08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

155・「アラビアンナイト・砂漠の精霊王」


アラビアンナイトアラビアンナイト
(1996/06/14)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



タイトル・アラビアンナイト ~砂漠の精霊王~
発売年・1996
機種・SFC
ジャンル・RPG
メーカー・発売・タカラ 開発・パンドラボックス



そこは、太陽が照りつける、辺り一面、砂砂漠(すなさばく)のアラビアライクな世界。
15歳の少女・シュクランは、ある日、おばさんにこき使われていました。
そんなある日、シュクランは、指輪を見つけてしまいます。
指輪からは、精霊・イフリートが現れます。
イフリートは願いを叶えよとシュクランにつけます。
というのは、イフリートは指輪の主(拾った人)の言うことを聞かなければなりません。
そして、その主の願いを叶え続けなければなりません、そして、叶え続けて、いよいよあと一人…。
そんな中、日頃からおばさんにこき使われているシュクランは、イフリートにこう告げます。

「世界を平和にしてください。」

…そんなわけで、シュクランとイフリート達は共にアラビア世界を旅することになったのです。

と、RPGとしては珍しい中近東・アラビアの世界を舞台にしたゲームが、アラビアンナイト・砂漠の精霊王。
砂漠を中心とした世界、ダンジョンも山や宮殿、石でできた神殿といったものが多くを占め、砂岩でできた住居地帯、エジプトの町といったものが、精霊王の世界を彩っている。
天然ボケ気味の主人公のシュクランにアニメ調の絵柄。
しかし、軽い気持ちでこの世界に踏み入れると、砂漠の灼熱地獄に火傷を負うことになる。

まず、フィールドに出ると、およそ5歩ほどでエンカウント。
そして、また5歩でエンカウント…今度は4歩あたりで…(略)と、エンカウント率が非常に高い。
ダンジョンの内部は比較的エンカウント率は抑えられていると思いきや、それでも、他のRPGよりも高めだ。
一方、中盤で手に入る魔法のじゅうたんでフィールドのエンカウントを回避できるようになる等なかなか極端なこともしてくれる。


さて、戦闘システム。
シュクラン、イフリート、そして、序盤にもう一人、泥棒の少年・ハーティの3人で戦うことになるのだが、3人の攻撃、特技だけでなく、トレーディングカードを駆使したシステムを採用している。
カードは敵との戦闘を終わらせるごとに、1枚手に入る。
カードは3人の行動とは別に、カードを出すか出さないかの選択も迫られる。
一方で、雑魚敵やボス敵も敵にはカードを使ってくる。
カードを出した場合、敵への攻撃、ステータスアップ、HP・MP回復、さらには、魔法攻撃無効といった、強力な効果が3ターン続く。
カードには、水・火・月等それぞれの属性があり、ランクもレベル1からレベル5まで存在。
同時にカードを出した場合、レベルの高い方が発動する。(同じレベルの場合は両方無効)。
しかし、カードのレベルが低い方が、強力な効果が発揮される。
油断していると、弱い敵でも、レベル1のカードを出されて、大ダメージ受けることも少なくない。

その他、シュクランは、物語途中で仲間になる精霊(ジン)を召喚。
イフリートは必殺技等の特殊攻撃、ハーティは、状態異常攻撃やとんずら(逃げる成功)といった補助攻撃も得意だが、他のRPGでいう回復魔法や全体攻撃が極端に少ない。

そして、今作の目的は、ずばり、世界平和!(byシュクラン)もそうですが、具体的には、魔水晶を集めて、イフリートの本来の力を開放させ、悪の大ボスを叩き斬ることが目的だが。
それ以外にも、いくつかのフリーシナリオがある。
そして、今作にはエンディングが複数用意されている。
その中には真のエンディングなるものも用意されているが、これを見るのも結構難しい。
例えば、ゲーム中盤で、ある鳥が武器・防具をたべさせてと要求するシーンがあるが、これは、無視してもゲーム自体は進む。
しかし、一定数食べさせると…、ある重要な効果を得られ、シュクランが召喚できるジンと出会う等のイベントが起こる場所に行けるようになる。
そのイベントが真エンディングへの道だったりするのだ。
ただ、ゲームを進めるうちに、忘れてしまったり、どうでもよくなっったりで放置したままゲームを終えてしまうケーヅも出てくるだろう。
他にも、度々ゲーム中に選択肢が入り、攻略に関係ないものもあれば、実は重要な選択を迫られていたということもある。
ストーリー自体も、感動するシーンも少な目、やや盛り上がりにも欠けたまま、最後まで来てしまった。
物を集めることがストーリーの主軸になりすぎた為、(ゲーム的にはともかく)シナリオ的な急展開らしい急展開も少な目、話の流れも弱かった。
もっとも、話を見せるタイプのゲームではないので、気にしすぎることもないかもしれないが、もう少し印象に残るような工夫も欲しかったかも。

RPGとしては、クリア時間も短めだが、その分、1周目、2周目とやるごとに、色々な発見、が出来、楽しみ方も変わってくる。
軟派な表面に、硬派な内面を併せ持った職人芸のひかるRPGなのだ。

結果的に、上級者向けなRPGとなっているし、少なくても万人向けとは言い難い。
ただ、エンカウントの高さについても、世界観もコンパクトにまとまっており、戦闘のテンポも良好なので、触れ込み以上には気にならなかった。
ユーザーを必要以上に迎合しないゲームが活躍する機会だってあってもいいはず。

その一方で、アラビア世界のゲームがこの前にも、この後にもほとんど登場しない現実にも一抹の寂しさを覚えるのも事実。
単純にアラビアの世界が受けが悪かったのか、このゲームが難しかったからか。
難易度を絶妙なバランスに仕立てて間口を広げる手法はあっても、多くの大ヒット作がゲームの世界観までユーザーを迎合するのは、ゲーム業界全体にとって、果たして賢明な判断だったのだろうか。

お勧め度 12/20
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
404位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。