10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

93・「メトロイド2」

メトロイド 2メトロイド 2
(1992/01/21)
GAME BOY

商品詳細を見る


発売年・1992
機種・GB
ジャンル・アクション
メーカー・任天堂

お勧め度    16/20


そいつは、明らかに異質なものだった。
エイリアン風の奇妙な敵キャラ、静かにして不気味なBGM、不吉な予感しかしない舞台。
ポップでコミカルなゲームが多い家庭用ゲーム機ソフトの中にあって、明かな異彩を放っていたゲームだった。

ファミコンディスクシステムで登場したメトロイドシリーズ。
コミカルタッチのゲームというのは、任天堂の十八番ではあったが、その任天堂が製作したのだから、なおも異質さは際立つものだった。
今回は、GBで発売された2作目のレビューを。

前作同様、不気味な生物が闊歩する星では、さらに不気味な生物メトロイドが住み着いている。
惑星R388に降り立ったシリーズの主人公・サムス・アラン、そんなメトロイドを駆逐するために惑星に降り立つ。
サムス・アランは常時・パワードスーツを着用しており、何10m級のジャンプ(推測だが)球になって転がる(モーフボール)、各種ビームやミサイルで攻撃と、独特なアクションで探索を行う。
広いフィールドを端から端まで連続ジャンプで敵を蹴散らしながら進むダイナミックなアクションが体験できるようになる。
各地に落ちている強化アイテムを拾いながら進んでいくが、特に隠し通路や、思わぬ場所にも行けることが多く、くまなく探索することが求められることもあるので、細かい注意力も求められそうだ。
メトロイドは惑星内の各所に点在し、一定数のメトロイドを駆逐すれば、溶岩?が引き、新しいエリアに進める。
特に今作のメトロイドは、最深部に近づくほど、成長した姿を見せ、強力な攻撃を仕掛けてくるようになる。
最深部のベビーメトロイド、ラスボスを倒してエンディングを迎える。
エンディングのラストでは、クリアタイムも表示されるが、条件次第では、サムスの正体(今はもう多くの方は知っていると思いますが。)が拝見できるのだ。

ルートは変に複雑で、後半のマザーメトロイドの強さ等を考えると、初級者には厳しいゲームかもしれないが、他ではそうそう味わえない、地球外生命体との奇妙な戦いを体験できるツールとして、マリオ等をクリアした後、もう一味欲しい、なんて方にはうってつけのゲームではないでしょうか。
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2592位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。