01
2
3
6
8
11
12
15
18
19
23
25
26
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QMA天の学舎、オークランド津&エムズパーク豊田アニゲ限定大会

さて、先日25日&26日には、三重&愛知遠征してきました。

25日、まずは安定の高速バスで名古屋へ。
到着は朝の5:00頃、いまからはどうしようかと思った末…思いつきで伊勢神宮へ!

宇治山田駅



近鉄で宇治山田駅へ。
思ったより寒い。
そして、歩いて伊勢神宮へ。
事前に調べなかったのと、時間の都合上、外宮だけ見ることに。
ただ、8:00くらいだったのですが、それでも人がそれなりにいました。


三重1



写真センス無し


日本古来の歴史を直に感じるこの雰囲気。
その後、伊勢うどんを買って、本来の目的地であるオークランド津へ。(そっちが本来の目的か)

高茶屋駅へ、それでも歩いて15分。
オークランド・・・の前に近くにあるラウンドワン津へ。

1回だけやった後、いよいよオークランド津へ。
実はここに来るのは2010年夏以来。
昼飯を挟んで参加者がやってきました。
なかには、同様に久々の通称トカゲ(さきはたりみ)さん、2週間前に匠竜杯で同席したチルノさんも。


三重2


人数は19名。
ルールは…出題はフリー。
さらに予選は3試合。
しかし、問題は…マッチングが自由ということ。
1試合目は主催がランダムで決めた順(カードシャッフル)。
2、3試合目は4位だった人が優先的に入るというもの。
1位が5点、2位が3点、3位が2点、4位が1点で、3試合の合計点で決定。(同点は惜敗率順)
そして、その中から準決勝に進めるのは8名。
果たして…。

1試合目は、A組に優勝候補の名が2人…しかし、せっかくの機会ということで、その2人が入っているところでチャレンジすることに。
結果は…お察しの3位。

2試合目は・・・2位。

3試合目、再度埋まっているという理由でB組に入るも…これが裏目に出て、超苦手な文系並べ替えで炎上して3位。


結果…さすがに予選敗退。
結果的に1回は1位とらなければいけなかったみたい。



優勝  ザキヤマさん
2位  シンシアリーさん
3位  KVTITさん
4位  わらうヤカンさん


ザキヤマさんは、QMA7の時に、所沢の大会にいたはず…。
商品は…いろいろあったみたいですが、中には、賢者の扉のパネル(上にはるやつ)も。
で6枚あったので、うち1枚と思ったのですが…持ち帰るのをどうしようか・・・と考えた結果、ここでは見送ることに。(ここでは…)
終了後は…店内対戦できそうになかったため、有志で夕食を。(ビッグボーイ)
色々お話も相変わらず、自分から提供できる話題がない。

そして、そのあとなのですが…なんとボウリングをすることに。
場所はさっきのラウンドワン津。
ボウリングするのはいつ以来だろうか。

そんなわけで、意気揚々と開始。


が。


三重3


( ´△`)


2ゲーム終了後、車に乗せてもらいまして、津駅へ。
津駅から名古屋に行き、そこから例によってカプセルホテルでお休み。

しかし、11月から3か月で4回カプセルホテルに泊まっているのですよね。
なぜ時を追うごとに、宿代がだんだん安くなっているのだろうか。


・2日目

カプセルホテルの楽しみは朝風呂。
そして、ここのカプセルは朝食が充実、おはようございます。
この日はエムズパーク豊田でアニメ&ゲーム限定大会が行われました。

10:00前に出発、まずは、かつて名匠戦が行われたアーバンスクエア大須で1回だけやってフェニに落ちたところで、豊田へ。



そして、最寄の土橋駅。
そこから徒歩で西に行くとエムズパーク豊田が見えます。
が、最初は通り過ぎてしまい、引き返すことに。

なんとか到着。


豊田


その後近くできし麺食べた後、大会へ…。
ですが…人数が集まらない…。
結局4名でスタート。

3試合やって合計順位で決めるというもので、出題は3試合ともアニゲならフリー。

で、今回は結果だけいいますと…優勝でした。


初戦2位、2試合目1位、3試合目2位で合計順位5ということで、3位にならなかったことが大きかったのかな。
3試合とも出題したのはゲーム・おもちゃでした。
ただ…クオリティはお察し。
なにより、同日には、一社で通常大会がありまして、そちらを選んだ人が多かったみたいです。
QMA5のサープラ高崎以来の5年ぶりの優勝ではあるらしいのですが。
今回の優勝は・・・参考記録かな。
強い人は、賢竜杯予選や先日の匠竜杯でもっと結果出してますしね。

で、商品、Eパス2枚…に加え…あの賢者の扉のパネルががが…
で、ダンボールに包んで持って帰ることになりました。
もっとも機能はホテルの都合もあったので、そういう意味では、難しかったですね。

その後は検定試験などをやって退散。
店内対戦などは・・・オークの時もそうでしたが、やはり☆の関係上難しかったです。

豊橋駅から新幹線、東京駅から在来線で地元に。
そうして、2日間の東海地区遠征は終わりました。



と、今回色々やってきましたが、一方で、この稼働初期、当初3月に開催が予定されていた賢竜杯が延期となりました。
その賢竜杯ですが・・・今回は、不参加となります。
3月だったら出られたのですが…ちと、時期的に難しいということで。
こちらも色々やるべきことがあるのですね。

大会自体は…まあ、なんだかんだで盛り上がるのでしょうかなあ。




・ゲームレビュー208回目のキーワード



1・借金返済
2・武器防具、アイテムを売る
3・6人の冒険者
4・車椅子の妹


すげー久々にこのゲーム会社投入だなあ(滝汗)
尚、クオリティはお察し。

スポンサーサイト

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

207・「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」

アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
(2007/10/25)
PlayStation2

商品詳細を見る




タイトル・アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)
発売年・2007
機種・PS2
ジャンル・RPG
メーカー・開発・ガスト バンダイナムコ 発売 バンダイナムコ



ドット絵で描かれた独特な世界観と、美声が奏でる詩、そして、美少女キャラ達のきわどい演出が売りのアルトネリコにおよそ1年半後、2作目が登場した。
アルトネリコ2世界に響く少女たちの創造詩
ジャンルは、ムスメ調合RPG、とはいえ、女の子を調合して戦うという程ではないのだが。
そういう要素もそれなりにはあるのだが、それよりも、キャラ同士のつながりや、ゲーム内言語、ヒュムノス語での歌が際立つゲームだった。


