07
1
3
5
8
10
11
13
14
16
17
19
22
24
26
27
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QMA天の学舎、ブーボスボス所沢大会

先週の日曜日は、所沢に行ってきました。
ブーボスボス所沢QMA大会です。

今回は、特にフォロワーの参戦も多く、楽しみにしてました。
で、今回は車で…なのですが。
国道407号南下すればいいものを、どういうことか、254号を走っているという状況になり、予定より1時間ほど遅く到着することに。
どうやら、坂戸のヤマダ電機か、柏崎交差点を左折するべきだったようで。

その後、吉野庵で野菜天ぷらざる蕎麦

で、この大会は、毎回ユニークなルールで行うというもの。
今回は…特にルールが複雑でした。
要約すると…(参加者14名)

・参加者は15ポイント所持。

・6ジャンルと2形式がセットになったものがあり、(うち片方か、準決勝以降は両方形式が不明)そこから15ポイントのうち、3ポイント以上使って入札、他の方と被ったら、-1ポイント後、再度入札。

・伏せてある形式はポイント使って、開示OK。

・形式は5ポイント使って変更OK、自由形式は、セットになっている形式が2個あれば、ハードOK、1個ならノーマル以下。

1ポイントで飴購入OK(汗)


まだあった感じですが、こんなものかな。

1回戦は、アニゲ入札…したのはいいのですが、形式は連想とエフェクトを投下ということに。
変えてもよかったのですが、せっかくなので、エフェクトを投げてみようということに。

…自選2ミスの後、なんとか勝ち上がり。

2回戦…なんと、6ジャンルのなかにアニゲが無い上に、社会もキューブに並べ替え(開示した)と相性のいいものなし。

そんなわけで、前来た時に猛威を振るった(確かラウニィーさんだったかな)ライタイを封鎖する意味で、ライスタに入札。(連想、一問多答)
そして、ライスタ自由形式イージー(2形式+四択)
だったのですが、文系自由形式が(自分には)猛威をふるって敗退。
入札やるなら、文系だったかな、ただ、この時も全ポイント消費して文系入札する人もいそうな感じだったので…。
まあ、そこがまた面白いところでしょうけど。



最終結果   ※因みに現時点で一部、逆かもしれません。優勝はあってますが。

優勝  アイコソルジャーさん
2位  ラウニィーさん
3位  フットサルやるべさん
4位  ふぃおさん


終了後は、またしても店内対戦。
特にゲーちゃ縛りでは、巫女のマヤと巫女のアロエの共演も実現。
いや、うちのマヤカードは、「ゲーちゃ好き」というよりも「ゲーちゃ」要因という位置づけなのですが、そもそも大手ゲーちゃ部も気づいたらまた幽霊部員という感じなのですね。

その後は、サイゼリヤで、有志で食事。
これが楽しみで所沢に行くような感じでしょうか。

で、なぜか僕が参加者4名を乗せていくという状況に(汗)
車内CDでラストバイブル2のCDをかけてました。

色々駄弁って…キャラ大会とか、今後の大会予定とか。
22:40程まで、過ごして退散、また数か月後!

2時間かけて帰宅しました。
スポンサーサイト

QMA天の学舎、8月1日から

魔法石  79329個

ブーボスボス所沢の記事は、明日か明後日に書くとして、まずは、今日のことを。

・アニゲ連想

意外と久しぶりなサークル。
連想は、ちょっとやりたい感じ。

・天青魔人

相変わらずのセレクト投げる作業(詳細はサークルTOPページ参照)
おそらく10クレほどやって(21:20の回から~)300オーバーが2回。
少しずつ対応できるようになったか。
しかし、このほぼ全形式自由形式ハードという中で390オーバーをたたき出す人も。
この域に達することはできるのか。


