06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

218・「漢字の渡り鳥」

漢字の渡り鳥漢字の渡り鳥
(2006/06/01)
Nintendo DS

商品詳細を見る



タイトル・漢字の渡り鳥
発売年・2006
機種・DS
ジャンル・その他
メーカー・サクセス


下画面に文字を書くことで、複雑が漢字の入力を行うDSの機能は、多くの脳トレ、学習系ソフトを生み出したが。
だが、そんな堅苦しいことせず、もっとはじけろ、とばかりに登場したのが、単なる脳トレゲームとは違う漢字アクションゲーム、漢字の渡り鳥だった。
アクションといっても、時間に追われて読みの入力とか、陰湿なアクションではありましたが。

文明開化後に荒廃した日本、ある港町を訪れた渡り鳥ことカンジガイ木机桜とという国語教師と出会う。
桜は、なぜか「ひみつだんケー」という組織に狙われており、カンジガイは、彼女をその謎の組織から守るために漢字バトルをするというもの。

やさしい(中学)、ふつう(高校)、に加え、いずれかをクリアした後に遊べる、むずかしい(大学、社会人)の3段階に分かれている。

特撮番組で登場してから、アカなんとかに5秒で倒されるような戦闘員のような団員が襲ってくる。
というよりは、漢字の書かれた札を出してくる。
その札の漢字を時間内に読めない(タッチペンで入力できない)、間違えた読みを入力すると(その際、答えは教えてもられない)、団員が襲ってきてダメージを受ける。
団員は最大で3体同時に読ませてくる。
時間が迫ると、答えとなる平仮名が振られ、最後まで振られた瞬間に襲ってくるというもの。

下画面には、読み方を入力できるエリアが二つ用意され、その枠内に仮名をタッチペンで書くと、その上の枠に仮名が一文字ずつ現れ、「かんじ」と入力するには、左右どちらでも構わないので、順番に「か」「ん」「じ」と入力していき、完成したら発射して攻撃して団員を倒す。
また「ょ」(拗音)「っ」(促音)のような、小さな文字は、「よ」「つ」のような大きな文字と同等に扱われており、「しょう」と読ませるものを「しよう」と入力しても正解となる。
が、残念なことに「ゃ」と入力したつもりが「か」と入力されてしまうような誤作動もおこることもある。

5ステージに分かれており、ステージの要所、および、最後には、ボス戦が待っている。
通常の漢字の読みではなく、漢字の画数分だけタッチペンで叩くというもの、2つの漢字を合わせて熟語を作るというもの(これがまた素早い判断を要求される)、3択で間違った四字熟語を当てるというものといった問題が用意される。

文明開化のさなかに暗躍するひみつだんケーの団員を倒しつつ、4ステージをクリアすると、いよいよ最終ステージ。
ラスボスは、3種類の攻撃?をしかけるが、最後の10個のなかから該当するものをすべて選ぶというものでも、稀に「10個選択肢のうち5個が空欄」というマインドシーカーな攻撃をしかけてくる。
「10個選択肢のうち5個が空欄」は確認できるだけで2問あり、1つは空欄以外をにタッチすればOKだが、もう一つは…これは出題されないことを祈るしか…ないはず。

ステージ毎に評価がされ、例えば、ノーダメージでクリア等できれば、高い評価が与えられ(優・良・可で評価)、5ステージ合計の評価いかんで、エンディングの内容が変わる・・・かもしれない。

学校の漢字と言えば、読み、書きが基本となるが、今作には漢字の書き取り問題が無い。
制限時間が概してシビア等、一つの漢字学習ソフトという観点からみれば物足りない部分はあるだろうが、むしろ歯ごたえのあるアクションをする感覚で臨んだ方が得策か。
もっとも、時間との勝負という意味のアクションになりそうなのですが。

小さいころ、誰もが行った感じの読み書きは、2006年当時でもパソコン、そして今やスマホ全盛を迎え、自力で漢字を読み書きする機会が減っていく現代社会。
漢字と直に接する機会を渡り歩いて漢字を習得するべき、という文明開化の日本から未来へのメッセージを具現化した作品だったのかもしれません。
もっとも漢字を渡り歩く舞台は、新聞や本の方がいいかもしれません。
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
325位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。