06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

193・「ロードランナーツイン ジャスティとリバティの大冒険」

ロードランナーツインロードランナーツイン
(1994/07/29)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る




タイトル・ロードランナーツイン ジャスティとリバティの大冒険
発売年・1994
機種・SFC
ジャンル・アクションパズル
メーカー・T&Eソフト



ブローダーバンド社から登場したロードランナーは、日本でも大ヒットを記録。
坑道を舞台にステージの金貨をすべて獲って、梯子で画面上に脱出するというものだが、敵キャラとの駆け引き、穴を掘った後の対処と、随所に戦略的な要素が散りばめられていた。
ハドソン発売のファミコンソフトを皮切りに、多くのハードで派生作品が登場しました。
その中の一つ、こちらは、SFCで登場したロードランナーツイン。
舞台がメルヘンチックな魔法世界となっている。

ジャスティとリバティの兄妹は、国王によって城に呼び出され、その王に、様々な依頼をされる。
何々が壊された、盗まれた等。
2人は(プレイヤーはどちらかを選ぶのだが)その国王の依頼を受け、冒険の旅に出る。
ステージ数は全部で100。
10ステージごとに、上記の会話イベントが挿入される。

冒険の舞台となるのは、お菓子の国、海賊の船、火山、エイリアンの国。
敵キャラは、バイキン、恐竜と、ステージによって見た目は様々だが、中身は皆一緒、移動スピードも同じ。
2人は、魔法のステッキで、前のブロックを掘って、てきを埋めたり、下のフロアに飛び降りたり、内容そのものは、さながらのロードランナーだ。
ステージごとのパスワードは英字4ケタ、ステージ前に表示される。

100のステージは、1画面では追いつかないような上下左右に広がりを見せて、結果的になかなか広大なステージを攻略することになる。
全体像マップを表示させることもできので、そちらのマップも頼りにしたい。
全体的には、パズル要素よりも、敵の上に乗って向こうに移動する、といったアクション要素が強いゲームとなっている。
チャンピオンシップ、を引き合いに出すまでもなく、難易度自体は実は手頃。
世界観以外で新要素的なものは特に見当たらないものだが、とりあえず、低年齢層に向けられた世界観、および、難易度とみれば合点がいくところ。
他にも、2人の対戦モードもあるのだが、上下に分割された画面はやや見づらいか。
ゲームシステム共々、童心に帰るときがあってもいいのかな。


お勧め度  13/20
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
325位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。