・新モード


本日発表されましたが、なんだか、オンラインで4人協力して邪神を封印するモードが登場するとか。
ハードモードで16問以内に封印できればプラチナメダルというもので、画面はRPG風(というかキミの勇者のような感じだった。)3種類のタイプから選択、4人チーム共有のHPが0になったら終了みたいななんたら(詳細はコナミHPで)
クイズが合計いくつ出題されるか、魔法石もいくらもらえるか不明で、やってみなきゃわからないじゃない(ミスティックドラグーンより)
まあ、時が来たらやってみましょうか。

QMA天の学舎、アニ特、ゲーちゃ

魔法石  78977個


・鶏肉

まあ、大手チェーンが安値で大量に提供するというのは、こういうリスクもあるということで。
しかし、こういった安値サービスを持て囃すのもまた国民。
あろうことか、安いという部分だけならまだしも、「おいしい」とまで言ってしまってますからね、テレビやらで。
無論、最大悪は、鶏肉加工の担当者でしょうが、評価するという部分をまた改めて見直したいですね。

さて、QMAですが

・アニメ特撮

アニ特、は簡単な問題ほど怖いものですよ…。
アニメ自体は好きなのですよ。
ただ、メジャータイトルは追いかけてないということで、(ガンダムとか)

・ゲーちゃ好き

トゥハート2の多答問題を撮影した直後に、無回答(正解を押しているのだと思って)でOKボタンをおす芸風。
それをこのみさん(該当者複数)の前で。
QMAのギャルゲー問題の正解率の高さはおかしいです、はい。
そして、全問正解が遠いです。

・トナメ

6クレプレイ。
たまに行くトナメ決勝である物投げると、初見引く芸風。
モードごとに出現する問題の違いがあるのだろうか。
1回優勝、この時も自選(以下略

・ゲームレビュー223回目のキーワード

1・東京
2・記憶喪失の主人公
3・異世界に呼ばれた主人公と仲間たち
4・キス


先日の西日暮里大会後に話した、(といっても、ねこひめXさんと、ろでぃぽっとさん位でしたが、)あれです。
無事クリアしたので。




・・・追記、27日は、ブーボスボス所沢に行こうかと思います。

222・「スーパーマリオカート」

スーパーマリオカートスーパーマリオカート
(1992/08/27)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る




タイトル・スーパーマリオカート
発売年・1992
機種・SFC
ジャンル・レース
メーカー・任天堂



レディを救う為に猿のタルをかわしながら、決して高くない運動能力を駆使して進んでいくマリオ。
ピーチ姫を救う為に横スクロールアクションを進んでいくダッシュジャンプやファイヤーボールが得意なマリオ。

そんなアクションの醍醐味を我々に教えてくれたスーパーマリオシリーズであったが、1992年には、レースゲームとなった。(無論、ルイージもね)
スーパーマリオカート、数あるSFCソフトの中でも日本国内最大の売り上げ本数を記録した。
マリオシリーズの大きな魅力となったのは、敷居の高さと低さが同居しているところ。
難易度の高いステージも存在するが、アイテムを使えばパスして進むことが出来る等、お助け要素、隠し要素が散りばめられていた。
このレースゲームは、そんなノウハウの蓄積を生かし、多くのレースやシューティングゲームの路地裏袋小路のような、悔しければテクニックを磨くしかない、という状況から解放された自由なレースゲームとなった。

ある人は、アイテムを使って妨害することで優位に立つ。
ある人は、タイムアタックにいそしむ。
またある人は、数ドットのあたり判定をギリギリ回避する術を研究する。
ゲームの腕前どうこうを超えて、それぞれに幅広い遊びが、マリオカート内で提供された。

ゲーム画面は、一人称視点のようにキャラが中心に置かれ、レースを前に前にと進めていく、これまたSFCの機能をダイナミックに活用したもの。
レース中はたいてい画面が2分割され、2Pモードでは、上下にそれぞれ、1P2Pの画面に、1Pモードでは、下画面が、全体マップと全キャラの現在位置、あるいは画面切り替えで、プレイヤーキャラより後ろの状況がバックミラーのように表示される。

