11
3
4
7
8
9
11
12
16
18
21
22
23
25
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QMA天の学舎、今年もあと1か月

魔法石  114520個


気づけば、今年もあと少し。
イルミネーションの季節がやってきました。
とはいえ、どうもイルミネーションに興味があまりわかないのですね。
高いところから見る夜景は好きなのですが…。

羽田空港着陸直前の東京都内の夜景は至高です。


・ユリ誕生日ウィーク


トナメ入るもユリ自体が少なく、成立せず。
しかし、勝負は12月1日。
少し多めにトナメやりましょうか…。

・紅玉邪神

少しだけ、今回はアシストでも入ったら、なんとか討伐1回と、23問目で邪神10回攻撃でコールドゲーム。
1回パワーも、今度はHP0…。


・ゲーちゃ好き

今日は○×に泣かされました。


・未確認情報?

サードプラネット高崎で12月6日の17:00よりQMA大会があるそうです。
ただ、現在のソースは、サープラ高崎のツイッターアカウントのみ。(HP、店内掲示では未確認)
ルール、定員なども不明、果たしてどうなるか・・・。

また、12月7日は、モアイ大宮でユリヤン杯。(ユリ&ヤンヤン誕生大会)
スポンサーサイト

QMA天の学舎、ユリ誕生日ウィーク

魔法石   114070個


28日は、河北麻友子ちゃんの23回目の誕生日でした。
テレビに出て何をするかが問題なのですよ~。


・ユリバースデーウィーク開幕!

いよいよユリが誕生日を迎えます。(*´△`)


12月1日は、休みだったりします。
久々にそこそこにやりこむか、トナメ。
尚、本日はトナメしてないので、通り名は分かりません(←


・サークル


アニパネ、アニキー、またアニパネという金曜日でした。
せめて300安定させたいなあ。


・ゲームレビュー233回目のキーワード


1・借金返済
2・妖精
3・アイテム合成
4・10か月

3作連続女子主人公企画の2弾目、おそらく、前回よりもマイナー処になるのかな。
(そう考えると、3作品ともほぼマイナーところに…いや、234回目のついていえば、登場人物自体は有名なのですが。)

因みに、前回のアレサについて少し。
GB版のマテリアがQMAでいうシャロンなら、SFC版のアリエルはマヤあたりかなと思ってます。(なんだそれ)

232・「アレサ(SFC版)」

アレサアレサ
(1993/11/26)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



タイトル・アレサ(SFC版)
発売年・1993
機種・SFC
ジャンル・RPG
メーカー・やのまん



GBで3作品登場したアレサシリーズ。
当時としては珍しい女性主人公である、女戦士マテリアと、魔法人形・ドールたちの物語は、RPG3部作として1990年から3年連続で発売され、アレサ3(1992年発売)で一旦完結した。
そして、翌年の1993年に、SFCにプラットフォームを移す形でアレサシリーズが再度スタートした。

SFC版アレサの舞台となるのは、そのマテリア達の闘いが伝説となった時代。
今回、主人公となるのは、アリエルという少女。
作品を重ねるにつれ、じゃじゃ馬になってきたマテリアと比べると、アリエルはやや控え目で素直な性格だ。
女の子らしさがGB以上に前面にでている印象を受ける。

ゲーム開始時、アリエルは、ある城に侵入する怪物と兵士たちが戦う夢を見ている。
それもここ毎日、見せられいる夢。
結局その国は滅ぼされてしまう、というというナイトメアから目覚めると、この日はアリエルの10歳の誕生日。
薬づくりのセアラ婆さんと共に2人暮らしで、お使いを頼まれる。(結構危険なお使いだなあ)
幼女ということで、メルヘンタッチな序盤のストーリーが展開され、そのストーリー終了時に、ある者から卵を受け取る。
そして、その卵は孵化、ドラゴンが生まれた。
アリエルは、そのドラゴンをファングと名づけた。

そして、数年の時が流れ。
成長したアリエルが、ファングとともに、また、南の街に行くのだが…。

その後、数々の仲間と出会い(最大4人パーティ)、そして、GB版でもおなじみだった魔法人形・ドールもアリエルとの旅に同行する。(ただし、今作のドールは、過去の記憶が無いらしい。)

