティオは、強力な魔法、アロマには格闘技、リュネートは弓技が記載された魔導書を装備して、それぞれの専用の技を出すこともできる。

装備と言えば、他に、ストーリーが進むと、「星の記憶」が手に入る。
これは、かつてのユウシャとその仲間たちが魔王と戦ったとき記憶というものだが、それを装備することで、装備時のステータルの変化に加え、レベルアップ時のステータスの変化に補正が加わる。
戦士の記憶を装備して、パワーファイターのティオ…というところまで行くのは難しいかもしれないが、メインで使うキャラの長所を伸ばすか、短所を補強するか、という選択を行うことになる。

さて、メインストーリー自体、比較的王道なストーリーを行く作品ではある。
ゲームが進むにつれ、ユウシャの謎が徐々に明らかになっていくあたりが、話の見せだろう。
そして、ゲーム終盤にて明かされる「ある言葉」のもう一つの意味。
そう、今作は、プロモーションの段階からすでに物語がスタートしていたのだ。

すぐに開始できるゲームタイトル画面、テンポのいい戦闘、その他場所移動等、無駄を排除したシステム。
CERO・B判定以上の大作ゲームが多く出回っている最中で、子供達やライトユーザーには遊びやすいRPGとして、ヘビーユーザーには、サブクエストや終盤のストーリー等の奥深い展開を楽しめる、幅広い層が楽しめるRPGであった。
だが、SNKプレイモアはこの年を最後に(2013年現在)ゲームショーから撤退してしまった。

正直、最近のゲームはグラフィックばかりで…、ストーリーがわかり辛くて、いろいろ面倒で…、あるいは、課金しないと話にならない、と嘆いている間があれば、こういうゲームを目に向けてほしかった。
一方で、PS3等でムービーグラフィックなどに感化されたとすれば、確かにパッと見では、(悪い言い方かもしれないが)ガキっぽくてダサかったかもしれない。

ゲームの長所、セールスポイントが見にくいゲームも確かにあるだろう。
しかし、じゃあセールスポイントと聞いて、綺麗なムービー、豪華スタッフ&声優陣、ミニゲームという答えが返って来たが為に、例えば、一生懸命に声優の訓練して実力付いたのに、アイドルに声の仕事をとられるという現象が、ゲーム業界、あるいはテレビ・雑誌の向こう側の世界で行われた要因になった部分もあるだろう。

いい内容のゲームをしっかり遊んで評価する、そういう基本的なことこそが、少なくとも、映画的だとか、豪華製作陣ということだけで、(無論その上で内容もしっかりしているゲームもあるのだが…。)無条件に皆で飛びつくことよりは、コンテンツ界の為になっていくのではないだろうか。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、明日から2連戦

魔法石  127751個


・全国大会


スコアはともかく、ようやっと、金剛賢者六段に昇格。
まあ、大天賢者までやるという考えはないのですが、それでも、そこまでできるというのは、強いからこそなのでしょうけど。


・明日&明後日


昨日も書いた通りです。
23日にラウンドワン府中本町の賢魂杯。(当日エントリー枠は・・・あるか、それはアカウントにて)
24日にもどこかの大会に出向く予定。(最有力は所沢ですが、変更もあり)

宿泊は川越。
24日朝は小江戸マラソンも見るかもしれません。
市民ランナー、川内優輝選手の雄姿もみられるかな・・・。


・ゲームレビュー


うまくいけば、予約投稿で再・6のレビューは、23日夜にアップできるかもしれません。
そして、また201以降の本編レビューに進みたいと思います。


・ゲームレビュー201回目のキーワード


1・ギネス
2・黄色
3・○○○を食べる
4・ターゲットは女性


簡単なのでいいですよね、ここ数回ずっと大作ものでしたし。
ただ、シンプルなものほど奥深いというケースもありまして。(自信なし)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、今週の予定

