06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

92・「こみゅにてぃぽむ」※

こみゅにてぃぽむ~想い出を抱きしめてこみゅにてぃぽむ~想い出を抱きしめて
(1999/06/24)
PlayStation

商品詳細を見る


こみゅにてぃぽむ オフィシャルガイドブックこみゅにてぃぽむ オフィシャルガイドブック
(1997/12)
不明

商品詳細を見る



タイトル・こみゅにてぃぽむ  (廉価版・想い出を抱きしめて)
発売年・1997 (廉価版・1999)
機種・PS PSアーカイブス
ジャンル・A・RPG
メーカー・フィルインカフェ(廉価版・ファミリーソフト)


※2011年8月31日初回レビュー、2013年10月9日再レビュー。




はるか空に浮かぶ月。
よく見えると、宮殿のようなものも見える月から、この地上にドクロの杖と、光が降ってきました。

そんな出来事があって以降、ある男の子は、ドクロの杖を拾い、その魔力で魔女を従え、ある女の子は、ぽむという生物と仲良くなって、これまた魔法の杖をもらいました。
モココ村にて、ある日、牧場の羊が食べられたという騒ぎが起きてしまいましたが、羊を食べたのは、ぽむという疑いをかけられました。
ぽむは、そんなことをするわけがない。
ぽむと仲の良い、小さな女の子・ルルはその疑いを晴らすため、魔法の杖を携え、旅に出たのです。

そんなかわいい12歳の女の子が活躍するアクションRPGが、この「こみゅにてぃぽむ」である。
発売は1997年10月、PSが3Dポリゴン、ムービー等の美麗なグラフィックで黄金期を謳歌していた時代に、そのPSで発売された2D俯瞰型アクションRPGである。
似たタイプのゲームも3Dへと移行していき、あるいは、コンセプトを大きく変えた続編が登場していく中で登場した温かみのある作品である。

世界中のどこかにいるぽむを集めて、クルエラ大陸に点在するダンジョンを攻略しながら、最終的には…という物語。
とはいえ、殺伐とした雰囲気は少なく、ほんわかな雰囲気で物語は進んでいく。(冒頭で羊が食べられてますが・・・)
基本的なA・RPGと同様、モンスターを倒していき、アイテム、お金(マコロン)、後述するこみゅにてぃ用アイテムを拾ったり、経験値を得てレベルアップする。
HP回復効果のあるのハートも度々落とす一方、毒状態になると、HP回復効果がなく足るというもの。
状態異常回復アイテムも常に携帯したい。

ルルは、魔法の杖で攻撃したり(溜め攻撃も可能)、攻撃を防いだり、また、小さい体で目いっぱいのダッシュやジャンプもしてみたり。
そして、ダンジョン内で、魔法の書を手に入れると、いよいよ魔法が使える。
まず、魔法書を装備、MPの概念はなく、一定時間溜めると、数回魔法を唱えることができる。
メーターがなくなった後、再度溜めれば、また魔法を使うことができる。
特に魔法攻撃は強力、遠距離からどんどん使っていきたいところだ。
ちなみに魔法の名前は、ふぁいあん(炎攻撃)、てれぽぽ(ダンジョンからのテレポート)、ばぼーん(爆発魔法)とまたかわいらしい。

ルルと一緒に冒険するのは、そう、ぽむである。
ぽむは、クルエラ大陸各地、ダンジョン内のどこかにおり、彼らを集めることがゲームの一つの目的となる。(さらなる詳細は後述)
一緒に3体まで冒険に連れて行くことが可能。
つねに、ルルの後ろについていくぽむだが、ルルが解散の合図を出すと、ぽむは、モンスターと戦う。
再度集合の合図を出せば、ポムは、すぐにルルの近くに戻ってくる。
ぽむには、職業、得意技などがあり、たとえば、解散の合図の後ルルが杖で叩くと、向こう岸の杭に向かって舌を出して、橋のようなものを作ってくれたり、炎を吐いたり、杭をへこます頭突きをしたりで、ルルの冒険をサポートする。
特に一部の敵キャラはポムでしか倒せない、ということもある。
ただし、ぽむにはカルマという数値もあり、ぽむがモンスターを倒すたびに、上昇する。
これが100に到達すると、ちと面倒なことが起こってしまうので、そこは、気を付けておきたい。
尚、ボス戦では、ぽむは、体の大きな敵相手は怖くて戦えないという理由から、ボス戦は一緒に戦うことはできない

