12
1
3
4
6
7
8
10
12
14
16
18
19
20
22
23
25
26
27
29
30
   

QMA天の学舎、2014年ラスト

魔法石  182728個


・天青邪神

の影響にて、最近のQMA日記は
帰宅後、すぐに休むことが多いので。

さて、邪神です。
はやい話、92000程までポイントが上がりました。
だが、周りの伸びがもっと早いのですね。
トップ25が遠くなりました。


・2014年ゆく年くる年

今年も色々ありました。
とはいえ、QMAやゲーム関係は相変わらずでしたかね。
その他、勉強もやってました。
その勉強は数か月前に一区切りできました。
結果的には、うまくいきました…という一言で。

そして…

来月からまた、次の勉強です。
ただ、リアル方面でも目標があります。
働くにしても、遊ぶにしてもいつまでも最下層にいるなんて嫌ですよ…。
来年ももっといい姿を見せたいですね。

・ゲームレビュー235回目のキーワード


1・弁護士
2・憑依
3・実写映画
4・宝塚
スポンサーサイト

234「魔導物語(セガサターン版)」

魔導物語魔導物語
(1998/07/23)
SEGA SATURN

商品詳細を見る


タイトル・魔導物語
発売年・1998
機種・SS
ジャンル・RPG
メーカー・コンパイル



ゲームセンター等でヒットした落ちものパズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズであるが、もともとこのゲームは、主にPCで登場した「魔導物語」という、魔導師の卵である少女、アルル・ナジャを主人公にしたローグタイプRPGをパズルゲームにした作品である。
キャッチーな世界観にキャラも売りの一つであるパズルゲームだが、魔導物語というRPGは、HPは表示されず、音楽や、自キャラの表情でステータス状態を判別する探索型RPG…ならまだしも、血みどろのグラフィック(生首の敵キャラ)、目に血が流れ込む等、アルルのハードな状態異常が飛び交う通称グロ魔導と称さえる作品もあった。

そして、その魔導物語の雑魚キャラのぷよをパズル化し、流血表現を取り除いてキャッチーさを前面に押し出したのが、ぷよぷよである。
2作目のぷよぷよ通、3作目のぷよぷよSUNと続編も登場する人気作、実際にゲームセンターでプレイした、家庭用でプレイした人も多いだろう。
元々高速スクロールが売りのザナック等シューティングゲームで名を馳せ、この落ちものパズルで人気を決定づけた…と思いきやしかし、1998年にメーカーの和議申請で会社が傾くことになった。
パズルゲームがヒットしたことが、皮肉にもそれ以外のヒット作を生み出しづらくなり、会社の寿命を蝕むことになったのか…。
(その他の原因は不明だが、そこは複数の某所のサイトを参照に…)

そして、そんな1998年の7月にセガサターンで登場したのが、魔導物語
RPG世界に大打撃、あるいは、優しいRPGとの触れ込みで登場したRPGである。
実際、3Dの派手なグラフィックが持て囃された時期に会って、2Dドット絵での作品であり、魔法ファンタジーに合ったグラフィックである。

先のようなステータス表示のない魑魅魍魎なローグタイプの魔導物語とは大きく違い、一般的なRPGのイメージに近い、ランダムエンカウント、サイドビュー型戦闘画面のRPGとして登場した。
ぷよぷよは、魔導物語をモチーフに作られたが、この魔導物語は、ぷよぷよの世界観をモチーフにして製作、という逆輸入された形で登場した。
しかし、コンパイルの和議申請が起こった時期での発売に製作。
和議申請時のさなかでの製作だったためか、一部の内容、例えば、プロモーションビデオ時とは大きく違っている部分も存在する。
それでも、なんとかして、一発あてて起死回生…を図ったのだろうか、まだまだ大きく当てるならRPGという時代、どうにかして発売に漕ぎ着けることができた。

さて、云うまでもなく、このぷよぷよ、そして魔導物語の主人公はアルルが務める。
が、今作のOPはまず、勇者ラグナスの話がスタート、プレイヤーが自分でラグナスの話を体験することになる。
ラグナスは、ぷよぷよSUNで初登場した普段は10歳だけど、レベルアップ?で17歳になるという人物だが、今回は、ひとまず、17歳の姿で登場する。