魔法石  124241個


・ゲーちゃ好き


フル参戦。
しかし、4クレ目、5クレ目と進むにつれ、点数が下がっていくのはなぜなのか。


・全国大会


とりあえず、宝石賢者6段になろうか。


・23日、24日の予定。


23日ですが、ラウンドワン府中に行こうかと思います。
賢魂杯というQMA大会です。
大会サイトでエントリーしてからの参加となります。
定員16名、お早めに。

24日は…今のところ、様子見で。
最有力は所沢あたりですが、またポッと出で新情報が来る可能性ありなので。

因みに、埼玉某所に宿泊予定なので、うまくいけば、川越小江戸マラソンも見ることが出来るかもしれません。

QMA賢者の扉2、今週の予定

魔法石  124241個


・ゲーちゃ好き


フル参戦。
しかし、4クレ目、5クレ目と進むにつれ、点数が下がっていくのはなぜなのか。


・全国大会


とりあえず、宝石賢者6段になろうか。


・23日、24日の予定。


23日ですが、ラウンドワン府中に行こうかと思います。
賢魂杯というQMA大会です。
大会サイトでエントリーしてからの参加となります。
定員16名、お早めに。

24日は…今のところ、様子見で。
最有力は所沢あたりですが、またポッと出で新情報が来る可能性ありなので。

因みに、埼玉某所に宿泊予定なので、うまくいけば、川越小江戸マラソンも見ることが出来るかもしれません。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、魔法石増量中

魔法石  122883個



・KACのTシャツアバター


オンラインアップデートによって、KACのTシャツの装着がかのうになりました。
尚、実物Tシャツは、実際にKACに出られたら、着られるそうです。
それがまた遠い世界だこと。


・アニエフェ


1回だけでした。


・社スロサークル


確信的にフライングする人がいて残念なことが。
すでに除名されたらしいですが。


・全国大会


今なら魔法石50%増量キャンペーン中。
もし、転生複数回を狙っているならば、フル活用でしょうけど、自分の場合、もう打ち止めの方向で。
プリムのカードも、琥珀魔龍で、時が来たら・・・って感じですかね。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

♯本日11月19日は、女神転生外伝ラストバイブル2の発売20周年

本日は、女神転生外伝ラストバイブル2のから発売20周年です。

アトラスの女神転生シリーズの外伝的な作品ですね。

自称客観的なレビューはすでにやってますので、今日は個人的な思いをつらつらと。

QMAの世界で、どこまで知られているかわかりませんが、僕が主にネットやQMAの世界で使っているHN「サフィア」というのは、このラストバイブル2のヒロインキャラです。


サフィア!



こんな感じの。
なんというレオタード服。
あと、ゲームグラフィックによると、割かし胸が大きいかもしれない、脚もむっちり気味。

で、性格はむちゃくちゃで、男勝り。
ある街で人々に迷惑をかけまくった結果、塔の中に閉じ込められて(あるサイトで変人って言われてた・・・)、で、出てきた後、騒動が起こって、それで、主人公のユーリに無理やり仲間になるのですね。

「かわいい女の子と旅ができるのだから感謝しなさいよ。」

と言って、無理やりね。(汗)
自分とは反対ですね(汗)、自分にないものがほしかったというものがあったかもしれませんね。


と、ヒロインキャラのことを書いてみましたが、ゲーム自体は、漫画チックな外見とは裏腹に結構ダークな展開が待っているのですね。
ユニークなキャラとシリアスなストーリー、これが独特の世界観を作っているのかなあと。
あとは、特にもっと評価されてほしいのは音楽ですね。
特にフィールド音楽、そして最終ダンジョンのBGMの盛り上がり。
作曲は簗田裕之さん、ゲーム関連では、ラストバイブルシリーズしか手掛けてないのですね。
でも、名だたるゲーム作曲にも負けない楽曲を作っていると思ってます。
そして、ラストバイブルシリーズのサウンドトラックがこの2010年代にして発売。
今でも、会社行くとき等はこのCDを流してます。

自分が女神転生云々よりもラストバイブルに固執しているのは、こういう理由だからかもしれない。
ラストバイブルは、1992年に1作目が「女神転生外伝ラストバイブル」としてGBに、1995年に3作目が「ラストバイブル3」SFCで発売。(3で女神転生外伝の文字が消えた。)
あとは、アナザバイブル、ラストバイブルスペシャル、あとは、携帯電話のゲームで新約ラストバイブルが3作出てますね。

そういえば、アトラスブランドを持っていたインデックスが倒産。
そして、そのブランドはセガが保有しているという。
果たして、今後の新展開あるのだろうか。
なにより、ラストバイブル4の新作は…。
今でも待っております。




・201X年?


( ・A・)<あのRPGが、ソーシャルゲームになって帰ってきた!