ダンジョンは、謎解き要素がふんだんに盛り込まれている。
幽霊屋敷での、敵がどこから来るかわからないトラップに演出。
石板のヒントなどを頼りに仕掛けを解いていく。
前半は分かりやすいトラップも、後半になれば、崩れる床を飛び移る、3体のぽむを使ったスイッチを押す、アクションとパズル要素を盛り込んだダンジョンがまっている。
銅、銀、金のレリーフを探し当て、それで、扉を開け、最深部のボスを倒せばダンジョンクリアとなり、今まで入れなかったエリアが解放され、さらに進めることができる。
ボスもまた、時に攻撃、魔法がきかず、たとえば、ボスの攻撃を逆に利用した戦略が求められることもある。(一部、整合性が合わず、わかり辛い敵もいるかも)

こみゅにてぃぽむ、というタイトルのゲームだが、ぽむを集めると、牧場に、こみゅにてぃを作ることができる。
モンスターを倒した際に手に入る餌を、ぽむにえさ与えると、その餌に応じた行動を行う。
例えば、ルルがぽむに、肉を与えると、ぽむが家を建てる。
そして、家が建つことで、ぽむのステータスがアップする。
また、ねぎまを与えると、畑を作り、農作が可能となり、その農作物で、さらにぽむの行動を促すことができる。
さらに、みそかつ等を与えると、勉強をする。
勉強を重ねると、ぽむが転職することも可能になる。
そして、特定のぽむを仲間にして、転職を活用して、病院、教会、カジノ等を建設していくと、HP回復、ミニゲーム、さらには、隠しダンジョンが現れたりすることも。

ミニゲームは、各地区の町でも遊べることもあり、なかなか充実。
また、世界各所には、ぽむの他、トレードカードという隠しアイテムも点在。
カードを集めることで、こみゅにてぃのある施設でアイテムと交換することもできる。
(ちなみに、某有名RPGの武器屋にきわめてよく似たト○ネコという人が交換してくれる。)

また、ぽむ同様に羊も世界に点在しており、こみゅにてぃに牧場ができると、羊を育てることもできる。
最終的には売ることもできたり。(かわいそうかも)

そして、プレイヤーが操作する、このルルである。
A・RPGの主人公も、12歳の小さな女の子。
立ち止まっていると、腰を横に振っていたり、物やぽむを投げると、「ぽいぽーい」といって投げてみたり。
宝箱でアイテムで野菜(ぽむに食べさせる)を手に入れたら、「野菜はやだー」と言ったり、お金が手に入ると無駄に嬉しそうだったり、家の中を物色すれば、色々なコメントをしたり。
CVは日高のり子さん、フィルインカフェの他作品にもよく出演していた声優だが、今作でも幼女の演技が光る。

さて、ぽむを集めると言われる今作だが、実はぽむはすべて集める必要はなく、最終目的はもう少し別の場所にある。
ドクロの杖を持っている少年はシヴィル、部下の3人の魔女と共に敵対する彼の隠れた素性とは。
そして、明らかになる、ぽむの世界の秘密。
各所で、豊かな表情を見せるこみゅにてぃぽむは、フィルインカフェが念願の自社発売を果たした作品だが、残念ながら、その翌年、1998年に倒産
その為、1999年に発売された廉価版の「こみゅにてぃぽむ・想い出を抱きしめて」はファミリーソフトからの発売となっている。(パッケージデザインも、廉価版は佐々木亮さんが手掛けている、尚、オリジナル版はその手の資料が見つからなかった。)
PSのアーカイブスでも遊べる今作だが、あくまで、温かみのある世界観が売りでこみゅにてぃ等のやりこみ要素も意外と豊富。

実は、ネット上では、このこみゅにてぃぽむの続編案、リメイク案らしき画像が各所に点在している。
当時のぽむの関係者もまた、その時を待っている。
あれこれが、ブームだからという理由で、こういった味わい深いゲームを思い出にもさせてもらえなかった現実。
ゲーム製作者は何を考えてゲームを作らなければいけなかったのか。
それが、幾年月先のプレイヤーの思い出のためと言えない時代が今も続いていることが、手に取るようにわかってしまう、そんな世を人々は過ごしている。
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
325位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。