勇者ラグナス・ビシャシは、最終決戦ヨグ・スォートスとの決戦を目前に控えていた。
そして、ラグナスは、最終ダンジョンの近くの村人の期待を背負い、塔に侵入。(このシーンでのランダムエンカウントは無し、固定ポイントで戦闘を行う。)
塔の最上階にてヨグ・スォートスを討伐…したと思いきや、そいつは、その一部に過ぎず、ラグナスは、ある空間に引き込まれてしまうという不穏な幕切れをしてしまった…。

…というお話の紙芝居を…アルルが見ていました。
その話の続きが気になるところだが、紙芝居は、この場面で終了。
その後、買い物を済ませたアルルは家に帰ってが…そこで、裏山から異変が起こっていた。
アルルとその相棒?のカーバンクル(非パーティキャラ)は裏山に向かったが…。

というストーリーの導入部分。
そして、美少女格闘家のルルーとも合流するが、ルルーもまた、その異変に悩まされていた。
後述する戦闘共々、ストーリー面でも、今までの魔導物語(魔法学校に纏わる物語)とはまた大きく異なっている。
そして、その異変は世界各地で起こっていた。

最大のパーティ人数は3人まで。
そのうち、アルルとルルーはほぼ固定、残り1人がほぼキャラで残り1人が交代しながら進む。
ぷよぷよでおなじみだった、ミノタウロス、シェゾ、ハーピー、すけとうだら、ドラコorウィッチ(ゲーム中どちらか片方のみ仲間に)、ももも等が入れ替わるようにストーリー上強制で加入&離脱する。
キャラクターの良さが売りでもあるシリーズだけに、出来れば自由にパーティを組みたいという人は多かったかもしれない。

そして、フィールド画面、先のラグナス編は、フィールド画面があり、そのポイントで村、塔に入り画面も上下左右の見下ろしがたであるのに対し、この本編の移動画面は斜めクォータービューで、フィールド画面も選択肢から選んで潜入するといタイプに様変わり。
演出面でも心憎いことをしてくれる。

フィールド画面は、アルルは、火の魔法、ルルーは、破岩掌で障害物の除去を行う。
他、もももがパーティ内にいると、ダンジョン内でも買い物ができる等もできる等、キャラの特性にあった特技を移動画面でも披露。

さて、戦闘画面、過去作の魔導物語では、上記のようなタイプをとっていたが、今作は先も書いた通り、一般的なイメージに近いコマンド型RPGタイプの画面となっている。
が、それでも、出色する部分も含まれている。

まず、アルルら自キャラが左に、敵キャラが右に表示されるという、意外にも珍しいキャラ配置。
ステータス画面の存在しないPCの魔導と違い、上部に、HP、MP、そしてSPが上部に表示される。
SPは、ダメージを受ける、行動するなどでたまり(SPはボスにも設定)、一定数たまると強力な必殺技が使える。
特にアルル、ルルーの場合、レベルアップで新たな技を覚えるが、SP技で次のレベルアップで覚える技を繰り出せる。
そのアルルは、消費MP0(通常攻撃)でファイアー、アイスストームを使う魔法使いの卵ぶりが戦闘でも見られる。

ザコキャラにも「ぷよ」等パズルゲームでもお馴染みのキャラが登場。
パズルゲームの5色に加え、さらに別の色のぷよも登場する。

優しいRPGという触れ込み通り、ストーリー自体は、穏やかに進む。
とはいえ、後半ダンジョンで、まがまがしいダンジョンも登場し、ストーリーでも、まさに悪の根源といった敵キャラも登場する。
優しいRPGとはいえ、さすがに、RPG、迫力のある演出は欲しかったのだろう。

ぷよぷよでお馴染みのノリの軽いサタン様、この世界はサタン様の世界という。
そんなサタン様のとる行動と発言、これが、今作の大きなキーとなっている。
多くのRPGと比較しても出色な最終展開である。
同時に、他のゲームと比較しても、迫力と言っても、いわば、美麗なムービーもないだけに、一枚落ちるかもしれない。
見栄えも重要だが、かといって、グラフィックで騒ぎ立ててしまうのもどうだろうかと、このゲームをやってみると考えてしまうだろう。
確かに、従来の魔法学校を舞台にした魔導物語とは、違う景色が見えたかもしれない。
それでも、SFC時代のRPGが最高という人も多い中、(一商品としてはともかく、一作品としては)いい意味でその延長上にあるゲームが作られたという意味では、こういうRPGの存在は光るものがあった。
なにより、今作がもう少し成功できたなら、また、さらなる魔導世界がそこにあったでしょうから。

