05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

268・「つよきす・Mighty Heart」




タイトル・つよきす Mighty Heart
発売年・2006
機種・PS2等
ジャンル・ADV
メーカー・キャンディソフト・プリンセスソフト



普段は強気でツンツン。
しかし、ひとたび親密になり二人きりになるとおしとやかにデレデレ。
世はいわゆるツンデレキャラがプチブーム、そのギャップに引かれる男女が続出。

そんな強気な女子たちがヒロインとして登場する「つよきす」。
逆から読むと「すきよっ」
そんな「つよき」で「キス」な恋愛ノベル系アドベンチャーがテンション高くゲームが進んでく。(テキストを読んで選択肢を選んで進むというもの)
ツンデレのプチブームに肖る様に登場した。


ゲームスタートすると、主人公・対馬レオは、男二人、女一人と共に竜鳴館高校の校門前にて倒されたシーンから始まってしまう。
男二人は陸上部の伊達スバルと、通称フカヒレこと鮫氷新一、そしてもう一人が小柄で煩く賑やかな女の子・蟹沢きぬという対馬と共に幼馴染の4人衆。
レオの家の2階の部屋で度々4人が集まることもある。

そして、4人を校門前で倒したのが、生徒会副会長にして風紀委員・鉄乙女(くろがねおとめ)。
実はレオの従姉、にしても、規律が厳しい。
そして、後日、鉄乙女がレオの家にて共同生活が始まってしまうのだ。(両親公認)


その他登場するのは、竜鳴館の生徒会長の霧夜エリカ(通称・姫)と、いつも一緒にいる佐藤良美
1学年下の椰子なごみは、いつも孤独で近寄りがたい雰囲気。
そして、当初のPCからPS2に移植の際に登場した近衛素奈緒
中学以来因縁の人物、なぜか敵対心をもってレオを見つめる。


5月23日からスタートする今作。
数日プロローグのようなプレストーリーが進み、メインヒロインがそろった段階で、学校内マップの選択画面が表示される場面になる。
この画面は数日間表示されるが、この数日間でヒロインのルートが決まってくる。
とりあえず、数日間とも、同じヒロインのアイコンが表示されているところを選べばほぼ問題なくルートに突入できる。
尚、霧谷エリカと佐藤良美は、二人で1セットで表示。
ルート突入後、とりわけ終盤の選択肢で結末が決まってくる。

ヒロインたちの特徴は、強気、という部分に集約される。
そのなかでも、椰子なごみは、夜ひとりで駅前に出没する孤高。
蟹沢きぬは、昔からの悪友。
霧夜レイカは、高飛車な姫キャラ。
と、バリエーションに富む。

マップ画面でのヒロイン選択終了後は、そのままそのヒロインのルートに突入する。
ただ、選択肢は、あるヒロインルートの最終盤を除けば、大方ストーリーに影響なく、ほぼ問題なくトゥルーエンディングに突入できる。
6月から夏休みを挟んで9月中旬あたりまでヒロインルートが続く、結構長い。
ゲーム性は低いが、その分ストーリーに集中できるかもしれない。

その間に体育祭や無人島での生活がある時期に行われるが、それらもまた、ヒロインルートによって主人公やサブキャラの行動、ストーリーも変わってくる。
体育祭では、なぜかボクシングが行われるが、そのボクシングでも主人公が出場するか、他のキャラが代理で出ることもある。
しかも、電波受信という先生の謎の技でキャラが豹変してしまったり。
コメディ色も強く、パロディネタも各所に散りばめられている。
全体的に明るい雰囲気でゲームが進んでいく。

鉄乙女は、共同生活の中でも結構苦手なことが多かったり。
蟹沢きぬは、いつも賑やかで饒舌で、幼馴染の間でも人気があったり。
椰子なごみは、気のない喋りをする母と何かわけがある。
才色兼備の霧夜エリカ、しかし、その裏での努力。
近衛素奈緒は1人で色々決めてしまっている、その理由。
そして、あまり目立たなかった佐藤良美、しかし、ある理由で親密になると・・・常に長袖でいる理由等もわかってくる。

ツンデレキャラによる、ツンデレ達との学園生活。
しかし、その裏に潜む悩み、努力も見えてくる。

強気の裏に、好きの想いが見られるか。
四六時中好きというのは難しいが、24時間強気でいるのも無理があるもの。
パーフェクトな人間、万年強気一色というのは、いないものなのであるし、人間それほど単純ではない。
しかし、実社会では1点の曇りの許されないパーフェクトを求められてしまうことがしばしばあるのだが・・・。
スポンサーサイト

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

Comment

Secret

プロフィール

サフィア

Author:サフィア
どっかの賢者な男性
主にQMA(クイズマジックアカデミー)のプレイ日記と、レトロゲームレビュー、ゲーム批評もそこそこに。
誰もが知っているメジャータイトルから、ここでしか見られない?マイナー作品まで幅広く取り上げるつもりです。(ジャンル、ハードは偏るかもしれませんが。)

ハンドルネーム・サフィアの元ネタは、女神転生外伝・ラストバイブル2のヒロインキャラです。

また、QMAシリーズでは、『サフィア(ユリ)』でプレイ。
過去には、QMA賢者の扉では、『シノブリュード(マヤ)』『プリム(シャロン)』、天の学舎では、『レナCタイクーン』でもプレイしています。

過去の記事へのコメント&トラックバックも募集中^^











応援クリックよろしくお願いします

FC2Blog Ranking

応援クリックよろしくお願いします2

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめゲームサントラ

Amazonショップ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ただいまの閲覧者

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の時刻

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

マンガ新聞

RSSフィード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
348位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。