10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

199・「ぽっぷるメイル(SFC版)」

ぽっぷるメイル [SUPER FAMICOM]ぽっぷるメイル [SUPER FAMICOM]
()
Super Nintendo

商品詳細を見る




タイトル・ぽっぷるメイル
発売年・1994
機種・SFC
ジャンル・アクション
メーカー・日本ファルコム


メイルは賞金稼ぎのエルフの少女。
しかし最近、調子が悪く、もうやめようと考えていた。
そんな矢先、賞金$200万のマテリアル・ホルンの情報が。
見た目も大したことない、こいつなら…と、メイルは一攫千金を夢見て奴がいる森へと向かうのであった…。

いくつかの機種に登場したどたばた横スクロールアクションゲーム。
ぽっぷるメイルは、90年代初頭のファルコムを支えた作品である。
PC、PCエンジン、SFC等数々のハードで発売された。
ラジオドラマが放送され、ドラマCDもゲームショップに並んだ。

敵キャラ、トラップ満載の横スクロールのダンジョンを進める。
拠点の街(ミーネの砦)、ダンジョンの各所の店で武具、アイテムの購入、回復、セーブを行うRPG要素も盛り込んでいる。(レベルアップの要素はない)
モンスターを倒せば、モンスターカードでその分の数値がアップ。
その数値をお店で換金してもらい、装備の強化、宿屋での休息を行う。
ダンジョン各所では、サブキャラ達との会話も挿入、彼らの会話をヒントにダンジョンを探索することにもなるいわば探索型のアクションゲームだ。


導入部分を終え、最初のダンジョン(ジャングル)に入ると、マテリアルの弟子という魔法使いの少年・タットと出会い、さらには、次のダンジョン(洞窟)では、怪獣のガウも仲間として同行することになる。
メイル、タット、ガウの2人+1匹の力を合わせて(要所要所で切り替えて)、冒険を進める。
アクションステージだけでなく、店の買い物も一人ずつ切り替えて行うことになる。(宿屋で3人回復するには、3回泊まる必要がある。)


アクション面では、メイルは、剣での攻撃が得意。
上に切って、下へ突いて、伏せてアタック。
盾で攻撃を防ぐこともでき、MPの使用&消費はない。
タットは魔法使い、魔法で攻撃する。
攻撃の際はMPを消費することになるが、少し経てば回復。
遠距離での攻撃にうってつけのキャラだ。
ガウは、シッポで攻撃したり、MP消費しながら火を吐いて攻撃したり。
攻撃方法が数種類ある、タット、ガウは、その都度、画面切り替えで攻撃方法をかえながら戦うことになる。
また、ガウ>メイル>タットの順で、ジャンプ力が高くなっているので、高い壁はガウで、遠距離の敵はタットに交代…のような使い分けをする必要がある。
ジャンプの(上下移動)のはやさ、ダメージ受けた時も点滅のみで処理されるなどで、アクション操作自体もタメの部分が少なめ(ジャンプボタンのレスポンスが早すぎる)、故に、いつの間に?というケースも度々出てくる。
また、タット、ガウは、ステージ中にパワーアップアイテムが落ちているケースもあり。
見逃さないようにしたいところ。


ステージ数、冒険するアクションステージは全部で5つ。
1ステージも少し長くなっているが、話の流れを考えれば、結構急な展開になりがち。
どたばたアクションというゲームというノリで、明るいテンションで進んでいく。
ではあるものの、基本的にメイルが関わるシーンは少なめか。
賞金首云々から徐々にその裏に潜むドス黒い秘密に迫るのだが、基本、メイルからすれば、お転婆な性格を発揮する場面は少なく、そうそう唐突な展開になってしまった感はあるかもしれない。
そして、そんな最終ボスは、ストーリーの都合でメイル1人で戦うことになり、他2人は離脱してしまう。
それでも、どのボス、ステージにしても数回やり直せば、攻略法がわかる範囲には収まっている。

華やかそうな見た目に、やや惜しい感のあるゲーム内容。
ゲームの楽しさを一攫千金することは難しいかもしれないが、思い出の宝にはなりえるゲームではありそうだ。

スポンサーサイト

theme : 懐かしのゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
473位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。