10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

179・「ディグダグ」

ディグダグディグダグ
(1985/06/04)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



タイトル・ディグダグ
発売年・1985(FC)
機種・AC FC GBA
ジャンル・アクション
メーカー・ナムコ



舞台は地底。
主人公のロボットのような人間のようなサイボーグのような男は(後にホリ・タイゾウであることが判明)、ただただひたすら地底に住まうプーカァ(歩くだけの敵)とファイガー(火もふく強敵)をやっつけるたびに出るのであった。
なぜかって?そこにプーカァとファイガーがいるから!

固定スクロールアクションのこのゲーム。
ホリ・タイゾウは、重力の無い地中、すなわち上下左右、どの方向にも歩くことができる地面の中の世界で、画面上のプーガァとファイガーを全滅させればステージクリア。
地中ということで、ホリは、常時装備しているモリを持って、地面に穴を掘っていく。
敵の討伐方法はホリの持っているモリで、敵を膨らませて破裂させるか、仕掛けの岩で押しつぶすか。
モリを敵に付けて何段かに膨らませ、一定のところまで膨らませると破裂するというもので、途中でやめてしまうと、戻って復活する。
また、ゲームにBGMはつきものだが、このゲームは、ホリが歩くとBGMが鳴り、立ち止まると、BGMも止まってしまう。

重力の無い世界だったが、岩は画面下に落下する。
岩の下の地面をホリが穴をあければ落下。
その岩で敵を一気に潰せば高得点が入り、ホリがつぶれれば、アウトとなる。
ただ、時間が経つと敵のスピードが上がり、モタモタできない。

敵は2種類、固定スクロール、仕掛けも少々。
しかし、敵をいっきに倒すには、ふくらます途中でやめて通り抜ける、うまく数匹の敵を誘導する等の高等テクニックが必要だったりするから、ゲーマー達はプレイに熱くなった。
故に、『ジグザグ』なんていう、このゲームの偽物まで現れたというもの。
こういう時代からテクニックへの挑戦は生まれていた。


お勧め度 15/20
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

Comment

柳の下のドジョウを追いたがるのは世の常か

プーカァの破裂アクションに残酷さを感じていたのも、今は遠い昔。
伊勢崎ナムコランド(通称・伊勢ナム)に以前稼動してたのを目撃したが、
現在もあるかは不明。

ビデヲゲームの厳冬の時代は未だ終わりを見ない。

レスです

よくよく考えると、残酷な描写も、当時はコミカルに描かれてましたね。
それは、ファミコンの時代苦肉の策ということで。
Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
473位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。