GB時代から、ドット単位の斜め移動可能なマップ画面、相談システム等で他のRPGと一線を画したアレサは、(嵌ったかどうかは別にして)SFCでも随所にみられる。

移動画面そのものは他のRPG同様の上下左右(斜め移動は不可)見下ろしがたというオーソドックススタイルだが、アニメ調キャラを生かした相談システムは、今作も健在。
冒険の目的や次の場所が分からなくなった時に、アリエルら、キャラが目的地などの雑談をし、攻略でも重宝するシステムだ。
キャラ名、重要ワードに色つきやカッコつきで説明する、アイテムにも細かい説明があり、テキストも見やすくなっている。

そして、自称超スゴイシステム(広告より)・戦闘シーンというのが、4方向バトル
画面自体は、敵が正面に表示されるというフロントビュータイプの戦闘画面だが、この敵が時に前後左右の4方向に登場することがある。

ステータスは、自キャラは表示されるのは当然だが、敵へのダメージ、およびステータスはまったく表示されない
1ダメージだろうが、200だろうと、プレイヤーサイドには情報が提示されない。(ダメージ時の色等で様子を判別することになる。)
多いときは10体のモンスターの戦闘を余儀なくされる。
とはいえ、難易度がハードかといえば、意外とそうでもなく、敵の攻撃は結構命中率は低く、また4方向に囲まれていても、なぜか「逃げる」がそれなりに成功する。(次回作ではこの辺は変更されているが)
ただ、アリエル達の攻撃も命中しにくいことも多く、(全体)魔法での戦いが、主な戦闘スタイルとなっていきそうだ。
GB時代には、実質「フォース」位しか攻撃魔法がなかったが、今作は多数の種類の魔法が用意されている。
ただし、その魔法も命中しないこともあるのだが…。(敵の魔法も同様)
延長50イニングス目…とまでは行かぬも、泥仕合感のある戦闘が時に繰り広げられてしまう。

モンスターを倒すと、経験値、お金(pera)の他、5種類のソウルジェムというものが手に入る。
火、水、土、風、光の5属性のソウルジェムがあるのだが、これはミクストフォームすることで、装備品となる。
ストーリー中の特定場所にミクストフォームできる人が点在し、彼らに頼めばお金を支払うことでできる。
5種類のうち、最大3種類のソウルを選び(1種類のみでも可能)、原則、最も多かったソウルが対応の武器防具にかわる。
火のソウルが最も多ければ、武器が、水だと兜、土は鎧、光は盾、風はアクセサリーという風に変わる。
残り2種類は、武器防具のステータスに及ぼす。
ゲーム後半に行くほど、多くのソウルの配合が可能になる。
かといって、多くソウルをつぎ込めば、強くなる…とは限らないし、無論、ミクストフォームを使わずも、店で売っている武器防具でクリアもできるだろう。
故に武器、防具の種類が相当豊富で、攻撃力、防御力だけでなく、細かく素早さ、魔法攻撃防御などにも影響を及ぼすものが多い。

ゲームスタート(アリエルが家を出た時の)時に、メルヘン調なBGMが流れるが、今作のBGMは、場面が切り替わってもBGMが途切れずに流れ続ける。
フィールド画面から村に入ってもフィールドBGMが若干流れ、ある部分で村のBGMに変わるというものだ。(BGMも全体的にエコーがかかった感のある音質である。)

GBで好評だったアレサCD(好きな時に好きなBGMが聞ける)、さらに反則級の隠しアイテムも用意されている。(使うといつでもHPMP回復!)

敵が多くなってしまい、ダメージ量もわからない戦闘がとっつき難く、ストーリー部分も、後半部分はやや平坦気味だったか。
個性派RPGの1つとして触れても趣ありだが、現在は、入手面でも少し難しいか。
マテリアの活躍が伝説となっているアリエルの世界だが、現実世界では、この作品も、多くのゲーマーからすれば隠しアイテムのようなレトロゲーム系雑誌の言い伝えで語られる位の存在になってしまっている。

その昔、1人の女の子がお婆さんと暮らしてました。
女の子は薬づくりのお手伝いをしていました。
10歳の誕生日、女の子は、お婆さんからプレゼントをもらいお使いに行くことになりました。

GB版以上にハートフルな導入部分から始まり、次第に成長する少女が描かれている今回のアレサ。
心温まるストーリーをバックに繰り広げられる熱い大勢のモンスターとの戦闘。
女の子ゲーマーとともに、野郎ゲーマーにこそストラークゾーンの中心部にいそうな気がするゲームかもしれない。

theme : RPG
genre : ゲーム

QMA天の学舎、ゲームパニック甲府大会

11月22日は、ゲームパニック甲府に行ってきました。
直前まで迷っていたのですが、結局行っちゃえということで。

甲府に行くのは、2年2か月ぶり3回目。
前回は、社会限定大会だったのですね。


と、その前に前日に入ったサークルを。

アニパネ総合、アニキー総合、ゲーちゃ部、再度アニパネ総合。

これで、アニゲ対策はばっちりです!


