08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

174・「ときめきメモリアル」

ときめきメモリアル 伝説の樹の下でときめきメモリアル 伝説の樹の下で
(1996/02/09)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



タイトル・ときめきメモリアル
発売年・1994
機種・PCE PS SS SFC GB PSP等
ジャンル・SLG
メーカー・コナミ



ときめき高校、あなたは、その高校の新入生。
隣にいるのは幼馴染の藤崎詩織、成績優秀で可憐な女の子。

入学式、2人が門を通ると、そこに伝説の樹。
『卒業式にこの樹の下で告白されたら、その2人は永遠に結ばれる。』という言い伝えがあると詩織に言われます。

はたして、卒業式、あの子は伝説の樹にいるのでしょうか。


1994年にPCEで登場した恋愛ADVというイロモノ作品として、コナミから半ば開き直り気味に送り出した『ときめきメモリアル』。
PCでポピュラーだったテキスト型アドベンチャー要素に、主人公自身の育成SLG的な意味合いをこめた恋愛SLGとして登場したこのゲームは、物珍しさからか、口コミでじわじわと広がっていった。
藤崎詩織をはじめとするかわいい女の子たち、その女の子たちがフルボイス搭載(一部機種除く)の音声付でしゃべる。
そんな子たちと話をしてデートして、最後は告白されて、エンディングへ。

ただでさえ、RPGやら格闘ゲームやらの美女に感化されたゲーマー達は勿論、そうでない人たちも、画面に映し出される美少女達にたちまちイチコロ。
しかも学園生活、より身近な世界が舞台な為、あの頃の思いを重ね合わせてノスタルジーな気分をも思い出させてくれる。

キャラクターソングCD、本、ビデオなどがズバズバ発売され、関連グッズ会社は前代未聞のフルスロットル稼業。
2次元キャラであるはずの藤崎詩織のCDはオリコン上位にランクイン。

そして、当時の恋愛ゲーム愛好者は、テレビ画面の前に(電車の一番前の運転席の後ろで、前の景色を眺めるテツのように)かぶりつき、一方で、ゲームの絵の女の子にデレデレする野郎どもは、世俗の自称良識派(キリッ)の方々に、気持ち悪がられ…キモいとはなんだ?

先に言います。
確かに、ファンクラブまで結成されたアニメ絵の藤崎詩織が歌い、その画面に声援を送る野郎ども数百人のシチュエーションは確かに異様な光景でしょう。

しかしである。
そのコンサートの設営スタッフ、ときメモのスタッフ、詩織のCV金月真美さん。
日夜、労働基準法切り捨て御免のスケジュールの最中で働いてきた人たちへの感謝の思い。

藤崎詩織に流れているのは、間違いなく、実在の技術者の血なのです。
我々の声援はそういう人たちへの感謝の気持ちも含まれているのです。

さて、そんな熱き血潮が流れる女の子を口説き落とすには。

まずは、苗字、名前、あだ名、生年月日を入力。
そして、藤崎詩織の誕生日も決めることが出来る。

4月に入学。
平日、主人公は、芸術、文系、理系等の学習、運動、遊び等をすることで、文系、理系、芸術、運動、雑学、容姿、根性の7種類のパラメータを上げる。
一方でそれとリンクするように上がり下がりする体調、ストレス残り2種類のパラメータにも気を配ることになる(寝るコマンドで解消)
体調が下がりすぎるとケガ、ストレスが上がりすぎるとノイローゼになってしまうため。

一方の休日、ここでは、部活動をしたり、友達や女の子に電話したり、雑誌を見て情報を収集。
もちろん、自宅で上記の学習も可能だ。
部活動は入退部自由、つまりは、卒業式の前の日に入部することもできたり。(2月28日に1日だけ野球部に入部してさっさと卒業する主人公…)

そして、3年間の高校生活なので、文化祭、運動会、修学旅行、テストといった学校行事も行う。
テストでうまくいかないと補修もしたり。
運動会で、玉入れしたり、正月におみくじ曳いたり、ゲームセンターでゲームしてみたり、ときには、(回避の方法もあるが)、RPGのような戦闘もおこなったり。

主人公のパラメータが一定数に達した状態で、特定の行動を起こすと、あれ、新しい女の子が登場し、主人公と知り合うことになる。
絵描き好きの片桐彩子、マネージャーの虹野沙希、お嬢様の古式ゆかり、水泳部の清川望、容姿がモデル級の鏡魅羅、ペット(名前はムク)好きの美樹原愛(みきはらめぐみ)…。
廊下でいきなりぶつかってくる遊び好きの朝日奈夕子に、理科系の紐緒結奈はいきなり主人公の机を測りに来たり。
2年生になると、友人・早乙女好雄の妹、早乙女優美も入学してくる。
そして、ときどき廊下でぶつかってくる謎の変な髪形の少女。

