09
1
3
4
6
8
10
12
13
14
15
17
19
20
21
23
25
26
27
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

258・「レナス・古代機械の記憶」





タイトル・レナス・古代機械の記憶
発売年・1992
機種・SFC
ジャンル・RPG
メーカー・開発・コピアシステム 発売・アスミック



1992年、SFC発売して2度の年月を経た頃の大作RPG事情を紐解くと、演出面の強化も相まってストーリー性が重視されていく形相が月単位で見て取れるようになっていた。

そんな流れに乗じるかのように、しかし外面、内面共にアクの強いゲームが登場した。
レナス・古代機械の記憶、1992年11月に登場したRPG。
幻想的なパッケージ絵の商品にて、パステル調のグラフィックで彩られた作品。
そして、ゲームスタートして数十分程でさらにプレイヤーを独特な世界観に引き込んだ。
そこは我々のよく知るようなRPGの世界・剣と魔法の世界が広がっているように見えた。
しかし、そこには、多くの種族が混在する尖った世界が広がっていた。
そして、そこにゲームキッズたちに夢を与えた誇り高き勇者の姿は無かった。

舞台となるのは、惑星・ライガの衛星であるレナス
魔法学園に通う少年・チェズニは、ある日、デューカスの誘いで街のにあるガブニードスの塔に行く。
しかし、その塔は本来は侵入を禁じられている。
だが、同じ魔法学校に通うデューカスに誘われるがままにチェズニは、塔の内部の機械であるダル・グレンの所まで行き、共にダル・グレンの封印を解いてしまう。
すると・・・魔法学園、さらにその街は壊滅してしまい、町の住人、生徒はほとんど亡くなってしまった。
一方、デューカスは、いつのまにか逃亡してしまう。
そして、ダル・グレンの作動を止めることができるのは、封印を解いた者のみ。
チェズニは、その機械を止める力をつけるために、崩壊した魔法学園を背に旅に出ることになった。

いわば、主人公自身の過ちで多くの人を殺めてしまうという導入部分。
自身の過ちを償うという強烈な動機で、旅に出る、それがレナス・古代機械の記憶というRPGなのである。

チェズニは、その後、同じく魔法が得意な少女・ミディアとも出会う。
戦闘パーティは最大4人まで組めるが、チェズニとミディアの2人は固定メンバー。
残り2人は、レナスの世界にいる傭兵、または、期間限定パーティメンバーが入る。
チェズニ、ミディア同様に経験値でレベルアップする・・・のだが、チェズニとミディアは、武器防具等の装備は変えられるものの、残り2人は装備品、そしてボトル(詳細は後述)の変更は不可能、序盤・中盤で出会う傭兵を最後まで連れて行くことは難しいだろう。

チェズニとミディアは、ラフルヤ族という一般的な人間だが、爬虫類のような亜人間タイプのゴドム族、耳の長いドール族等、レナスの世界には、様々な亜人間タイプの種族が混在し、多くの種族が仲間となり、時に敵対する。

種族のバラエティーさも相まって、チェズニの旅する世界も個性的。
剣と魔法のファンタジー世界ながら、近未来のような機械も発達している世界。
大きな花のような建物が建つ街があれば、一本の柱の上の卵型の家に住む人々いる。
全体マップを見ると、北の大地(ナスクオト)と南の大地(サスクオト)に別れており、両大陸は、ロープウェイのようなもので行き来できる。
さらに物語が進むと、この世界は、2つの大陸は陸半球で、もう半分は大半が海に覆われた海半球の世界であることがわかる。

ランダムエンカウントによって、フロントビューの戦闘シーンに突入する。
のだが、このゲーム、1992年発のRPGながら、この戦闘シーンでも異彩を放っている。

まず、操作面。
ヘッドアップ・ディスプレイ・システムという十字キーのみで戦闘画面の操作ができるというもの。
上下左右に(行動、ターゲットの敵などの)選択肢が表示され、それに該当する十字キーを押して戦闘を進めていく。
そして、魔法。
今作には、いわゆるMPやSPという、消費して特殊能力を発動させるためのステータスは存在しない
なんとHPを消費して魔法を発動させるのだ。
しかも、中盤以降、敵は10体同時に現れることも度々あり、どうしても全体魔法で一掃したくなる。