( ・A・)っ翌日

7:00出発。
例によって国道17号、254号、140号、20号と継いで、途中何度か休憩をはさみつつ、、実に4時間半かけてゲーパニ甲府に到着。
140号の雁坂トンネル直前の自然のドライブは気持ちいいもの。

甲府0


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(秩父)

昼食は、これまた久々のゲーパニ甲府隣の中華料理店で。
しばらく、QMAのトナメをプレイ。

甲府1


そして、15:00。
大会は14名でスタート。
で、大会のルールは、事前に封鎖を決める。
決めるのは、ジャンル(1つ)か、形式(2つ)のどちらか(また、前回大会でジャンル封鎖した人は、形式を封鎖すること。)
で、封鎖ルールとしては初参加の自分は、ジャンル封鎖を。

で、確か数か月前の大会で、文系学問に泣かされたので、文系を封鎖。


1回戦


ここは1位のみ通過でそれ以外は、敗者復活へ。
しかもアニゲ封鎖。
で、優勝候補の某新人の方とマッチして…、社会スロット投下。
善戦むなしく敗者復活へ。(305点取るも、その方は327点。)



敗者復活戦 


1位と惜敗率1位が2回戦へ。
ここでは、アニゲ投げづらく、社会ス…と思いきや、一か八かの思いがよぎった結果社会自由形式。
最後に漫画ノベルの連続単独正解で、1位で。


準決勝

さて、封鎖は・・・全部覚えてないのですが、またしてもアニゲが封鎖。
今大会、アニゲ封鎖が3人いたらしい。
そんなわけで、社会がいまいちだったこともあり、ライ択を。
結局、1問差で、アウト。
自選は初見2つ?
封鎖は、ルールなのでしかたない。


最終結果


優勝  レオンさん?
2位  エンジョイぜいさん
3位  スパインさん
4位  あずあずGOさん


デフォルトネームのレオンさん、「何きみ」さんだろうか・・・


終了後は、店内対戦。
まっさきにゲーちゃすることにするも、妖怪ウォッチのグループ分けOTL

その後、有志で「ぼんち」という食事。
で、ここの店、何と言いますか、デカモリです。

酢豚(ライスセット)頼むも…

(-~-)

ライスがいっぱいいっぱいでした。


21:00頃に甲府出発。
3時間半かけて地元に到着しました。

さて、ジャンルオープン大会も久々の参加。
今後、どこまでできるかわかりませんが、しばしの間、やれる範囲でやりましょうかと。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA天の学舎、予定はなんとも言えないけど

魔法石   111044個


・全国大会中

ですが、いまは、なぜかトナメやりたい気分という。
おかげで・・・キングドラゴン組に。


・アニゲキューブ


そろそろ安定させたい所。
1回は全問したい形式。

・ライ択

結果的に1クレだけ。
1回はぐれると、合流しにくいため、いぜんのような人数は見込みづらいか。


・土曜日

絶対、とはいえませんが、ゲーパニ甲府に行こうかと考えてます。
ただ、交通事情そのた色々あり、絶対、どころか五分五分という状況。
行かない場合は、太田か、地元か。
もしかしたら、朝起きた時に考えるかも((

QMA天の学舎、ジャンル別邪神到来予告

魔法石  110640個

こみゅにてぃぽむのルル(CV日高のり子)「かいさーん!」

というわけで、解散総選挙です。
情報が色々あって、解らないことだらけですが、またしても国民の決断を迫られる日がくるわけで。
色々な不条理はある、しかし、選ぶのは、国民自身。
しっかりとした目が必要です。

さて、QMAの世界では、こんなことが。

・ジャンル別邪神到来予定(ただし4ジャンル限定)

