06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

185・「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」

プリンセスメーカー 夢みる妖精プリンセスメーカー 夢みる妖精
(1997/01/24)
PlayStation

商品詳細を見る



タイトル・プリンセスメーカー ゆめみる妖精
発売年・1997
機種・PS SS等
ジャンル・育成SLG
メーカー・発売・ソニー  開発・ガイナックス、ナインライブス


ある日、あなたは、10歳の少女を授かることになった。
その少女は妖精の生まれ変わり。
その少女をあなたは、18歳まで育てなければいけません。

妖精の女王の使命でで、あなたのもとにやってきた妖精のウズのナビゲートをもとに、少女はどのように成長していくのか。
ちなみに、その少女のチャームポイントは、おそらくおでこ(?)

アニメ制作で有名なガイナックスより登場したプリンセスメーカーシリーズ。
戦災孤児を育てる1作目、天界からの少女を育てる2作目。
そして、ナンバリングはなく、「ゆめみる妖精」というサブタイトルを以て登場したプリンセスメーカーの3作目。
以降も数々のシリーズが発売されている。
ちなみにPSで発売された「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」は、大胆にもパッケージにタイトルは書かれていない。
花をバックに気の強そうな妖精の娘が書かれているだけの表パッケージだ。

さて、ウズのナビゲートに導かれるままに、まずは、娘の名前、あなたの名字、2人の誕生日、そしてあなたの職業を決める。
職業によって、金の入り具合や、娘の初期の性格などが変わってくる。
設定した誕生日になると、娘からプレゼントをもらったり、逆に誕生日プレゼントに何を上げるかというところも出てくる。

さて、育成スタート。
育成期間は8年間。
まずは、娘を教育にするか、アルバイトに出すか、あるいは自由時間を与えるか、高い金を払ってバカンスを楽しむか。
1回の行動にかける期間は2週間、1か月に2種類の行動が可能。
1回(2週間)ごとに行動を実行するか、一気に1年間行動するかはあなた次第。

教育は、学校、ダンス教室、料理教室、教会等で娘を学習することになる。
当然、お金がかかる。
一方のアルバイト。
子守、酒場、農場、メイド、家庭教師等。
こちらはお金をもらえる一方、娘にはストレス等の負担も大きくかかる。
また、貰える額は、2週間のうち、成功した日の分しかもらえない(成功するかどうかはランダム)
教育、アルバイトともに、行うごとに、ある種のステータスが上がる一方で、さがるステータスもある。
スタミナや気力が上がる一方、センスは下がるみたいに。
あるいは、知力、気品があがったり、その代り、スタミナが少し落ちたり。
娘は、身長や体重、スリーサイズも上下することもある。
断食教室では、ストレス等を代償にして、体重を落としたり。

娘は、普段は素直な子であるが、教育の仕方次第で、貧乏性になったり、なまいきな少女、非行少女になることもある。
あるいは、病気になった場合は、家で休む、病院で入院するはめになる。
どんな職業を目指すにしても、ストレスのため過ぎはよくないようだ。

教育の過程で、娘は様々な人たちとも出会う。
先生やバイト先の職員の方々もそうだが、学校の友達、武術教室のライバルといった人たちとも出会うことも。

そうして迎える8年後、18歳になった娘。
果たして娘はどのような進路をすすむことになるのか。

娘の進路は、これまでの行動の回数、娘のステータスによって進路が決まるが、その進路は結構多い。
文字通りプリンセスになっているか、はたまた、どこかで就職しているか、あるいは、ある人物との出会いに影響されるか。
娘に感謝されるあなた。
はたしてその娘の姿は…。

8年間といえども、操作などになれれば、2時間弱でゲーム内の8年間は終わらせることもできる。
進路は、結果的にわりとゲーム中盤あたりで決まることもある。
お金の使い方、うまく、教育先を選ばないと、娘が非行に走ってしまう。
あの時にわからなかった親の気持ちは、少しは理解できそうな、育成ゲームでありました。
ただ、昨今の体罰、虐待のニュースを聞いていると、実際のしつけは、こうもうまくいかないものなのでしょうが。
プリンセスにしても、実際の子供にしても、「作るもの」ではないですからね。


お勧め度  15/20
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
325位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。