ならば、HPを回復したいところだが、そのHP回復魔法も、さらには消費アイテムとしてのHP回復アイテムも存在しない。(自分を犠牲にして仲間を回復という魔法はある)
HPの回復方法は、主人公達が携帯しているボトルというもの。
1人につき最大で9個まで持つことができる回復の薬である。

無くなったボトルは街にいけば、お金を払って9個補充することもできる。
またボトルは、ゲームが進めば、より性能のいいボトルが手に入る。
チェズニ、ミディアは、ボトルの持ち替え、また、性能のいいボトルを持っている傭兵も終盤に登場する。
ちなみに、戦闘でHP0になった場合は、戦闘中に復活させる手段もない。
終了後にHP1になって復活する。(そのシステムを逆手に取った、某RPGの教会イベントもあったりする。)

そして魔法の名前も独特。
ズザン=炎、モミソゴーン=吹雪、ケケルン=雷、バイシス=防御アップ、ボベクス=ダンジョン脱出・・・、ととにかく名前で効果が連想しにくいものが揃っている。
そして、魔法などのエフェクトも、フラッシュが眼にきつく、今現在もしプレイするのならば、画面を暗くするなどの対応が必要かもしれない。(いわゆるポケモンショックの数年前のゲームなので。)
魔法は、8つの精霊のうちのいくつかを組み合わせて覚えることができる。
街の学問所で習得でき、魔法を使うことで、熟練度、威力がアップしていく。

HP消費での魔法詠唱、ボトルでしか回復できないHP、名称も独特の魔法、十字キーのみの操作。
他社との一線を画すには十二分な要素がちりばめられている。
そして、モンスターのアニメーションもなかなか豊富。
1992年のSFCソフトながら、攻撃時などで結構動いてくれる。

故に、HPへの制約が結構厳しいゲームになっていそうだが、絶望的に厳しいというわけではなく、少々レベルアップすれば、意外とすんなり進めることもできることもある。
ただ、全体を通して、特に最終ボスで運の要素が絡む傾向が強いのだ。

魔法学校を壊滅させたチェズニの旅路では、やはりその後も死人が続出する。
古代機械の記憶が明らかになってくる終盤、最後の敵は意外な人物。
全体的にシリアスな雰囲気が漂うストーリーであった。

RPGで勝負をかける時代にしては、破天荒すぎたRPGだったかもしれない。
独特の用語も多く、世界観や仲間キャラもアクが強い。
だが、正義の味方となって悪を倒すというテンプレート様式に飽きたならば、この古代機械が支配する世界観に入り込むのはいいかもしれない。
逆に言えば、別の世界で勇者になるなどして、多少のRPG慣れは必要になってくるかもしれない。
スポンサーサイト

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

QMA暁の鐘、久々の通常営業

魔法石   49374個


久しぶりの通常日記です。(
というのも、5週連続でQMA大会に行ってたもので・・・。
でも、今週末は大会に出られませんので、匠竜杯(蒼)で一区切り。
とりあえず、トナメに予習、何を目指すにしても、地道な練習が大事ということで。


・ドラゴン組優勝回数


とりあえず、関東ランキングトップ100に載りました。
にしても、この手のランキングに掲載されるのは・・・QMA6以来かもしれないですね。
それでも、マジコロのスタートで、トナメの人数が少なくなっただけ、というところなのですが。
さすがに全国ランキング入りは難しいですね。


・ラグビーW杯

日本代表が、南アフリカ相手に勝利しました。
歴史的勝利として、取り上げられましたね。
思えば、2019年には、日本でラグビーW杯開催。
これをきっかけにさらにラグビーが盛り上がるといいですね。


一方、スコットランド相手には10-45と敗退。
まだまだこれからです。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA暁の鐘、匠竜杯(蒼)