トナメ決勝で選ばれる4ジャンル(スポーツ、芸能、アニゲ、理系学問)の4ジャンル限定の邪神モードが実装されるそうです。
来週月曜からスポーツ邪神が始まり、2週間交代でまた次のジャンル邪神がスタートという感じで。
で、残りの3ジャンルは・・・無し?
というのも、トナメの選択率が関係しているみたいで…。

…今回は、あるジャンルに関しては、やれるだけのことはやろうかなと。
前作、ある魔龍に関しては、満足にプレイすることすらできなかったので。

とはいえ、このままジャンル限定大会をやらない、という方向かと思ったのですが、まさかここにきてこんな形で行うとは…。


・天青魔人サークル


毎回回収量がすごいです・・・。

QMA天の学舎、結局は

魔法石  110448個

ゲームレジェンド等、お出かけは見送りました。
疲れなのか、はたまた…。
もしかしたら、来週こそ、どこか行くかも・・・


・アニスロ、ゲーちゃ好き


日曜日にやるとしたら、このパターンかな、サークルは。


・トナメ

全国大会開催中ですが…それよりもトナメやりたい気分かも・・・。

明日の予定?

錦織圭選手、すごいですねー(BYテニス詳しくない人)


QMAは、2日間なし。
明日(16日)は、川口市のゲームレジェンドに行こうかどうかという考えですが。
果たして起きられるか、ちょっと行くかどうかは半々です。

その場合は、地元でのんびり・・・


・ゲームレビュー232回目のキーワード

向こう3回は、女の子主人公の大作系統のゲームをやろうかと思います。
いや、200突入以降、あるいは、今年ほとんど女の子主人公の大作はあまりやってなかったので、ここで帳尻合わせをしたいと思います。
まずは、こちら・・・

1・スタート時は幼女
2・4方向バトル
3・ダメージ数が表示されない
4・ゲームボーイから○○○へ

このシリーズも久々の登場ですね。

231・「AIR」

AIRAIR
(2002/08/08)
PlayStation2

商品詳細を見る



タイトル・AIR
発売年・2000(DC版2001)
機種・PC DC PS2 PSP
ジャンル・ADV
メーカー・KEY


泣きゲーと称される、アドベンチャーゲームでもストーリー展開の逸品さで人気を博したKEYブランドのアドベンチャーゲーム。
過去作では、Kanon、その後、CLANNAD以降でもその泣けるストーリーに涙した人も多いだろう。
AIRは、夏の青空のもとに描かれた海辺の田舎町を舞台にした、物語。
そこでであう3人の少女達との物語。
そして、OPに流れる「鳥の詩」(歌・Lia)は多方面から国歌とも称されている程の名盤だ。

まずは、DREAM編がスタートする。

夏のある日、旅に出ている国崎往人は、法術を使って、人形を動かせる。
この国崎往人の視点でストーリーは進む。
亡き母親に告げられた言葉「この空にいる翼の生えた少女に出会いなさい」を元に当てのない旅をしている。
ある田舎町でバスを降りると、神尾観鈴と出会う。
観鈴は、母・神尾晴子(関西弁をしゃべる)と2人暮らし。

その土地での生活を送ると、その後、学校の天文部に所属する遠野美凪、そして、診療所にて姉()と暮らす霧島佳乃と出会う。
おっとりした美凪は、シャボン玉好きな、みちると一緒に過ごすことが多く、またなぜかお米券を多く持っている。
佳乃は、明るい性格、ただ、時に不審な行動をとることもある。
と、主に登場するヒロイン候補の女性は3人。
その3人とのストーリーが、まずは繰り広げられる。

ただ、遠野美凪、霧島佳乃のストーリーは、ここで終わるものの、神尾観鈴の話に関しては、いわば、中途半端で不穏な幕切れとなり、おまけのCG鑑賞もほとんど埋まらない。

その3人とのエンディングを見ると、DREAM編が終わり、新たなモード、「SUMMER編」がスタートする。

すると、国崎往人の世界ではない、別の登場人物、時代の話がスタートする。
しかも、そのSUMMERは、なんと、選択肢はなく純粋にキャラクター達の会話やストーリーを鑑賞するモードとなる。