舞台は、人工の地、メタ・ファルス。
一つの塔を囲むようにして、人工の大地が存在している。
パスタリアの大鐘堂の騎士隊に所属するクロワ・ハーデルはIPDに感染した影響で暴走するレーヴァテイルの保護する仕事をしていた。
住民に罵詈雑言浴びせられながらも、自らの任務に徹していた。
そんなクロワは、11歳の少女ながら、なぜか高い戦闘能力を持つココナと一緒に生活している。
そして、クロアには、相思相愛の関係であるレーヴァテイルのダイバーズセラピの少女、瑠珈・トゥルーリーワース(ルカ・トゥルーリーワース)がいる。
一方、パスタリアには、クローシェ・レーテル・パスタリエという大鐘堂の御子がいる。
クローシェは、メタ・ファルスで最も貴い命と言われているが、本人の思惑は少し異なるようだ。
他に、大鐘堂のリーダーの重戦士・レグリス、妖しいトレージャーハンターのアマリエ、獣型の戦士・、そして…といった面々と旅をすることになる。


ワールドマップは前作同様、マップ上の選んだ地点を探索するタイプのもの。
選んだ地点を歩いて、町やダンジョン等のフィールドマップを歩いて探索する。
ただ、前作よりもカメラアングルの視点が下がり気味で、ベルトアクションゲームのようなサイドビュー風のマップを歩くことになっている。
前作同様、ダンジョンにはエンカウントバーも設置。
最初は青だが、色が黄色、赤と変化していき、最終的にエンカウントとなる。
エンカウントを続けると、バーがなくなり、最後はエンカウントしなくなる。

また、今作はダンジョン内のいたるところにIPDに感染した暴走レーヴァテイルという強敵が登場する。
ダンジョンによっては彼女たちの居場所をある程度知らせるレーダーが表示され、別のマップ画面に切り替わる際に暴走レーヴァテイル情報が表示され、中には現時点のレベルでは信じられないほどの強敵も徘徊している。
その際、戦うかどうかの選択を迫られ、撤退するか、戦うかを選ぶことになる。
とてもかなわない、ということを言われたら、素直に引き下がるのがいいいだろう。

無事に倒すと、保護に成功したことになり、町のダイブ屋でダイバーズセラピを行う。
保護したレーヴァテイルに話、投薬等をすることで、レーヴァテイル感情が一定値になれば、保護に成功。
ムスメパワードという、保護したレーヴァテイルの力を装備することで、ステータスアップ等の特殊効果を得られる。
さらに、戦闘などで特定条件(○○を何体倒す)を満たすと、クローシェ親衛隊に入隊してくる。
クローシェの使う特殊能力の一つ、レプレキアに影響を及ぼし、人数が多ければ、より強力な効果を得られる。

さて、戦闘システム。
前作は、出番が来たらコマンドを入力して戦うという割とオーソドックスなタイプだったが、今回は大きくメスが入った。
まず、前衛にアタッカーのキャラ2人、後衛にレーヴァテイル2人が配置される。(前作はアタッカー3人、レーヴァテイル1人だった。)
そして、一定間隔ごとにアタックフェイズと、ディフェンドフェイズを行いながら戦闘を行う。
アタックフェイズはプレイヤーチームのターン。
アタックフェイズの時間内にアタッカー2人が□ボタン(隊列の上のキャラ)及び、×ボタン(隊列下のキャラ)+上下左右同時押しをすることで敵に攻撃を行う。
同時押しには、時間がかかるが威力の多い、レーヴァテイルの魔法の威力に影響する決死攻撃(←同時押し)、MP回復(→同時押し)等の効果があったりと、少ない時間での判断を迫られることになる。
そして、一定時間経つとディフェンドフェイズに。
これは、敵のターンで、音楽ゲームのように、メーターとボタン押すタイミングの赤いバー(ブロックゲージ)が表示され、せまってくるオレンジの防戦にぴったりはまれば、防御成功、小ダメージで済むが、うまくいかなければ、前衛、その後ろの後衛キャラにもダメージが大きく入ってしまうもの。
ただ、敵が迫力ある攻撃を行う故に、所々処理落ちすることもあり、また、どうしても、敵よりもブロックバーを見てしまい勝ちになるため、なかなか敵の攻撃までは目が行きにくくなってしまってはいる。

また、ゲーム画面右下にはエモーションインジケーターが設置されている。
上から時計回りでハーモニック(通常攻撃・前衛の攻撃がアップする)、ケア(レーヴァテイルMP回復)、サイコ(牽制攻撃・ハーモニクス、レーヴァテイルのシンクロ率アップでシンクロ魔法に近づく)、バーステック(決死攻撃・バースト率アップ)となり、その中で、レーヴァテイルの要求する行動をとりつづけ、一定量たまると、EX必殺技を使用可能となる。

そして、後衛キャラであるレーヴァテイルは、ステータスは低く、物理攻撃はできない。
が、強力な詩魔法で応戦できる。
強力魔攻撃魔法である赤魔法、補助、回復を行う青魔法に大別されるが、魔法を唱え始めると、バーストゲージが発生。
MP(レーヴァテイルにのみ設定)を消費して、バーストゲージのパーセンテージが多くたまればたまるほど、赤魔法は強力な魔法を唱えることができ、青魔法では、ステータスアップ、オフェンスフェイズ発生直後にHP回復といった恩恵を受けられる。

エモーショニンジケーターの隣には、レーヴァテイルの波長を表すレーダーも設置。
前衛キャラの牽制攻撃を続けることで、同じハーモニクスレベル状態であるレーヴァテイルの波長が合うとさらに強力な合体魔法が発動する。
また、クローシェ親衛隊結成後、クローシェの前衛キャラが、通常攻撃を続けてハーモニクスレベルをあげて、一定値になったら、クローシェは、レプレキアを発動し、親衛隊参加人数によってさらに強力な詩魔法を発動させられるのだ。


そんな強力な効果を発揮するレーヴァテイルの詩魔法の開発は、前作同様、レーヴァテイル内でのコスモスフィアで行う。
街にあるダイブ屋で、レーヴァテイルを連れて、戦闘時に得られるDP(ダイブポイント)を消費して彼女たちの深層世界に入り、そこでアドベンチャーゲームのような探索を行う。
登場人物が、店員、学生といった、まったく別の立場で登場する。
その際に、精霊のようなかわいいキャラクターも登場する。
彼らに導かれるままに物語、そこでの問題を解決していくとパラダイムシフトを起こしてその○階層のコスモスフィアは終了。
次の階層のコスモスフィアへの第1条件がクリアされる。
といっても、次階層への扉を開く条件はもう一つあり、宿屋でレーヴァテイル達と会話をすることである。
一定イベントを行うと宿屋、セーブポイントでの宿泊の際に話ができるほか、町、ダンジョンの各地でトークマターを拾うことで、新たな会話を行うこともできる。
その結果、一定レベルのトークができたら、第2条件がクリアとなり、次の階層への扉が開かれる。

