05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

226・「みずいろ」

みずいろみずいろ
(2002/12/26)
PlayStation2

商品詳細を見る



タイトル・みずいろ
発売年・2001(コンシューマー版2002)
機種・PC PS2 DC等
ジャンル・恋愛ADV
メーカー・ねこねこソフト NECインターチャネル 



2001年にPCで、翌年にコンシューマーで登場した恋愛系アドベンチャーゲームである、みずいろ
「普通の学園モノ」という言葉は、PS2のパッケージ裏より。
みずいろのように淡い思いをプレイすることで、思い出すものとは…。
とはいえ、オパッケージのキャラの髪の毛の色がカラフルで、普通じゃないよ、といわれても仕方ないかもしれないが。

ゲームスタートで、まず、幼少期のストーリーが始まる。
そう長くない話(現代期に置き換えれば言えば1、2日分のストーリー)ではあるが、ここでの選択肢、主人公の行動で行動で、現代期でのストーリー、いわば早々ヒロインのルートが決まる。

その後の現代期(およそ17日前後)は、まるまるそのキャラとのイベントとなってくる。

幼少期のストーリー、主人公は片瀬健二
まず、家に1歳年下の雪希(片瀬雪希)が義妹としてやってくる。
道に迷っている早坂日和、主人公になにかといじめられる。
砂浜で遊んでいる大人しい(1歳年下の)進藤むつき…とその双子の活発な妹。
そして、小野崎清香も登場、小柄な喧嘩友達である。

幼少期のストーリーを終えると、印象的な主題歌が流れ、主人公が高校2年生となった現代期へ。
1月29日から2月中旬までのストーリーが描かれる。

基本的に幼少期に親密になったキャラとのストーリーが展開される。
ルートによって、片瀬雪希、小野崎清香といった人物が、違う立場で登場する。
中には、メインかそうでないかで、性格が180度変わるキャラも。
早坂日和に至っては、別ルートでは、クラスメートになっているが、メインルートでは、学校におらず、夜に、主人公の部屋の押入れから現れるようになっている(PS2では、さらに新ルートも登場する。)

またルート次第では、幼少期に登場しなかった人物とのポッ出感でヒロインルート突入する。

高校3年生の神津麻美、力うどんが好きなのんびり屋さん。
同様にコンシューマー版に追加登場した家庭教師を務める大学1年生の石川冬佳ルートとなることもある。
上記2人は、他のストーリーには登場せず、ややさみしい感じも。
(コンシューマー版では)選択肢でキャラのアイコンが表示され、そのアイコンの表情いかんで重要度もわかり、表情いかんを見て、その時点でセーブをして進めるといいかもしれない。

普通の学園モノ、それが故に大きな話の起伏は少なめか。
およそ17日間、すでに決まっているヒロインを相手に話を進めるのだから、致し方なしだろう。
ただ、現代編初日からいわゆる共通ルートはないので、プレイの度に新鮮な気持ちでゲームに入りやすい。
また、季節としては冬の物語であるが、雪景色等の冬にまつわる話は少なめ。
なにより、義妹が家にいるという男子(しかも両親は家にいない)は、そうそう現実世界では少ないかもしれない。
話の核心、ヒロインの心情に深く踏み込むのは、たいてい後半あたり。
前半は確かに、クラスでの、登下校時での、家での雑談が中心となり、そういう部分で普通の雰囲気を出そうとしたのだろうか。

ただ、前述のとおり、早坂日和の話では…突如夜中に主人公の部屋に現れ、しかも、雪希には、姿が見えないという話。
みずいろのコンセプトを考えると、出色ものである。
日和は、他のストーリーでは、主人公とのクラスメートとして登場する。
攻略するキャラの順番しだいで、キャラクターの印象、ひいては、みずいろ自体の印象も変わってきそうだ。

血のつながってない義妹、幼馴染や、ケンカ友達等、いわゆるギャルゲーのテンプレ要素なキャラが登場し、彼女たちとの生活を楽しむ。
みずいろより薄い、あの頃の恋愛体験の思いを馳せながらプレイしたいところであります。
濃厚な恋愛をしたそこのあなた?
いや、さすがに素直で家事も得意な義妹との2人暮らしの高校時代を過ごしたとか、夜中に同級生の声が押入れから聞こえる、ってことはないでしょう。
スポンサーサイト

theme : 美少女ゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
348位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。