Bボタンでアクセル、十字キーで方向を定めてカーブを曲がり、Aボタンでアイテム使用、LかRで小ジャンプ。
スピードを出しながらのアイテム使用、障害物をRで避けてしかし、土管などを避けなければ…。
やはり、「スーパーマリオブラザーズシリーズ」と比べれば、多少の練習での慣れが必要となってくる。

レースは、あらゆるサーキットを5周行い、以下の8キャラのうちの順位を競う。
ドーナッツ平野、コースアウト要素のあるお化け沼、時に浅い水面を運転するノコノコビーチ、滑りやすいバニラレイク、そして直角カーブとドッスンが特徴のクッパ城、といった主要キャラを冠したマリオの冒険の舞台がレース場化。
そして、レース中には、?ブロックが描かれた地面を通過すると…ルーレットでアイテムが手に入る。(1回踏むと終わり、また、たいていスタートしてすぐに配置されている)

キノコ…1回だけダッシュできる。
甲羅…緑は、反射してあたるか落ちるまで進む、赤は、前のキャラに追尾するが、壁にあたると効果終了。
スター…無敵、あたるとスピンさせる。
マント羽…ハイジャンプして、レースのショートカット。

といったマリオシリーズでおなじみのアイテムを使って、相手を妨害あるいは、自分に有意なショートカットを行うことが出来る。
これによって、レースゲームの腕に自信なくても、アイテムで優勢に立てるということもでき、多くの層に楽しめる体制が整っている。
また、レース場には、コインも落ちており、コインを多く拾えれば、最高スピードも上がってくる。
ただし、他キャラとの接触、コースアウト、(ジュゲムに拾われ、タイムロス。)そしてスター、甲羅等のスピンでコインを失うことになり、所持コインが無くなると、他キャラとの接触だけでスピンしてしまう。

プレイヤーキャラとなるのは、8人のキャラ。

ノーマルタイプのマリオ、ルイージ
発車の後、すぐに最高速度に入れる、ピーチ姫、ヨッシー
最高速度に入りにくいが、入れば、最も速く走れる重量級のクッパ、ドンキーコングJr
そして、軽量級で、小気味いいハンドル操作ができるキノピオ、ノコノコの計8名。
さらわれ役ヒロインのピーチ姫が、あるいは、クッパ対ノコノコといった、通常シリーズでは、見られない対決が目白押し。
まあ、以前から二次創作のピーチ姫は、なぜか強かったのですが…。
また、グランプリモードでCOM役になると、マリオ&ルイージはスターで無敵に、クッパは火の玉を設置、ヨッシーはたまごを置くなど、特殊な妨害をしてくるようになる。

基本となるのはグランプリモード
キノコカップ、フラワーカップ、スターカップ、その他
カートの排気量も50㏄、100cc等から選び、大きいほど、スピードが速くなればCOMキャラも強くなってく。
それぞれのグランプリは5つのコースがあり、5コースをすべて8人中4位以内でクリアして、総合でも上位を目指す。(5位以下になると、回数制限つきのをリトライを行う)

また、一人でプレイする、タイムアタックでは、グランプリで使用されるコースを、ノーアイテム、ノーコインでコースを5周し、その合計タイムを競う。
集中力を研ぎ澄まして行うレースは、またグランプリと違う楽しみがあり、当時、○○コースを○分○秒以内でクリアした、という報告が交わされた。

2Pモードのマッチレースでは、グランプリのコースを1対1で対決する。
そして、もう1つの2Pモードのバトルモードでは、専用コースで1対1の対決えを行い、先に相手の風船を3つ割ったら勝利という勝負を行う。
緑甲羅を乱射して、コース内をカオスにするなど、レースとはまた違った楽しみの場がそこにある。