ただし、今作はルカとクローシェ、その他全員のコスモスフィアを1回のプレイですべて攻略することができない
前作もオリカとミシャのどちらかを選ぶイベントがあったが、今作は結構早い段階でルカとクローシェのどちらかを守るかという選択を迫られる。
選ばれた方は、エンディングでのパートナー条件が半ば成立し、最後までコスモスフィアに到達できるが、選ばれなかった方は、レベル5で止まってしまい、以降の魔法を覚えられない。(大まかな攻撃、回復魔法はどちらも覚えるので、有利不利の差は少ないかも)
さらに、この2人以外にも…新たなレーヴァテイルも登場したりする。
その場合、ルカ、クローシェのダイブレベル5をクリアしないことが新たなレーヴァテイルとの深層ダイブ条件となる。(これは予めゲーム中では知らされない)
無論、どちらかを選びながらも、ダイブをしないで話を進める、というやり方もあるだろう。
1階層をクリアすると、レーヴァテイルの新しい衣装を手に入れることができる。
原則的に深い階層の者ほど能力アップするのだが、中には、バスタオスやパジャマといった奇抜なものもある…。
ただ、アドベンチャーパートのクオリティは、これだけで、一つのゲームが作れてしまうのでは、というほどの出来。
ヒロインキャラの悩みをあらゆる角度から解いていくことになるが、本来同一キャラがある時は店員、ある時は、学生として思わぬ形で登場し、精霊のかわいさも相まって次はどういう展開が待っているのかが、楽しみになってくる。

また、宿屋では、レーヴァテイル(ルカ、クローシェ、+α)のデュアルストールも行う。
云わば、入浴なのだが、風呂桶内にアイテムを設置、さらにはレーヴァテイル同士の会話も行われることもあり。
結果、レーヴァテイルのレベルがあがり(戦闘でレーヴァテイルのレベルは上がらない)、またレーヴァテイル同士のトークマターも獲得。

今作はまた、レーヴァテイル同士のつながりもよく描かれており、主人公・クロアがコスモスフィアに入るだけでなく、レーヴァテイルが共有する精神世界・インフェルスフィアに入ることもある。
ここでは、クロアを巡るレーヴァテイル同士の衝突、本音など、なかなか激しい展開が待っている。
しかし、それらを乗り越えてこそのアルトネリコ2である。
民衆に気丈に振る舞うも一方で女の子らしい一面もある、ツンデレ気味のクローシェ、普段は明るく振る舞うが、怒らせたときの口調が末恐ろしい?ヤンデレ(ドロデレ)気味のルカ。
最後にクロアが選ぶのは…といっても、先のように、大まかのルートはゲーム前半で決めてしまうのだが。

アイテム調合等、他にもやれること、できることの多い、眼下に壮大な詩世界が繰り広げられる大作RPG。
ただ、敵自体は、いわば、ヒロインの詩魔法待ち状態という感じで、比較的易しい方かもしれず、故に、上記の魔法効果を試す機会も少ないかもしれない。
最も、なかなか複雑なシステムを搭載している。
逆にそれらを理解しなくても、十二分にクリアできる、そんな末広がりなゲームでもある。

名称にひらがな、漢字、カタカナが随所に使われてそれらもまた独特な世界観の創造に寄与している。
迫力のアニメムービー、ヒュムノス語の詩、キャラ同士の繋がりを意識した話、そして、きわどい一枚絵。
世界の終りで詩い続ける少女を正統的に進化させた今作は、PS3の3作目へとバトンタッチされる。
出来ることなら、少女たちの詩は、ゲーム世界だけでなく、もっともっと、現実世界にも響かせてあげたい、そんな気分であります。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA天の学舎、検定やりたいけど・・・

ほどほどにやってます。


・サークル蒼

実はメインカードはサークル蒼に設定してます。
で、水曜夜恒例のアニゲ四択縛り。
初回がひどかったけど、やっと24問1ミスまで来ました。


・ライ択(現在★1OK)


2回だけでしたが、これまた新しいカード(シャロン)でプレー。
これの元ネタわかる人いるかなー。
CNは来週あたりまでには発表します。


・協力プレー


アシストレベルというのはなんだろうか。
とりあえず、どんどん答えてアイテム(メガホン、砂時計)あたり使えばOKか。


・レトロゲーム検定


とりあえず、飽きるまでマイペースで。
ただ、この稼働初期、★埋めしたいし、協力プレー、さらには他のこともしたいし…。
リアル刻戻しの砂時計欲しいなあ。((



・ソチ五輪


気づけばすぐです。
また世界最高峰の戦いが始まるのだなあ。

思えば、小さい頃、スキーで活躍していた荻原兄弟が群馬出身ということを知ってそれからテレビのリレハンメルを楽しみに見てました。
詳しいわけじゃないけど、多くは語ることはできないけど、やっぱり楽しみです。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA天の学舎、東海地区遠征から北区。

予定通り、25日にオークランド津、26日にエムズパーク豊田のアニゲ限定大会に行ってきました。
詳細の結果は、火曜、水曜あたりに書くとして、取り急ぎ報告を。
大会お疲れ様でした~。


・検定試験


関東・東京検定、レトロゲーム検定共にSSSにしました。
豊田が大会日特別措置のクレサービスを行った結果、ついやってしまうことに(
もうすこし上のスコア目指しましょうか。(東京3800あたり、レトロゲーム3500あたり。)
サークルのサイトのオープンも、まだまだ先のようですし。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA天の学舎、スタート!&早速25日に三重オークランド

さて本来は色々書きたいのですが、急ぎの用、遠征の用意もあり、手短に。

1日遅れのスタートとなりましたが…やってきました。
まずは、キャラ、名前を設定・・・




した結果が…











NEC_8825.jpg



ユリッ


そんなわけで、天の学舎にして、かつて使ってた、ユリを3年ぶりにメインとして使うことになりました。
また、QMA7では、キミのUしゃだったのですが、QMA6以来のサフィア(ユリ)としての活動となります。
・・・とはいっても、今作は、やや控えめな活動になると思いますが…(それは、帰ってきてから)

また、プリム(シャロン)は、マヤ(名前は後日発表)に、シュクラン(ユリ)はシャロンに変える予定です。
なんという三角トレード・・・。

サフィア(ユリ)


尚、妖精はNPCキャラで、プレイヤーのパートナーのような感じになってます。
そして、ドラゴン組がカオスなこと…。

そして、レトロゲーム検定・・・新階級、SSSになれるのか?


で、早速なのですが…

25日に三重県に行きます。
場所はオークランドへ。
本来は賢者の扉最終遠征と位置づけていたのですが、なんとなんと稼働日の関係上、こういうことになってしまうとは。
つまり、この後、高速バスに乗ります!