やめたげてーーーー

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、ゲームパニック佐野大会・・・だったのですが・・・

・ゲームパニック佐野


QMA大会があるというタレコミの元、行ってきました。
受け付けは・・・1番乗り、最初に受付完了。
ということで、開始まで全国大会等時間つぶすことに。

佐野


だが…。

大会になっても、受付する人は現れず、ついに大会が中止となってしまいました…。
たぶん、こんなの初めてかも。

で、せっかくなので、数クレ後、レジャラン足利に寄ってみることに。
結構にぎわってましたね。
金曜、土曜は、100円2クレ、なんという設定。
さらには、かなりお久しぶりな方も。
マヤはヨメ(

あとは、アニエフェサークル、全国大会をやって、地元にて帰宅。


しかし、大会の受付がまさかの自分ひとり。
QMAの大会に関しては色々考えはあるかもしれませんが、地元の方、周辺の方誰もエントリーせずでした。
単に、大会の情報が前日になって明らかになった、というだけの話なのですが。

それでも、当日、ゲーパニ佐野でプレイした人は何人かいたみたいだし…。
もしかしたら、QMAは、本来個々それぞれで黙々とプレイするタイプのゲームなのかもしれませんね。
だとしても、やはりオンだけでない、オフならではの楽しみは大切にしたい…ところではあるのですけどね。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、魔法石増量中

魔法石  120846個


・全国大会


バルーンコンテストがスタートしました。
今回は魔法石増量キャンペーンということで、いつもより、多く魔法石をもらえるようになってます。
なんせ、未転生で5位なのに100オーバー。
ただ、自分の場合は、階級を上げる必要があまりないのですね。

またKAC予選としては最後の大会ということで、出たい方はまわすのでしょうが、自分は…遠い世界。


・明日は


一応、のんびりの予定。
と、先ほど入った情報に寄ると、11月16日にゲームパニック佐野でQMA大会があるとのこと。(開始19:00~)定員16名。
ただ、タレコミで入った情報なので、正確なことはわかりません。
QMA、関東地区店舗大会のまとめサイトに、こういう情報があったとのことで。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、匠竜杯日程発表

本日は少しだけ。


・ゲーちゃ好き


やはり、まだまだいかん。
特に簡単な問題になると顕著に現れますね。
他の人が即答しているのに、自分は長考して…で、やっぱりこうだったということ。


・匠竜杯


1月の3連休に行われる形式代表、ジャンル限定杯の日程が発表になりました。
今回は優勝者は賢竜杯シードも獲得となります。


11日  社会  理系学問

12日  アニメ&ゲーム  スポーツ  文系学問

13日  芸能  ライフスタイル

開始は11時から。
他の詳細は匠竜杯ブログ参照とのことで。
で、個人的に出たいジャンルのトップ3は見事に3日間にばらけた感じ。
そして第1候補であるあのジャンル、あの形式は…。


・秋?


寒いです。
暑いと思いきや、もう、雪の季節。
紅葉とか秋の味覚はどこへ行ったのやら。
これが、本当の「小さい秋見つけた」というやつか(

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、シャロン誕生日

・シャロン誕生日

シャロン 誕生日


プリム(シャロン)カードを、QMA2でメインとして使って、以降ご無沙汰してQMA4でデータ失効。
そして、扉シーズン2にして、サブカという位置づけですが、もう一枚のマヤを転生(シノブリュード)させて再度シャロンカードを復刻させました。
だから旧アニメーションのシャロン様にはあまり思い入れは無いのですね。
しかし、その間シャロンのグッズはなぜか色々もらいましたね。

シーツ、プギュッと、フィギュア、ステッカー。
まだまだあるとは思いますが、人気キャラだなと実感します。
因みに、ユリのグッズもそこそこ持ってます。
マヤ?最初から((


・社会スロット


自己ベスト更新しました。
393点、ようやく安定してきたか?
いや、まだまだ分からない問題引くから…。


・天青魔人


・・・息してないようだ。



・ゲームレビュー再・6のキーワード


1・ファイナルファンタジー(5)
2・セイケン
3・ユウシャ
4・○○○○のファンタジーRPG


再レビューは、一旦これで一区切りとなります。
その次にようやく201回目へと進む予定。
今回のヒントは…レビュー時に解説します。
一応根拠もありますし、なにより、(再レビュー1でやった)聖剣伝説2と並んで、思い入れも強いゲームです。

少し長い付き合いであれば…わかりますよね、かなりマイナーですが。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