先のとおり、コンパイルが和議申請のさなかで登場し、その後、正式に製作会社の倒産。
その影響にて、現在今作をプレイするには、若干のプレミアがついており、ゲームショップを巡っても、一苦労するだろう。
サウンドトラックに至っては、何万円の値札がついて、ガラスケースの中で保管されている状態だ。
それだけ、十人十色のオピニオンあれど、ファンの間では、存在価値は認められている証拠だろう。
RPGが好きな人は多く居る中でいつの日か、こういった作品が日の目を、魔導に魅了された一部のファン以外にも、見る時が来ることを祈りたいものです。

theme : RPG
genre : ゲーム

QMA天の学舎、天青邪神中

魔法石   141003個


珍しく、この時間での更新です、一応本日は休み。
しかし、冬休みということではないそうです。
少なくても明日はノーQMAです。


天青邪神

スタートしました。
1日目の夕方から、2日目は午前から度々プレーしてました。
結果、2日目の時点で、討伐ポイントは、28000程、プラチナメダルは、35あたり(具体的に数えてないのか。)
タイプは…アシストが多いかな。
今日もまた午後からプレイ予定。

この勢いで、是非、黄玉、琥珀、の邪神もやってほしいところです。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA天の学舎、準備

魔法石  122303個


サークル以外は、適当にトナメに邪神を。
金剛賢者、5段から6段にあがったらしい。
本当に、天賢者、大天賢者って遠い道のりです。


・金曜日


アニキー→アニパネ


・土曜日


この日は、久々にラウンドワン上里へ。
加えて、レジャラン藤岡も。
環境といいますか、様子見ということで。
上里は、隣にマルハンが出来、藤岡は、ほぼ変わらずという感じ。


アニスロ→アニ特

あとは、月曜からのアレにそなえましょうか。
とりあえず、TOP100入りが目標ですが、最初の数日でそれでも、圏外になっていたら、以降はノンビリする方向で。


・東京駅100周年記念Suica


こういう無理やりな限定プレミア感を出すとこうなってしまうのかなあと。
プレミアというのは、結果的につくというものかな。
とりあえず、この手のものをオークションで利用しないようにしたいところ。

QMA天の学舎、スイヨー

魔法石   120553個


・KAC

コナミアーケードチャンピオンシップの発表がありましたが、残念ながら、クイズマジックアカデミーは行われません。
音楽ゲームと麻雀だけ(
元々QMAというのいうのは、プレイヤーもギャラリーも盛り上がろうというタイプじゃないのかなあ。
それと、競技の見栄えの面も、少々画力にかけるのかなあ。
個人的には楽しみではあるのですけどね。


・アニキュー


4人で回す感じ。
そろそろ2ミス位に抑えたい所・・・


・トナメ&紫宝邪神


そこそこ。
そんだけ。

QMA天の学舎、選挙があって

魔法石  119774個


寝落ちの都合上、昨日の分を今日に回す。
とはいえ、多くいうことは無いのですが。
そして、衆議院の選挙がありました。
期日前投票していましたが、地元に関して言えば、それはそう、な結果でした。
地盤、看板、鞄、3バンがものを言いいます。
しかし、投票率は低かったみたいですね。(およそ52%)
これで、ますます、国民の声を無視した政治が繰り広げられそうですね。


さて、QMA、トナメと紫宝邪神もすこしだけやって…

・ゲーちゃ好き

全問正解とは言いませんが、もう少し安定させたい。(いつものこと)
にしても、タレント系統の問題、なんとかならないか。
おかげで、龍が如くの線結びの問題の選択肢が、コクがありすぎることに…。


・ゲームレビュー234回目のキーワード


1・開発中に内容変更
2・雑魚キャラは有名キャラ
3・プレミア付
4・逆輸入


前回(リーヴェルファンタジア)とは微妙に縁があるかな。
実は、リーヴェルファンタジアはしばらく積みゲーのしてたゲームでして…、ようやくクリアできたという感じでした。
いや、テレビを新調してからクリアできたという感じです。

233・「リーヴェルファンタジア マリエルと妖精物語 」

リーヴェルファンタジア~マリエルと妖精物語~リーヴェルファンタジア~マリエルと妖精物語~
(2002/03/20)
PlayStation2

商品詳細を見る



タイトル・リーヴェルファンタジア マリエルと妖精物語
発売年・2002
機種・PS2
ジャンル・アクション
メーカー・発売 ビクターインタラクティブ ソフトウェア 開発  インフィニティ