また、26日にはエムズパーク豊田にも行く予定です。


・ゲームレビュー207回目のキーワード


1・詩魔法
2・2人+αのヒロイン
3・塔の名前
4・調合

正直に言えば、前やったやつの続編ものです。
今後は、続編もののレビューがふえるかもしれないですね。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、最終日

魔法石  140709個


・サークル蒼(アニゲ四択)


やってみましたが、どうにもこうにも…
問題整理もしないと・・・


・ラブライ択ブ(ライ択)


数クレだけでしたが、こちらも。
アクティブ人数に不安ありも2、3回はやったな。

そして、1回アドベンチャーモードだけやって終了。
結局、転生はしませんでした。


・振り返り


とはいえ、誇れるものは特にないので、サフィアの総合正解率だけでも。


扉最終1

今回も70%が遠かった。

プリムの方は・・・一回もトナメ入らず、終了です。


・天の学舎の方針?


24日で初プレー予定です。
メインのCNは、引き続きサフィアでいきます。
ただし、キャラは迷ってます、これは当日のお楽しみ。
一方、プリム、シュクランといったサブカの面々はリネームの予定です。
1つは、またプリム同様20周年企画を。
もう一つは・・・できればメジャーなゲームから持っていこうかなと。
結論は、また当日!


・25日&26日


さっそくですが、25日の三重のオークランドのQMA大会に行きたいと思います。
26日にエムズパーク豊田のアニゲQMA大会の2連戦予定。
ひとまず、今月は色々楽しみたいなと思います。


扉最終2


SEE YOU NEXT QMA!


















・ゲームパニック高崎


フォロワー等のツイッター情報で聞いたのですが、1月8日に閉店しました。
そして今日、近くを通ったら…取り壊しの作業をしてました。
QMA2で一旦撤去後、復活。
そして、QMA5、6あたりでQMA大会が行われてました。
が、最後は人数不足で大会終了、その後撤去。
メダルゲーが大半を占めている状況と言うことで、なかなか他店との競合としても厳しかった面もありましたが。
色々思うことがありますが、今思えば、当時のことは反省することばかり。
そういったことをうまく生かしたいですね、今後に。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

206・「CLANNAD(クラナド)」

CLANNAD -クラナド-CLANNAD -クラナド-
(2006/02/23)
PlayStation2

商品詳細を見る



タイトル・CLANNAD(クラナド)
発売年・2004(PC)
機種・PC、PS2、PS3、PSP、XBOX360
ジャンル・ADV
メーカー・Key



やや問題児な主人公・高校3年生の岡崎朋也
親との関係も悪く、無気力な生活を送る彼はある日の登校中のこと、学校前の坂道を前にして、一人の女子高生を見かける。


「この学校は好きですか?」


古河渚、高校3年生。
実は、一年留年している。
彼女との出会いが彼の高校生活最後の1年を変えていく…。

一方、高校生活の合間に幻想世界なるものが、度々挿入される。
少女とがらくたのロボットが存在するほか、大自然が眼下に広がる世界。
果たしてその世界が意味するものとは…。


CLANNAD(クラナド)はそんな導入部分からスタートする恋愛系アドベンチャーゲーム。
メインヒロインとなる古河渚は、体が弱く、その影響で1年留年している。
そんな彼女は、演劇部を作りたがっている。
朋也、そして、朋也の悪友である、春原陽平と協力して演劇部を作り上げ、学園祭に向け奮闘する。
因みに、彼女の好きな歌は、「だんご大家族」。
だんごっ、だんごっ・・・。
事あるごとに、こんなフレーズを口ずさむ。

学園内ではその他、様々な出会いがある。
藤林杏、藤林涼の双子の姉妹。
涼は、朋也のクラスの委員長、一方、杏は、去年の朋也のクラスの委員長、さばさばとした性格で、校則違反であるバイク通学もたまにする。
1年生の伊吹風子は、木彫りのヒトデをプレゼントしている。
しかし、学園の生徒たちは…幽霊呼ばわりしているのだが…。
坂上智代は、転校生の2年生、彼女はケンカがやたら強く、ある事情で生徒会長になろうとする。
一ノ瀬ことみは、学年トップクラスのい学力の持ち主、図書館によくいるが、本を見ると、なぜか、あるページを切り取ることをする。

他、資料室によくいる、宮沢有紀寧、実は意外な人物と仲がよかったり。
高校の寮母、相良美佐枝は、学生の悩みを聞いている。
幸村俊夫は、定年退職間近のベテラン教師、昔はバリバリの熱血教師も、今は穏やか。
古河渚の家は、パン屋を経営、その両親、不良のような渚の父・古河秋生、見た目よりもやたら若く見える妻の古河早苗
そんなパン屋に度々訪れるのが、伊吹公子、元学校の先生。
その学校で電気工として働いている芳野佑介、実は元ミュージシャンだったが…。
同様に、その学校の近くで遭遇する柊勝平、なぜかアルバイトが長く続かない。
悪友である春原陽平は、まさに悪友、たびたび悲惨な目に合わされるが、朋也とはなんだかんだで大切な同士。
その陽平には、妹の芽衣もいる。
そして、朋也の父親、岡崎直幸
息子・朋也に暴力を振るってから、息子に向かって遠まわしに呼んだりしている。
朋也は、そんな父親を執拗に嫌っている。

そんな面々を交えて主人公は学園とその周辺の人たちとの関係を築いていき、攻略をしていく。
ただし、ここでいう攻略というのは、単にヒロインキャラと結ばれるということでなく、悩みを解決、幸せにする、ということを指す。
神勝平であれば、アルバイトが長続きしない意味を探求したり、幸村俊夫であれば、幸せな退職をさせて、学校を送り出す等。

すると・・・その人物から光の玉なるものをもらうことができる。
これこそが、攻略の印。
この光の玉を一定数集めると、アフターストーリーに突入する。
主人公の高校生活を描いたのが学園編と言うならば、アフターストーリーというのは、朋也の高校卒業後の様子が描かれる。
学園編は恋愛アドベンチャー風に進むが、アフターストーリーともなれば、朋也は、ある人物と時を共にし、給料をもらう立場となる。
恋愛だけでなく、実生活の苦労も克明に描かれる、これもまたファンの間で言われる「クラナドは人生」と言われる一つの理由なのだろうか。(実際は少し違うでしょうが、それでも、この話を進めると合点がいく部分もある、だからこそ、定着したのだろうか。)
そのアフターストーリーに進んで、そこでの光の玉をさらに集めて、すべての光の玉を所持している状態で、ある場面を迎えることで、クラナドのトゥルーエンドを迎えることができる。
そして、度々挿入された幻想世界、その意味もおぼろげながら明らかとなる。
これまでの自身の苦労を乗り越えた先、今作のテーマ人との絆、たびたび出てきた大家族の意味。
この意味を理解できたとき、クラナドの壮大なる感動の光に包まれることになる。