さて、匠竜杯(蒼)がデイトナ志木にて開催されました。

アニメ&ゲーム、スポーツ等の1ジャンル限定戦、そして、この日はアニメ&ゲームのジャンル限定戦。
1形式で縛って、最高得点者が形式代表。
その後、それ以外の人で敗者復活戦のランダム縛りを行い、2回戦に進出し、そのジャンルの優勝者を決める大会。
優勝者は賢竜杯のシード権を与えられます。
また、前日に、大会後、アニゲの東西戦(チーム戦)の開催も発表されました。



開錠となるデイトナ志木、今年3月に閉店。
しかし、復活プロジェクトが行われ、9月に再オープン。
デイトナ志木の最初のイベントとして、匠竜杯・アニゲが開催されました。

1志木


12:00にスタート。
人数は・・・事前エントリーと当日エントリー合わせて38人ほどでしょうか。

そして、今回エントリーしたのが、スロットでした。
エントリーしたのが自分含め2人だけ。
相手はプルミエールさんでした。


志木2



結局、プルミエールさんが代表に。
機甲戦艦・・・でしたね。


敗者復活も272ほどで、敗退でした・・・。


せめて、2回戦には行きたかったなあ。



最終結果



優勝 エンゼルたいそうさん
2位 アスティオンさん
3位 PONとキマイラさん
4位 さめすがしんいちさん




その後、すぐに東西戦。
東西戦は、レイさん(固定・匠竜は不参加)と優勝者のエンゼルたいそうさんの2チームに別れて、対戦。
こちらは、詳細は省略しますが・・・。

最後の試合で、レイさんが相手チーム3人のアニゲ○×攻勢をしのいで結局レイさんチームが勝利でした。

因みに、僕は、レイさんのチームでした、はい。


その後、鳥貴族で打ち上げを。
とりあえず、レイ邸行きたいということで。(




大会に関しては、結局、これしかできなかったんだなあというのが、正直な気持ちですね。
匠竜杯については、今後もいくつか行くと思いのですが。
ちょっと今は、今後の方針をどうするか、決めかねてますね、いや、単に近場でのアニゲ限定戦の予定があまりないという状況なので。(西日本ではいくつか予定されてますが)
11月にタイトー綾瀬でアニタイ限定があるらしいですが。
いや、リアル仕事や勉強との兼ね合いも年々厳しくなってる状況。
あらゆる折り合いを付けながらやるしかない。




・ゲームレビュー258回目のキーワード


1・パステル調
2・ボトル
3・傭兵を雇う
4・主人公が機械をを発動させて街を滅ぼす

257・「ドラゴンバスター」




タイトル・ドラゴンバスター
発売年・1987(FC版)
機種・FC等
ジャンル・アクション
メーカー・ナムコ




若き勇者・クロービスとなって、剣を携え、ドラゴンを倒して、セリア姫を助けに行くサイドビューアクションゲーム、ドラゴンバスター
アーケードゲームとして登場した後、ファミコンソフトとして1987年に登場。
経験値等、徐々に浸透しつつあったRPGエッセンスが加えられていった。

しかし、ドラゴンたるもの、そこらの勇者気分で退治できる化け物ではない、しかし、その勇壮な姿はファンタジー作品絶好の恰好、誰もが一度は憧れる存在だ。
だがそんなゲームノネーミングとファンタジーの王道とは裏腹に、ドラゴンバスターの壮大なマップには結構曲者な世界観が広がっている。

ゲームスタートすると、まず、クロービスの眼前には、マップ画面が広がる。
道を選び、ダンジョン(塔、、城、洞窟等)のアイコンに触れるとアクションステージとなるダンジョンへ。

