07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

215・「SDガンダムワールド  ガチャポン戦士2 カプセル戦記」

SDガンダムワールド ガチャポン戦士2 カプセル戦記SDガンダムワールド ガチャポン戦士2 カプセル戦記
(1989/06/25)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る



タイトル・SDガンダムワールド  ガチャポン戦士2 カプセル戦記
発売年・1989
機種・FC MSX
ジャンル・SLG
メーカー・発売・新正工業   開発・ヒューマン



1979年にアニメが放送された機動戦士ガンダム
アニメブームの一端を担い、現在のクールジャパンの一角であるアニメ文化を構成。
巨大ロボットの戦いの末に生まれる数々の名シーン、名台詞は今現在でも語り継がれている。
ガンプラに代表されるようにガンダム関係のグッズも大ヒットを飛ばした。

追い風に乗るように登場したのが、SDガンダム(スーパーデフォルメガンダム)である。
こちらもアニメ作品等登場したが、特にカードダスやガシャポンといった駄菓子屋のおもちゃとして定着、10円玉持ってお出かけした思い出のある人も多いだろう。

さて、ゲームの話に展開を広げると…。
ファミリコンピュータでもSDガンダムシリーズが発売。
1作目はディスクシステムとして登場。
その後2作目となるガチャポン戦士2・カプセル戦記が1989年でファミコンで登場した。
ウォーシミュレーションの形をとっているゲームだが、戦闘画面では1対1のアクションバトルが繰り広げられる、当時の神頼み的な戦闘が主流のSLGとしては異色の手法がとられていたが、これがSDガンダムのキャラクター性ともマッチしていた。
そして、この2は、1作目以上にロボットの種類、マップの数が増え、なによりCOMの思考時間が減少した。
いわば、一つの完全版といったところか。

今作そのものにはストーリー制はとくにない。
全部で30のマップが用意され、それぞれ、に塗られたロボットユニットが配置。
それぞれの首都(にいるボスを倒して)を制圧できれば勝利となる。
1Pと2Pを人間がやるか、数種類あるCOM(数種類設定されているが、全体的に結構強めかも)に任せるか。
そして、初期の軍隊の数と資金を設定した後、30のマップから1つ選んでゲームが開始される。

SDガンダムということで、地上、海、だけでなく、大気圏、宇宙といったエリアもバトルの舞台となる。
首都、工場では、新規ロボットの生産が可能で、都市、コロニーでは、新規ロボット生産に必要な資金を稼げ、エネルギーも回復できる。
12のユニットを動かした後にターン終了し、相手のターンとなる。

そして、青と赤のユニットがマップ上で重なると、いよいよ今作の醍醐味であるアクションでのバトルが開始。
原則的に8方向に動けるバトルとなるが、場所によってバトルの舞台が変わり、障害物がある、重力に引っ張られるタイプの舞台も用意されている。
ミサイル、ビームサーベル、その他特殊な武器を駆使して、エネルギーが0になったら破壊される。
制限時間内に終わらなければ、エネルギーが低い方がはじかれるというもの。
地形の演出などもあり、ロボットで戦うという実感がコントローラーを通じて伝わる快感。
シミュレーションプラスアクションバトルの異色の手法も、この世界観にマッチしている。

初期配置の他に工場、首都で、新規ロボットを作成するが、高性能・移動距離の多い等のロボットは値段も高いうえ、生産までのターン数もかかるもの。
たとえば、COMとの対戦では、お互い首都近くでの生産が続き、長々とした泥仕合になる傾向にあったりとするものの、こぎみよいアクション、戦略が繰り広げられ、本家ガンダムファン、あるいは、そういったアニメにも興味ない層でも1本のゲームとして楽しむこともできるゲームだった。
ゲームとしてのガンダムキャラを楽しめる戦略初期のキャラゲーの好例の1本であろう。
スポンサーサイト

theme : レトロゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
399位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。