一方で、ゲーム面では、なかなか厳しいものだった。
ネタバレしない程度にいうと、最初(あるキャラを攻略する前に)にメインヒロイン格のキャラを攻略してしまうと、光の玉に関するイベントがみられなくなる。
そんな感じで、○○を攻略する前に○○の攻略が必須だったりする。
他にも○○と結ばれるために、別キャラと攻略寸前までいくといったノーヒントで厳しい。
光の玉の数で(具体的にそういうことを言われず、気づきにくいだろう)ルートが変わるケースもあり、ノーヒントでのオールクリアは困難を極める。
もっともコマンド選択制のアドベンチャーゲームとなれば、上から選べばいずれクリアというパターンになりがち。
そのパターンを切り崩す意味もあったのだろうか、アフターストーリーを視野に入れると、やややりすぎな部分もあった。
選択肢にしても、結構微妙なラインのものもあり、チームに誘ったキャラ、スポーツでの行動(要は、その後の状況が読みにくい選択肢)でルートが決まることもある。
アフターストーリーでは、学園編のある話の後日談となるが、特定キャラがほとんど出番なくなってしまっていて、寂しい部分もあった。(単にお気に入りになったキャラがあまり出ないだけという説もあるが・汗)

因みに、学園編とアフターストーリー、既読スキップ機能なども加味すると、ゲームの長さ(正確な時間は図れませんでした)を比べれば、ほぼ5分5分で学園編が前半戦、アフターストーリーが後半戦的な存在である。
隠し要素みたいな存在であるが、このアフターストーリー、結構長く、むしろこっちが本編ではないのだろうかと思うほど。

今作では、幻想世界もさることながら、学園編、アフターストーリーと度々超常現象的な描写も描かれている。(主に美佐江、風子、その他某場面で顕著)
現実世界をモチーフにしたアドベンチャーゲームなだけに、この部分にも賛否もあるかもしれない。
ただ、文学の世界、国語の教科書で扱われる教材でも使われる手法、ゲームもまたそれぞれのテーマの表現の媒体と思えば、この手法も味わい深い。

身近な存在の涼との想いに揺れる杏、幽霊と言われながら木のヒトデを配る風子。
浮世離れした言動、行動に隠された普通ではない事情を抱える、ことみ。(個別ルートではこれが結構お勧め)
生徒会長になりたい智代の理由、そして、渚の演劇にだんご大家族。
それ以外のサブキャラ達の裏のエピソードも、なかなか一般社会でもありそうな、でも見過ごされそうな悩みを抱え、それらを解いていく朋也…。
そして、最後にある、幻想世界を交えた大団円。
たどり着く方法の難易度の高さ(というより理不尽さに近いが)が惜しまれるが、人間の奥深い心理を突いた描写は個別ルートと、奥底の大いなるテーマ。
ADVのストーリーとしての醍醐味は十二分に堪能できるはずである。

目抜き通りのシャッター街、焼畑と言われようとも建築される郊外の大型ショッピングモールに象徴されるように、町というものは開発されては役目も移り変わる。
ご近所トラブル等だけでなく、近年は、日本国内で餓死を遂げる人も出てくるなど、町の人のつながりも年々希薄になっている。
本来、協力しあうことで乱世を生き抜いてきた民族。
スポーツの団体競技で熱狂するのももちろん、皆で協力して町の、ひいては、国の1つの問題を解決してこその絆ではないだろうか。
人との絆を再確認する機会は、あらゆる場面に転がっている。
そこにたどり着くには奇しくも、ゲーム的にも、現実世界としても難しい部分もあったものの、それを本物にしてくれる人物は、案外ゲームの人物かもしれない。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、ノスタルジオのサフィア

・ゲーちゃ好き


今作最終活動。
あと1歩で全問正解阻まれる。
しかし、これで、黒リボン巫女マヤもしばらくは見納めか。
いや、普通に普段からやればいいのですががが。
でも、そこはゲーちゃ好き特別ルールを自分が勝手にやってるだけの話なので。

・シーズン2を振り返り


シーズン2最後の週末が終了し、いよいよ新作も稼働間近。
今年度・賢者の扉シーズン2のQMAの出来事、店舗大会、などを振り返りましょうか。
急ぎ足で書いているため、漏れがあったらごめんなさい。


2013年4月    シーズン2に引き継ぎ


この時点で、サフィアは白銀賢者。
そして、シーズン1で主に使っていたシノブリュード(もう一枚のマヤ)はプリム(シャロン)に転生させました。


そして、竜ヶ崎の社会限定大会に。
特に見せ場なく。
名物の紅光は美味しかった。


5月   アニメーションリニューアル&長野・NASAへ


当時群馬県内であまり大会が無く、やや無理に参加。

そして、アニメーションリニューアル!
OPアニメで期待感抱かせるも・・・新立絵が色々な意味で話題に。
シャロンが単なるわがまま((



7月   金剛賢者昇格、ソニックビーム松戸


金剛賢者に初の昇格。
一度やりたかったのですよ。
そして、その金剛賢者お披露目の意味を込めて、QMA大会に行きたくなって参加。
ただ、メンバーは濃かった。


8月  ブーボスボス所沢


いつものサフィア・・・ではなく、聖剣伝説2発売20周年を勝手に祝う意味で、プリムとして参加。


9月  九州杯&中津ライフスタイル大会


今作唯一の大型遠征を九州で。
正直、次回作の9月頃にはQMAは休止しているだろう(これについては後日)ということで、思い切って行くことに。
ただ、結果自体は、悔いの残るものでした。
名札を見ると、1つの記念にはなったものの、悔しさの象徴になってしまいました。


10月   サードプラネット高崎大会&ゲームパニック東京


9月と合わせて、2度参加。
このうち、10月は2位で賞状と銀メダルをゲット。
参加者数は(
あと、ゲームパニック東京にもいったかな。


11月    幻のゲームパニック佐野大会&賢魂杯&ブーボスボス所沢


まず、ゲーパニ佐野大会が、まさかの受付自分一人という状況で、大会中止に・・・。(もう行われないかもね)
そして、下旬に1泊2日で2連戦。
また川越のハーフマラソンであの川内優輝選手も見ました。
そして、賢魂杯は名札、サイト、チラシありと、かなり気合入った大会でした。


12月    賢橙杯


社会限定大会へ。
ただ、ここまで社会やるのも今作限りかな。
一応正解率はあるのだけど、それは、見かけ。
実際本日も社会キューブをトナメで単独不正解する状況。


2014年1月   匠竜杯


社会スロット、政治経済、ゲームおもちゃ、アニゲ四択に参加。
いずれも代表決定戦をやるも、後が続かず。
社会スロットは予選で燃え尽きました。
アニゲ四択は・・・明らかに練習不足を露呈でしましたね。


そんなわけで、今作も大会の回数だけは、そこそこに行ったという状況でした。
回数にして12回、意外と少ないか…。(匠竜は1回にカウント)

さて、天の学舎まであと少し。
尚、メインカードのキャラは、まだ決めてません。
なんらかしらの形で、マヤは使うと思う、くらいしか決めてません。
それは、稼働翌日(当日は仕事で無理)のお楽しみかな。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、ラスト金曜日