そんな純ノベル形式で進むSUMMERを終えると、3つ目のAIR編に。
舞台は、再びDREAM編と同じ舞台、そして同じ日時に戻り、再度、国崎往人や、神尾観鈴の話が進む。
が、プレイヤーの視点は、国崎往人という人物ではなく、第3の主人公の視点で、神尾観鈴のストーリーを鑑賞することになる。
そして、国崎往人は、AIR編では、主人公の眼前に登場するサブキャラの一人、として登場する。
その第3の主人公は…、決して観鈴と結ばれない立場の者である。
要するに、多少の選択肢はあれど、結局は、基本的に見ることしかできない立場なのだ。
無論、その見るということがこのストーリーにとって重要な部分だが、プレイヤーからすれば、ある種の無念さを抱きながらのプレイでもあった。

そして…不穏な終わり方をしたDREAMでの、不穏な幕切れとなった観鈴ストーリーの続きも、見ることになる。
その幕切れ以降、往人は登場せず、観鈴の不穏な状況も続いていく。

そんな最中での笑いあり、しかし、その物語の結末。
DERAM編以降も、観鈴は晴子と共に、不穏な生活を送ることになる。
その不穏に立ち向かおうとしている観鈴だったが。
往人が亡き母に告げられた意味、SUMMER編の部隊を突如移したストーリー、そして母と2人暮らしをしている観鈴、そしてAIR編の第3の主人公…。
すべてのベクトルが交わった結末、言うなれば家族の意味を問われているような気がする話である。
誰もが、親から生まれ、しかし、一つ屋根の下、そこにいる炊事洗濯家事掃除する大人は何者なのか。



登場人物が、法術で人形を動かせる、SUMMER前後からのストーリーの繋がりと、ファンタジー要素や、超常現象の描写も含まれている。

そして、SUMMER編の登場人物や、AIR編の主人公は、説明書には掲載されておらず、初めて物語を進めると、面食らう部分もあるだろう。
だからこそのストーリーの評価があり、ギャルゲーにしては異例のヒットに、アニメ化等のメディアミックス。
麻枝准氏の泣きゲーシナリオの評価、KEYブランドの確固たる地位の確立がなされた。


多くの恋愛アドベンチャーで言えば、主人公が、その都度、行動を選び、ヒロイン候補と共に、泣き笑い、そして結ばれて、エンディング(あるいは結ばれないBADEND)との手法をとる中で、今作は、3部作を通して、最後の観鈴のセリフに一点集中させる形で、あらゆる用語、背景が集約される。

極力排除…とまではいかぬものの、アドベンチャーゲームからゲーム性を大きく削ぎ落とし、ストーリーを特化して魅せるという手法、いわば、マウスやコントローラーを使った読み物のような形をとっている。
ある時は何時間も選択肢すら登場せず、そして、ある時は、主要キャラとの恋愛物語に一切介入することはできない。

そして、道中は多少の回り道はあれど、終着点は推理探偵物小説のように、一つ。
あのキャラが好き等、他のギャルゲーであれば、あるいは今作がDEARM編のみであれば、同じ作品にしても、プレイヤーそれぞれの思い出があるだろう。
が、プレイヤー視点が変わり、物語の終着点は、どのプレイヤーにしても、同じ。
一つのゴールに向かって進む物語、それも学園生活を脳内でやり直しながら成就するではない、しかし、より確かな道が存在している。

2000年前後登場のギャルゲー、他のゲームでもそういうマルチエンドの中のトゥルーエンドを設定することはあっただろう。
が、ここまでトゥルーエンド特化型な読み物作品で、ヒットした例は少なかった。
そして、以降のギャルゲーでも、ゲーム性よりストーリー重視の風潮が強くなった。
一方、こういう手法故に、今作で遠野美凪、霧島佳乃がお気に入りだった人には、少し残念だったかもしれない。

そういえば、AIRが登場した2000年前後といえば、ゲーム業界においては、ライトユーザーへの配慮もテーマとなった。
かつてのゲームっ子が大人になり、忙しくなりゲーム攻略に時間をさけなくなり、あるいは、映画的ビジュアルに魅せられた新規ユーザーが、ライトゲーマーとして参入した時代。
ゲームの攻略部分が以前より重視されなくなった背景も、AIRにとって追い風になったかもしれない。