40・「英雄伝説6 空の軌跡」※

英雄伝説 空の軌跡FC英雄伝説 空の軌跡FC
(2006/09/28)
Sony PSP

商品詳細を見る



タイトル・英雄伝説・空の軌跡FC
発売年・2004
機種・PC、PSP
ジャンル・RPG
メーカー・日本ファルコム

2010年9月2日初回レビュー、2013年11月11日再レビュー



80年代から多くのゲームファンを魅了し、今なお当時からのファンの多いファルコムの作品群。
イース、ロマンシア、ザナドゥ、ぽっぷるメイル。
イセルハーサ編として登場した、英雄伝説1、2。
そして、ガガーブトリロジーとして登場した英雄伝説3、4、5。
タイトルを聞けば、名ストーリー、名BGMが蘇るだろう。

時を経て英雄伝説6・空の軌跡が2004年にPCで登場し。
2006年には、英雄伝説6・空の軌跡FC(ファーストチャプター)としてPSPにも移植された。(PSPでは声優もついた。)
作りこまれた世界観、キャラのセリフ回しが絶妙であった。
クォータービューの3Dチビキャラが表情豊かに動き回るグラフィック、物語とマッチした主題歌も好評だった。

エステル・ブライトはかつて圧倒的な強さを誇っていた棒術士、カシウス・ブライトの一人娘。
彼女が幼かったある日、カシウスはエステルと同じ年の一人の少年を拾ってきた。
彼の名はヨシュア、以来、3人は一つ屋根の下で暮らしていく。
二人が16歳になったとき、2人は、遊撃士(ブレイザー)になりたいということで、遊撃士の訓練を積むことに。
町の人の護衛、モンスターの退治、ちょっとした依頼から命がけの依頼まで、身を挺してこなす姿に憧れをもっていた。
そして、2人はリベール王国を旅しながら、各地の遊撃士協会(ブレイザーギルド)で依頼をこなしながら成長していく。
また、元旅芸人の遊撃士・シェラザード、気障な男・オリビエ、孤児院の手伝いもする学園のフェンシング女王・クローゼ、機械好きな少女・ティータ、柄の悪そうな重戦士・アガット、大柄な格闘家・ジンといった面々と出会い、遊撃士としての修業、また、道中に潜む敵対勢力と対峙しながらリベール王国を旅する。
尚、リベール王国は数ブロックに分かれており、そのブロックでの旅が終われば「」がおわる。
そして、その「章」の舞台となったエリアには、残念ながら作中戻ることはできなくなってしまう。
遊撃士協会には、メインクエストの他、ストーリーと直接関係ないサブクエストも存在。
それをどこまで行ったかで、最終的な遊撃士ランクも変わってくれば、有力な報酬も手に入ってくる。

さて、戦闘は、シンボルエンカウント。
どうやって敵に接触するかで、敵味方の初期配置がかわってくる。
まず、敵のそばに向かって攻撃…しかし、遠すぎた場合は、移動だけで終わってしまったり。
戦闘には最大4人まで戦いに参加する。
戦闘時には、ATバーという自キャラ、敵キャラの顔が表示されたバーが表示され、その顔アイコンが出番までまわってきたら、行動ができるというもの。
また後述する魔法を唱えると、ATバーの顔アイコンが少し戻って(魔法の強さによって程度も変わる)、再度来たら発動する。
また、遊撃士は時に護衛も仕事、ということで、時に最大4人のパーティメンバーが、プラス一般人を守りながら戦闘することもある。

そして、その魔法というもの。
MPというよりは、EPという数値を消費して行う。
今作、魔法を唱えるためには各キャラの導力器(オーブメント)にクオーツをセットして導力魔法(オーバルアーツ)をセットするシステムとなっている。
クオーツは属性やその属性ポイントがある。
また、クオーツ自身にも攻撃力アップ(炎属性)HPアップ(水属性)など、様々な補助効果を有する。
その導力器には、6つクオーツをはめる場所がある。
まず、導力器の中央に特定の属性のクオーツをセットする。
属性は各キャラによってことなるが、その後、クオーツを各キャラの導力器にセットすることで、同じライン上にあるクオーツの属性ポイントの応じて魔法が使えるようになる。
とりわけ、魔法が得意なキャラ(クローゼあたり)はラインが長く設定されて、強力な魔法を使え、一方、重戦士系のアガットは短めで、短い数ラインで構成されている。
とりわけ、範囲魔法が多めに設定されている傾向にあり、敵が唱えてくる場合は、下手に密集させると厳しい展開になってしまう。
また、モンスターを倒すと、セピスというものを落とす。
これは売ることでお金にもなるが、セピスを使ってクオーツを作成することもできる。