豪快な回転等ダイナミックな演出も売りだが、いわゆる最終ステージはコースの色彩が異様に(七色に)輝いていて目に厳しいものもあった。

SFCで最高記録を樹立したこのスーパーマリオカートは、その後もマリオカートシリーズとして展開され、そのたびに機種のキラーソフト的な役割を果たし、各機種で大ヒットを飛ばしてきた。
つまり、マリオ(ルイージ)がヨッシーに乗って、クッパを倒してピーチ姫を助けに行くゲーム以上のヒットを飛ばしたことになる。
キノコワールドの住人達は、ケンカよりも、さわやかなスポーツの方が様になるのだろうか。
それでも、電源を消せば、元の世界へようこそ。
スポーツマンシップの重要性はゲームからでも学べてしまうものなのだろうか。

theme : レトロゲーム
genre : ゲーム

QMA天の学舎、全国大会、今回も終了

魔法石  78464個


昨日は色々な意味で疲れた為、今日の更新。
とはいえ、今日はノーQMAです。
遅れていたリアル勉強などに充てました。
積み重ねを続けております。

さて、石積みは…宝石まであと22600個といったところでしょうか。
いよいよゴールが見えてきそうな…そんな状態です。
次の全国大会で決められれば…。

尚、もしかしたら、今週の日曜日、お出かけするかもしれません。
どこに行くかは・・・おそらく、所沢あたりかな…。


QMA天の学舎、賢竜杯が行われていますが・・・

魔法石  72973個


・あれから1年半

今のままでいいのだろうか・・・
と思い、一つのプレイに対する区切りが欲しかった、ドラスティックに言うなら、「1つのやめる理由が欲しかった」ということで参加した賢者の扉の賢竜杯1日目。
賢竜杯で負けたから、今までのプレイスタイルを辞めよう、みたいな。
結局、あっさり負けてしましましたが、それから、賢竜杯イベントには関わらず、今日まで過ごしてます。
無論、QMAそのものはやめてないのですし、この先もやめる可能性は非常に低いですが。
ただ、プレイスタイル、長年考えていたアニゲ限定への進出、という別のステップへ進むきっかけにはなったのかな。
その割に、実行するのに結構時間かかりましたけどね。(日程的な問題で)

何より・・・これは、そうする前に賢竜杯に行きたかった(要するに勝ち負け云々でなく、出ることに意味があった)ということなのですが、今現在、リアル勉強を始めています。
その影響で8月、宝石賢者なるころには、1回QMA活動を休止する予定、コナミのグループからも1回ログアウトする予定。

年末に戻る予定ですけど…・。(汗)

7月19日、20日、有志の最大のQMAイベントがウェアハウス川崎で行われています。
あらゆる思いを抱いて参加者が訪れます。
思うことは色々ある。
ただ、今は有意義な企画であることを祈りましょうか。

QMA天の学舎、久々の通常日記

魔法石  70541個


通常日記もおよそ6日ぶり。
その間、W杯が終わり、4年に1回の祭典は、ドイツの優勝で幕を閉じました。
ドイツ対アルゼンチンの決勝は、延長戦に縺れる接戦でした。
南米のW杯でヨーロッパの国が優勝したのは初めてという。
日本もいずれはその位置で…。
それには、日本サッカー協会の猛省が必要です。


さて、QMA。
全国大会ということで、只管石積み。
結果、この時点で白金3段まで来ました。
来月の宝石賢者に向けて視界良好でしょうか。

QMA天の学舎、レアマトリックス松戸アニゲ限定大会

さて、7月12日には、レアマトリックス松戸で行われる、アニゲ限定大会に行ってきました。
以前よりジャンル限定杯が行われているレアマトリックス松戸ですが、今回はアニゲということで、初訪問を。

例によって電車で北小金駅で。
と言いたいところですが…上野駅から常磐線という考えだったのですが、松戸で快速から普通に乗り換える予定が、乗り過ごして一回取手まで行ってしまうことに。

改めて北小金駅下車。
歩いて22分ほどに目的地がありますが、その前に、吉田屋という蕎麦屋を偶然見つけたため、そこで昼食。

松戸1


こんなところです。

その後、レアマトリックス松戸に到着。
13:00開始で、12:30頃に到着だったのですが…まだ3人しかいない?

