10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

52・「ファイナルファンタジー5」

ファイナルファンタジー5ファイナルファンタジー5
(1992/12/06)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



ファイナルファンタジーV アドバンスファイナルファンタジーV アドバンス
(2006/10/12)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る



発売年・1992
機種・SFC・PS・GBA
ジャンル・RPG
メーカー・スクウェア

お勧め度    17/20

ファイナルファンタジー(FF5)シリーズのなかでも、この5作目が今後のシリージ人気を決定付けたのではないでしょうか。
オメガと神竜、ビッグブリッジの死闘、ギルガメッシュ、エクスカリパー、ガラフVSエクスデス…。
今でも語り継がれる要素も多いこのゲーム。
FF5のよさは分かりやすいところ。
まず、パッケージ、天野喜孝氏の書くイラストではなく、デフォルメされたキャラ(バッツ)を前面に出した。
ついで、そのキャラも、FF4でもあったキャラ同士の複雑な人間関係は少なくし、レナは、水のように心優しいキャラ、ファリスは、火のように熱いキャラという感じで、分かりやすくした。

旅の目的も、壮大な世界観を維持しながら、ほぼ「クリスタルの粉砕の阻止→エクスデス討伐。」で集約される。
また、ストーリー面でも、話の見せ場は、キャラが犠牲になるシーン。
太陽にほえろに見られるように、重要キャラの死はストーリーの絶好の見せ場になるように、このゲームでも効果的に使用した。

システム面では、FF3にあった、ジョブシステムをパワーアップさせた。
クリスタルは残念ながらすべて砕けてしまうものの、そのクリスタルのかけらから、ナイトや風水士、忍者と言ったジョブを得て、アビリティ(云わば特技)を得て、モンスターを倒すごとに入る、アビリティポイントを得て、白魔法や二刀流(両手に武器を持つ)、乱れうち(4連続攻撃)を得て、戦闘で使えるようにできる。
そして、自分流の戦いが出来るのです。
また、発売当時は、「もしもこんなジョブがあったら」なんという投稿が、ゲーム雑誌をにぎわせてました。(例・ジョブ・ドラえもん。アビリティ・どこでもドア=絶対逃げられる等)
結果的にFF5はシリーズ初のダブルミリオン(250万本)を達成しました。

そんな手軽で壮大な冒険が楽しめるFF5。
3つの世界を巡るRPGのそのクオリティはいかがだったか。
かなりざっくりしている部分も多く見られる。

ストーリー面では、第3世界のストーリーは、伝説の武器や魔法を長い間に渡って探して、ラスボスを倒して終わってしまう。
また、感動できるポイントが、死ぬシーンが大半で、3つ、4つ続くと寧ろ飽きがこないか。
キャラの個性も少々弱く、主人公のバッツは、主人公=プレイヤーのゲームのようでそうでない、かといって、三人称タイプにしては、印象に残りにくいという状態。
他のキャラもイベントで性格を提示しようにしても、少し弱い気もする(レナが心優しいと提示されるイベントは2つくらいしかない)。

こういったところもありますが、やはり、総合的に見ると、素晴らしい作品が出来上がったとは思います。
なんといっても、冒険して面白いのですから。
こういった大作だからこそ、慎重に語りたいものであります。
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

Comment

確実に言えることは(長レスすいません)

私はこの作品こそが私のゲーマー人生の原点だと思ってます。RPGのやり込みが始まったのがこれですからね。当時小3だった私が友達のお兄ちゃんがプレイしてるのを初めて見た時、バハムートのメガフレアのあまりのグラフィックに衝撃受けたのを未だに忘れられませんw

そしてこのRPGのすさまじいやりこみ&縛りクリアなんかを見て友達から「RPGのオニ」と呼ばれるようになりましたからね。

そういう意味でこれは私の中では「別格」の作品ですが、キャラクターの良さの面ではやはり6に譲る事になりますね。あの当時のスクウェアはほんとに良いRPG作ってたよなあ・・・。

レスです

キャラに関して言えば、5も6も色々な意見がありますね。
縛りプレイはあまりしていませんが、FF5については、色々思い入れのある作品であることは確かです。

FFの中では、一つ選べといわれれば、これを選ぶ、という作品です。
Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
437位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。