08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

260・「リップルアイランド」




タイトル・リップルアイランド
発売年・1988
機種・FC等
ジャンル・ADV
メーカー・開発・東海エンジニアリング 発売・サンソフト



誰も知らない島・リップルアイランドゲロゲールが現れ、島の平和が乱された。
そして、王女・ナサレルが囚われた。
王女を助けた者に、褒美と王女との婚約を約束しよう。

それを聞いた、少年・カイルは、1人リップルアイランドにやってきた。
リップルアイランドは、イタチ、オコジョら動物たちが人間の言葉を喋る島、つまり、人間と動物が共存する島。
カイルはそんな島を征服しようとするゲロゲールを討伐し、一攫千金を夢見るのだが・・・。

いっき、アトランチスの謎、という謎のソフトを世に放ったサンソフトが1988年に発売(開発・東海エンジニアリング)したのが、意外と本格的なADVゲーム・リップルアイランド
パッケージ見ても、アニメ作品を彷彿させるパッケージに、ゲーム画面。
カイルがゲームの途中で出会う青髪のヒロイン・キャルも印象的だった。
ハウス名作劇場等、健気な少女が登場する名作アニメが、数多く放映された背景もあるだろう。
メルヘンな世界での少年少女の冒険劇が、怪作メーカーのイメージ払しょくに起用されることとなった。

ゲームはまず、カイルがリップルアイランドに到着したところからスタート。
エリア1と表示される・・・今作はエリアがすべて5つある。

ゲーム画面の上半分がゲーム画面・・・カイルが見る景色。
その景色を、画面中部分にある9つのアイコンを選んで、画面にタッチする。
移動する(上下左右を選択)、見る、手に取る、中に入る、押す、叩く、拾ったアイテムを使う。
他・一番右にあるアイコンでパスワードを見ることができる(今作はパスワード制)
こういったアイコンを駆使して、カイルはリップルアイランドを探索する。

エリア1、カイルがリップルアイランドに到着した所からスタート。
そして、ゲロゲールに家を破壊されたキャルとも出会う。
以降、カイルはキャルとともに行動することになる。
そして、カイルとキャルは、2人でリップルアイランドを探索することになる。

エリア2では森の中を探索。
が、この探索が難しい。
中でも赤い花を渡すというものがあるのだが、その赤い花が崖の下にある…が取れそうもない。
かわりに白い花はあるのだが…。
さらには他の必須アイテムも、ヒントもほとんど無い状態で、手当たり次第画面を探すしかない状態。
画面の思わぬところに木の実があったりで困難を極める。

そしてエリア3では雪山に行くのだが、このステージが大きなポイントとなる。
今作数少ないゲームオーバーポイントがあり、さらに、あるゲロゲール討伐に関するアイテムが隠されている…がこれをとってもとらなくても次のエリアに行けてしまうという状況。
ここでの行動が、最後まで影響してくる。

エリア4、ゲロゲールに破壊された村が舞台。
決戦の舞台がいよいよ近づき、盛り上がりを見せる。

最終エリアとなるエリア5、いよいよゲロゲールの本拠地へ。
しかし、結構構造が奇抜。
そして、闇の皇帝・ゲロゲールとの戦いの末に…。


なのだが、ゲロゲールとの戦い自体はプレイヤーがすることは無く、イベントですべて進んでしまう。
鍵となるのは、その前のエリアで手に入るある複数のアイテム。
前のエリアでの行動が最終決戦にて結果を分けることになる。

リップルアイランドは、マルチエンディング形式をとっており、主人公の行動、そしてある選択肢でエンディングが決まる。
スタッフロールが流れるのは1個だけ、これがおそらくトゥルーエンドだろうか。

実は、今作の主人公、キャル、ヒロインキャラのキャルは、普通の人間でなく、小人という設定であった。(その為、カイルは、動物キャラとほぼ同じ身長となっている。)

ほのぼのした作風だが、クリアするには、結構きまぐれな正解ルートを探し当てる必要がある。
当時のゲームでは珍しくなかったかもしれないが。
ただ、実際の冒険で、どこに何かわからないトラブルはつきものだし、木の実にしても、どこにあるのかわからないのは、世の常か。
一攫千金の旅イコールギャンブルを体現した感じでありました。
スポンサーサイト

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

Comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
391位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。