妖精たちとともに、村の人たちの悩みを解決しながら、そして借金を返済しながら、妖精使いの女の子が活躍するハートウォーミングストーリー。
PS2の世界で、そんな女の子と妖精たちが躍動するリーヴェルファンタジア・マリエルと妖精物語である。
ハートウォーミングRPGとは裏パッケージより。
だが実質は、3Dポリゴンで描かれた牧歌的な世界にて、レベルアップや経験値要素はない、また独特のアクションを要求されるアクションアドベンチャーといったところだろう。
実は、今作にはRPGの華である戦闘はない。
その代わり、足がすくむような高い位置にある丸太や橋を渡る、棘付鉄球や氷柱といった障害から身を守りながらダンジョンを探索する冒険がプレイヤーを待っている。
RPG、その他、大作系統のゲームは、得てして戦闘以外での成長要素がない(病気の治療に必要な○○をいち早く持ってきてと、頼まれてすぐに○○持ってきても経験値は貰えず、結局戦闘でモンスター討伐しなければ成長しないケースが大半。)のだが、今作は、そんな殺伐とした戦いから解放され、しかも極端な成長要素もない、精神的にナチュラルな状態でプレイできそうだ。


主人公を務めるマリエルは、妖精使いの女の子。
父親がそうだったように、マリエルも他の人には見ることのできない妖精を操る能力を備えている。
そんな父親、さらには母親もが現在行方不明。
マリエルは、親代わりの妖精・フィオナとともに、奇跡の樹が生える家に暮らしている。
実は、この世界はかつて、人間と妖精が共存していた世界だったという。
しかし、いつしか、人間は妖精を忘れてしまい、妖精の存在も否定するようになってしまったという。
妖精たちは、女の子の形した者から、恐竜、岩の男のような力強いビジュアルのものもいる。
そして、今を生きている人間達は、そんな様々の姿を1つも見聞することも無かった。

そんなある年の1月、アルフレッドという二足歩行をしながら人間の言葉を喋る猫が、マリエルの押し掛け、行方不明の父親が残した借金の返済を求められることとなった。
借金返済の期間は10か月。
1月から1か月ごとにノルマの金貨の枚数が定められ、それをアルフレッドに渡して借金返済をする。
そして、その1か月ごとに村の人たちの問題、悩みを解決する作業も発生する。
尚、マリエルが月毎のノルマの金貨を完済した後に、次の月に移行するため、「借金返済期限が過ぎてゲームオーバー」という状況に陥ることは無い。
さらにいえば、今作にはゲームオーバーの状況はなく、ダンジョンパートでHP0になっても、家に戻るだけというもの。

さてダンジョンパート、あるいは、村の移動も(全体マップカーソルもあるが)直接マリエルを操作してゲームを進めるのだが、今作はこれ自体が、つまりアクション操作そのものが難しいのだ。

マリエルの操作自体に癖があり、かつ、そのマリエルの姿を追うカメラアングルの動きが安定しない。
基本的にマリエルの背中を追うタイプのアングルから、PS2の左側のスティックでマリエルは歩を進めるが、走る際には最初の2、3歩ほどは歩くような速さで、そのあと、急に加速して走り出すというもの。(人間の女の子が走るのに近い感覚を再現したかったためか)
結果、狭い足場を飛び移る際に助走のスピードが足りずに落下。
反対に狭い足場同士で跳び移る際に急にダッシュしてしまい、跳びこしてしまい落下という状況が多発しやすい。
あるいは、飛び移りたいところで、ジャンプボタンが思ったように反応せず落下と、癖の強いアクション操作を常時求められる。
マリエルのHPは、全編通してMAXが100。(これについてはもしかしたら、増やす裏ワザがあるかもしれないが、少なくても現時点で未確認。)
高所から落下する、落ちている棘に乗るとダメージを受けるというもので、HP0で家に戻されることになる。
そして、ダンジョン内の回復ポイントはかなり少なく(回復アイテムは無い。特定の妖精を使って回復はできる)特に高所を渡り歩くダンジョンの難易度が高くなっていく。
尚、マリエルは、HP0でなくてもコマンド選択で家に帰れる。
また、セーブはマリエルの家でのみ可能である。


