11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

195・「デイズオブメモリーズ3」

デイズ オブ メモリーズ3 特典 オリジナルドラマCD付きデイズ オブ メモリーズ3 特典 オリジナルドラマCD付き
(2009/05/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る



タイトル・デイズオブメモリーズ3
発売年・2009
機種・DS
ジャンル・ADV
メーカー・発売・SNKプレイモア



SNKプレイモアの女の子キャラクターと会話をするというコンセプトで発売された派生的シリーズ。
携帯電話のアプリで登場したのち、DSにて移植。

プレイヤーは、平凡な生活を送っている主人公になって、格闘ゲーム等で活躍したSNKプレイモアの女性キャラクターと恋をするという内容のゲーム。
恋愛アドベンチャーゲームであり、ファンディスク的な要素をも持っていた作品であった。

このデイズオブメモリーズ3には、アプリ版でいう7、8、9作目が収録された。
また、初回限定特典として、ドラマCDもついてきた。
ちなみに、ゲーム本編では、声優は起用されていない。
ドラマCDには、麻宮アテナ、クーラ、ナコルルら、本編の登場人物の他、(おそらく、担当声優・生駒治美さんの2役、3役の関係上)キング、ブルーマリーという本編に出てこない人物が登場する。


当初は、ほぼそのままの設定でSNKヒロインが登場した作品であったが、以降は、社会人、そして今作は、高校生、教師という設定で登場する。
故に、原作(あるいはDOM1作目)では、17歳の麻宮アテナ、21歳の不知火舞、餓狼伝説より数年後のちの時代では、16歳の双葉ほたるといった微妙に年代がバラバラな女性キャラが、ほぼ一律17歳ということになっている。(男性キャラで言えば、同い年のはずの人物が教師と生徒の間柄となっている。)


3作の共通ルールとしては、序盤では、主人公(3作の主人公は別人)は、高校の校舎内や、町中を移動し、学校生活を送る。
あらかじめ、ヒロインキャラのアオコンが表示されるが、今作は遭遇したら、選択肢がほぼ発生。
好感度が上がる選択肢を選べれば、彼女のテーマ曲が流れる。
そして、中盤は、舞台が変わり、2人の女の子と共に、行動する。(好感度が高い順2名)
そして後半で個別ルート突入する。
基本的には、その彼女とのルートではあるのだが、選択次第では隠しルートに突入も?
女性キャラの他に、友人役、教師役等として草薙京、アンディボガードらプレイモアの男性キャラも登場する。
以下個別で収録されている作品を。


・僕と彼女との古都の恋


星翔学園が京都へ修学旅行へ行くというもの。
そこは、アイドル、トップレベルの運動選手が集う名門高校だ。
アイドルとして活動する麻宮アテナ、水泳選手のレオナ、トップモデルのクーラ、サッカー部のアンヘル、元女優の教師・ウィップ。
オリジナルキャラクターに神鷺みさと(体操選手)。
京都では、ナコルルと共に旅館で女将をするリムルル。
修学旅行の最終日、一緒にいる彼女は誰なのだろうか。


・風舞う都で捕まえて


こちらは、問題児が揃う覇天高校(校長はギース・ハワード)。
星翔学園と同じ日に、京都へと修学旅行を敢行。
なぜか、覇天高校に通う良家のお嬢様・不知火舞、クラス委員のユリ・サカザキ、関わると不幸になるという笑龍(シャオロン)、沖縄からの転校生・真境名ミナ。
京都では、リムルルと共に旅館の女将をするナコルル。
オリジナルキャラクターとして、みさとと双子の姉妹である神鷺はるか。


この京都編の2作のキャラは、若干ロリテイストに描かれている。
京都の観光名所を回ることになるが、その他、京都では、度々時代劇の撮影も行われている。

攻略自体は、単純にヒロインキャラとずっと一緒の場所にいる、という感覚でいけば。
個別ルートでは、相手の性格を考えながら選択肢を選んでいけば、問題なくクリアできるだろう。


そして、現時点で最終作となっているのが、通算9作目にあたる、


・世界で一番熱い冬。


「波の数だけ抱きしめて」のようなノリでつけられたタイトルだが、星翔学園と覇天高校のが冬に合同クリスマスパーティを行うというストーリー。
デザインの若干変わり、京都編と合わせてトリロジーの意味合いの作品

星翔学園からは、アイドルの麻宮アテナ、お嬢様のローズ。
覇天高校の不知火舞、幼馴染だった双葉ほたる、剣道部でかつて主人公にあこがれていた高嶺響。
さらに、京都から、ナコルル…のような人物と、彼女を追って来た一条あかり。
オリジナルキャラクターの滝田玲奈は、主人公の幼馴染で(不知火舞以上に)ダイナマイトボディの持ち主。
加えて、麻宮アテナの従妹として、初代アテナ(はつしろあてな)という女の子も星翔学園に転入してきた。

まず、序盤で町で女の子達と出会い。
中盤で、女の子、2名とともに、ある課題をクリアすることになる。
クリアすることがクリスマスパーティの出席条件となる。(ただし、課題自体は自動的にクリアできる)
そしてクリスマスパーティ当日に、個別ルートに突入する。
盛大に行われる合同クリスマスパーティ、しかし…その裏に潜む(キャラ、場合によっては発生しないが)ある陰謀。
そういった困難を乗り越え、パーティの後、誰と手をつないでいるのか。


にしても、世間一般では、受験勉強や就職活動で忙しいはずの高校3年生たちが、ろくに勉強せずに、クリスパスパーティの準備やら、余興やらをやっている姿になかなかの違和感が。
加えて、修学旅行と違って、スター軍団(星翔学園)、問題児軍団(覇天高校)の印象がかなり薄れている。

さて、個別のキャライラストの解放、好感度足りずにバッドエンド含む全部のエンディングをみると、オマケモードも介抱される。
詳細は伏せるものの、次回作への意欲的な発言も見られた。
ただ、現時点で続編の話はない。

他の恋愛ゲームと比べ、(特にテキスト面で)完成度は高くないかもしれないものの、ある意味、やること自体に価値のあるゲームであるようにも感じるゲームであります。
こんな高校生活だったら、色々な意味で楽しいのだろうな。


お勧め度  10/20
スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
542位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。