04
1
2
3
5
6
8
9
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
   

230・「直感ヒトフデ」

直感ヒトフデ直感ヒトフデ
(2004/12/02)
Nintendo DS

商品詳細を見る



タイトル・直感ヒトフデ
発売年・2004
機種・DS
ジャンル・パズル
メーカー・任天堂


タッチパネルの画面にタッチして楽しむニンテンドーDSが発売され、大ヒットを記録。

その発売同時タイトル、いわばローンチタイトルの一つとして登場したのが、直感ヒトフデ
タッチペンで一筆書きして、パズルを解いていくという小物系統の作品である。
キャラは登場せず、主に白と黒をベースにした色使い。
操作はすべてタッチペンで可能というもの。


正方形の白と黒の2色の盤面を、すべてどちらか同じ色に変えれば、その列のパズル部分が消える。
タッチペンでなぞることにより、白が黒、黒が白へと変わり、同色に変えることで攻略していく。
盤面には、灰色の外枠が周囲に一列だけあり、その部分は、タッチしても変わらず、パズルの対象外。
しかし、1回しか触ることができないので、その部分の利用方法が攻略のカギとなる。


モードは、主に、チャレンジモードと、チェックメイトモード
チャレンジモードは、いわゆる落ちものパズルのように、盤面が上から降ってきて、それを一筆書きで消していく。
横列の盤面が白か黒で揃えれば消え、同時に多くの列の盤面が消えれば高得点。
時間が経てば、降ってくる盤面のはやさも、頻度が早まり、デッドラインまで盤面が積みあがってしまえば、ゲームオーバー。
そして、その際の合計スコアが最終成績となる。

チェックメイトモードは、詰将棋のような感覚(それ以上にシンプルか)で、(1回の)一筆書きで盤面の色を揃えることが出来たらクリア。
外枠の使い方がより重要となる。
全部で100問。
しかし、クリアには、骨が折れそうなパズルが揃っている。

その他では、ワイヤレス通信を使っての自作パズルの交換。
また、消した盤面ごとに相手の陣地に盤面を降らせるというバーサスモードも。

斬新な操作を求めるゲーム機の第一歩のソフトとしての役割を果たす今作。
実際タッチペンで、目の前のものをなぞればできるゲームだからお手軽であった。
そして、チャレンジモードは、やりだせば、他の落ちものパズル同様に結構のめりこめてしまう。
むろん、まだまだ、ゲーム機の実力は、こんなものではなかったが、ちょっとやってみるか、という感じでやるにはうってつけかもしれない。
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
244位
アクセスランキングを見る>>