魔法だけでなく、その一方で、各キャラには必殺技(クラフト)も設定されていて、一定の行動、被ダメージでポイントがたまってく。
20、30ポイント消費して補助、攻撃などを行えるが、そのポイントが100に到達するとオーバークラフトが発動。
さらに200に到達すると、より強力なオーバークラフトを発動できるのだ。
尚、今作は、特別なイベント戦闘でない限りは、逃げるはまず成功する。

他にも、レシピを覚えて、食材を買い揃えて行う料理。
池や川にロッドを投げ入れて、魚を釣り上げる釣りというものもある。
ただ、前の街に戻れない場合が多く、とくに物語最終盤になると、どちらもあまり使えなくなってしまう。
また、空の軌跡というサブタイトルはあるものの、実際今作は空にはあまり行かないみたいですし。

さて、長い旅も終わり、エステルとヨシュアは、2人で街を歩き、お祭りを楽しむ。
そして、ソフトクリームを買ってくるということで、エステルが少しの間、ヨシュアの所を離れると…。
と、今現在の時点では、軌跡シリーズとしてSC(セカンドチャプター)、3rd、そして零の軌跡といった続編的な作品が出ていることはゲームショップに行けば分かるのだが、リアルタイムでは、そのほとんどその情報は伏せられていた。
そう、この空の軌跡は、実は話の続きが当時製作中だったことが、EDになって発表されたのだ
マップには表示されているものの、ゲーム中に行くことができない場所が各所にある等、謎を残したままFCのEDを迎えるのは、なんとなくわかっていたものの、その展開の仕方というのは衝撃的だった。
そのため、すでにゲーム雑誌にもSCが発表された後に移植されたPSP版のこのゲームには、FC(ファーストチャプター)がつけられた。

総じてストーリーはオーソドックスな感じだったものの、それでも、劇のシーンなど、丁寧な演出が際立っている。
そして、この物語は、空の軌跡SC、3rdさらには、現在も軌跡シリーズは展開されている。
もっともシリーズ初の女主人公ではあったが、3rdの時点でエステルは主人公を降りてしまい、以降は男性主人公となっていることを見ると、女主人公で長編RPG作品を作る難しさはあったかもしれない。
格闘ゲームみたいなグラフィックを表示する場面があれば、あるいは、もっと女の子らしさを前面に押し出したストーリーならば、また違う展開になってた可能性もあるかもしれない。(続編ではスカートをはいたみたいだが、戦闘グラフィックではなかなかわかり辛い。)
なんて、変な妄想をするのも一考か。

ラストは完全な余談を。
ブレイザーというのは、現代社会に置き換えれば、警察、消防、あるいはレスキュー隊にあたる存在だろうか。
テレビで、彼らの訓練が夕方のニュースで放映されるが、それこそハードな訓練の連続からなる世界だった。
今作では、お使いのようなものもギルドで掲示されているのだが、くれぐれもタクシー代わりに救急車や消防車を呼ぶような、ゴキブリ退治を警察に依頼するようなことはしないようにお願いしたいと思います。
まあ、何でも屋が欲しいという妄想はファンタジーの世界にとどめておいておきましょうか。

ゲームレジェンド19

さて、日曜日はゲームレジェンドに行ってきました。
レトロゲーム系の即売会です。
半年に1回川口市で行われているみたいです。
前回は、5月下旬に行われてましたが、その時のフォロワーの話を見ると、面白そうなイベントに見えたので、次回は行こうと半年前から思ってました。(仕事休みは事前に申告済み)

で、朝8:00に高崎駅へ。
途中、電車が地震の影響で止まりましたが、11:00前に川口駅へ。


そして、川口駅近くのある建物の4階へ。
それが今回の会場です。

11:00開場。
すでに参加者がいっぱい。
ブースもすでにできあがっており、会場内には熱気が。

そして、あらゆるグッズを購入。
2次創作、手芸グッズ、資料。

ただ、マイナー系ともうたってましたが、マイナー作品の出展は少なかったかも。(パソゲーのことを言っているかもしれませんが。)
そして、企業系。
また、地元のサークル、そして、小さい頃から好きだったあの作品の公式資料集。