水曜と金曜の分を…。
とはいえ、やったことは・・・少々プレイした程度。


・ライ択

水曜日、金曜日両方に出席
金曜最終日にしてようやく、シーズン2初の全問正解…。
遠かった…2年前よりさらに鬼畜な形式になってます。


・アニゲ四択


ボッチ(


・サークル活動


1月20日の15:00に賢者の扉仕様のサークル切り替え用のページが閉鎖になるとのことです。
つまりアクティブサークルが1月20日からしばらく切り替えができないということ。
天の学舎でアクティブサークルが引き継がれるのですが…。
メイン、サブカ合わせ、とりあえず、一つはライ択、一つはサークル蒼サークルあたりかな。
どのみちゲームおもちゃあたりはしばらくできそうにないし(階級、★的に)


・1月25&26日の東海地区遠征


結局、東海地区遠征はこのまま行きたいと思います。
今現在の予定は、25日に三重のオークランド、26日は豊田のエムズパークの予定。
階級&予習リセットであれば、それはそれで面白いルールになりそうですな。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、匠竜杯

1月11日~13日にかけて、ウェアハウス川崎にて、ジャンル限定大会、匠竜杯が行われました。

特定形式で代表を決めて、その後、形式代表同士でエキシビジョンを行い、最後に優勝者を決める大会です。
優勝者は、賢竜杯のシード権。
形式代表の人には、記念品が贈呈されます。(※1)
で、自分は1日目の社会と、2日目のアニゲに参加しました。

11日、まず、電車で川崎へ。
ウェアハウス川崎、安定の九龍城です…。
バリアフリー全盛期を無視しての奇抜な入口に出口。

受付を早めに行い、12:00スタート。

で、2形式にエントリーできるのですが、僕は、社会は政治経済、スロットで参加。
プラスでダミー形式でもエントリーできるのですが・・・
これは、スタッフサイドで振り分けたとのことですが、社会キューブでダミーの模様。
なのですが・・・


匠竜杯


こんにちは、サイファです。
元ネタは・・・悪魔城伝説の(((


さて、機材、録画トラブルの影響で1時間ほど遅れてのスタート。
まず、ダミーで社会キューブ。
なのですが、1回ノーコンテストに。
仕切り直しの後…いよいよ政治経済スタート。
エントリー4人、いきなり代表決定戦です。
政治経済にした理由は…社会のサークルは、最近ほぼスロットしか出てないので、サブジャンルで…そして、人数が少なそうだたということで。


匠竜杯政治経済



まあ、がんばったかな。
使い手3人相手に盥貰わないことが正直な目標でした。

さて、勝負のスロット!
5人エントリー、3と2にわけて予選後、3人(+ダミー)で決勝戦。
まず、予選、3人の組でしたが、ちょっとスピードが遅れ気味も、確実に拾うことを考えて…1ミスで、1位通過。

そして、形式代表決定戦…


匠竜杯社会スロット



4問目の線路問題を外してからは…いい感じで崩れることに。
やはり慣れの差が出たなあ…。
ちなみに、もりずみしのぶさんというは…サファイアさんといえばいいのかな。


最終結果


1位 なぎいおりんさん
2位 うーにゃんあーや(PHしゃめいばる)さん
3位 トキワグローブさん
4位 いしやさん


そのあとには、理系学問の部を行い、1日目終了。
社会大会向けの打ち上げに参加。
イタリアン料理のオーダー制食べ放題の店でした。
机に名札を置いた結果、「シノブリュード」(去年の賢竜杯の名札)はラノベのキャラのような名前と言われました。
そして、シノブ・リュードのゲーム画像(黒の剣の最初のシーン)を見せた結果、「エロゲ」とかいわれました(((
エロゲメーカーが作ったコンシューマーRPGなのですけどね。
あとは、地図やら、なんやらが出てきて、打ち上げ終了。
しかし、相変わらず、話すネタが無いのですね、自分は。

そのあとは、数名程でウェアハウス川崎へ。
匠竜杯が終わった琥珀勢が、店内対戦しているなか、自分はというと、翌日のゲーちゃ部で最終調整。
閉店後、カプセルホテルへ。
ひとまず、一日目お疲れ様でした。


・2日目



この日は、アニゲ、スポーツ、文系学問を一気に行います。
そして、アニゲの四択は…いきなり開幕戦で形式代表決定戦。

匠竜杯アニゲ四択


いいとこなく終戦。
やはり年間通した計画立てないとですね、3か月そこそこでなんとかなるわけなかった。
尚、匠竜杯は、2形式で代表とると、点数の高い方が代表対抗戦としての代表扱いとなり、レイさんはこの後アニ特の代表をさらに高得点で獲得。
2位の方(ズバドスターさん)が繰り上がりで2回戦進出。
そういう意味では、もう少しチャンスがあったか…しかし、339点…遠いです。


そして、ゲームおもちゃ。
参加者は11名、4、4、3で分けて、各組1位と惜敗率1位が代表決定戦へ。
自分は2組目の4人の所に。
ちょっと機材トラブルがあり、そのあとプレイ。
正直不本意な結果。
それでも8点差の2位。
惜敗率で抜けると…、すぐに代表決定戦。


匠竜杯ゲームおもちゃ



1週間前のゲーちゃ好きサークルでまったく同じ組み合わせがありましたが。
…やはり本命の壁は厚かった。
しかし、ゲーちゃに関しては、もう少しやりこまないといけませんね。
ゲーちゃ部にも積極的に参加したいところ。
この後、20:00からのゲーちゃ好きサークルに2回(時間の都合でという意味で2回だけ)入ったら、2回とも270点台…。
こんな感じでもこういう舞台でプレイできるのだから、是非大会に足を運んで貰いたいものです。


最終結果


優勝 レイさん
2位 たまきさん
3位 マスクザレッドさん
4位 さめすがしんいちさん


レイさんは、QMA6の時にレッスンモードでアニゲすべてで1位をとったレッスンプロという方。
まあ、いろいろな意味ですごいです。
その後は、スポーツ、文系学問すべて見て帰ることに。

また、アニゲ終了後、さよさよさん、スローロリスくんさん、オトモアイコさんと自分で遅めの昼食を。
クレサ、サークル等色々話をしたと思いますが、まだまだ話したりないですね。


尚、3日目は芸能、ライフスタイルを行いましたが、自分は仕事の都合で不参加。


・終わりに


名匠戦の時と比べて多少は流れでプレイできたのかな。
名匠戦については、代表決定戦にも行けず、悔いしか残りませんでした。
それが今回、あらゆる人が注目しているなかでの代表形式戦にいくこと4回。
とはいえ、まだまだ先が長いですね。
ただ答えただけで終わった感もあります。
しかし、これだけの人が一堂に会する機会。
間近でプレイを見るというのはなかなかないわけで、そういう意味ではいい経験でした。
なにより、トラブルの多い中で準備をしてくださったスタッフの方々にはやはり感謝です。
ただ、地元ではなかなかそういう店内対戦というものは定着しないのかなという感も。
実際、3日間で、200名程の参加者がいましたが、ゲーセンのホームを高崎で登録で出た人は(いたらすいませんが)僕が見る限り、確認が取れませんでした。(僕は前橋で登録)

さて、次回があるとすればですが…準備はするかもしれませんが、今はなんとも言えませんね。
正直、次回作、というより、春以降どこまでやるかは、わかりませんし、少なくともペースは落ちる予定なので。(去年も同じようなことを言いましたが、今回は本当にそうする予定です。リアル事情がかかわってますので。)
これについては、26日の東海地区の遠征後で話せばいいのかな。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、天の学舎の稼働日は1月23日

匠竜杯のことを振り返りたいところでしたが、これを言わなければいけません。


天の学舎、1月23日稼働!


