08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

134・「デュアルハーツ」

デュアルハーツデュアルハーツ
(2002/02/14)
PlayStation2

商品詳細を見る


タイトル・デュアルハーツ
発売年・2002
機種・PS2
ジャンル・アクション
メーカー・ソニー(マトリックス)


ちょっとガラの悪いトレジャーハンター・ランブルが相棒のバクと共に夢の世界を旅する3Dアクションアドベンチャーゲーム、デュアルハーツ。
レリックレイダーの称号を持つランブルが、夢見る宝石を求め、ソンノ島の遺跡にやってきた。
そんなランブルが、ソンノ島の遺跡内にて、バク(タンブル)という生物と出会う。
そうして、タンブルと共に、ソンノ島の人々の夢の中を旅するゲームだ。

ジャンプ、物を持つ、物をつかむ、梯子や柱やを昇る、箱を開ける、投げる…、の基本アクション。
持ってる武器で二刀流での攻撃、○か□ボタンをためてのチャージアタック、コンボ等の攻撃アクション。
そして、冒険が進むと、ジャンプからのバタバタ、ブレス攻撃、ヒップドロップといった、バクに乗ってのアクションも可能となる。

ランブルの武器は、最初の剣とやりの他に、ソンノ島の夢の世界を攻略して、そこで手に入るかぎで島の遺跡の扉を開け、その試練をクリアすることで手に入る。
ハンマー、弓はもちろん、ボム、スネイルファング、属性攻撃が可能なドローカードといった道具も使えるようになり、さらに、ガントレットといった重いものを持てるようになる道具も手に入る。
それぞれの夢の世界は、例えば遺跡調査団のユーリの夢は遺跡ステージ、絵本が好きなハンナのステージは絵本仕立てで展開されたり、バラエティに富んでいる。
夢の最深部には、ボスが待ち受けているが、ボスの扉の前にはヒントが書かれており、その通り、倒し方もただ攻撃すればいいというボスは少ない。

そして、ステージには、ドリームエナジーや指輪等のアイテムが散りばめられている。
ステージスタート時に獲得率が表示され、コンプリートに水を向けるような演出が施されているが、全ステージコンプリートは相当困難な技だろう。
なんせ、ステージは、1回クリアした後、形が変わることもあるし、何より、1ステージを立体的に捉えれば、はなかなか広大だ。
夢は人の心を映すものらしいですし。

またステージには所々にエサモン。
生えている草を刈る等で現れるが、様々な色のエサモンは、様々な効果が発揮される。
これをバクにたべさせた後、主人公のライフが減ると、回復してくれる。
このため、今作のステージ攻略の難易度は割と低めに抑えられている。
ランブルが敵に投げると、タンブルがそれをめがけて攻撃する。
ドローカードで吸うと、色に応じた属性攻撃ができるようになる。
またエサモンの中には黒いのもあり、それを飲むとタンブルが暴れてしまい、ランブルも危険な目にあうので、敢えてタンブルを蹴ることで救うことができる。

もし次にどうすればいいのかわからないときは、バクに話せばたいていのヒントは貰える。
ソンノ島では、ゲーム内で時間が常に流れており、島の人が寝てないと夢に入れない。
となると、昼、あるいは夜にしか入れない夢もある。
日が沈む、夜明けのシーンもなかなか綺麗に描かれている。

主な難点は、夢のステージの画面が、一部見にくいこともある。
ゆらゆらしていて、酔ってしまうなんてこともあり。(シフォンの夢等)
夢のステージには光る演出はあるのですけどね。
ハンナの夢の絵本仕立てのステージの演出は神がかっているといってもいいですし。
アクション操作が豊富な故に、どのボタンを押せばどういう反応するのかがときよりわかり辛くなる。
例えば、ボスへのロックオンもやりづらかったり。
ゲーム中一番厳しい(と思われる)ボスが結構前半に出てしまうのも、序盤で投げ出してしまう原因になりかねない。

正直、このタイプのゲーム、要するに似たようなゲームが(それもかなりメジャーなゲーム)すでに多く発売されているがために、なかなか選ばれにくいきらいはある。
それでも、やりこみ要素は青天井並、通常クリアなら結果的に苦にならないゲームであり、そういったタイプのアクションゲームが好きならば、もっとやってみたいというならば、夢の中へ行ってもいいのではないでしょうか。

お勧め度  14/20
スポンサーサイト

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
406位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。