クロービスの体力(VITALITY)は初期状態で128。
これが、敵を倒すことで経験値(EXP)を増やすと、最大数がアップする。
横スクロールアクションで展開されるアクションステージは上下左右にスクロール。
実質一本道のダンジョンから広大なダンジョンまで存在するダンジョンステージ。
道中には、蝙蝠、ガイコツ等のザコ敵が登場。
クロービスは、剣を1回転させるように回し斬りをしながら、あるいは、兜割をしながら進む。
ステージは、ザコ敵の他、あるエリアで、中ボス(ルームガーター)が存在。
魔道士、スケルトン等の種類があり、倒すまで出られない。
ルームガーターを倒すと、前後塞いでいた壁が外れ、アイテムが出現。
また、ダンジョンの出口もダンジョン内のどこかのルームガーターを倒して出現させてから出口に入ることでステージクリアとなる。
出口のある場所、どこにどんなアイテムがあるのかは、固定ではあるが、たまに結構広いダンジョンも存在する。
アイテムは、体力回復、魔法アイテムから、剣のパワーアップ、体力上限アップ、薬草(体力0でも1回だけ128になって回復)まである。
特に薬草などの貴重なアイテム、できれば欲しいがそれがなかなかどこにあるかわかり辛いもの。
敵の中には、パワーアップアイテムを奪うシーフのような奴も登場、動きがすばやい。
そして、1ダンジョン滞在時間が長すぎるか、出口を出した後に出口とケイブシャークという奴が襲ってくる。
体力0になるまでかみつくといういわば、永久パターン防止的な存在である。(一応倒せるには倒せるが、大ダメージは不可避か)


そして、エリアのラストにはドラゴンとの戦いが待っている。
主に回りながら進む炎、左下への炎を吐く等の攻撃を行う。
ドラゴンには、体のある部分が弱点になっており、そこを攻撃し続けて、ドラゴンを倒すとエリアクリアとなる。
全12エリア、再度新しいマップ画面、ダンジョン、ドラゴン退治を繰り返し、最終12エリアのドラゴンを倒すと・・・めでたくセリア姫を救出してゲームクリアとなる。

ただ、そのあとには・・・と・・・この時期恒例の裏ステージのご案内もあるのだが・・・。

特にルームガーター戦では、ジャンプ中に攻撃されると、さらに連続でダメージ受け続けるという「お手玉」で大ダメージ受けることもあり。
ステージクリアである程度体力が回復するが、少量。(あとはルームガーターとの戦いで得るか薬草くらい)
ドラゴン戦まで温存するのは結構しんどいかもしれない。(ダンジョンも結構広い時もあるので)
猛き存在を凌駕するには、地道な下調べがものを言うのだろうか。

theme : ゲーム
genre : ゲーム

QMA暁の鐘、タイトー綾瀬大会(アニエフェ限定&ライ択限定)

9月12日は、タイトー綾瀬に行ってきました。
12:00からは、アニゲエフェクト限定。
18:00からは、ライフスタイル四択限定が行われました。
で、どちらの形式も思い入れのある形式だったので、行くことに。
ただ、最初から両方のエントリーは不可能。
12:00の部エントリー者は、18:00の大会は欠員が出た時のみ、エントリー可能となります。(結果的に18:00の時点でライ択の部は10だったので、エントリーが両方可能となった)

また同日には、ほど近くのレアマト松戸でライフスタイル限定大会がありました。
尚、松戸は4人しか来なかったそうです・・・。


綾瀬駅西口からほど近く、11:00頃に到着。
エントリー見ると・・・結構遠くから来ている人も。

12:00に開始、12:00ちょうどに16名が埋まりました。
アニエフェだけ投げられれば、いいということで・・・・きりさわふうこ(マラリヤ)を再登板させることに。
で、結果はこちら・・・

綾瀬1

1回戦で、最終問題をやらかして、359点で3位。(2位と12点差)
スピードで分が悪かったから勝負に行った結果ということで。

その後、ガストで数名と昼食・・・といいますが、自分だけ前もってかた焼きそば食べた影響でデザートを・・・。

そして、再度タイトー綾瀬へ。
夕方辺りからライ択参加者が到着し始め・・・10名。
そして、上記の通り、追加エントリーで16名に。
尚、12:00と違ってメインのサフィア(ユリ)で参加。

