10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

239・「Sa・Ga2 秘宝伝説」

サ・ガ2 秘宝伝説サ・ガ2 秘宝伝説
(1990/12/14)
GAME BOY

商品詳細を見る


タイトル・Sa・Ga2 秘宝伝説 (サガ2 秘宝伝説)
発売年・1990
機種・GB等
ジャンル・RPG
メーカー・スクウェア



正統派のファンタジーの世界観、しかし、どこか尖ったような印象をユーザーに植えつけた魔界塔士SA・GAでの神との戦いから1年。
1990年の年末に、Sa・Ga2秘宝伝説(サガ2秘宝伝説)がゲームボーイで登場した。

天の柱に支えられることで聳え立つ天界。
その柱の元には、それぞれが独立するようないくつもの世界が広がっていた。
そして、それぞれの世界には、合計で77個あると言われている秘宝が点在している。

そんな柱の元の世界の1つに、デフォルトネームの無い主人公が両親と住んでいたが、ある時から、父は雲隠れをしている状態。
小さな村で学校に通いながら恙なく母親と暮らす主人公だが、ある日、3人の仲間らと父親を探し、そしてマギや、武具の形をした秘宝を探す旅に出る。

主人公は、人間の男女エスパーの男女メカ(性別なし)、モンスター3種類の合計8種類の主人公の中から1つを選ぶ。
また、3人の仲間キャラも同様に上記の8種類から選択。
尚、主人公がメカ、モンスターだとしても、親は人間である、どうやって生まれたかは、わかりません。
また、ストーリーの違いも無い、その気になれば全員モンスターという世紀末な情景で進むことも可能だ(非常に難しいでしょうが)

人間、エスパーは、武器(剣、弓等)、アイテム、盾、魔法の書、防具等を装備できる。
が、今作の武器とアイテム、盾、魔法の書は、基本的には回数制限もあり。
そして、武器(剣=攻撃力・弓=素早さ)や盾(防御力)、魔法の書(魔力)を使って、戦闘に勝てれば、その行動に対応するステータスが一定確率で上がるいうもの。
特に素早さは、攻撃の命中率にも影響するため、宝箱で弓を拾うなどした場合、その都度起用して、ボス戦でミス連発という状況を避けていきたい。


エスパーは、バランス万能型タイプの人間と比べて、攻撃が上がりにくい一方で魔力が上がりやすい。
また戦闘終了時に魔法(回数制限ありも、武器&魔法の書と違い、宿屋で回復可能)や特技を最大で4種類まで覚えることもある。
ケアル(回復)、サンダー(攻撃)といった魔法に、けいかい(敵の先制攻撃がなくなる)、○れいき(冷凍系の魔法に強くなる)等の特技。
時には、サイコブラストという強力な魔法や、テレポートという特殊移動魔法を低確率で習得することもある。
これら魔法は、武器&アイテム欄と同一で表示される。
また、最大数である4つの魔法&特技を覚えている場合、あるいは2つしか覚えてないが、アイテム欄が満杯の場合、さらに別の特技を習得することがあるが、その場合魔法&特技の中で一番下の物が、入れ替わることになる。

メカは、装備品を装備することで強くなる。
より強力な武器を装備すると大きくステータスアップするが、武器、盾等の使用回数は通常時の半分となる。(装備を外すとさらに半分になる)
しかし、その使用回数は、メカ装備時に限り宿屋で回復できる。
ただ、魔力は上がらないため、原則魔法は使えない。

モンスターは、敵として登場するモンスター、だが、それがそのままプレイヤーキャラとしても登場する。
武器防具等の装備などはできず、アイテムも持てない。
戦闘に勝つと、肉を落とすことがあり、その肉を食べると別のモンスターに変身する。
強いモンスターの肉ほど強いキャラになっていく。
尚、モンスター以外が肉を食べても効果は無い。

そして、主人公たちが集める秘宝
アイテムとは別に(ゲストキャラを除いて)全キャラが装備可能で、ちからのマギで攻撃力アップ、ほのおのマギで火の耐性アップといった効果も得られる。

ランダムエンカウント…に見えるのだが、時には1歩歩いただけで戦闘に突入することもある(無論、なかなか出現しないときもある)振れ幅の大きい歩数依存でのエンカウント調整となっている。
戦闘では、1度に最大で3種類の敵が現れるが、その場合、最大で5体ずつ登場することもあり、1回の戦闘で最大で15体との敵と対峙しなければならないこともある。(因みに1種類のときは、最大9体現れる時もある。)
時に、敵のふいうち→全体攻撃される、という空中コンボをされることもある。
それでも、セーブはどこでもできるため、その辺こまめにセーブはやっておきたい。

巨人がいたと言われる世界、大都市がある世界、レースが行われる世界、日本の時代劇のような世界…個性ある数々の世界を渡り歩いて、秘宝を集め、そして、父親を探し当てる。
そして、現れる強敵達、特に強力な全体攻撃を持つボスが多く登場する傾向にあり、回復面を充実させて挑みたい。

ファイナルファンタジーシリーズらが賑わせたファミコンからスーパーファミコンへのゲーム民族移動が始まった時期、一方で登場したゲームボーイでのコンパクトながらも本格的なRPG。
ゲームのデザイン、エスパーが覚えた魔法を表示するなど、魔界塔士よりも、垢抜けたな、という印象を与えた。
ただ、そんな中でも、秘宝伝説の真実、死んだと思われた人物が登場した際に「私だ不死身だ」の一言で片づけてしまうあたりが、らしさなのだろうか。
(因みに、レースの世界で、レース中でテレポートを使う等の俗称バグ技もいくつか存在してしまっている)
そんな治乱興亡入り乱れたゲーム界をかき分けて、その後のロマンシング、フロンティアへとフロンティア精神を持ってサガシリーズは展開されていき、2009年には、リメイク版もDSにて発売された。
戦闘でHP0になっても、チェーンソーやのこぎりでバラバラにされても、戦闘が終わればHP1で復活するメカニズムは秘められたままだが、いずれにしても、今となってはサガ2自体も、ゲーム界に潜む何十もの秘宝の1つ、に数えている人も多い作品になっているのではないだろうか。
スポンサーサイト

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2592位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。