09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

243・「Shake Kids(シェイクキッズ)」

Shake KidsShake Kids
(1998/07/16)
PlayStation

商品詳細を見る



タイトル・Shake Kids (シェイクキッズ)
発売年・1998
機種・PS
ジャンル・アクション
メーカー・オンデマンド



兄のランディー(14歳)と、その妹・ニーニ(12歳)は、シェイク世界選手権での優勝を夢見るシェイク職人の卵。
シェイク技を華麗に決めるシェイク職人への修業のさなか、町の人が動物に襲われる事件が起こる。
動物たちは、どうやらおばばに操られているようだ。
そして、家の近くでミスターシェイカーと出会い、ミスターシェイカーは、魔法のシェイカー(でかいシェイカー)となって、兄妹とともにおばば討伐の旅に出る。

シェイクキッズは、そんなストーリーから始まる横スクロールアクションゲーム。
3Dポリゴンで表現されたステージを、2Dアクションのように右へ右へと進むが、縦列のラインは、ステップしてライン移動する。
ランディー、及びニーニは、でかいシェイカーを持ってステージを辿ってく。
操作方法、キャラ自体の性能は、ランディー、ニーニで差はないが、ニーニでプレイすると、ステージ中に中間地点が登場する。(ただ、出現位置は、結構前半よりかも)

そのアクション方法は、横移動に、縦をステップでライン移動、ジャンプ(しかし、最初期はジャンプ不可、ステージ1のイベント後、ジャンプシューズを入手)。
そして、常にでかいシェイカーを持っている2人は、そのシェイカーで様々なアクションを行う。
ターンすることで、でかいシェイカーを盾にして、攻撃をはじいたり、後述のフグを利用して反対方向や上に移動したり。

そして、ステージでは、おばばに操られた動物が襲ってくる。
ライフは3つ、というライフ制。(ステージ開始時は、常にライフ3つ、という状況から始まる)
残機制はなく、コンテニュー制で行われる。
ステージ中に小さなハートを拾うこと(一定量集めると)回復もする。
ランディー、ニーニは、そのでかいシェイカーをぶつけて動物を気絶させる。
その気絶させた動物をL・Rボタンで吸い取む。

すると、シェイクタイムがスタート。
L1、L2、R1、R2ボタンをひたすら押すことでシェイクしまくってハイスコアを出すのだ。
一度に気絶させた動物をたくさん吸い込めば高得点。
そして、一定回数シェイクすれば、敵を倒すこともできる(おばばの魔術から解放される)
シェイクし続けるというのは、LRボタンを連打し続けるということ。
ステージを進めるごとにまともに連打し続けることは、やはり疲れてしまう。
腱鞘炎などにご注意を。

ステージ中には、シェイクの秘伝の書等のアイテムも落ちている。
シェイクの秘伝の書には、特定のコマンド入力である種のモンスターに大ダメージ等の特殊効果。
あるいは、特定のコマンド入力でアイテムが入手できるようにあるアイテムの書等もある。
中でもアイテムの書で作れるあるアイテムが、ラスボス討伐の鍵となっている。

特定地点では、その動物を倒さなければ先に進めないポイントも存在。
そして、ステージ中にあるフグベルを鳴らすと、ステージ中で小さなフグが登場。(それも結構ステージの前の部分に登場数ることもある)
フグを使ってさっきまで行けなかった場所に移動でき、そこにアイテムが手に入ることもある。

ステージは、基本的に3つのアクションステージが連続で繋がっていて、その3ステージ後にボスステージが待っている。
それでも、ステージごとにセーブはできる。(ゲームを一旦やめる必要もあるが)
ボスもまた、気絶させてシェイク技を決めてダメージ与えて倒すことになる。

さて、今作の攻略法、意外と難易度自体は高いかもしれない。
ターンすると自動的にシェイク道具での防御も行ってしまい、あらぬ方向に飛んでしまう。
結構しぶとい敵、無敵の敵も登場し、それぞれに対してやり過ごす方法は、初見では難しいかもしれない。
とはいえ、ボスの行動はたいていパターン化されている。
そのパターンをどう見抜くかがポイントになってくる。

ランディーとニーニの家からアクションステージにいけるのだが、ヒマラヤ山脈のステージの次がいきなりアフリカ大陸だったり、そもそもシェイク職人とはどんな職人かわからない少しヘンテコな世界観だが、ゲーム的にも意外とすっきりとまとまっている感じのゲームだった。
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
384位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。