早速ですが結果を(

綾瀬2


279点ほどで、4位敗退でした・・・。
しかし、昔やってたんだけど、見る影もないなあ。
3年半の月日は長かった。

その後は、20:00あたりで退散。








・・・もうご存知な人もほとんどいないでしょうが、QMA8の時、ライ択のサークルの管理をやってたのです。
たぶん、四択サークルのなかで、最初に立ち上がったのじゃないかなあ。
ただ、8限りで閉じちゃったのですけどね、色々プレイスタイルや考えの変化があって。
それでも、今でも一参加者としてプラッと行きますので、そんな時はよろしくお願いしますということで。

また今度は匠竜杯があるので、その時に行ければ行きましょうか。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA暁の鐘、明日は、綾瀬

魔法石  45563個


明日は、タイトー綾瀬に行く予定です。

12:00からアニメ&ゲームエフェクト限定大会。(訂正しました)
18:00からライフスタイル四択限定大会。


となります。
ただ、両方出るか、片方のみか、将又出ないかは、様子を見ながらということで。

・ゲーちゃ好き(木曜)

先月の16日以来?

・アニパネ

アニスロで自己べ、でも3位。


・ラブライ択ブ


明日に備えて。
1ミスが1回、果たして明日は。


・大雨


特に栃木、茨城、そして宮城で集中豪雨が発生してます。
その時になったら避難情報を聴いて、命を守る行動をしたいところです。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA暁の鐘、レオン漢祭

さて、9月5日は、レオン漢祭を行いました。
レジャーランド太田にて、男性キャラ限定の大会が開催。
女性キャラのキャラ限定大会は、結構行われてますが、男性キャラ限定はほとんどありません(過去にセリオス限定はありましたが)

そんな中で行われた、男性キャラ限定大会でした。
ただ、自分は男性キャラは前日まで持ってませんでした。
少し前から大会自体は知ってましたが、キャラをつくる暇がなくて、ただめんどかっただけかもですが。
で、前日にこんなカードをつくりました。

むらたももじ



むらたももじ(リック)

黒龍山学院の投手・・・といえばいいでしょうか。
尚、星あげ全く行えず、結局オールイージーで出ることに。
いや、大会自体も出るかどうか迷ったのですが、結局人数がやや少なめなので、なにかのたしになればということで。(参加者12名)

レオン2


13:00開始。

早速ですが・・・結果は・・・こちら。(

レオン漢祭サイト


そして、キャラ誕生祭といえば、ケーキ!?


レオンの・・・

レオン


特製ケーキが登場しました。
皆で山分けして食べました。

大会後に焼き肉(トントロハード)に行き、その後、少々店内対戦。
その後退散。


・ゲームレビュー257回目のキーワード


1・竜
2・金色
3・姫を救う
4・BGMの一部分が同じ

これは、幼い頃に女友達?の家で見たのが初めてだったんだよな。(遠い目)

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

256・「ポポロクロイス物語」




タイトル・ポポロクロイス物語
発売年・1996
機種・PS等
ジャンル・RPG
メーカー・開発・ジーアーティスツ  発売・ソニー




1996年の夏に登場したポポロクロイス物語は、まるで、絵本のような世界観が印象的な作品だった。
PSで次世代機への最新鋭技術を盛り込む夢のような世界が先行されがちだが、こういった、古き良き技術の延長線上に位置する作品も登場した。

それもそのはずか、ポポロクロイス物語。
実は、さらに昔となる1978年に描かれた漫画が原作だったという。
その漫画は、残念ながら自然消滅していった形となった。
が、1996年7月に、時を越えてゲームのCD-ROM内にその物語が収録されることとなった。


それは、ポポロクロイス王国のポポロクロイス城にて始まる物語。
ピエトロ王子は10歳の誕生日を迎え、パーティーをしていたその日、ガミガミ魔王がポポロクロイス城を襲ってきた。
盗まれたものを取り戻すために、ピエトロ王子と2人の兵士がガミガミ城への旅に出かける。