…果たして大会は成立するのか…。

なんとか6名集まり、開始。(汗)

3人、3人で1回戦を2試合、上位4名が決勝へ。
尚、このレアマトリックス松戸大会は、1位との惜敗率ルールが適応され、まず、1位が通過し、残り4名のうち、その試合の1位の人との惜敗率が高い人上位2名が決勝に行くというルール。
また、ダミープレイヤーはサブジャンル3つの自由形式イージーを投げることというもの。


1回戦


自由、スロ、エフェ、自由イージー(ダミー)


てってぃさんと、いばらイズELLさんとの対戦。
エフェで2ミス、ジョジョ問で豪快に単独不正解(正解率88%ほど?なんでみんな知ってるの?)したのですが、なんとか1位で決勝へ。


そして、2試合目が、やや僅差になった影響で、2試合目の3人は全員が決勝に行くことに。


決勝戦


サフィア、のーどりーどさん(静岡から来たそうです)、ろでぃぽっとさん、さめすがしんいちさん、という組み合わせに。
因みに、去年のレアマトアニゲ大会とあまり変わってないという話だそうです。(ただし、僕はいなかった。)

まず、封鎖したい形式を一つ選ぶ。
その後、再使用禁止で2セット先取で優勝を決める。
で、封鎖の結果、順番当て、タイピング、多答、漫画ノベルが封鎖。
明らかにあの方をマークという感じに。
で、僕が封鎖したのは、実は漫画ノベル。
だって、今回のメンバー見ると、明らかに困ったら僕以外皆で漫ノベぶっぱになりそうだったので。


1試合目


自選・・・スロット

とりあえず、自信のある者から順に。
実は3セット目まではかなりいいペースだったのですが、最後のグループ分けで4ミスの炎上で、4位。
ろでぃぽっとさん1セット先取。


2試合目


自選・・・ゲームおもちゃ


2セットゲーちゃで優位かと思いきや終わってみれば、さめすがしんいちさんがトップ、で僕は4位。


3試合目


自選・・・四択


さめすがさんが終始安定しており、2セット先取で
自分はこの試合では2位。
期待していたのですが、思ったより1位の人が間違えなかった。

松戸2


最終結果


優勝 さめすがしんいちさん
2位 ろでぃぽっとさん
3位 のーどりーどさん
4位 サフィア


4位でしたが、点数など、内容的にはこれまででは一番良かったでしょうか。
ただ、それよりも参加人数が6人ですからね。
もっと集まるかなと思ったのですがね。
まだまだ上を目指しましょうか。

出来ることなら、全ジャンル固めて、竜や称号を…。
なのですが、そこは、あらゆる事情との相談しながらですね。
そこまでいくと、ちょっと厳しい状況ですので。

終わった後は、フリー大戦を。
ゲーちゃ縛りでは、恒例のレナCタイクーン(マヤ)投下、なんで巫女なんだという突っ込みは無の方向で。

そのあとは、4名ほどでジョナサンへ。
お茶…と思いきやこの際だから夕食も済ませることに。
まあ、それでもいろいろ話したかな。
こういうお茶タイムこそ、QMA大会の醍醐味です。
なかなかこういうのが地元エリア(西毛地区)でできないですからね。

その後は、松戸に戻って少しプレイした後、かすみさんに車で送っていただいて、帰路へ。
お疲れ様でした。

さて、次のアニゲ限定大会は、8月31日のエムズパーク豊田、そして、以降は現在のところ予定なしと間隔があいてしまいます。
また今度の豊田は不参加濃厚となります。
ペースとしては・・・とりあえず、全国大会効果で宝石にしてあとはゆったりというとこでしょうか、なによりリアル勉強も追い込みをかける時期も近いですし。
あらゆるミッションを全うしながら進みましょうか。