加えて、マリエルの背後を追うカメラアングルがかなり激しく動き回り、特に壁際や、ダンジョンの隣の部屋に移動する際に、カメラアングルが急に正反対に向く、正面から急に上空からの視点に切り替わる。
そんな状況も相まって、仕掛けも少ない普通の構造の建造物であっても、油断できないこと必至である。


そして、ダンジョン内には地面に白く光るものが度々ランダムで落ちているが、(その他、特定箇所に宝箱も)このアイテム(マテリアル)を拾うことで、アイテム合成等の材料が手に入る。(たまにただのゴミ、ノーアイテムという時もある)
この材料を使って、村にあるエリックの錬金術研究所にてアイテムを合成し、アイテムを作成、出来上がったアイテムを村の店に売ることで、金貨が入り、借金返済の資金となる。(場合によっては、その材料そのものも資金源になりうる)
また、村にはアイテムの依頼をする人もいて、目当てのアイテムを届けることができれば、また金貨を貰える。(村人の依頼はその月限りで消滅)
ただし、アイテム合成は失敗することもある(成否はほぼランダム)
ダンジョン内のドロップアイテムも、ただのゴミ&ノーアイテムの確率が発生しているため、アイテム獲得については、2重のギャンブルに投じなければならなくなっている。


そして、合成アイテム同様に、それらの材料やアイテムを使って妖精を生み出すこともできる。
アルフレッドが月初めに、妖精のレシピを届ける(レシピは他の場所でも手に入る)。
そのレシピを元に必要アイテムを自宅の樹に入れることで妖精が誕生する。
レシピを元に樹から生まれる妖精(特にアルフレッドからもらえるもの)は、ダンジョン攻略に必須な妖精であることが多い。
重い石箱を動かす力を宿す妖精、火を噴いて松明に火をつける妖精、溶岩に触れてもHPが減らない耐性を身に着けてくれる妖精等、妖精の力を借りながらダンジョンを攻略することになる。
ダンジョンに妖精を呼ぶ際にはAPを消費、2体まで妖精をストックでき、代わりに他の妖精を呼ぶときにまたAP消費して妖精を呼ぶ。
そうすることで、暗いダンジョンの明かりを灯した後、岩を砕き、奥にある四角い岩を動かすこともできる。

妖精は、他に、村やダンジョンに隠れていることもあり、妖精と話をし、例えば要求されたアイテムを持ってくる等(場合によっては無条件)で「妖精とリンクした」と表示され、マリエルのAPを上げる、アイテムをくれるなどで、マリエルの力と源なる。

ゲーム中に登場する妖精は100体。
レシピで作成、妖精とリンクすると、妖精図鑑に記載される。
すべての妖精を仲間にする必要もなければ、(リンクするタイプの中には)期間限定の妖精もいる。
図鑑内には、一部、妖精のヒントも記載されている、また、村の人の話を頼りに妖精を探すことになる。

また、妖精の中には、奇跡妖精という種類の妖精もいる。
ストーリーを進めると、勇気、真実、愛情等をテーマにした妖精がマリエルの家の樹に誕生する。
その妖精はマリエルと話をする…ことは初対面時にはできない。
特定のアイテムを上げることでシンクロ率を上昇させ、一定のパーセンテージに到達すると、話ができるようになり、さらには冒険に連れて行くことができる。
その場合、ダンジョンのドロップアイテムの内容も変わっていき、場合によっては、借金返済も楽になっていく。

そんなダンジョンには危険なトラップがいっぱい…といいたいところだが…。
1月から10月(実質9月)まで、その月ごとに村周辺のあらゆるダンジョンの奥に歩を進めるマリエルだが、実は他の3Dアクションゲームに置き換えれば、マリエルに対して直接的に悪意のある攻撃や仕掛け、極端な構造をしたダンジョンは少ない。
(これは、4月のダンジョンでより実感するだろう。)
上記のように2、3歩を歩いてから加速、カメラアングルが、部屋の切り替えと同時に急に切り替わることもあるという状況で、狭い足場を跳び移ることもしなければならない。
(おそらく5月の空中の岩を連続で跳び移るのがゲーム中最難関の一つかもしれない。)

さらに、6月のダンジョンは、トロッコのレールを歩くところがあるが、なんと、2本のレールの間を歩くことができてしまうのだ。(その場合、マリエルが中を歩いているように見える。)
この演出、カラクリは、初見で見抜くのは難しいかもしれない。