告知のチラシ


本日の正午辺りで急に降ってわいてきた情報です。
それにともない、検定試験(当初・26日終了)、協力プレー(当初・31日終了)も23日の8時で終了となります。
そして、扉シーズン2のサイトも20日あたりで閉鎖、その間サークル切り替えなどが行えないというもの。
これだけ重要なことを当初の予定を覆してでも、強行するとは…。

さて、個人的には既報の通り、25日、26日で愛知方面に行き予定となってます。
正直、検定試験を打ち切って新作稼働と言う考えはまるでなかったので、どうするか、遠征自体も正直白紙に戻ってます。
とりあえず、明日は休み、どうするか考えたいと思ってます。
もし、中止になったら・・・もうしわけありません。


・火曜のサークル。

となると、本日が、火曜日最終サークルです。(どのみち、来週の火曜日はノーQMA)


・社会スロット


匠竜杯に出た形式と言うことで、
5クレでプリム、最後だけサフィアでプレイ。
ここで全問正解できないところが自分を象徴してますね。
扉の期間中、お疲れ様でした。


・天青魔人


やっと300超えました…。
それ以外は・・・まだまだ修行中。
ただ、新作稼働となると、予習の★埋めしなければということで、しばらくこのサークルもお休みになります。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、匠竜杯2日目が終わり

僕の匠竜杯は無事に終わりました。
詳細は、あとで書くとして速報的に無事に帰ってきたという報告を。


個人的な結果だけ言いますと、アニゲ、社会、2形式ずつ入り、合計4形式で形式代表決定戦までは行きましたが、どれも代表からは遠かったです。
それでも、名匠戦と比べてみると、多少の流れでプレイはできたかなと思います。

3日目は芸能とライフスタイルの部となりますが、自分は不参加です。
はい、仕事です。
ライフスタイルあたりでも、やりたかったのですが…ちと3連休の取得は難しかったです。

その分は、25日、26日には、愛知方面への遠征に取っておきたいと思います。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、いよいよ明日匠竜杯&今月のさらなる遠征のお知らせ

さて、いよいよ明日から匠竜杯開催です。
とりあえず、朝に川崎へ移動、13:00開始。
社会の2種目(スロット、政治経済)に登場し、19:00より社会勢向けの打ち上げ。

そして、2日目はアニゲ。
開幕で四択代表決定戦の後、ゲームおもちゃの予選を(代表決定戦は?)。
この後は・・・主にゲーちゃ勢の動向次第かな。
打ち上げの参加はありません。

正直、どれも自信は無いです。
ただ、単なる通りすがりの人間からは・・・できることなら脱却したいところ。


そして、このタイミングでいうのもなんですが…。
1月25日&26日に愛知エリアに行く予定です。
25日は特に決めてませんが、オークランド(三重)を視野に入れています。(ここについては最終決定ではない、釣り糸しだいで・・・)
26日には、豊田のアニゲ大会にもいこうかと考えてます。(これはほぼ決定)


ただですねえ、噂によれば、天の学舎の稼働がかなり近い時期になりそうとの話が。
現在の検定試験は1月26日まで、これをみれば、26までは扉なのでしょうが。
果たして…因みに、高速バス、宿はすでにとってます。


・ゲームレビュー206回目のキーワード


1・光
2・幻想世界
3・留年のヒロイン
4・人生


QMAラーでも好きな人が多いゲームですから責任重大です?
それでも、のらりくらりでやっていきたいと思います、それと、便座カバー(これもヒント?)

theme : ゲーム
genre : ゲーム

205・「怪盗ルソー」

怪盗ルソー怪盗ルソー
(2006/06/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る




タイトル・怪盗ルソー
発売年・2006
機種・DS
ジャンル・ADV
メーカー・バンダイナムコ



タッチペンで似顔絵や物を書いて、自分で描いたものに変装しながら突き進んでいく変装アドベンチャー、それが怪盗ルソー

主人公・海藤流想(かいとうるそう)は小学5年生の少年。
そして、時に、町内で怪盗ルソーとして活躍する怪盗である。(町の人は何者かが分からないという。名前でわかるだろうに・・・というツッコミは無しか)

ゲームスタートすると、まずは、ある屋敷に潜入する怪盗ルソー。
ここでチュートリアル的なことも行うが、彼は、あらゆるものに変装しながら屋敷に潜入する。
警官に見つかったルソー、オブジェクトをタッチしてやり過ごすと・・・しかし、絶体絶命の状況は変わらず。
そこで、ルソーは変装をするのだ。
警官に変装するとき、下画面に正方形のマスが表示され、その顔の似顔絵を描く。
すると、他の警官がルソーがいないと思い込み、やり過ごすことができる。
そのあと窓に変装したり(体が隠れてないことについてはこの際は無にしよう…)で、最後にクラスメートのセーヌちゃん(河本セーヌ)を救うと…。


が・・・それは授業中の夢だった・・・
居眠りしていた海藤は、先生のリーゼントビンタをくらってしまった・・・。


ただし、流想が怪盗ルソーとして活躍するのは本当で、彼は消息不明のミリオンマスクの孫。
そんな血筋から、彼自身も怪盗として活躍するのである。


そんなDSソフト・怪盗ルソーは、いわゆる四コマ漫画風というか、はたまた紙芝居風というか、DSの2画面を使って、絵が下から上へ上へと展開していく。
その際、変装するときにタッチパネルで似顔絵を描いていき、あるいは、怪しい部分にタッチしたり危機を脱出する。
行き先などを設定して、町や人を尋ねて手がかりを探す、張り紙などをタッチして情報を得る、その際、他の人に変装して話をすると、重要な情報をゲットできたりもする。

他の人に変装して進むゲームなのだが、難易度はやさしいふつうモードの2つ用意されていて、やさしいモードでは、似顔絵の枠が描かれていて、それになぞる様に描いていけば大丈夫なようになっている。
ふつうモードでは、枠はなく、フリーハンドでどこまで近い絵を描けるかと言う勝負となる。(尚、難易度の差からのストーリーの差異は無い。)
ただし、変装にはやや厳しめの時間制限が難易度関係なくもうけられており、ゲーム後半になると、時間制限もだんだん厳しくなってくる。
また、ふつうモード時の絵の判定も結構微妙な時もある。