QMA天の学舎、12日に松戸へ。

魔法石  59093個

台風は過ぎました。
が、遠方の地域にて大雨の災害が。
備えあれば憂いなし…の域を超えた水害。

とにかく、気象庁の刑法に気を付ける、警報が空振りに終わっても、文句言わず、良かったと思えるように…。
と思いつつも、ニュースの映像を見ると…。


・全国大会

またしても開始。
1500個程石を積んでました。
なんだかんだで宝石にはしたいのですよ。
何色かは・・・なってからのおたのしみ。


・アニパネ

まだまだ修行中。


・12日予定

ということで、レアマトリックス松戸に行く予定です。
5月からの3か月連続アニゲ限定大会もここで一区切りかな(実際は豊田で8月31日にも行われる予定ですが、さすがにパスかな。)
これも経験と言うことで。

QMA天の学舎、マルチ

・最強クラスの台風

またしてもこの季節がきました。
日本のどこに居ようと関係なし。
防災の準備を。

ただ、12日には日本から去って欲しいかな(出かける予定です。)

トナメは1回だけで魔法石29個程プラス。
これなら、明後日からの全国大会でブーストしようか。(天候次第ですね)


サークルは、アニスロ、アニ四択

・アニマルチ党(順番当て、線結び、一問多答、グループ分けの中から3つで自由形式)

初参加。
しましたが、これはアカンって感じ。
難易度が純粋に高いです。
ただ、出来る人はやっぱりいるわけで…。
越えなければいけませんね、こういう壁こそ。

・ゲームレビュー222回目のキーワード

1・5周のレース
2・4つのグランプリ
3・4タイプ8キャラ
4・最高記録


もしかしたら、このジャンルとしては初登場かな?
220台はエースで4番を何作かつぎ込む予定です。

221・「プルムイプルムイ」

プルムイ プルムイプルムイ プルムイ
(1999/09/14)
PlayStation

商品詳細を見る



タイトル・プルムイプルムイ
発売年・1999
機種・PS
ジャンル・A・ADV
メーカー・カルチュア・パブリッシャーズ



女神の森で、遊んでいた丸型の生物・ムイポプリ
すると、空から、人間の少女が(天空の城ラピュタのシータのような感じで)ゆっくりと降りてきた。
その少女はマドカ、しかし、記憶がないようだ。
マドカは、長老が住む村に迎えられ、その後、ムイとしばらく村周辺を、お菓子の材料等のお使いなり、お祭りの準備なりで過ごす。
そして、お祭りのの練習で、女神の森に集まったものの、何者かにポプリをさらわれてしまった。
マドカは、ムイと共に、ポプリを探す旅に出る…そして、そのマドカの正体とは…

という感じ、ポりゴンで描かれた世界観ながら、動物のようなキャラクター達、お菓子を使ったゲームシステムと、「第一印象では」ほのぼのな世界観で繰り広げられるモーフィングRPG・プルムイプルムイ
とはいえ、実際のジャンルは、(レベルアップ性ではなく、ダンジョンクリアで)アクションアドベンチャーといったところだろうか。
また、1999年に発売された当初、5800円前後が相場だった32ビット界隈において、プルムイプルムイは、発売時3000円で売られた商品だった。
こういったゲーム自体もシンプルで、安価を売りにしたゲームも度々発売された時代でもあった。
故にか、幼気盛りな女の子でも(世界観には)馴染みやすいゲームに仕上がった。
主人公のマドカが、ムイと一緒に村周辺を探索していくもの。
人間キャラは少なく、動物をモチーフにしたキャラが多く登場する。