村では、ロイド&娘のキャシーのパン屋、スージーの雑貨屋、フラニーが看板娘の川沿い亭等がアイテムと金貨の交換を行うが、月ごとのシナリオにも大きくかかわることもある。
ハーブ園のイェッタおばさんに娘のヘイゼル、その弟のローアン。
謎の吟遊詩人のポピンジェイと行動を共にする妖精ドルチェ。
鉱山近くで暮らすケヴィンに娘のシャロン。
牧場には、ナンシーと、アーヴィン、コリン、デイジー3兄妹が暮らしている。
そしてある日、レベッカという妖精のことをよく知っている女性も来村する。
まだまだ居住する村人はいるのだが、マリエルは、そんな村の人々の悩み、時に来村する人たちとのかかわり成長していく。
全体でほのぼのテイストで進むも、一方で、死者にまつわるイベントも多い(ゲーム中死ぬというよりは、すでに死んだ人を思い出すなど。)。

そして、借金完済間近の10月に起こったこととは。
多くは言えないが、マリエルは素直な女の子。
そんなマリエルだけが妖精を見える理由、そして、行方不明の父親…。
他のゲームの女戦士のようなケンカや肉弾戦は行わない、妖精と共に立ち向かう困難の末に、マリエルが見るものとは…。

OPで「smile smile」、EDでは「Believe~気づけばそこに~」という合唱曲タッチの楽曲が流れる。(歌うのは、有島モユ、野田順子、金月真美、豊島真千子、牧島有希、水樹奈々、バカボン鬼塚の出演声優陣!)
田舎の村の暮らしでほぼぼのファンタジー…という雰囲気はコントローラーを握っていると感じられなかったかもしれない。
ただ、運動能力がそうそうなくても活躍できるグランドも必要なのでしょうか。
いかにゲーム少年少女の能力が人間離れ…もとい妖精クラスだったのが、実感してしまうのでありました。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA天の学舎、この1週

魔法石  119378個


日曜日に総選挙です。
僕は、すでに期日前投票しましたが、しかし、どこに投票すればよかったのだろうかと…。
投票まだの方々は、是非、投票を。
まあ、なんていいますか、変な意味で「寄らば大樹の陰」なんだなあと。

それとタイヤ交換ですね。
今年はすでに冬タイヤに交換済みです。


水曜日

アニキュー、ライ択、アニマルチ。

久々のアニゲマルチサークル。
が、140点台という状況…。


・金曜日

アニキー、アニパネ

並べ替えと文字パネルの個別サークルは・・・なかなか行けないですね、時間の都合もあって。


・紫宝邪神

できればもうすこしやりたいけど、この辺、言い出したらきりが無いなあ。
トナメだってやりたいし。
邪神ポイントランキングは、すでにえらい事に。


・ペヤング

一投稿者(実は、僕も見ました、RTで回ってきた)による投稿写真から火が付き、いまや自主回収の状況。
しかもこれが、ただのいたずらでない可能性が高まってきました。
残念ですが、もう一度、全国であの焼きそばをおいしく食べられる日が来ることを待ってます。
実はけっこう好きなんですよね。

QMA天の学舎、ユリヤン杯

12月7日は、ユリヤン杯に行ってきました。
ともに12月にあるQMAキャラのユリとヤンヤンの誕生日。
モアイ大宮を会場にして、ユリ&ヤンヤン限定大会が行われました。
この店は、他に(天の学舎では)クララ、メディア、アイコ、シャロン、ルキアといったキャラの誕生祭も行われてました。
また、過去作では、ミュー、マラリヤ、セリオスなども開催。(ミュー杯は、今年はなんと福岡開催でした。)
そんなキャラ誕生祭の聖地でもあります。


今回で4回目となるユリヤン杯は、個人的には、初の参加。
というのも、過去3回行われていた段階で使っていたのは、マヤでしたから・・・(マヤの誕生祭は現時点では無し。)
今年、思うことがあり、QMA7以来のユリに戻してプレイしてました。
そして、今回、せっかくの機会ということで。

エントリーはMIXIページより、24人制限。(MIXI入会してなくても見られる)
無論、事前エントリーすませ、当日。
尚、階級は大賢者以上というもの、ストーリーを終わらせた人が条件ということです。

ユリヤン1

(*´△`)