もし会うってしまったら…女の子たちは、基本的には、好意的に主人公を見ています。
しかし、冷たい態度で接すると、女の子とは嫌います。
それだけならいいのですが、あくまで舞台は高校。
女の子は(おそらく)女友達がいて、あっという間に高校中に噂が広がります。
すると、その噂は他の女の子にも伝染していき、あっという間に主人公は学校の嫌われ者に。

対処法は休日に電話で好雄にきくこと。
女の子の好感度がわかりますが、その表で爆弾が表示されます。
爆弾とは、一定以上女の子を放っておくとついていき、それが爆発すると、もう主人公のことを相手にしてもらえません。

どうするかというと、デート。
本命の女の子との好感度アップの為なのはもちろん。
仮に本命の女の子じゃなくても誘ってデートすることで、機嫌を取ってもらうのです。
デートは、休日に電話で好雄に女の子の情報(電話番号)をききだし、その女の子に休日に電話をしてデートに(休日の○○日に○○の場所にという感じで)誘い出す。
残念ながら、所用でデートを断られることもある。
因みに電話は好雄、女の子達の他にやたら気障な伊集院レイにも電話はできる…ようだ。
誘ってOKがでたら、好みの場所でのデート、選択肢でいい印象をあたえよう。
デートをすっぽかすと、好感度は真っ逆さまに。

因みに、多く女の子と知り合った場合、その爆弾処理の手間もかかってしまう。
要するに、目当ての女の子以外、出来る限り、女の子を出現させない、というやり方をとることになります。

さて、入学から3年の時が流れ、3月1日いよいよ卒業式、伝説の樹に居たのは…。

とこの結果は、主人公の相手、そして進路共々プレイヤーの頑張り次第となるのだが。

デート等での選択肢の結果の他、遊び好きの朝日奈夕子にはあのパラメータ、怪しい実験少女・紐緒結奈にはそのパラメータ、とキャラごとに高い数値を上げると、そのキャラが惹かれるということがあります。

それに対し、藤崎詩織から告白されるためには、文系、理系、芸術、運動、雑学、容姿、根性(あと体調もよく、ストレスも少ない)すべてのステータスが一定数に達してなければ告白されないのです。

この幼馴染、どれだけウルトラスーパーハイスペック男が好みなバブリー女だったのでしょうか。

近年は、読むゲームという意味合いの恋愛アドベンチャーが多く出現した中、いかにうまくパラメータを調整して、学校で嫌われ者にならずに且つ、目当ての女の子から告白されるという目的を達成するかという、一種の戦略が問われるゲーム性が押し出されている今作。
恋愛、告白はあくまでEDの結果。
もしかしたら、このゲームの実態は仮想高校生活自己研鑽SLGなのでしょうか。
目標に向かって努力する大切さを思い知らされるのでありました。
皆さん、悔いのない学園生活を送りましょう。
もっとも、過ぎたことって言い出したらきりが無いことかもしれませんがね。


お勧め度  15/20
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

Comment

No title

これはとても好きでしたね。

>仮想高校生活自己研鑽SLG
>学園生活、より身近な世界が舞台な為、あの頃の思いを重ね合わせてノスタルジーな気分をも思い出させてくれる

このゲームが普段ゲームをあまりしないような一般人にも支持されたのは、こういう内容だったからなのでしょうね。
あまり恋愛にだけこだわるという姿勢でなかったから、いろんな要素を求めて多くの人が入ってきやすかったと。
キャラとかの立て方は同級生を参考にしたと言われますが、同級生も恋愛は一部でしかないですからね。
だからいろんな人が入っていきやすかったと。
逆に後続の類似品は、恋愛にばっかりこだわって枠が狭くなっていった感があります。

ゲーム部分に関しては、プリメ・卒業・プリメ2といった流れなのでしょうね。
90年代前半の育成SLGは、本当に熱かったです。

レスです

プレイしてみると、デートというものはありますが、寧ろ高校生活を再度行うという意味合いが強かった気がします。
ただ、目的が厳しいテストを合格して卒業しろ、大学試験に合格しろ、ではなく、女の子からの告白でしたので、その辺りが必要以上にクローズアップされたのかなと思います。

学校生活と恋愛要素のバランスがよかったということかもしれません。

これまでは、あまり育成SLG系のゲームをすることが少なかったので、来年は、もう少しやってみたいですね。
Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
391位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。