ルソーは時に、疑惑および、ダメージメーターが設定されてることもある。
これは、連続で変装を求められる時等で、より正確な変装をしていくのだが、ほぼ正確にできれば、メーターは上がらず次へ、微妙に違っていれば、メーターが微増して次へ、大きく違った場合は、メーターが大きくあがった挙句、やり直しとなる。(あるいは質問に正確に答える、画面にタッチし続けてスイッチを押す等、など)
そして、メーターが100%に達するとゲームオーバーとなってしまう。

怪盗ルソーの話自体は、3話構成。(その中で○章とわかれている。)
第1話は、冒頭の夢のあと、怪しい名探偵が活躍したおかげで、怪盗ルソーの影が薄くなってしまった。
しかし、そんななかでクラスメートのセーヌちゃんが本当にさらわれてしまう。
彼は、屋敷に潜入してセーヌちゃんを救い出しに行く。

第2話は、マジックで消えてしまった先生をあるテーマパークに忍び込んでその謎を解いていく。

そして第3話…これはちょっといきなりSFチックな話になってしまうのだが、ちょいと泥棒ものからはなれてしまう話かな。
情報を仕入れ、変装して話を進めるものだが、どういう話かは伏せるも、怪のイメージとは違うかもしれない。
むしろ、少年誌の王道のような展開がまっているのだが。
実際に小学3年生で漫画も連載されている。
ターゲットは明らかに子供向けである。

フリーで変装して誰かに情報を聞き出す際に、右上に点を描いただけでも変装に成功してしまうという意味では怪盗なのかもしれないが、情報だけでなく、宝石や宝地図や、あなたの心とか盗みたかったですねえ。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、調整中

・サークル蒼(四択)

ほぼ最終調整でした。
ただ、最高で3ミス。

あとはトナメを1回。
僅差で勝ちきれず。


・匠竜杯


いよいよ組み合わせが決まりました。
で、社会とアニゲを確認。

出場形式(最大で2形式)は・・・

社会(11日)   スロット   政治経済
アニゲ(12日)  四択   ゲームおもちゃ


ということになりました。
政治経済については、完全に記念参加(そもそも社会は、スロット以外ほとんどサークル出てない状態)、アニゲ四択は、いきなり形式代表決定戦も、代表獲得は無理かな…。
ゲーちゃは、11名参加と、1回戦から激戦区。
そして、社会スロットは5名参加、ここは形式代表決定戦には行きたいところ…だが…。
13日も行ってみたかったのですが、3連休は取れませんでした…。


又、11日終了後、打ち上げ参加予定です。(12日の方はまだ決めてない。)
11日の夜は…ゲーちゃ部が活発に動いていそうな予感。


木曜日は、ノーQMA、金曜によるそこそこにやって…いよいよ本番か。(木曜夜にゲームレビューの予約投稿するかも。)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、天の学舎、新情報

・天の学舎、新情報(新キャラクター)

セレスト(CV・島崎信長)
ティアル(CV・赤崎千夏)


妖精風貌のキャラクターのシルエットが解禁されました。
詳細はコナミの公式サイト参照として、この妖精キャラ中心にストーリーが繰り広げられるようです。(コナミ談)

まさかだけど、プレイヤーキャラとかでなくて…


羽鳥○一「私にアシスタントがつくことになりましたーーー、新キャラクター!」


なんてことじゃないですよね。


( ・A・)<ゴチになります!


他にも引き継ぎ特典なども公開。
転生が条件になってるのもあるけど、自分の場合、サブカはともかくメインの転生は断固拒否の方向で。
後は稼働日がいつになるかですねえ。
個人的に、これが本当に気になっている。
今後、スケジュールを立てるのに重要なことなので。


では、本日のサークルは・・・


・社会スロット


全問正解できず、こんなので大丈夫なのか。


・天青魔龍VS天青魔人


ゲーちゃ部と迷ったのですが、数回程…のつもりで入ると、ついつい夢中になってしまいました。
しかし、自由形式ハード全形式というものだから、鍛えられますねえ。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、ゲーちゃ好き

・ゲーちゃ好き


この日は特別に2時間開催となってました。(次の木曜も2時間開催とのこと。)
で、久々となるゲームおもちゃ縛りを堪能。

333.34

きれいだなあ。

な阪

で、先に言いますと、匠竜杯、社会とアニゲに行きますが…アニゲの2つ目のエントリー形式はゲーム・おもちゃとなります。
尚1つ目は最初から(


尚、匠竜杯のエントリーは、今日5日で締め切りなので、お早めに((

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA賢者の扉2、2014年初め

魔法石 139287個


QMAしましたが、内容は省略。(


・箱根駅伝


総合優勝は・・・東洋大学でした。
区間エントリー、といいますか、復路の変更が無しという時点ではどうなるのかなという感じでしたが、見事に逃げ切りでした。


2位・駒澤大学、それでも下級生が多く、これからも強そう。
3位・日体大も随所に意地を見せ、4位早稲田は、いつになく文武両道チームでした。

以下、青学(六大学に勝ちたがっている)、明治、日大(留学生が手を振った)、帝京、拓殖(8区の転倒は今後使われるな)…。
10位に大東文化大学も久々シードでした。

後は…7チーム繰り上げ+途中棄権。

色々なドラマがありました。
今年も熱い正月の三が日ありがとうございます。


他にも天皇杯、高校サッカーに、高校&大学ラグビー、アメフト・・・。
スポーツできる人がうらやましいものです。(By幼稚園の時点でスポーツ選手の夢をあきらめた人。)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

FC2ブログ開設7周年

はやいもので、今年も残すところあと、365日となりました。((


2014年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



そして、2007年1月1日に、FC2ブログ開設して、はや7年
初日のアクセス解析数は「5」でした。
ヤフーブログからの移籍だったのですが、今現在のブログ環境はなかなかのものという感じでしょうか、すっかり定着しております。

しょうもないことばかり書いてますが、まだまだ、地道にやっていきたいと考えてます。
とくに、ゲーム記事については、もっともっとやっていきたいですね。


では、昨日のQMAを。

といっても、大晦日、人が少なくサークルも成立せず、ひたすらトナメでした。
でも、QMAといえば、全国オンライントーナメントです。
7年前といえば、QMA3、とくに、当時はそれが主流でした。
あれから、色々ありました。

そして、今年…と、もしかしたら、転機にするべき年なのかもしれません。
とはいえ、まず1月半ばの匠竜杯、そして、3月までは、このペースでやっていきましょうか。


サフィアQMA3


そして、その後は・・・

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1803位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
319位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。