大会は13:00に開始。
40分前に到着しましたが、なるほど、なかなか狭いところなのに、人が多い。
確かに24人が精いっぱいというところでしょうか…(でもルキア杯は32人もいたらしい)

で、ユリヤン杯は大会出場資格だけでなく、トーナメント方法も結構特殊で。
まず、1回戦を6試合行うのですが、これは1、2位がA組、3、4位がB組へ振り分けられるというもの。
その後、12人でAトナメ3試合、Bトナメ3試合で、上位1位と惜敗率1位が決勝へ。
最後にA,Bそれぞれで優勝者を決める決勝を行います。

特にA組の優勝者がユリヤン杯総合優勝者という扱いになります。

出題は完全同一再使用禁止、自由形式の中身は問わず、自由形式は1回だけ使用可能。


・組み分け予選という1回戦。


頭の中では、よほどアニゲが得意という人でない限りゲーちゃ、アニスロ、アニ自由のどれかという考えでした。
最終的にゲーちゃに、そりゃあ、前の日にゲーちゃ部回してましたから…。
ただですね、対戦相手がね…1回戦としてはアレなのですね…。
MEひかりさん、フットサルやるべさんに、ななせるみさん(という名のユーリ@アロエさん)…。
MEひかりさんとななせるみさんは去年の竜ヶ崎社会限定大会以来かな。


…結局、最初の社会その他で炎上、自選は全部取るも、最後の芸能エフェクトで万事休す。
泣く泣くB組へ。(


・B組1回戦


とにかく、アニスロしかなかった(
結果的に1位通過。


・B組決勝


とりあえず、決勝は決勝らしい。
出題は…結構迷いました。
ただ、実は大会前は、どちらかと言えば、組み分けでアニゲ自由形式を投げようと考えてました。
今がその時、スロ、ゲーちゃに加え、勝手に個人的にやりこんでいるアニゲキューブも入れることに。

これ自体は、意外とよかったのですが、その次の文系学問自由形式で4ミス、(相手全問正解)で終戦。


ユリヤン2


B組の優勝は、テイルスさんでした。

・最終結果(A組)


優勝 ANSきょうかいさん
2位 ななせるみさん
3位 このひとがドラムさん
4位 さなほさん


アンサーアンサーネームの人が優勝となりました。

さて、終了後は抽選会。
プレゼントの数が会場にいる人以上にあったため、なんと2周まわってきて、自分は2回当たったという。
なぞのヤンヤンお菓子に、麺類セット、なんだ、スーパーマーケットか。


そして、18:00から待望の…打ち上げ。


モアイ大宮から南に2分ほど、のインド料理店…かな。
なかなか辛い料理が多かった気がします。


ユリヤン3


バースデイどんぶり飯!


なんといってますが、なかなか今回も無口でしたね。
実はこの日は午前5時前に目が覚めてしまい、結構この時点では眠かった。
ただ、今回実は今まであまり知らなかったユリやヤンヤンクラスタと飲めた(ノンアルコールですが)のはよかったですね。
あと大宮アルディージャが、前日J2に降格したため、サッカーの話が多かったですね。
一方、松本山雅がJ1昇格、それぞれのファンもおり、悲喜こもごもでした~。

そして、








ユリヤン杯の主催はOアルディーさんが行っていましたが、この4回目をもって、Oアルディーさん主催としては、最後となるそうです。
また次回、来年、違った形でユリヤン杯が行われるか、最終回か、さらに言えば、QMAそのものもどうなるかわかりません。
ただ、今は、お疲れ様でしたと。

22:00頃に終了し、0:00前に帰宅。

さて、果たして次回、の予定は…正直、まだわかりません。
キャラにしても方針にしても。
ただ、やれるときにやりましょうかと。

QMA天の学舎、サードプラネット高崎大会師走杯

12月6日は、サードプラネット高崎QMA大会へ行ってきました。

実は、QMA4の初参加以来、10回目のQMA大会の参加なのですね。
すっかりベテランだなあ。

17:00開始で、今回の参加者は・・・8名!(もう一方いたのですが・・・時間切れということか、ルール上の都合と言いますかで)
ここ最近は4人とかが続いたので、少し大会らしくなったかなあ。

ルールは、リーグ戦。
8名が計4試合ずつ行い、4試合の順位ポイントが高い人が優勝。(1位3点、2位2点、3位1点、4位0点。)

