11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

227・「脳年齢 脳ストレス計 アタマスキャン」

脳年齢 脳ストレス計 アタマスキャン脳年齢 脳ストレス計 アタマスキャン
(2006/09/14)
Nintendo DS

商品詳細を見る




タイトル・脳年齢 脳ストレス計 アタマスキャン
発売年・2006
機種・DS
ジャンル・その他
メーカー・セガ



「あー、通勤電車はいつも混んでるは、消費税が上がるは、サビ残(サービス残業)ばっかでストレスたまってんなあ。おまけに、上司も…」

不平不満言い出したらキリがない現代世の中である。

「あれ、さっき朝ごはん食べたっけ…」

あるいは、年を取れば認知症にかかるかもしれない。
脳とのストレスがかかる世の中にあって、総合医科学研究所の梶本修身博士は、脳年齢系ATMTなるものを開発されました。
後述する数字タッチゲームを行うことで、脳年齢、脳ストレスがチェックできるというもの。
そして、それをDSのゲームとして発売したのが、「脳年齢 脳ストレス計アタマスキャン」である。


脳トレブームにあやか・・・、もとい、DSのタッチペンの特性を生かしたゲームであるアタマスキャンである。
頭の健康測定始めますか?
まあ、やってみましょうか、ということで。

プレイスタート。
名前等のプロフィールを登録。
今作は、黒ネクタイの全身白の男と、白い犬がナビゲートしてくれる。

まずは、脳ストレスチェック、脳年齢チェックを順に行う。
これが、脳年齢計ATMAというものだが、まず、画面上に数字とひらがなが多数表示され、その中から、1→あ→2→い→3→…という順番でタッチしていく。
早くタッチできれば脳ストレスが低いと判定される。


ついで、脳年齢チェック。
こちらは、画面に多数の数字から1、2、3の順番にタッチしていく。
一定数タッチすると、今度は、ゲーム後半部分に移り、正解部をタッチするごとに、画面のアイコンの数字の位置が、すべて変わるというシステムに変化。

以上のゲームを行い、脳の、脳ストレス、回転度。
そして、活用度、俊敏度、元気度、そして脳年齢が計測される。

そして、日々継続することで、折れ線グラフができ、以前に比べてどうだったかを判断する。

結果が出たところで今度は、トレーニング。

回転度(パズルきりかえ、ヌリエきりかえ等)活用度(絶叫計画、空間把握等)、俊敏度(反射神経、精密照準等など)元気度(風船ドリブル、ガラス割り)をテーマにしたミニゲームができる。

回転度は、主に2つの作業を同時にこなす(パズルの切り替えと、白い犬の誘導を同時に行う等)ゲームを行う。
活用度は、脳の認知度と記憶力を鍛えるというもの。(空間把握=立体ブロックが積み重ねられ、その数を答える)
俊敏度は、早さを鍛える(反射神経=どんどん出てくる犬をタッチして、その数を計測)
元気度は、脳のストレス解消を行うというもの(風船ドリブル=犬を息吹きかけて、障害を避けて天井まで運ぶ。)

画面をタッチ、息を吹きかける、音声を認識してもらう。
DSの機能を駆使したゲームを行う。

トレーニングは、最初は4部門の1つだけしかできないが、プレイ日数を重ねるごとに、新しいトレーニングが追加され、最後は、合計16種類のトレーニングができる。
トレーニングの際、4部門のうちの1つがオススメ表示され、その4種類のトレーニングを行うと、その日のメニューは終わり。
という、日数連続推奨ゲーム。

さて、肝心の音声認識が結構甘く、ボールと言ったつもりが認識されないこともあり、ゲームの演出がやや諄い部分もあるかもしれない。
パズルも、少し難しめに設定されていることも。(回転度の最初のパズル等)
そういう部分で、逆にストレス溜めたくもないものだが、それも、ゲームを癖を見抜く作業と思えば、いいスキャンができるかもしれない。

もっとも、通勤電車の今作をプレイしている姿等が、あるいは、リハビリ施設などで高齢者の方々が楽しそうに今作をプレイしている姿が、ちと見えにくいのは気のせいか。
あくまで体験版的な存在として見て、このゲームをステップに本格的なアタマスキャン方法を模索するのもいいかもしれない。
1つの知るきっかけとしてみればいいのかな、ということで。
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2978位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
510位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。