ただ、文学作品的なストーリーの手法、プレイヤーへのストーリーの訴求は、これぞ、ゲームストーリーを見せるという意味では最高峰ともいえるものであった。
それ以上の洗練させるには…その答えがCLANNADにあったかもしれないが、ストーリーの魅せ方に関しては、意表を突かれ、内容も身近で温かさも感じる、物語であった。
RPGでも「やる物語」のような手法が台頭する中で、HP等のステータスを気にする必要のないアドベンチャーゲームは、よりその色を濃くでき、その手法を生かした作品となった。
反面、ゲーム観点から見れば、超簡単、とまではいかぬも、分水嶺となる選択肢の少なさや、簡素化は、駆け引き的な面白さを楽しむ機会は少なくなっていった。
ユーザーが、よりクリエイター達の色に期待したいという意味だったのだろう。

いずれにしても、業界の風向きの変わり目に登場した、AIRは、アドベンチャーゲームとしての一つの風向きを決めた作品の1つとなった。
どの時代の人間も、どの種類の鳥も、見上げればどこまでも続く青空に、たまには思いをはせてみるものだ。

theme : 美少女ゲーム
genre : ゲーム

QMA天の学舎、誕生日記念諸々

魔法石  110294個


最近は何気にトナメの機会も増やしてます。
ただ、トナメで特筆すべきことは無いので、ほぼ割愛。
シャロンの通り名?最初から(
by万年通り名OFFの人

さて、2日分のことを。

水曜日…

アニキュー→ライ択

なんとアニゲキューブ縛り対戦で400点という快挙を見ることに!(奈良のある方です)

僕ですか?やっと310超えたところ。
アニキューはもっとやりたい所…

木曜日

アニ特(1クレのみ)→ゲーちゃ好き

1回だけやったアニゲ特撮で自己ベストというのはいいのですが、その後のゲーちゃ縛りが…アカンという展開。


・12月7日


モアイ大宮にて、ユリ・ヤンヤン誕生日記念QMA大会が行われます。(6日&7日に懇親会も)
mixiページでのエントリーとなりますが、(mixiに入会してなくても見られるらしい)、早速、7日の大会と懇親会に参加することになりました。
キャラ誕生イベントは初めてなので、よろしくお願いします。

( ・A・)<まさかの他キャラへの転生とか無いよな。

QMA天の学舎、レアマトリックス松戸社会限定大会

さて、11月8日、レアマトリックス松戸の社会限定大会にに行ってきました。
同日には、シャロン様聖誕祭というシャロン限定大会もモアイ大宮でありましたが、シャロン愛が足りませんでしたということで・・・。
シャロンカードは、無いわけじゃないのですが、修練生10級では…。(初心者でも修練生9級にはなりますしね。)

実に7月下旬以来のQMA店舗大会。
レアマト松戸は、7月中旬に行って以来4か月ぶりです。
社会限定大会は、今年の1月(匠竜杯)以来。
そして、今回は電車ではなく、車で行きました。

距離としては、120キロはあったでしょうか。
とはいえ、国道17号、16号、6号を継いで到着。
距離はありますが、アクセスは分かりやすいです。

昼に到着後、4か月前と同じそば屋に行って昼食。
14:00開始、参加者は22名。

松戸社会0


おそらく、久々に松戸にたくさん集まり待ったでしょうか。
スポーツ、芸能限定は、4人以下だったそうですので…。

で、結果は…


松戸社会1


それはそう。


で、この大会は、準決勝まで4人対戦での惜敗率で、上位進出者を決める大会となりましたが、残念ながら、1回戦敗退でした…。


・最終結果はこちら。

松戸社会2


#なぎいおりん怖い


その後は、音楽ゲームで時間つぶして、有志でジョナサンへ。
フリープレイも入ればよかったのですが…ちょっと入らなかったですね。
どうにも、この手のものは入り辛いといいますか、引いてしまうのですね、邪魔しちゃいけないかなと思ったりで。

さて、ジョナサンですが、4か月前と違って、大所帯でしたね。(その時は4人でしたから)
あとは、多くは話すことは無く、だいたい相槌打つ感じ。
社会的なことを言えば、あまり話すネタがないのですね。

22時頃に解散し、車で3時間かけて地元に到着しました。
さて、今後はどうしましょうか…、無論行けるときには行きたいとは思うのですがね。
とりあえず、来月7日ののモアイ大宮行きは、アレはほぼ決まりかな。
あとはその都度考えましょうか。

QMA天の学舎、再度

魔法石  109220個


QMAに関しては、多くは語りません。(ゲーちゃ好き、トナメしましたが)
今回に限らず、ブランクを埋めるためにプレイするという不毛なプレイの繰り返し。
果たして、前に進んでいるのか…。
思うことはありますが、やるしかないもの。


河北麻友子うわさの彼は「全然、全然」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141106-00000093-nksports-ent

秋の夜のイルミネーションイベントにも相変わらず、脚出したがりの河北ちゃん。
ですが、この写真・・・パンチラしてないですよね?