モーフィングについて説明すると、テレビCMで説明されてますが…。
プルムイプルムイのテレビCMでは、子役出身の声優で、マドカ役を演じた・飯塚雅弓さんが出演したのだが、お菓子を食べることで、変なおっさんが女性の姿(飯塚雅弓さん)になり女湯に入れるというもの…らしいです。(当時のCM制作者の間では)
もっとも、このCMのみで、プルムイプルムイのゲーム内容を推測できる人は1割ほどでしょうが。

改めてモーフイングを説明をすると、ある物体が別の物体に変化するために、その際の過程となる画像を造るというもの。
CMとは裏腹に、ほのぼの世界観にふさわしく、重要なアイテムとして登場するのが、お菓子
マドカはムイに(特定地点にて)お菓子を食べてもらうことによって、ムイが、橋、梯子、ホウキといったオブジェに変身する。
変身する間は、マドカは踊りを踊り、その間・ムイが変身するというもの。
その際にムイはユニークな形に変化しながら橋といったものになっていく、というこれが今作のモーフィングというもの。
それによって、マドカの独力でいけなかった向こう岸や壁の上に上がることができる。
また、お菓子の中には、マドカの体力、SPなどが回復するものもある。
お菓子を一度に持てる数は限りがあるので、何を持つかが重要になる。

そのお菓子作りだが、基本的にはレシピを使って、小麦、卵、ミルクといった材料を、買う、農園等で拾うなどで集めて特定地点にあるかまどの前で作成する。
材料を順番に並べて、かまどのスイッチを入れれば、あとは完成を待つだけである。
レシピの入手方法は、モーフィング用のアイテムは、主にダンジョン内で、回復アイテムは、主に村の妖精のヒントをもとに作ることになる。
ダンジョン内で手に入るレシピを基に、ムイが新しいモーフィングを身に着け、またいけなかったエリアに入れるようになる…そんな感じで行動エリアを広げていく。
一方の回復アイテムだが、これが結構難しいヒントとなっている。
カタカナ、ひらがなの並びを見ればわかるか。

だが実は、お菓子はレシピを知らなくても、その通りにできれば、お菓子は完成する。
特に後者の方法はそういうやり方で正解のレシピにたどり着くという手法もとることになりそう。

ただしお菓子作りに失敗(作中のレシピにないやり方で作る)した場合は、もれなく真っ黒焦げのパンになってしまう。(食べさせると…ムイがああいう姿になるだけ。)
例え、氷→苺をかまどに入れたとしてもである。(どうやって?)

長老の村周辺のエリアには、最初は崖、川が多く、当初は、行ける範囲は限られている。
そこから新たなお菓子などを使ってムイを変身させて行動範囲を広げていく。
そんなあらたな変身アイテムが手に入る、ダンジョン探索。
マドカは、入り口でメダルを掲げて武装してダンジョン探索を行う。
ナイトメダルでは、剣を装備、ため攻撃が可能だが、物語が進むにつれて、召喚魔法が使える、魔法が使える他種のメダルも手に入る。
ダンジョンの仕掛けは手を混んでいる物は少なく、スイッチを押して進む、敵をすべて倒すといったものが多い。
敵も、いわば、えげつない動きよりも規則性に則った動きをするのが多く、難しさ、ずる賢さなどはあまり見られない。
後半になると、ダンジョンが広くなっていくという感じで、量的な意味でしんどくなっていく内容である。
ダンジョン内には、カギがあり、敵撃破、特定エリア侵入等で手に入れて、扉を開いていき、他、最大HP、SPアップのアイテムも落ちている。
ダンジョン内の特定ポイント、最深部にはボス戦があり。
ボス戦もヒット&アウェイを繰り返しての攻撃、また、敵の弱点が総じて見つけにくく、それをどう見破るかが勝利への鍵ともなっている傾向にある。
割と、基本動作が大事なゲーム攻略方で邁進していくことになりそうだ。

記憶喪失の少女・マドカは、そんなゆったりした村周辺の探索を行うのだが、最初のダンジョンに入る直前、少しだけ記憶を取り戻す。
マドカが思い出したその映像は・・・、大戦艦のようなものが宇宙を飛行している映像が。