出題ジャンルは、連続での同ジャンル出題は禁止、形式は自由で。

1試合目、社会。2試合目、社会は×。
1試合目、社会。2試合目、芸能。3試合目社会、4試合目芸能なら○。



1回戦  自選 社会スロット


アニゲ投げにくい人(SRおおつきゆいさん。旧ナンダヨーさん)がいた関係で社会で。
自選は全問正解も差はつかず。
最後の物理化学の連想をほぼ勘で当てて1位で3点。


2回戦   ライフスタイル四択


1回戦目と同様の理由で今度はライフスタイルで。
1ミスもまずまずの仕事…も、惜しくも2位。
スポその他があかんかったらしい2点。


3回戦   アニゲスロット


ここでようやくアニゲ投下も…3ミスOTL
2問は初見だったような…気のせいか。
3位で1点だけ。

4回戦   社会スロット


再度投下。
これは、確か何かの惜しいミスをしたんだっけなあ。
2点差にて2位でフィニッシュ。


合計8Pで終了。

そして最終結果だが…みらいプレゼンスさんが、4試合とも1位獲得(合計12点)で優勝決定。
で、この後ですが…ここで、2位となる順位ポイント8が、僕を含めて3人並ぶという事態に。
今回は、点数は度外視ということで、3人が2位から4位決定戦を行うことに。


・3人による2位決定戦

この試合も前の試合投げたものが使えないというルール。
しかも、アニゲ使えない、過去にライスタ投げた人が相手では…。
で、かなり迷ったのが、使用したのが…

っ「野球」

実に大会で使うのは…4年ぶりです(QMA7モアイ大宮のコナミ公式大会以来)
その策ははたして・・・


芸能タイピング、野球、ノンラン、ノンラン(ダミー)



実は、この策は…結構うまくいったらしいです。
その結果、芸能は不出来も野球で挽回成功。
ここで優勝し、2位となりました


最終結果


優勝 みらいプレゼンスさん
2位 サフィア
3位 オブシディアンさん
4位 SRおおつきゆいさん


上位3名に賞状が贈られました。(賢者の扉仕様ですが)
そして、これが、サープラ高崎通算5回目の2位!
過去4人での大会含めて、あと少しが遠いのですね。

サープラとしては、久々に8名集まり、少し大会らしくなりました。
REIKENさん、プリンスドラゴンさん、あかつきスバルさん、ガイガレードさんもお疲れ様でした。
また、次回もできればよろしくお願いしますということで。


終了後なんとクレサービス、ただ、店内対戦は行われず、それをいいことに、トナメ、紅玉邪神にゲーちゃ部をまわす。
23:00頃に帰宅し、翌日に備えました。

( ・A・)っ(続く)

QMA天の学舎、6日&7日は

魔法石  117718個

インフルエンザの流行(うがい、手洗いを)に西日本の大寒波。
早くも冬の本格的な開幕です。
タイヤ交換も早めに・・・


で、中3日でのプレー。
いや、最近いろいろありまして・・・


・アニキー&アニパネ

明日以降の大会で使用する可能性大。
果たしてどこまで通用するか。


・12月6日&7日


まず、6日は、サードプラネット高崎で17:00よりQMA大会、ルールは・・・人数によって変わるとか。
(ただし、ソースは、店舗ツイッター、店舗HPには明記無しというのが・・・)
そして、7日には、モアイ大宮でユリヤン杯。
打ち上げまで行く予定です。


・なんとかミクス


富裕層からその下に富が回るという「トリクルダウン」という説があるのですが、まったく理解できない件。
そもそも富裕層が下の層に富みなんか回すわけないと思ってる。
きまってるでしょ、そういう層が、華やかなモールではなく、庶民的な商店街や食堂に行きますか?

QMA天の学舎、ユリ誕生日

魔法石  117521個


・ユリ誕生日

ユリバースデイ


ユリの誕生日イベントは、ガルーダ先生とのやりとりでした。
「ぶんぶりょーどーは厳しいなあ。」
「ばかもーん。」

そんな感じです((


・トナメ


そんなわけで、ユリの通り名&アイテムゲットのためのトナメを。

・・・15クレ目でようやくゲット!

「案ずるより拳が速し」
「バースデイどんぶりめし」

決勝が遠いものです。
尚、通り名をセットするとは別物。

あとは、紅玉邪神も少し。
結果、魔法石は1日に3001個も稼ぎました…。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
274位
アクセスランキングを見る>>