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA天の学舎、久々天青魔人

魔法石   109034個

・トナメ

7クレ程したでしょうか。
なんとドラゴン組トナメで1勝。
こういうこともあるのですね。
それ以外は、大したことできませんが。

・天青魔人

8月第4週以来のこのサークル。
最終クレでタライだったらしい。


・QMA大会


11月8日のレアマトリックス松戸に行く予定であります。
久々の店舗大会にして社会限定大会、大したことはできないと思いますが、やはりこういう機会は個人的に欲しいわけで。


・声優三昧

今日は○○三昧というラジオ番組があり、声優ソングの回が最近ありました。
長時間に渡って流すのですが、自分はまったく聞きませんでした。(坂本真綾さんのも流れたらしいですが。)
ゲーム音楽三昧の時もまったく聞かなかったのですね。
いや、どうもそういうのにそそられないのですね。
もしかしたら、自分は、本当の意味でのアニメやゲームのファンというわけじゃないのかなあ。

QMA天の学舎、土曜の夜

魔法石  108638個


予約投稿です。
土曜のことを。
出かけようか迷った末に、結局地元で過ごすことに。
たまには、トナメもそこそこに。

・トナメ

とはいえ、決勝は遠いのは相変わらず。

・ゲーちゃ部

21時台にそこそこに。
「ゲーちゃ部」で回すのはかなり久々。
全答安定・・・の為には、まだまだ抑えるべきところが多いもの。





・ゲームレビュー231回目のキーワード

1・診療所
2・天文部
3・母と2人暮らし
4・夏

theme : ゲーム
genre : ゲーム

230・「直感ヒトフデ」

直感ヒトフデ直感ヒトフデ
(2004/12/02)
Nintendo DS

商品詳細を見る



タイトル・直感ヒトフデ
発売年・2004
機種・DS
ジャンル・パズル
メーカー・任天堂


タッチパネルの画面にタッチして楽しむニンテンドーDSが発売され、大ヒットを記録。

その発売同時タイトル、いわばローンチタイトルの一つとして登場したのが、直感ヒトフデ
タッチペンで一筆書きして、パズルを解いていくという小物系統の作品である。
キャラは登場せず、主に白と黒をベースにした色使い。
操作はすべてタッチペンで可能というもの。


正方形の白と黒の2色の盤面を、すべてどちらか同じ色に変えれば、その列のパズル部分が消える。
タッチペンでなぞることにより、白が黒、黒が白へと変わり、同色に変えることで攻略していく。
盤面には、灰色の外枠が周囲に一列だけあり、その部分は、タッチしても変わらず、パズルの対象外。
しかし、1回しか触ることができないので、その部分の利用方法が攻略のカギとなる。


モードは、主に、チャレンジモードと、チェックメイトモード
チャレンジモードは、いわゆる落ちものパズルのように、盤面が上から降ってきて、それを一筆書きで消していく。
横列の盤面が白か黒で揃えれば消え、同時に多くの列の盤面が消えれば高得点。
時間が経てば、降ってくる盤面のはやさも、頻度が早まり、デッドラインまで盤面が積みあがってしまえば、ゲームオーバー。
そして、その際の合計スコアが最終成績となる。

チェックメイトモードは、詰将棋のような感覚(それ以上にシンプルか)で、(1回の)一筆書きで盤面の色を揃えることが出来たらクリア。
外枠の使い方がより重要となる。
全部で100問。
しかし、クリアには、骨が折れそうなパズルが揃っている。

その他では、ワイヤレス通信を使っての自作パズルの交換。
また、消した盤面ごとに相手の陣地に盤面を降らせるというバーサスモードも。

斬新な操作を求めるゲーム機の第一歩のソフトとしての役割を果たす今作。
実際タッチペンで、目の前のものをなぞればできるゲームだからお手軽であった。
そして、チャレンジモードは、やりだせば、他の落ちものパズル同様に結構のめりこめてしまう。
むろん、まだまだ、ゲーム機の実力は、こんなものではなかったが、ちょっとやってみるか、という感じでやるにはうってつけかもしれない。

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
566位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。