そう、このゲームはたんなるほのぼのファンタジーだけでなく、終盤に思わぬ展開を見せてくれるのだ。
とはいえ冒険をするにおいては、もう少しその設定を生かして欲しかったかなと。
ダンジョンの構成も似た感じだし、演出面でもやや単調だったかもしれない。

ゲーム攻略に置いては、基本的な部分が多く、枕詞のように値段の割には・・・、という思いを馳せながらのプレイになってしまうかもしれないが、かわいいキャラ、世界観と、思いもよならい展開をみせるストーリーには驚かさせるかもしれない。
導入的な部分は優しい故に多くの人が触れる分には悪くは無いかも。
お菓子作りに、子供向けのような世界観での冒険、童心に帰る感じで探索してみましょうか。






続きを読む

QMA天の学舎、命がけ?

魔法石   57560個

・トナメ

4回やって、2回決勝も、優勝は遠い。

・アニスロ

2人だけなので、途中で解散。
尚、それでも初見をひく。

・ゲーちゃ好き

やっぱりゲーちゃの対戦は面白いですなあ。

・続・命がけ

アンガールズの田中卓志さ…ではなく、野々村龍太郎議員の会見が話題になってますが、長い時間の中で意外と短い時間だったのですね、号泣シーン。

しかし、こういった議員を選んでしまうのもまた有権者の一般市民。
小学生レベルの野次をする議員を選んだのもまた我々。
選挙にも普段から興味を持ち、マニフェストをしっかり聞いて投票する。
投票率の低い若者、目先の利益にしか興味が無い熟年層、皆が作り上げた鑑なのですね。

( ・A・)<(マニフェストと聞かれて)はあ?

一石一夕では作れませんが、地道に進むのみです。

QMA天の学舎、アニキー、アニパネ

トナメを少しやった後、アニゲ自由形式の出来るサークルでみっちり3時間。


・アニパネ総合

特に並べ替えがネックですなあ。
個別サークルと時間がなかなか合わなくてちと出られないのもあるのですが。


・アニキー総合

初参加。
安定のタライあり。

そのあと再度、アニパネ総合に。

ざっと回収したのは90問以上。
しっかり抑えましょうかのお。


・命がけ

アンガールズの田中卓志さん…ではなくて、兵庫県の議員がまたどえりゃーな謝罪会見を開きました。
色々思うことはありますが、まず、あまり謝罪になってなかった感じでしたね。

高齢者問題はわが県のみならず、ニシノミヤ、日本人の問題だから、命がけでえーーーーーーー。

わからんかった。

QMA天の学舎、青魔人

ザッケローニ監督が退任しました。
4年間、日本のサッカーを率いてきましたが、結局、一番の功績は、選手発表時の・・・

「ヤナギサーワ、タマーダ、マキッ」

の時でし・・・じゃなくて・・・。(それはジーコ監督だ)
ただ、この4年間をどう考えるか、サッカー協会の責任は重大です。

サッカーファンの空港のマナーですかね。
韓国は「サッカーが死んだ」の横断幕をかかげてましたが、日本はミーハーなファンが歓声をあげて迎えてました。
別に、海外映画スターが来日するわけじゃないんですし。
渋谷で騒がれても、その姿は選手にはどう映るのかなと。
そこは、イタリアのそれのように、そっとしておくのがベターかなと。

そんなことなら、バドミントンのW杯制覇のことをふれればいいのに。

・天青魔人

今回も、なのでしょうが、ひどかった。
こんな状況じゃ、まだまだ勝負はできません。
地道に積み重ねていくしかないですね、QMAもリアル勉強も。

・追記

・2014年上半期を振り返る

1月 匠竜杯のアニゲ四択縛りでレイさんと(
5月 西日暮里の天青賢闘杯の1回戦の後半でレイさん(
6月 トライセン中津アニゲ限定大会でレイさん(

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
437位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。