ところが…

あるボス戦で、護衛の兵士二人が逃げ出してしまった・・・。
そのボスはなんとかピエトロ一人で倒し(最初、負けイベントかと思ったが、なんとかぎりぎりで倒せた。)その後、魔女のナルシア、そしてさらに途中で鎧をまとった謎の白騎士と仲間になって、ガミガミ城へと向かって行った。

そして、その後、ピエトロは、眠りについている母親の秘密、そして、それにまつわる壮大な冒険に出ることになる。

クォータービューのマップを辿っていくが、城内・町・フィールドがすべて同一マップで描かれている。
そして、ランダムエンカウントで突入する戦闘シーンも、同一マップでシームレスに場面を移す。
ピエトロら仲間が、マップに散り、敵との戦いとなる。
S・RPG風のシステムで、出番が来たら移動、敵に隣接して攻撃、離れた場所からの範囲魔法。

戦闘BGMは場面、ダンジョンによってバリエーションが豊かに用意されている。
そんな戦闘シーンだが、結構手ごわい。(さきのボス戦も含め)
その主な要因は、敵の攻撃力が高めだからだろうか。
次のダンジョン、新エリアに突入すると、従来とは強い敵が登場するのは、多くのRPGにあることだが、このポポロクロイス物語は、さらにその傾向が顕著である。
加えて移動面での戦略も重要、そしてピエトロのMP0で使える「風のやいば」という遠距離単体攻撃はかなり重宝する。
キャラ個々に魔法や特技をレベルアップ等で習得するが、特技はさらに使い続けることで特技レベルがあがり、強力になっていく。
本人のレベルアップとともに特技レベルも鍛えていきたい。

ピエトロ王子らは、その後、世界を旅する。
貴重となるは、絵本のようなファンタジー世界。
しかし、ガミガミ城周辺は機械が発達、南国の島に、東洋風の山、そして古代文明の遺跡とピエトロたちの眼前には無国籍な世界観が広がる。
キャラの表情も豊かに喜ぶ様子などもよく描かれる。
ただ基本的に前に行ったダンジョンや街には、ほとんど戻ることができない。
当然、その場面の宝箱を開けることができない、さらに、重要なパワーアップアイテムが隠れていることもあった。(それが無くても十分クリアはできる。)
ちなみに、いくつかの地点で竜の像があり、それがワープゾーンになる。
条件を満たすと、竜の像同士でのワープが可能となる。

さらに、冒頭でピエトロたちと敵対していたガミガミ大王(どこか憎めないやつ)、そして変身能力を持つ謎の少女・カイとも仲間になる。


10歳のピエトロ王子は、困難を乗り越えて成長をしていく。
内容は王道的、しかし、だからこそか、心に訴えるものがあるだろう、だれもが子供時代の自分に重ねることが出来るだろう。
冒険の終盤には闇の世界に向かうピエトロ達。
そして、ピエトロの家族に纏わる秘密があきらかになる。
EDの「ピエトロ王子の旅立ち」を聴いたときは万感の思いに浸れるだろうか(敵の強さもあって?)


1998年にTVアニメ化。
そして続編も多く登場し、2015年に牧場物語とのコラボが実現する年々存在感を増していったポポロクロイス物語シリーズ。(続編以降で難易度は下げられたそうだ)
思えば、あの時10歳だった人も、(2015年現在)29歳。
そして、もし、あの時の新聞を読んだ少年は今・・・壮年期。
壮年期から幼年期へ伝わる子供向け絵本風味の世界観。
少年少女は旅立ちを経て大人になるのだろう。(何言ってんだ)

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

QMA暁の鐘、明日は太田へ

明日は、太田へ行く予定です。
男性キャラ限定大会が、レジャーランド太田で行われます。

ただ、受付終了が12:30、ちょっと早い感じ。


・アニパネ


特に文字パネルで苦戦ですね、サークルも思うように出られてないですし。
ここも気長にやりましょうか。


・ミスは悪?