他にも音楽の演奏、スーパープレイ、実演、体験…。

楽しかったです。
僕も、何か描けたらいいな…。

ゲームレジェンド

終了後、QMAを少々プレイした後、地元へ。
リアルゲーちゃ好きイベントの後に、ゲーちゃ好きサークルに入る芸風。

21:30頃帰宅。

いやあ、疲れました。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、お出かけしますか。

魔法石  119333個


休みだったのですが、疲れがたまっているせいか、だいたい寝てました。
あとは軽く問題整理、本読み。
夕方からQMA。


・瑠璃魔龍


9位が精一杯。


・アニエフェ


まだまだ道が遠い。


・漫画ノベル


だいたい240点ほど。


・明日は


川口市のゲームレジェンドに行きます。
因みにQMA的に言えば、西日暮里で美術文学限闘杯!
さすがに…美文は…無理ゲです。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、瑠璃魔龍2周目・・・・・

魔法石  119089個


・瑠璃魔龍襲来


というよりも瑠璃魔人相手にそこまでできるほど文系ができるわけない。
こういうのは、事前準備しなければなあ。


・アニタイ部


4回やって平均は275点ほどかな。
形式サークルでも最大手ですから、行きたい時に行くというスタンスで。



・シャロンの誕生日ウィーク


トーナメントがスタートしました。
ひとまず簡単に、キャラアニメリニューアル時のシャロンファンが軒並みお通夜ムードでしたが、そろそろ慣れたころですかね。
僕は・・・そもそもQMA5以降シーズン1までのシャロンをほとんどしらないから、違和感はあまりなかったのですが。
慣れとは怖いというのはこういうことなのか?

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、普通の水曜日

魔法石  118989個


休みでした。
午前は本読み&問題整理。
午後はギャルゲーに夜QMA。
僕の休日こんな感じ。


・トナメ


決勝が遠かった。


・サークル青(アニゲ四択)


また盥でした。(((


・ラブライ択ブ


といっても、延長の数回。
4人対戦が成立した時は、初見だけで、4問はあったような。
ただ、今は重点的に、というよりは、リハビリ程度にできればいいという考え。
また大きな大会に行く機会があれば、という感じですね。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、琥珀魔龍後

魔法石  118884個


敗者行ってきました。
じゃなくて、歯医者ですね、はい。

一応、今日で一区切り。
地味に長かったです。
歯は大切に、そのままにしても、良くなりませんから。


・アニエフェ


土曜にもあるのですが、最近は火曜開催のサークルの方が都合がいいという状況。
そろそろコンスタントに300は行きたいところだが…。


・社会スロット


琥珀魔龍後ということなのか、部長のサファイラさんと2人きりのあとお開きに。


・天青魔人サークル


このサークルは、本当に荒れるなあ。
あからさまに簡単な問題の出題が少ないのだなあ。


・今週の予定


かねてから考えていた「ゲームレジェンド」に行きたいと考えてます。
いわば、レトロゲーム系のイベントですね、同人誌売っている感じの。
ただ、どういうイベントかはまだまだイメージがわかない感じ。
いずれにしても、楽しみです。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、琥珀魔龍!

魔法石  149289個


さて、琥珀魔龍が襲来して三日目。
やっとフル参戦できる日がきました。

尚、今回は小話はありません、というより、ネタが思いつきませんでした(笑)

まずは、レジャラン高崎で。
午後からはマトリクス前橋でプレイ。

結果、琥珀魔龍は通算135回の討伐となりました。

そして、たまった問題の数…
しばらくは問題整理にいそしみつつ・・・とはいえ、また今週のサークルがあるわけで。

とはいえ、社会はもう少しやってみてもいいのかなとも思ったり。
12月にもいくつかの社会限定大会(11月の日程はすでに決まっているため、無理かも)が行われます。
もしかしたら、また参戦するかも・・・しれません。


シャロンちゃんイエーイ


シャロンちゃんイエーイ?

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、琥珀魔龍2週目

魔法石  141021個   (プリムカード)


さて、恒例の琥珀魔龍討伐がやってきました。
琥珀魔龍に関しては、サフィア、ではなく、プリムカードでのプレイとなります。
夕方からプレイ、一応10回以上は討伐したのかな。

正直言えば、もう少し魔龍に取れる時間が欲しい。
実際、3日のうち、1日は全休という状況でやっているわけで。
けど仕方ない、それも人生。
それにイベントは来週、再来週とつづいていくわけで。

さて、3日目、この日は、いよいよフル参戦です。


・全日本大学駅伝


いよいよ3日スタートです。
優勝候補はやはり駒澤か。
1区のスタート、3、4で中押し、8区で抑え、正直盤石。
某母校は・・・とにかく2区で前にいけるかでしょうか。

もっとも今年は、出かけてしまうため、33分4秒経過したらあとはビデオでということになりますね。

( ・A・)<な

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
274位
アクセスランキングを見る>>