最近よく考えるのですね、ミスをした人にどやす指導者も多いですし。
でも、ミスすることで、課題が見える、弱点がみえるわけで。

ミスは悪と考えるって、結果が出ないのが悪、って考えなのでしょうかね。
ミスはその一部。
そりゃ、フランシスコ氏の拙守のようなプレーならわかるのですが。
そもそも、野球、ないしスポーツというのは、どっちかが勝ち、どっちかが負けなければならない。
単に実力が及ばずに負けて、特にサッカー代表が負けた時、それこそ、非常に厳しい意見が飛び交うわけですよ。(去年のW杯当時のフォロワーでも怒りをぶちまけてた人も何人かいた)
ま、それを学生に押し付けるのはどうか・・・とも思うけど、指導者はその道のプロなのですね、それが勝利至上主義なのかもしれないのですね。

勝利至上主義なのは試合中でとどめてほしいところです。
と考えているうちは、アスリートに向いてないのでしょうかね。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

QMA暁の鐘、ミラクルドーム、アニゲ限定大会

8月30日は・・・静岡県富士市のミラクルドームのアニメ&ゲーム限定大会に行ってきました。
静岡でQMAしたことがなかったので、この際と思い、このアニゲ限定に行ってみました。

新幹線は使わず、普通の電車で富士市へ。(7:00頃乗車)
上野ライン等のおかげで一本で小田原まで行けますから。
そして、東海道線乗り換えで吉原駅へ。(11:50到着)

駅近くの焼きそば店で昼食。(小川商店)

そして、富士市ミラクルドーム。

ミラクルドーム


QMA大会も定期的に行ってますね。
実は、この近辺にミラドを含む3店舗もあるのです。


14:00に開始、参加者は18名。
ルールですが・・・まずアニメ&ゲーム限定大会。
そして・・・

・1形式出題を封鎖でき、まず述べ4形式は出題不可
・さらに、前の試合で出題した(出題形式一覧の)縦列&横列の形式は出題不可(前の前の試合の縦列は解除)


で、封鎖したのは、漫画ノベル・・・単に苦手だからということで。

1回戦&敗者復活戦(18)、2回戦(12)、3回戦(8)、決勝(4)という形に



・1回戦

いきなり困ったのは、出題したい形式ワンツー(スロット、ゲーちゃ)が同じ横列にあるので、次はワンツーのどちらか起用できず。
さらに、スロは使いづらい人がおおそうだった&ゲーちゃ封鎖の人が他に何名かいたので、ゲーちゃで。
結果、ゲーちゃがはまり2位通過、ただ、1位の人にはやはりきかなかった・・・。


・2回戦


迷った末、最近予習で回した四択で。
四択は最低限も、アニ特で苦戦、アニタイも差が付かず・・・なんとか2位通過。
結果的に3位の方も惜敗率で通過。


・3回戦


前の試合が横縦に該当しない形式で、スロット封鎖した人はおらず、迷わずアニスロ。
出題は、連想、線など苦しいのが続いたものの、まさかの1位通過。



・決勝  


そんなわけで、アニゲ限定では久々の決勝。
しかも、群馬のカーネルあおきさんと同席。
縛りは決勝も続くのですが、選べるのは、6形式ほど・・・。
その中で一番回してたのは、キューブ、ただ、キューブも最近まわせてないのですが。


四択  ○× キューブ 文字パネル



早い話が・・・


ミラド


あれよあれよとこうなった感じ。
キューブは優勝者が最後に単独をとった感じに。
とはいえ、3位というのは上出来でしょうか。



優勝  ポセスO2さん
2位  アオイさん
3位  サフィア
4位  カーネルあおきさん




さて、大会後のアフターを・・・



カキ


カキ!


ミラドの大会の後は、近くの海産物系の店で会食。
特にカキがよかったですねえ。

その後解散、なかでも岩手から来た人もいまして・・・(イザヨイさんですね、)


富士市内のビジネスホテルにて一泊。

その後、熱海に行って、地元に戻りました。
熱海のことはまた後程別で書きましょうか。

theme : クイズマジックアカデミー
genre : ゲーム

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
437位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。